みぞかつ さん プロフィール

  •  
みぞかつさん: みぞかつのぶらり散歩
ハンドル名みぞかつ さん
ブログタイトルみぞかつのぶらり散歩
ブログURLhttps://ameblo.jp/mizokatsu/
サイト紹介文関西の寺社巡り スイーツ ランチを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 168日(平均3.9回/週) - 参加 2017/11/10 19:09

みぞかつ さんのブログ記事

  • 大阪府 青蓮寺
  • 持明院の次は青蓮寺だぁ??ここも近くなんやけど……道に迷った……摂津国八十八箇所霊場巡り3ヵ所目青蓮寺 [せいれんじ]聖徳太子が鴫野の地に創建された志宜山法案寺の歴史に遡るとのことです。法案寺は中古、生玉神社と習合して、その別当職を兼ね、多くの塔頭を擁した畿内屈指の大寺でした。豊臣秀吉の築城に際し、今の生玉神社の地に移り、爾来明治に至るまで、いわゆる生玉十坊と称されたが、明治初年の神仏別離の令に [続きを読む]
  • 大阪府 持明院
  • 藤次寺からすぐ近くにある持明院にいきました近くっていいよなぁ??楽だぁ持明院 [じみょういん]縁起は不詳であるが、明治初年の神仏分離の折、生玉十坊の1つ「曼陀羅院」を吸収合併したと言われています。慶長以前(1596年以前)豊臣秀吉大阪城築城の頃は木村長門守重成の屋敷跡であったと伝わります。第15番札所「園珠庵」を創建した契沖が止住したところでもあり、江戸時代の文人画家、田能村竹田、浦上玉堂が当院に [続きを読む]
  • 大阪府 藤次寺
  • 今回は大阪上本町駅 周辺の摂津国八十八箇所霊場巡りをしましたぁまずは……摂津国八十八箇所霊場・第19番札所の藤次寺だぁ??藤次寺 [とうじじ]当山の縁起は弘仁年間(810〜823年)に藤原冬嗣の発願により、その甥の任瑞上人を開基として建立されました。藤原家を治める寺であるところから「藤治寺」と称し、代々藤原一門の祈願寺として栄えてきたが、江戸時代の1764年(明和元年)中興清範和上の代に九条尚実よ [続きを読む]
  • 京都府 長建寺
  • 本教寺、寺田屋を巡り中書島の方へ……長建寺にきました長建寺 [ちょうけんじ]元禄12年(西暦1699年)伏見奉行の 建部内匠頭政宇(たけべたくみのかみまさとき)は伏見の再開発を行いました。このとき深草大亀谷というところにあった即成就院を分離して長建寺を作りました。寺の名前は、建部氏の「建」の字と長寿を願ったので「長建寺」としました。江戸時代はこのあたりに中書島遊郭があったので、遊女達が技芸上達を願 [続きを読む]
  • 京都府 本教寺
  • 源空寺の次は大手筋商店街の所にある本教寺に行きました本教寺 [ほんきょうじ]本教寺は、文禄三年(1594)、日新上人の法孫・教行院の日受上人により創建されました。日受上人は当初は西浜堺町(伏見区)に小庵を創建したのですが、徳川家康の第二女・良正院督姫の篤い帰依を受けて、慶長十九年(1614)に、督姫が十六才で姫路城主・池田輝政の令室として嫁ぐことになった際に、その館と敷地を寄進されて現在地に移転し [続きを読む]
  • 京都府 源空寺
  • 近鉄京都線 桃山御陵前駅を降り……京阪電鉄桃山駅を過ぎて大手筋商店街へと入り、その中ほどにあるみずほ銀行の角を北に入ると10m先に、あります京阪電車「伏見桃山」より徒歩4分、近鉄京都線「桃山御陵前」」より徒歩5分、JR奈良線「桃山」より徒歩10分。 今回は伏見桃山をぶらりとしましたまずは……源空寺 [げんくうじ]木幡の里(現今宇治市炭山)にあり、三井寺の碩徳公胤僧正の弟子忍空上人の草庵でした。忍空上 [続きを読む]
  • 大阪府 比売許曽神社
  • 鶴橋散策も最後だぁ??比売許曽神社 [ひめこそじんじゃ]創建は11代垂仁天皇の御代(3〜4世紀?)、愛来目山(現天王寺区小橋町一帯の丘陵地)に下照比売命(したてるひめ)を祀り、以ってこれを起源としています(現在当社の末社、産湯稲荷神社がある場所が旧社地です)。白い鳥居と石碑緑が綺麗な神社やねぇ鳥居の所の狛犬歯が怖いし……目が怖い……手水舎龍ではなく蛇口でしたが……手水鉢が凄く年期が入ってましたよぉ [続きを読む]
  • 大阪府 彌榮神社
  • 御幸森天神宮の次は彌栄神社にきました御幸森天神宮から歩いて5分もかからない所にありますぅ彌栄神社(弥栄神社) [やえいじんじゃ]神祖素盞嗚命を文録年間に熊野巫神社(旧出雲国意宇郡)より分霊奉還したのがはじまりと旧記にあります。その当時は牛頭天王社と呼ばれ、創立以来旧木野(この)村の鎮守として崇敬厚く宮座を設けて奉仕し、明治5(1872)年村社に列せられ、社号もこの時に彌栄神社と改められました。明治43(1910 [続きを読む]
  • 大阪府 御幸森天神宮
  • 産湯稲荷神社の次はぁ??御幸森天神宮だぁ??御幸森天神宮へ行く時はJRを使うのと駅から近くて便利なんですぅJR桃谷駅からは徒歩で10分ほどで到着できますちなみに、JR鶴橋駅・地下鉄千日前線鶴橋駅からも行けますが、徒歩15分ほどかかりますよまた、近鉄で来る場合は「鶴橋駅東口」で下車して徒歩で10分ほどの距離なんやぁ??僕は産湯稲荷神社からきたから25分くらいは歩いたかな……大阪コリアンタウンの街中にある御幸森天 [続きを読む]
  • 大阪府 産湯稲荷神社
  • 今回は鶴橋周辺にきたぁ??鶴橋と言えば……焼肉??電車から降りた時から焼肉の匂いがぁ??駅に居ながらお米が凄く欲しくなるんよね神社も楽しみだけど……食べ物も凄く楽しみだぁ??まずは……産湯稲荷神社 [うぶゆいなりじんじゃ]創建年代は不明ですが、東成区の比売許曽神社の旧社地といわれる場所に鎮座し、境外摂社・御旅所ということです。境内の一段低い場所に玉之井と呼ばれる井戸があり、大小橋命の産湯に使われた [続きを読む]
  • 奈良県 大安寺
  • JR桜井線 京終駅から……なんて読むかわかりますか……京終って書いて(きょうばて)って読むんですよぉ京終から徒歩22分の所にある……奈良駅からバスが出ていて大安寺前で下車すぐです。僕は近鉄奈良から歩いたぞぉ??ちょっと遠かった……大安寺 [だいあんじ]聖徳太子の熊凝精舎が舒明天皇により百済大寺として、天武天皇により高市大寺にそして大官大寺と改め、天武天皇の崩御後、その遺志は持統天皇、文武天皇へと引き [続きを読む]
  • 大阪府 浪速寺
  • 廣田神社、今宮戎神社と巡り最後は浪速寺だぁ??浪速寺 [なにわじ]創建は明治年間で、摂津八十八ヶ所霊場の中では新しい寺院に属します。1945年(昭和20年)の戦災で焼失し、現在の本堂は戦後1950年(昭和25年)の再建です。今宮戎神社の「10日戎」と同じ1月9〜11日に行われる福寅授与と開運護摩供には大勢の人々が参拝します。鐘楼門  山門かと思ったが門上に鐘楼が乗っかってるぅ??変わった造りでこん [続きを読む]
  • 大阪府 今宮戎神社
  • 廣田神社を後に……ってすぐ近くなんよね……今宮戎神社……今宮戎神社 [いまみやえびすじんじゃ]創建は推古天皇の御代に聖徳太子が四天王寺を建立されたときに同地西方の鎮護としてお祀りされたのが始めと伝えられています。戎さまは、ご存知のように左脇に鯛を右手に釣竿をもっておられます。そのお姿は、もともと漁業の守り神であり、海からの幸をもたらす神を象徴しています。当社の鎮座地もかつては海岸沿いにあり、平安中 [続きを読む]
  • 大阪府 廣田神社
  • またまた難波周辺に来ましたまずは……廣田神社 [ひろたじんじゃ]神功皇后の諸国征伐のとき、天照大神から、わが和魂は玉体を守り、荒魂は先鋒となって師船を導かんとの神助を得て、無事平定したといわれます。その帰途、有名な忍熊王の反乱にあうわけですが、海路を難波に向かうと、皇后の船は海中をまわりまわって進まなかったので、うらないをたてたところ、やはり天照大神から、摂津国廣田の杜にまつれと御神告があったのが廣田神 [続きを読む]
  • 奈良県 根聖院
  • 添御県坐神社の隣にある根聖院にきたぁ?? 根聖院 [こんしょういん]創建の詳細は不明ですが、添御県坐(そうのみあがたにいます)神社の神宮寺(神仏習合の時代に神社を管理するために置かれていた寺、別当寺ともいう)として、元は真福寺といわれていたようです。添御県坐神社と並んで根聖院の石碑があったぁ??山門山門から覗かせるお庭がいいねぇ??本堂1988年再建で、本尊は薬師如来像ですこじんまりした造りですがいい雰 [続きを読む]
  • 奈良県 添御県坐神社
  • 霊山寺の帰り……富雄川沿いにめちゃデカイ鯉を見ながら添御県坐神社に行きましたこの神社の名前……覚えなれない……添御県坐神社【そうのみあがたにいますじんじゃ】平安時代初期に編纂された「延喜式神名帳」という全国の神社を網羅した文書によりますと、この神社は、月並祭や新嘗祭(にいなめさい)に朝廷から幣帛 (へいはく=お供え物の布類)を奉られて「大社」という格式を認められた神社として記されています。従って、延 [続きを読む]
  • 奈良県 霊山寺 (奥之院)
  • 前回に引き続き霊山寺を紹介でぇ??す鎮守社殿(重文)本堂の北の高台にあり、今は十六所神社として独立しているが、明治の神仏分離以前は霊山寺の鎮守社やったんやて社殿は5棟並んでいて現在覆屋の中にあり南面して向かって左から春日社、住吉社、本社、龍王社、大神宮なんですぅ中央の3社は棟木墨書に至徳元年(1384)の建立としるされており重要文化財に指定されてるんやぁ応永年間(1394-1427)建立の優れた割拝殿があったが [続きを読む]
  • 奈良県 霊山寺
  • 行きたい行きたいと思い1年……やっと霊山寺に来ました広いお寺ですので2回に分けて紹介しまぁ??す霊山寺 [りょうせんじ]霊山寺の所在する富雄の里は、古事記には「登美」であり、日本書紀では「鳥見」の地となっています。敏達天皇の頃より、この地方は小野家の領有でした。右大臣小野富人(遣隋使・小野妹子の息子と伝わる)は壬申の乱に関与したため、弘文元年(672)官を辞し、登美山に閑居しました。天武12年(684)4 [続きを読む]
  • 大阪府 寳満寺大乗坊
  • 大国主神社の後はでんでんタウンを散策しながら大乗坊に来ましたぁ南海線「難波駅」から徒歩約8分のところにある小さなお寺です寳満寺大乗坊 [だいじょうぼう]当山は元は四天王寺の東北方、牛崎と云う所に在った寶満寺37坊の1つでした。織田信長の石山本願寺攻めの合戦[1570〜80年(元亀元年〜天正8年)]に巻き込まれ、再三にわたる兵火の難を逃れるため、当時の住職の秀言律師は本尊の毘沙門天の仏頭を奉じ、ここ難 [続きを読む]
  • 大阪府 敷津松之宮(大国主神社)
  • 難波八阪神社の次は大国主神社にきましたぁ 敷津松之宮(大国主神社) (しきつまつのみや)敷津松之宮(しきつまつのみや)の由緒はとても古く、神功皇后が三韓征伐より帰朝の折、敷津の浜に荒波が打ち寄せるのを目にして、渚に松を3本植えたあと、ここより潮が満ちないよう素盞嗚尊に航海の安全を祈願されたことをその端緒としています。社名の敷津松之宮とはこの祈願した場所のことを指すようですが、それから時を経た延享元年( [続きを読む]
  • 大阪府 難波八阪神社
  • 難波駅より約6分にある難波八阪神社にきたぁ??難波八阪神社 [なんばやさかじんじゃ]創建年月日など詳しい資料は残っていませんが、社伝によれば古来「難波下の宮」と称し難波一帯の産土神でした。後三条天皇の延久(1069年から1073年)の頃から祇園牛頭天王(ごずてんのう)をお祀りする古社として世間に知られていました。もとは神仏混淆でしたが、維新後、神仏分離により寺は廃絶し、明治5年(1872年)に郷社となりました。現 [続きを読む]
  • 大阪府 姫嶋神社
  • 西淀川区 姫嶋神社に来ましたぁ??ここは御朱印の種類が多くて凄く楽しみやったんよねぇ姫嶋神社 [ひめじまじんじゃ]難波八十島の姫島の旧地とされ、『摂津風土記』によれば、女神が新羅より逃れて来た比売島松原を当地とする説があるが、当社の創建由来そのものは不明となっています。明治43年(1910年)には一度、鼻川神社を合祀しているが大正3年(1924年)に独立しました朱色の鳥居が鮮やかやぁ??石碑もカッコいいなぁ手 [続きを読む]
  • 京都府 寿宝寺
  • 観音寺から三山木駅まで戻ってきて……駅を超えて……寿宝寺に来ました前にも来たんで2回目だぁ近鉄京都線「三山木」駅、またはJR学研都市線「JR三山木」駅下車、徒歩5分のところにありますぅ寿宝寺 [じゅほうじ]慶雲元(704)年、天武天皇の時代に創建されたと伝えられます。古くは「山本の大寺」と称せられ、七堂伽藍の備わった大きな寺であったが、度重なる木津川の氾濫により、享保17(1732)年、現在の小高い地に移転。明 [続きを読む]
  • 京都府 大御堂観音寺
  • JR学研都市線・近鉄三山木駅から奈良交通バスで「普賢寺」下車すぐにある大御堂観音寺に行きました僕はもちろん歩く目的もあるんで三山木駅から片道2.5?を散策しながら向かいました大御堂観音寺 [おおみどうかんのんじ]奈良時代に、天武天皇の勅願により法相宗の僧・義淵が創建しました。さらに、聖武天皇の勅願により良弁が伽藍を整え「普賢教法寺」と号し、十一面観音立像を安置。法相・三論・華厳の三宗を兼ねた大寺で、「筒 [続きを読む]
  • 大阪府 野里住吉神社
  • 野里住吉神社は阪神姫島駅の北東600m新淀川の右岸500mにありますよぉJR神戸線塚本駅より西に徒歩10分、国道2号線・野里交差点に面した野里本町商店街のがあり商店街の北の端にあり、住宅地の中に鎮座していますよ野里住吉神社 [のざとすみよしじんじゃ]永徳二年(一三八二年)野里川の合戦の際、戦勝祈願に足利義満が勧請したものと伝え、住吉大神宮と呼称されていたが、明治以降は住吉神社に改められている。明治五年(一八七二年 [続きを読む]