畑のオヤジ さん プロフィール

  •  
畑のオヤジさん: 畑のオヤジ 北の自給菜園日記
ハンドル名畑のオヤジ さん
ブログタイトル畑のオヤジ 北の自給菜園日記
ブログURLhttp://hatakenooyaji.com/
サイト紹介文北海道に家族で移住、お金をかけず、農薬に頼らない畑作りで、自給自足に近い暮らしを目指します。
自由文本州から北海道に家族で移住、1年の3分の1が雪に閉ざされる北の大地で、仕事のかたわら、お金をかけず、農薬にたよらない自然体の野菜作りをめざしています。決して無理せず、「半分自給自足」を目標に消費→生み出す生活へのシフトを家族とともに楽しんでいます。本人の備忘録ではありますが、これから北海道への移住や、家庭菜園を志す人にとって参考になるブログでありたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2017/11/11 23:24

畑のオヤジ さんのブログ記事

  • 茹で落花生は1年のごほうびです。
  • オヤジはナッツ類が大好きです。いつか、わんさか獲れたらいいな、と思い、クルミやアーモンドの木を植えましたが、いまだ結果が得られていません。ナッツは一般的に「食用になる木の実」の意味のようですが、ピーナッツ=落花生もオヤジは毎年挑戦しています。木の実ではありませんが、実のなり方がとても興味深い作物です。落花生って、おもしろい!葉っぱや、枝ぶりも特徴的ですが・・・ こんなに美しい花が咲くのです。 花が咲 [続きを読む]
  • 切れ目のない、収穫を目指します!〜ハウスで菜っ葉〜
  • オヤジの住む北海道は、北海道の道央地域です。冬は雪が多く、とても寒くなります。真冬はマイナス20度を記録することもあり、もちろんその時期の野菜の栽培はできません。ということは、1年のうち、なんと3分の1が耕作不可能、少なくとも4分の1の期間は確実に雪の下に埋まってしまっています。こういう地域で自給自足に近い生活を目指すとなると、いろんな工夫が必要になります。ビニールハウスを利用し、秋獲りの菜っ葉を作りま [続きを読む]
  • サツマイモの収穫をしました!
  • 「サツマイモ」は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物。養分を蓄えて肥大した根っこの部分(塊根)を食べる作物です。茎の部分を料理に利用することもあります。 サツマイモ、というと、四国や九州産が思い浮かぶほど、南国の作物、というイメージです。オヤジの住む、北海道の道央地域でもできるよ、という話を聞いて、よし、オヤジも作ろうと挑戦をはじめて、はや10年が経ちます。北海道のサツマイモ、収穫!これは6月上旬、定植 [続きを読む]
  • 今年のジャガイモはどうだった?
  • ご無沙汰しております。仕事が繁忙期で、しばらくブログの更新ができなかったオヤジです。収穫の秋でしたので、少しさかのぼって紹介しますね。ジャガイモを収穫します!品種は、男爵、メークイン、アンデスレッド、キタアカリ、ホッカイコガネです。ここ数年は家族に芋掘りを任せていました。今年はほとんどの芋を溝堀りして深植えしたので、掘るのに腕力が必要と考え、オヤジ自らすべての芋を掘ろうと考えました。 晴れが数日続 [続きを読む]
  • わーい!カボチャの収穫です!
  • 畑の作物の中で、もっともボリューム感あるのが、カボチャです。貯蔵作物の性質上、一気にまとめて収穫し、保存します。毎日毎日とれたてを調理する小型の果菜類や葉物野菜と違って、人手を必要とする作業は、オヤジたち男どもの出番です。重たくて、大きくて、ずっしりした質感は、収穫していて、テンションが上がりますね。昨年より少なかったとしても、ひとまとめに並べたカボチャを見ると、「こんなにできた!」感があって、す [続きを読む]
  • 台風と、地震
  • 9月5日未明は台風21号の通過、そして翌日の9月6日未明には「北海道胆振東部地震」。北海道は2日連続で大きな災害に見舞われました。台風21号オヤジんちには小さいけどビニールハウスがあります。元農家さんから安く譲っていただいた中古の資材を使って建てました。もともと中古なので丈夫ではありません。ちょっとした強風でも大きく揺れて、中にいると壊れるんじゃないか不安でなりません。まして台風が通過するとなると尋常では [続きを読む]
  • オヤジんちの果樹の様子です。
  • 大雨と日照不足で、畑は停滞しているように見えます。停滞しているように見えると、野菜の成長につれて、今やらなきゃならないこと(トンネル設置や、芽かきや、ネット張りや諸々のこと)が増えず、切迫感に乏しいので、オヤジの気持ちも停滞気味です。加えて、大好きな北海道日本ハムファイターズの成績も下降気味で、停滞的な日常に拍車がかかります。とどめは、今週、久々の「ぎっくり腰やっちまっただ!」です。これをやると、 [続きを読む]
  • 北海道の夏は終わりかなあ・・・
  • 北海道では、お盆を過ぎればもう秋、などと言われています。オヤジの住む道央地域は、夏は気温が30度を超える真夏日もけっこうあり、温暖化の影響なのか、近年は本州並みの暑さでクーラーが欲しくなるような日も多くなってきました。そうです。日本最北の地、北海道では、クーラーを設置してある住宅の方が珍しいのです。もっとも、そんな風に感じるのは年に何日かでありまして、8月に入れば、とたんに秋の気配です。畑をトンボが [続きを読む]
  • コーヒーの木の生命力に、脱帽です!
  • コーヒーが好き、という単純な理由で、オヤジはコーヒーの木を育てています。育てている、というか、ちゃんと面倒が見れていなくて、枯れたり茂ったりを繰り返しています。ちなみに今年の3月にはこんな感じでした。室内に置いているせいか、お日さまが足りないせいなのか、縦に横に徒長しているような感じですね。何回も植え替え、肥料をやったり剪定したりを繰り返してきたのですが、状況は変わりません。観葉植物としても、あま [続きを読む]
  • 露地にトマトの雨よけ屋根を建てます。
  • 露地の野菜もすくすく育ち、キュウリやズッキーニ、スナックエンドウなどが食卓をにぎわせてくれています。トマトとミニトマトも大きくなり、そろそろ収穫が見えてきた、という頃までにやっておきたいことがあります。それは、雨よけの屋根設置です。品種にもよりますが、概してトマトは赤く熟してくると、雨にあたった時に裂けやすいです。それを防ぐために、オヤジんちでは雨よけの屋根を毎年建てます。お金をかければ市販のもの [続きを読む]
  • 秋獲りのキャベツ、白菜、ケールなどを植えます!
  • 畑が元気になり、露地のマメ類やズッキーニも収穫がすすんでいます。5年前までは、6月までに畑を作り終えた達成感と、仕事が繁忙期に入ったことで、種蒔きや育苗を中断していました。ただ、オヤジんちの目標は「切れ目ない収穫」を目指す、自給自足的生活です。なので、いまは年間を通じて種蒔きをコンスタントに行っています。多品種をこまめに栽培するだけでなく、ひとつの作物をずらし蒔きすることで、収穫期間を長くする工夫も [続きを読む]
  • 畑がにぎやかになってきました!
  • 低温と多雨から解放されて2週間、畑の風景が急速に変わってきました。ようやく本格的な夏を迎え、遅ればせながら、畑はにぎわいを感じさせてくれています。暑さの中で、いきおいをつけた野菜たちです!花豆、スナックえんどうがぐんぐん育ってきました。 きぬさやえんどうの花。とてもきれいです。 たくさんとれています。かぼちゃ「雪化粧」も、森のごとく茂っています。肥料は自家製の堆肥だけですが、けっこう実は大きいです。 [続きを読む]
  • 畑がにぎやかになってきました!
  • 低温と多雨から解放されて2週間、畑の風景が急速に変わってきました。ようやく本格的な夏を迎え、遅ればせながら、畑はにぎわいを感じさせてくれています。暑さの中で、いきおいをつけた野菜たちです!花豆、スナックえんどうがぐんぐん育ってきました。 きぬさやえんどうの花。とてもきれいです。 たくさんとれています。かぼちゃ「雪化粧」も、森のごとく茂っています。肥料は自家製の堆肥だけですが、けっこう実は大きいです。 [続きを読む]
  • 雨上がりの庭を歩きます。
  • 北海道は6月に入って低温が続き、ようやく暖かくなったと思いきや、今度は大雨も含んだぐずついたお天気が3週間ほど続きました。3週間の間、満足な日照が得られなかった影響は大きく、この時期にしては作物の背が低く、育ちも遅いです。7月も中旬を過ぎようとしているのに、夏野菜がまったく育っていないのは非常に痛い!まるで梅雨ではないですか!今週になってようやく、久しぶりの晴れ間がのぞき、オヤジの心に希望が戻ってきま [続きを読む]
  • ハウスのトマトがようやく収穫の時です。
  • 全国的な大雨の被害が報道されています。被害に遭われた方々に心より御見舞いを申し上げます。北海道でも、梅雨のような気候が続き、オヤジの畑でも野菜の成長が大幅に遅れています。雨が続くと、日照時間が減るのに加え、畑がぬかるんで、露地での作業を見送ることが多くなります。ということは、露地の野菜の収穫の遅れに拍車をかけることになります。天気が良ければ、今ごろこの写真のように、露地のトウキビが育って、余ったハ [続きを読む]
  • 豆の手を、ようやく立てました!
  • 全国的に台風や大雨の影響で、農作物への影響が深刻なことになっていますね。北海道でも、6月に入って、4〜5月並みの低温が続き、露地の作物の育ちが遅れて、農家さんはとても大変だと思います。気温がようやく持ち直したかと思えば、今度は雨が降り続き、日照のほとんどない日が2週間も続いています。お天気は人間がコントロールできないので、文字通り「天にまかせる」しかないのですが、露地の夏野菜の収穫を心待ちにしている [続きを読む]
  • ジャガイモの土寄せをしました!
  • 露地の作物は、日々成長します。成長とともに、畑の環境を整えてあげるのが、オヤジの夏の日課になっています。あらゆる野菜にチャレンジしているので(種類だけは多いです。うまくできてるかどうかはともかくとして(汗))、けっこういろんな仕事が生じます。少し前のことですが、ジャガイモの土寄せをしました。①ジャガイモには、土寄せが必要です。オヤジんとこはスギナをはじめとする、雑草の力が強く、ちょっとほっておくと [続きを読む]
  • ゴボウの肥料袋栽培、今年は3袋に増やしました!
  • 昨年、自家製なんちゃって堆肥で栽培した肥料袋のごぼう。冬越しのものがたくさん収穫できたので、今年も調子にのって、やってみることにしました!春に収穫した昨年ごぼうのお話は、こちらです。冬越しのゴボウを収穫しました!さあ、今年もゴボウ畑を作ります!まず、古タイヤを用意します。なぜかというと、ひとつには、オヤジんちは風が強く、肥料袋も倒れてしまうほどだから。もうひとつは、冬越しで雪の下になるため、雪の重 [続きを読む]
  • 野菜の収穫がはじまりました!
  • 6月に入り、ハウスに植えて早獲りを目指していた野菜が収穫の時を迎えました。露地の畑をまだ作り上げている最中で、毎日やること考えることの多いオヤジですが、収穫期の始まりは、何にもかえがたいうれしい出来事です。農薬も化学肥料も使わずに野菜を作っているおやじにとって、野菜は育てるものではなく、自らの力で育ってくれる存在です。そしてオヤジは、その野菜が育つおうちを用意するのが仕事。植物は、人間がコントロー [続きを読む]
  • サツマイモ「紅アズマ」の苗を植えました。
  • サツマイモといえば、九州、高知など、暑い地域の作物というイメージです。オヤジが大好きな、そのサツマイモが北海道でも作れると聞いて、やってみようとチャレンジをはじめて10年経ちます。満足いく出来の年はありませんが、豊作を夢見て、今年もやります!サツマイモの苗は、購入苗を使います!これが、サツマイモの苗です。オヤジ行きつけの種苗屋さんから、いつも予約で苗を購入します。ジャガイモは種イモを購入して植えま [続きを読む]
  • 玉ねぎ「札幌黄」を今年も植えました!
  • 食卓に上る野菜ならば、何でも作りたいオヤジです。しかも、できる限り、タネから育てたいのです。玉ねぎも毎年チャレンジしていますが、今年ももちろん、チャレンジします!品種は、北海道の在来種と言われている、「札幌黄」です! 昨年は、畳1枚ほどの畑で、小さいのが10個くらいしかできなかったのです!(涙)今年こそはと、リベンジに燃えます。種蒔きはこうしてやりました!種蒔きは3月4日でした。昨年より少し遅かった [続きを読む]