さいれほ さん プロフィール

  •  
さいれほさん: つみたてNISA始めました!
ハンドル名さいれほ さん
ブログタイトルつみたてNISA始めました!
ブログURLhttps://blog.instock-ex.net/
サイト紹介文つみたてNISAを中心とした積立投資の話題を書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 183日(平均0.8回/週) - 参加 2017/11/10 19:56

さいれほ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法
  • 資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券)です。投資の書籍などでは、ローリスクな運用をしたければ国内債券に投資しましょう、と記載されていることも多いです。しかし、2018年から始まった「つみたてNISA」に対応する投資信託の中には、国内債券に100%の割合で投資できる投資信託は1つもありません。「もっとローリスクな運用をしたいのに!なんで「つみたてNISA」では国内債券を選択できな [続きを読む]
  • つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)。どちらを利用する?
  • 2018年から始まった「つみたてNISA」を、あなたはもう利用していますか?ところで「NISA」と一言で言っても、「つみたてNISA」と「一般NISA(ただのNISA)」と主に2つのサービスがあります(その他、子供向けにジュニアNISAも)。このあたり、名前が似通っていて、サービスの違いなどがイマイチ良く分かりにくいですよね。そこで以下では、「つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)。どちらを利用する?」と題して、両サービスの違 [続きを読む]
  • ハイリスクな株式ファンドか?ローリスクなバランスファンドか?
  • 「つみたてNISA」において、ハイリスクな株式ファンドを選ぶかローリスクなバランスファンドを選ぶかは「究極の選択」だと筆者は考えています。先日、つみたてNISAを始めた筆者知人が、「投資する商品を選んだ」と言っていたので、話を聞いたところ、ローリスクなバランスファンドを選んだとのことでした。「ハイリスクな株式ファンドか?ローリスクなバランスファンドか?」あなたはどちらが良いと思いますか?[スポンサーリンク] [続きを読む]
  • つみたてNISAにおける日本株の取り扱い方法
  • 「つみたてNISA」を利用する上で、どうしても判断上避けて通れないのが「日本株」への投資をどうするかです。と言っても、日本株へ投資する商品はたくさんあります。TOPIXに連動するもの:11種類日経平均株価に連動するもの:12種類JPX日経400に連動するもの:5種類その他、バランスファンドやアクティブファンドで日本株に投資するものもありここで言いたいのは「日本株に投資できないからどうしよう」とか「日本株への投資が多す [続きを読む]
  • つみたてNISAにおける日本株の取り扱い方
  • 「つみたてNISA」を利用する上で、どうしても判断上避けて通れないのが「日本株」への投資をどうするかです。と言っても、日本株へ投資する商品はたくさんあります。TOPIXに連動するもの:11種類日経平均株価に連動するもの:12種類JPX日経400に連動するもの:5種類その他、バランスファンドやアクティブファンドで日本株に投資するものもありここで言いたいのは「日本株に投資できないからどうしよう」とか「日本株への投資が多す [続きを読む]
  • つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか
  • つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか気になっていますか?結論から申し上げると、つみたてNISAのサービスを提供する証券会社ならば、どの証券会社を利用しても「原則」同じです。「原則」とつけたのは、実は完全に一緒ではないからです。というのも、つみたてNISAで取り扱う商品は証券会社ごとに違います投資信託を購入して運用する際の付帯サービスにわずかな違いがありますと、ちょっとした違いがあるためです [続きを読む]
  • つみたてNISAを利用すると、どんな良いことがある?
  • 2018年からはじまる「つみたてNISA」。最近は現行のNISAとか、iDeCo(確定拠出年金)とか、様々な制度が乱立しており、何を使うか迷ってしまいますよね。そんな時はつみたてNISAと他の類似制度の違いを見ることで、各制度をどのように使っていけばよいかが見えて来ると思います。そこで、本記事では「つみたてNISAを利用すると、どんな良いことがあるか」をご紹介。本制度は長期投資で資産を作る制度ですから、必然的にあなたの将 [続きを読む]
  • つみたてNISA。どの投資信託を利用しますか?
  • 2017年11月時点で、つみたてNISAを利用して購入できる投資信託の本数は100本を超えています。つみたてNISA対象商品 | 金融庁これだけ本数が増えてしまったのは、様々ある投資信託の運用会社があれもこれもと対象商品に加えてしまったのが大きいと思います。そもそも、同じジャンル、例えば「先進国株式」でも、各社が似たような商品をラインナップしていますしね。そこで、どの投資信託を選んでつみたてNISAを利用するか、を考えて [続きを読む]
  • 現行NISAからつみたてNISAに切り替える手順
  • 先日、筆者は現行NISAからつみたてNISAに切り替えの申し込みを行ったので、その手順を簡単に紹介します。といっても、複雑な申し込みなどは一切無く、すごく簡単に移行できます(筆者はまだ移行中)。以下、すでにNISAの口座を開設しているすでにマイナンバーを提出しているの2つを行った上での話しです。[スポンサーリンク] NISA利用者がつみたてNISAを利用するなら勘定変更が必要いろんなところで言われていますが、つみたてNIS [続きを読む]
  • つみたてNISAとiDeCo。どちらを優先的に投資する?
  • つみたてNISAを始めるに当たって、一緒に考えたいのが確定拠出年金(以下:iDeCo)との投資配分です。両者はいずれも投資信託を利用した税制優遇制度ですが、運用上いくつか異なるポイントがあります。筆者は2018年からつみたてNISAの利用申し込みを既に済ませており、2018年以降はつみたてNISAとiDeCoの両者を併用する予定です。そこで、実際に運用を始める前に、その特徴と配分を考えてみよう、という話です。なお、つみたてNISA [続きを読む]
  • 過去の記事 …