ゆず さん プロフィール

  •  
ゆずさん: about Travel いざ、世界中を街歩きの旅へ
ハンドル名ゆず さん
ブログタイトルabout Travel いざ、世界中を街歩きの旅へ
ブログURLhttps://walkaroundrtw.com
サイト紹介文2017年12月19日から世界一周スタート!後悔のない旅を目指して世界中をお散歩します♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 107日(平均5.8回/週) - 参加 2017/11/11 15:17

ゆず さんのブログ記事

  • インドに疲れてダウン
  • 昨日体調を崩して、一日休めばなおるかなぁ。と思ったけれどやっぱりなかなか改善しない それでも時間がもったいないので、せめて気になっているお店にいこう そう思い、まずは何年か前にネットで見かけて気になっていたお店へPiza Vaatika cafeアップルパイがおいしいお店として有名で、ネットで見かけてからずっときたいと思ってたお店 オープンカフェになっていて、店内の雰囲気もすてきここはもちろん、アップルパイをオーダー [続きを読む]
  • インド疲れなのかな
  • 夜行バスに乗ってバラナシに到着したのは朝の8:00 停車所から宿がある場所までリキシャで向かいます 迷うことなく無事に到着したのですが、ベッドがすべて埋まっているらしくチェックインできず 夜行バスは揺れが激しくてほとんど眠れなかったから結構つらい…でも仕方がないので荷物だけおかせてもらって、さっそく観光へ どこへ行くか全く決めてなかったけど、とりあえずガンジス河へ行けば何かあるはず!そう思いガンジス河 [続きを読む]
  • これはもう、インド人流ジョークなのね
  • タージ・マハルをあとにし、次はアグラフォートへ向かいます タージ・マハルからアグラフォートまでは歩いて1.2キロ こんな風に標識も出ていて、「とにかくまっすぐいけば着くから!」ってレストランのオーナーさんにも、ガイドにも言われたので、とにかくまっすぐ歩きます声をかけてくるリキシャを振りきりながら歩くこと30分 ここかな??と思ったところで、入り口にいた人に「アグラフォート?」と聞くと、そうだ!と頷くので中 [続きを読む]
  • 偽ガイドにタージ・マハルの前でプロポーズされた話
  • 今日は念願のタージ・マハルへいく日 もともとインドは行かなくてもいいかなぁ。と思っていたけれど、タージ・マハルをみたいがためにインド行きを決めました あのときはネパールを少しでも早く出たくて、たまたま安かったバンガロールへ飛んだがために、ここまでくるのに1ヶ月近くかかってしまったけれど(南インド大好きなので、まったく後悔はしてないですよー) タージ・マハルの開園時間はサンライズからセンセットまでとすご [続きを読む]
  • 簡単な詐欺にまんまとひっかかる
  • 今日はデリーから次の都市、アグラまで向かいます 列車のチケットをまだとっていないので、まずはそこから ちなみにデリーで利用したゲストハウスはザ ホステラー サケット デリー 女性専用ドミトリー、Wi-Fi付き、朝食込みで240ルピー/396円 ここは昨日から利用している宿で、治安が悪いから一人であるかないように。といわれた宿とは別のところです それまで利用していた宿はここよりも100ルピー高くて朝食はなし、駅から徒歩1 [続きを読む]
  • 世界最大のヒンドュー教寺院へ
  • 今日は昨日の夜の続きから少し傷心なわたしはすっかり水を買うのを忘れてしまい、宿に着いたのは19:00頃でしたが、水を購入しに一度宿を出て売店の方へ 宿の周りは少し閑散としていて、売店まで15分くらい歩かなければいけないけれど、水なしでは過ごせないので仕方がありません すると、宿を出てすぐ、2分もかからないところで一台の車がわたしの真横に止まりました 中から顔を出したのは50代くらいの夫婦と思われる二人 男性「こ [続きを読む]
  • またこんな目に遭うなんて
  • 基本的に宿はネットから予約していて、そのときにロケーション良さはわたしの中で優先順位が高く、いつもアクセスがいい場所を選んでいるつもりだったのですが、今回の宿は駅からも、中心地からも遠め 駅まで15分っていうレビューを見て予約を決めたと思ったけど、どうやらリキシャを使って15分だったらしく、最寄りの駅まで徒歩1時間 仕方がないから歩きます 途中の売店でチャイを朝ごはんに飲んで、朝からウォーキング [続きを読む]
  • ブンディーからジャイプール、そしてデリーへ
  • 宿をチェックアウトして今日はジャイプールへ向かいます ちなみに今回ブンディー利用した宿はHaveli Uma Megh Tourist Guest House ここ、ほんとにおすすめです!!! ダブルルーム、シャワー・トイレはシェア、Wi-Fiつきで300ルピー/495円今まで利用した宿の中で断トツで部屋が大きいし、きれい また、ここのオーナーがとっってもいい方なんです 到着した時にはブンディの地図を広げて、今日は疲れてるだろうからここら辺 [続きを読む]
  • もうインド、お腹いっぱいかも
  • 朝起きて、約束通りmuseliをもってRのカフェへ カフェに着くと昨日来ていたイギリス人カップルがいて、ふたりがRにお別れを告げているところでした Rはわたし以外にも何組かの旅行者を常連さんにしているみたい ここはこの町の観光の目玉であるシティ・パレスの通り道にあるから、避けずに通れないという 笑 この出会いを楽しめる人もたくさんいるだろうけど、わたしはちょっとお腹いっぱい でもずうずうしくmuseliは作ってもらっ [続きを読む]
  • プシュカルからブンディーへ
  • 今日はプシュカルを出てブンディという町へ向かいます ブンディは全く知らなかったけど、この町で何度もインド人からおすすめされた町 プシュカルもそうだけど、日本では有名ではなくても現地の人に人気がある町ってたくさんあるんだろうなぁ まずは昨日の帰り道で買ったクッキーで朝ごはん3枚で50ルピー/83円これ、一枚一枚が結構大きくてボリュームがあるので一枚で大満足 手前にある白いお菓子もいつも気になるんだよなぁまた今 [続きを読む]
  • ここは一人になれない町
  • 朝イチで部屋の電気を直してもらい、今日はSavitri Mata templeへ向かいます ここはブラフマー神の奥さんがいるお寺 張り切って外に出ると、すぐに昨日のレストランのおじちゃんに捕まり、朝ごはんにDOSAを注文。チャイと合わせて70ルピー/117円Dosaは南インドにいたにも関わらず食べるのははじめて すごいボリュームでビックリしたけど、さらっと全部完食 生地の中にジャガイモが入っていて、それをタレにつけながら食べる料理で [続きを読む]
  • インド人の誘いにのってみたらこんなラストが待ってた
  • ヒンドュー教の三柱の神様は、シヴァ神・ブラフマー神・ヴィシュヌ神 その中でもブラフマー神の寺院はプシュカル一か所のみしかありません そんなプシュカルにいるのだからその寺院に行かない手はない!ということで、今日はその寺院へ朝一で向かいます と、その前に朝ごはんmix fruit museli with curd honey120ルピー/210円curdはヨーグルトのことで、museliはフレグラのようなシリアルのこと すごいボリュームだけどお [続きを読む]
  • インド人おすすめ、プシュカルへ
  • もともと存在すら知らなかったけど、ウダイプルで何度も現地の方にプシュカルを勧められたので、どーしても気になって予定変更!今日はプシュカルへ向かいます 宿をチェックアウトして8:40頃バス停へ 駅の人にプシュカルへ行きたいことを伝えると、一度アジュメールまでいってそこからプシュカル行きのバスに乗り換えるとのこと ちなみに10:00発のバスは直接プシュカルまでいってくれるそうですが、わたしはすこしでも早くいきたか [続きを読む]
  • 青い景色を探し求めて
  • ちょっと早めに目が覚めたので、せっかくだから朝から青い風景をさがしに行きます というのもジョードプル、観光の中心地となる時計台の回りはあんまり青くないんです ネットの情報でChandpole Gateっていうところの周辺が青いって聞いたので、そこまでいってみることに 宿から時計塔まで徒歩30分、そこからさらに30分歩きます 時刻は9:00頃だったんだけど、お店はほとんどしまってましたこ、これは歩きやすいー♪ あ、でも朝市み [続きを読む]
  • ブルーシティー・ジョードプルへ
  • 朝の7:40に宿を出てリキシャでcentral bus terminalへ 行きは200ルピーだったのに、帰りは100ルピー/169円ぼられてるとはわかってたけどね。もうバスから降りた時のリキシャの交渉は諦めてます。(疲れすぎてて交渉がどうでもよくなってくる) 今日はバスに乗ってウダイプルからジョードプルへまったくスケジュール確認してなかったけど、7:50にバスターミナルに到着して、8:00発のバスのチケットをゲット8 [続きを読む]
  • 出ると決めた町を出そびれて出会った出会い
  • 朝イチで宿を出る!って決めてたのに どこ行こうかなぁー何も決めてないから宿調べたり今からするの面倒だなぁー よし、明日の朝の気分で決めよう と思い眠った結果、町を出そびれました でも昨日の出来事でどうも気分が乗らない こういう日は思いっきり自分を甘やかすぞ!ってことで入った宿の目の前にあるカフェ朝食にバタートーストとカフェラテを注文170ルピー/290円本当はフレンチトーストっていったんだけどね わたしの発音 [続きを読む]
  • 現地の人とのつきあい方
  • アンノンと別れたあと、宿の近くでまた、インド人に引き留められるわたし 彼の名前はサンジ。洋服や鞄を販売しているお店を経営しているらしい そしてもちろん、1回断ったのにチャイが出てくる 他愛ない会話をしていると、サンジが明日インドの美味しいスイーツ屋さんが近くにあるから一緒にいこうとのこと インドのスイーツかぁ…たしかにラッシーくらいしか飲んでないかも 明日はシティ・パレスへ行きたかったから、そのあとに [続きを読む]
  • 結局は体目当てだったってこと?
  • 宿をチェックアウトし、宿の真下にあるバス停へ そう、わたしが泊まった宿は2階にあって1階はバス停になってるんです!これ、めっちゃ便利で楽だった! アヘンダバードで利用した宿はこちらIn & Out Dorm女性専用ドミ一泊350ルピー/600円ホットシャワー、Wi-Fiつきシャワー、トイレもたくさんあるし、ベッドはカーテンで仕切られるのですごく快適でした(といってもわたしが宿泊したときはだれもいなかったけれど) また、モールの中 [続きを読む]
  • ここは優しさで溢れた町
  • 朝食には昨日の帰りに売店で買ったパイ20ルピー/34円わたし「カレーかマサラ味?」売店の方「いや、ケチャップだよ」 ケチャップは確かについてたけど、中はジャガイモのカレー味でした 出かける前に次の町の交通手段を検索次の町はウダイプル って、ウダイプルってバスで5時間の距離なの!? ずっと夜行バスでの移動が続いてたからてっきり夜行バスなのかと…そう考えると、遅くに到着するリスクを減らすためにも午前出発 [続きを読む]
  • インドの独立の父・ガンディーの家へ
  • オーランガバード16:30発アフマダーバード6:00着のバスは予定通り出発今回はA/Cなしスリーパーバスで560ルピー/961円ずっとA/C付きのバスで移動してたけれど、A/Cなしのバスはやっぱり少し客層が違うどこからか音楽が聞こえてくるし、ダブルのベッドには4人家族がいたり、ふとカーテンをめくってみると、いつのまにか通路に寝袋に入った人が眠ってたり あと、バスのいいところは荷物を預けられるところだと思って [続きを読む]
  • 振り返ると、何やってるんだろうって気もするけれど
  • 今日は16:30のバスで次の都市へ移動11:00のチェックアウトまでゆっくりしてたので、移動の時間も考えて自由時間は4時間くらい 昨日はエローラへいっただけでオーランガバードの町を全然見れてないので、今日は町探検 っていってもホテルの近くには何もなさそうなので、googleマップを見てなんとなく栄えていそうだった付近のペイサン・ゲートまでリキシャで行き、そこから町をぶらぶらする作戦 リキシャを降り、まずは [続きを読む]
  • 3つの宗教が存在する場所
  • オーランガバードには予定通り7:00頃到着予約済みの宿にチェックインし、オーランガバードに来た目的、エローラ石窟群へ エローラ石窟群へはAurangabad Central Bus Stationからバスで1時間くらい Aurangabad Central Bus Stationまではオーランガバード駅から徒歩35分、リキシャだと10分くらいで行けます 町も見たいし歩いて行こー と、近寄ってくるリキシャを断りながら歩くこと15分歩道が消えた。。。 歩く限り車道以外なにも [続きを読む]
  • イギリスを感じさせるムンバイの町並み
  • 昨日の晩、さんざん悩んだあげく結局ムンバイ→オーランガバードを夜行バスでいくことにしました 20:45出発の06:30着で934ルピー(1638円) ここまで行き着く流れとしては①ムンバイ→オーランガバード間の寝台列車がウェイティング30になることが判明。乗車できる可能性は58%らしいのでこれは諦める ②オーランガバードを諦めムンバイ→ジョードプルを調べると、ウェイティング3で乗車確率88%!これにする?? ③ネパール人のネイフ [続きを読む]
  • 次の行き先が決まらない
  • ムンバイ観光2日目 よし、今日はハッジ・アリー廟へまずいって…と勢いよく最寄りのメトロまで歩くこと25分 あ、行き方調べるの忘れた( ・∀・) なんで?! 25分歩いて宿に戻ろうか… と、そこで前方にマック発見!(インドのマックはベンチに座ったドナルドが多いです)Wi-Fiもあるみたいだし、ここでお昼にしちゃおう と思ったら12:00まで朝マックって!!遅すぎでしょ!! 着いたのは11:00なので問答無用に朝マック バンガロー [続きを読む]
  • スラムドッグ・ミリオネアの町へ
  • 18:00出発予定のバスは15分ほど遅れて出発 全然バスに期待してなかったけど、このバスがすごくきれいだった! モニター付きでスマホ置き場、ペットボトル置き場にブランケットと枕もついて、水にビスケットまで配布されてめちゃくちゃ快適♪ また、休憩は23:00頃に20分休憩、6:00頃に5分くらいのトイレ休憩がありました20分休憩の時は防犯のためなのかみんな外に出され、小さな売店が4つとレストランがあったので、そこで休 [続きを読む]