YukihaCL さん プロフィール

  •  
YukihaCLさん: クラリネットとフランス暮らし
ハンドル名YukihaCL さん
ブログタイトルクラリネットとフランス暮らし
ブログURLhttp://clfrjp.jp
サイト紹介文フランスでの音楽留学生活を書いていきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 219日(平均6.2回/週) - 参加 2017/11/11 23:49

YukihaCL さんのブログ記事

  • パリ管弦楽団のコンサート、当日券の買い方
  • フランスが誇るオーケストラ、パリ管弦楽団。このコンサートは、本拠地であるPhilharmonie de Paris(フィルハーモニー・ド・パリ)で聴くことができます。パリ管の定期演奏会はたいてい水曜日と木曜日の20:30から。席はカテゴリー1〜6まであって、値段は10〜50ユーロです。定期演奏会以外のコンサートもたくさんあるので、フィルハーモニー・ド・パリのロビーに置いてあるこんなシーズンプログラムで見ることができます。もちろん [続きを読む]
  • かっこよすぎる女性指揮者
  • パリ管のコンサートを聴きに行ってきました!今日のプログラムは○交響的幻想曲《影のない女》 /リヒャルト・シュトラウス○ヴァイオリン協奏曲外2番 /カロル・シマノフスキ○交響的舞曲 /セルゲイ・ラフマニノフ指揮者:Karina Canellakis(カリーナ・カネラキス)ソロヴァイオリン:Nicola Benedetti(ニコラ・ベネデッティ)今日の指揮者は女性!カリーナ・カネラキスはアメリカ人指揮者で、これまで数々のオーケストラを指揮し、20 [続きを読む]
  • スーパーで買えるフランスの紅茶
  • 紅茶と言えばイギリスを思い浮かべる方が多いかと思いますが、もちろんフランスの紅茶もあります!素晴らしいフランスブランドの紅茶は色々ありますが、お高いので普段はなかなか飲むことはできません。(日本へのお土産にはとっても良いと思います!)ですが、わたしのような庶民でも、普段から飲めるようなお手ごろ価格のフランスの紅茶があります。今回はそんなスーパーで買える、リーズナブルなフランスの紅茶を2種類ご紹介した [続きを読む]
  • モーツァルトが初めて交響曲を書いた家
  • モーツァルトが最初の交響曲を作曲した家がロンドンにあります。家の前の通りには『モーツァルトテラス』のプレートが。モーツァルトは1764年4月に、父と姉とともに演奏旅行でイギリスにきました。少しの間は別の場所に宿泊していたのですが、父の体調が良くなかったので7月にここに引越しました。この場所は今は都会ですが、その頃は田舎だったので、父はリフレッシュできたのでした。モーツァルトはここで2曲の交響曲を書きます [続きを読む]
  • スリだ!!!
  • 昨日の夜、日本食レストランでバイト中のことです。入口に1番近いカウンターの席に、1組のカップル(おそらくパリ旅行中)が座って食べていました。そこへ1人の男の人が入ってきて、ちょうどその2人の隣のカウンター席が1人分空いていたので、彼をその席へ案内しました。その時間は店が込み始める時間で、わたしたちは料理を運んだりオーダーをとったり、どんどん入ってくるお客さんの相手をするのに精一杯。少しして、さっき1人で [続きを読む]
  • 録音オーデション♪
  • わたしはフランスに音楽留学をしているのですが、前からドイツにも少し興味がありました。ドイツには素晴らしいクラリネット奏者がたくさんいて、レベルの高い学校もたくさんあって、フランスと同じようにクラリネットを学ぶ環境がとても良い国だと思います。そんなドイツの音楽講習会に一度参加してみたいなと思っていて、今年思い切って応募してみました!その講習会のクラリネットの先生は、ウィーンフィルの首席クラリネッティ [続きを読む]
  • 見た目がカッコ悪い??
  • クラリネットのマウスピース(口にくわえる部分)とリード(振動して音源となる部分)を固定する部分をリガチャーといいます。リガチャーにはいろんな種類があって、形はもちろん色の違いによっても音が変わり、奏者が好きなものを選びます。わたしが今使っているリガチャーはシルバースタインという種類で、1年前に購入したものです。こんな立派なケースに入っていました。これに使用されている紐のような部分は、NASAの火星探査機に [続きを読む]
  • 室内楽の試験でした。
  • 今日は室内楽の試験。1年間一緒にやってきたチームでの集大成です。審査員は他の学校からきた先生3人。この学校の室内楽の先生は審査はしませんが、客席で聴いています。それぞれのチームが、準備してきた曲を順番に演奏します。わたしたちは最後から2番目で、直前に少しリハーサルをして本番でした。わたしたちが演奏したのは2週間前にも学内コンサートで演奏した、モーリス・エマニュエル作曲の『フルート、クラリネット、ピアノ [続きを読む]
  • ロンドンのヘンデル博物館
  • バロック音楽の重要な作曲家ヘンデル。彼はドイツで生まれ、イギリスに帰化し亡くなるまでロンドンで暮らしました。そんな彼が住んでいた家が、博物館としてロンドンに残っているんです♪こちらがその博物館で、ヘンデルが住んでいた家です。家の表にはプレートがありますが、入るのは裏側の入口からになっています。ヘンデルは1723年から亡くなる1759年までの間、ここに住んでいました。ここで『水上の音楽』、『メサイア』などの [続きを読む]
  • 素敵な景色が見れる!プロヴァンスの小さな町ヴィトロル
  • フランスの南にある小さな町ヴィトロル(Vitrolles)。サロン=ド=プロヴァンス、エクス=アン=プロヴァンス、マルセイユの三都市をつないだ三角形の真ん中にあります。面積が小さくて店などの数も少なく、公共交通機関があまりないので車持ちじゃないと生活が難しい。観光地ではないので、見どころも少ない、、そんなヴィトロルの1番の見どころがこちら!Le Rocherといいます。ヴィトロルは5世紀ごろでき、人々は野蛮人の侵略から [続きを読む]
  • 寂しいコンサート
  • 最近は学内コンサートの数が多め。去年に比べたら倍以上の学内コンサートに出演しています。今夜もコンサートがありました。今日のコンサートは、Archimusicというジャズアンサンブルの中のサックス奏者Jean-Rémy Guédonさんが作曲した曲を音楽院の学生が演奏するというものでした。曲は5曲あって、○歌、ピアノ、ドラム○フルートソロ○クラリネット、バスクラリネット○バスクラリネットソロ○フルート、オーボエ、バスクラリ [続きを読む]
  • 先生のコンサート♪
  • 音楽院で教えてもらっている先生が出るコンサートを聴きに行ってきました!今回のコンサートは木管五重奏。木管五重奏というのは、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンの5人での演奏する編成です。音楽院の先生たち5人が集まっての演奏でした。コンサートの会場は、こんな大きくて素敵なオルガンのあるところ。土曜日の夜ってこともあってか、たくさんのお客さんが来ていました。コンサートの開演は20:30とちょ [続きを読む]
  • 海外留学するってこと。〜EXILEのライブ復活より
  • 海外に留学することを夢見てる人もたくさんいると思います。実際に留学してみて、本場のフランス音楽を勉強できてるし、日本ではできない貴重な経験ができています。でもその代わり、日本にいる人にはなかなか会うことができません。今までいつも一緒にいた家族や友達、先生、、やっぱり合う時間が短くなれば、少しずつ忘れられてしまう。よっぽど思っていないと、遠くにいる人より近くにいる人の方を好んでしまう。だから、遠距離 [続きを読む]
  • 0が一個多い??Ovniのクラリネット特集を読んで
  • フランスの情報を日本語で読むことができる新聞Ovni(オヴニー)。Ovniは月に2回発行され、日本料理のレストランや、KYokoやK-Martなどアジア系食品のお店などに置いてあります。今回はなんと、一番後ろのページにクラリネットの特集が載ってる!多くのクラリネット奏者が使っているフランスの楽器メーカー、クランポンのお話です。クラリネットができたころの話や、工場でクラリネットを作る工程などが書かれていて、クラリネットを [続きを読む]
  • 雷の日のコンサート
  • 今日は室内楽の学内コンサートでした!開演は19時。コンサートの2時間前くらいから雷がピカッと光ってはゴロゴロ鳴り、、雨も降り始めました。電車が動いているか心配でしたが、電車は止まらず無事に学校に到着!ふぅ〜、これだけで一安心笑少しだけリハーサルをした後すぐに本番でした。今日演奏した曲は、フランスの作曲家モーリス・エマニュエル作曲の『クラリネット、フルート、ピアノのためのソナタ』。モーリス・エマニュエ [続きを読む]
  • 日本からの贈り物
  • 日本から荷物が届きました。送り主は、わたしが何年か前にクラリネットを教えていた人です。この方は学校の先生をやっていて、定年退職された後すぐにクラリネットを始めました。今は違う先生が教えているのですが、今もずっと楽しくクラリネットを続けているそうです。そして、フランスで暮らしているわたしのために、半年に1回くらい日本のものを送ってくださるのです!日本の食べものなど、フランスで買うと高いものを箱に詰め [続きを読む]
  • え、ピアノそこなの??
  • 今日は音楽院で、吹奏楽とオーケストラの小さなコンサートでした。今回わたしが参加したのはオーケストラで、曲はベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番1楽章。オーケストラは子供と少しの先生が混ざっていて、ピアニストはこの学校の学生。クラリネットが足りなかったので、わたしとフランス人の男の子が先生に頼まれて参加しました。先週1回リハーサルして、今日の午後にリハーサルをしてから夜本番という感じでした。>>先週 [続きを読む]
  • イチジク入りのチーズがおいしい
  • 3ヶ月前にフランスに来た友達が、「フランスに来て1番感動したことは、イチジク入りのチーズがおいしかったこと!」なんて言っていたので、まだ食べたことがなかったイチジク入りのチーズを食べてみることに。こちらはイチジクとクルミが入ったチーズで、パンなどに塗って食べるタイプです。開けてみると中はこんな感じ。これをパンに塗っていただきます!お味の方は、、ほんのり甘くて、なめらかなチーズとがクルミがとても良く合 [続きを読む]
  • 試験後すぐのレッスン
  • クラリネットのレッスンを受けに学校へ。この日はストライキで、RER A線は本数が少なくて満員電車に押し込まれます。楽器のリュックが電車のドアにはさまれそうになるくらいギリギリでしたが、なんとか電車に乗り込めました。エッフェル塔を横目に見ながら、学校まで歩きます。2日前に試験が終わったばかりで、今日のレッスンまでに新しい曲を練習できる時間があまりなかったので、エチュード(練習曲)を2曲見てもらいました。小さ [続きを読む]