元氣の素 さん プロフィール

  •  
元氣の素さん: 健康法美容法まとめブログ
ハンドル名元氣の素 さん
ブログタイトル健康法美容法まとめブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kenkou02/
サイト紹介文不老長寿のための元氣の素を送ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 94日(平均1.3回/週) - 参加 2017/11/10 13:58

元氣の素 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スッキリ目覚めるための睡眠の基本
  • 朝、スッキリ目が覚めなくて1日中ダルい…午前中の仕事や勉強がはかどらない…という方、現代人には多いかと思います。20〜50代のであれば7〜8時間ほどの睡眠は必須。それから朝日をしっかりと浴びて体内時計の調整をすることも大事です。 あとは栄養不足で起きられないということもあります。体の中にミネラルがたっぷりとある人は朝もスッキリと目覚めることが出来ますよ。こんなレビューもあります。⇒朝の目覚めのあま [続きを読む]
  • 認知症予防にカレー?
  • たけしの家庭の医学で認知症予防に“カレー”に含まれるターメリックが効果が高いと紹介されていました。ボケないためには、適度に刺激が必用なのでしょうか。辛いものが苦手な人には、プラズマローゲンというサプリがオススメですね。プラズマローゲンにもターメリックと同じようにアミロイドβタンパク質沈着抑制が期待出来ますからね。しっかりとした栄養と適度な運動をすることで、認知症になりにくい体を作ることが出来るは [続きを読む]
  • 【ダイエット】腸内細菌をコントロールして痩せる方法
  • 太りやすい人と痩せてる人の大きな違いは腸内環境の差だそうです。腸内に“痩せ菌”が多い方はスリムな体型を維持出来ているのでダイエットのコツは腸内環境の改善が鍵となっています。痩せ菌を増やすコツは、まずは腸内細菌のエサになる食物繊維をたくさん取ること。それには「らっきょう」がオススメ。それから「なめこ」にも水溶性食物繊維が多く含まれているのでこれもオススメです。詳しくはこちらから⇒腸内細菌をコントロ [続きを読む]
  • 知らないと怖い!コレステロールの新常識
  • コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあるというのは広く知られていることだと思うのですが、第3のコレステロールと呼ばれる「レムナントコレステロール」というものが存在するということご存知ですか?「レムナント」とは英語で「残り物」という意味で、健康診断の検査表の「総コレステロール」から「HDL(善玉)コレステロール」と「LDL(悪玉)コレステロール」を引いた残り物が「レムナントコ [続きを読む]
  • 糖化を防いで10歳若く見られる方法
  • 今回の主治医が見つかる診療所は、「糖化」の防ぎ方の解説でした。自分の体が知らない間に焦げ付いているとわかると怖いと思いませんか?チェックリストの中で4つ以上当てはまる人はイエローカード6つ以上の人はレッドカードだそうです。チェック① 早食いであるチェック② 食事の時は、ご飯から手をつけるチェック③ 炒め物や揚げ物が好きチェック④ 野菜はあまり食べないチェック⑤ スイーツや甘い飲み物が好きチェック⑥ お酒 [続きを読む]
  • 血管を柔らかくして見た目も中身も若返る方法
  • 主治医が見つかる診療所で『3つの血管を柔らかくするための極意』が紹介されていました。血管を柔らかくする極意①「血管ストレッチ」血管を柔らかくする極意②「血管しごき」血管を柔らかくする極意③「食べるだけでOK!赤い食材」⇒血管を柔らかくして見た目も中身も若返るぞ!どれも簡単で手軽かつほとんどお金がかからない方法ばかりなので血管を柔らかくして、見た目も心も若返りたい人はぜひ試してみて欲しいですね! ■ [続きを読む]
  • 血圧急上昇の真犯人「血圧サージ」とは?
  • 誰もが気になる「血圧」。今大きく注目されているのが「血圧サージ」という血圧の急上昇現象です。血圧サージとは、普段から血圧が高めの人はもちろん、正常な人にも起こる現象で、脳卒中の発症率が倍以上にまで上がってしまうというから要注意です。寝不足や深酒など、血圧を上げる要因には様々ありますが、それらが重なってしまうことが、危険な血圧上昇のきっかけになることも分かってきました。血圧上昇を抑え、血管ダメージ [続きを読む]
  • 血管は若返る!…生活習慣・食生活を改善、健康寿命を延ばす
  • 日本人の死因の上位10位のうち、心臓病や脳卒中など四つの病気に関わるのが血管だ。BS日テレ「深層ニュース」では、心身の健康につながる“血管力”の向上を推奨する循環器専門医の池谷敏郎・東京医科大学客員講師に、血管の若々しさを保つ 秘訣ひけつ や、血管の状態を知る簡単チェック法について聞いた。血管は若返る! 血管にコブができてゴツゴツしたり、血管壁が厚くなる過程で硬くなったりすると、血管力は低下してし [続きを読む]
  • チョコレートの健康効果 摂取量が少ない日本人にも?
  • 日本人の男女約8万5000人を対象に、チョコレートの摂取量と脳卒中発症の関係を調べた研究で、チョコレートの摂取量が多い女性ほど脳卒中リスクが低いことが分かりました。■チョコレート摂取が多い女性は脳卒中リスクが低い チョコレートの摂取と脳卒中の関係に影響を与える可能性がある要因(年齢、BMI、喫煙習慣、飲酒習慣、食物摂取状況、運動量など)を考慮した上で分析したところ、女性では、最低群に比べ、最高群の脳卒中 [続きを読む]
  • 「健康に良い」ものなら、何を食べてもいいの?
  • 「健康に良い」として、毎日の食事に健康食品を取り入れている人も多いのでは。しかし、自分の体調や、体質に合ったものを食べなければ、逆効果になる場合もある。「健康食品」は万人にいいわけではない スムージーやジュースのような流動食ばかりを続けると消化器官が衰えるとともに、噛んで食べる機会が減るため、歯の健康にも影響する。 生野菜・果物は、手作りだと雑菌が混入しやすい。通常の食事であれば、口で咀嚼すると [続きを読む]
  • 世界で最も健康的とされた10カ国では朝食に何を食べているのか?
  • 「世界で最も健康的な国々」をBloombergが調査した結果、ピザやパスタといった炭水化物たっぷりの料理で有名なイタリアが1位に輝きました。この調査は各国の寿命や高血圧・喫煙率・栄養失調・水の清潔さなどを調べたもので、イタリア以外にはアイスランド・スイス・シンガポール・日本などが上位にランクイン、アメリカは世界第34位という結果になっています。「朝食は1日の中で最も大切な食事」と言われることもあるということで [続きを読む]
  • 歯科は予防のため通う
  • 口の中の定期点検とクリーニングというメンテナンスのために、歯科医に通う人が増えてきた。長年、虫歯や歯周病など、何か問題が起きた時に受診する人が多かったが、歯を守っていくためには、それだけでは不十分だという認識が広がっている。とはいえ、まだ、習慣にしていない人も少なくないので、歯科メンテナンスの意義をおさらいしておきたい。歯科メンテナンスを国民全員のものにするため、どのような制度を作ればいいのか。 [続きを読む]
  • マカの健康食品、幅広い層に人気
  •  「マカは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きが確認され、妊娠、出産をサポートしており、専門機関でも知られています」(山本さん) また、顧客から「更年期障害の諸症状が改善された」「栄養価が高く、バランス良く体全体の健康に役立っている」といった声が寄せられている。人体に必要なアミノ酸20種のうちマカには18種が含まれているという。マカは今まで男性の滋養強壮剤的な位置づけかと思っていましたが、女性 [続きを読む]
  • 毎月17日は「減塩の日」
  • 知ってました?毎月17日は「減塩の日」らしいです。日本高血圧学会(伊藤貞嘉理事長)は28日、毎月17日を「減塩の日」にすると発表した。 同学会などは2008年以降、世界高血圧デーの5月17日を「高血圧の日」と定め、啓発に取り組んできた。高血圧の治療や予防に効果がある減塩を推進するため、新たに「減塩の日」を設け、調理法の紹介や減塩食品売り場の設置呼びかけなどを行う。しかしながら一番大事なのは単純に [続きを読む]
  • 煙草関連で気になるニュースをまとめてみました。
  • 「受動喫煙ゼロ」目標、厚労省が提示しない方針非喫煙者がたばこの煙を吸い込む受動喫煙について、厚生労働省が、2020年度までに飲食店などでの受動喫煙をゼロにする目標を、新たながん対策の基本計画案に盛り込まない形で、2日の有識者会議に提示することが分かった。ファミレス、全席禁煙にすると売り上げアップ…産業医大調査たばこを吸わない人が煙を吸う受動喫煙の対策として、全席禁煙を実施したファミリーレストラン [続きを読む]
  • 過去の記事 …