ゆるくて甘い関係 さん プロフィール

  •  
ゆるくて甘い関係さん: ゆるくて甘い関係
ハンドル名ゆるくて甘い関係 さん
ブログタイトルゆるくて甘い関係
ブログURLhttps://miwako2017.muragon.com/
サイト紹介文日常から離れた、ふわふわした時間の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 7日(平均17.0回/週) - 参加 2017/11/12 00:40

ゆるくて甘い関係 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 出会い掲示板メール
  • 前に出会い系の掲示板に載せたことがあって・・ そこで透くんと 出会ったわけだけど 私みたいな 高年齢にも たくさんのメールが来て 恐縮&感謝 でも 返信したいなぁもっと話してみたいなぁと思える人はわずかで (ごめんなさい、自分のことを棚に上げて書いてます) そこからさらに 会いたいなぁって思える人は いるか いないか 結構前になってしまいますが 掲示板に載せて たくさんメールをいただいた その中で [続きを読む]
  • 来月 透くんと
  • 透くんからライン。 今月末に東京に来るって。 でも残念、、できない一週間 「来月の下旬以外なら、合わせます、ぜひ?」 と書いてみる 12月の上旬に、東京に仕事入れるように調整してみるね、と返信がきた 透くんのことはずいぶん長い間知っているけど 一度もしたことがない 一度しか会ったことないから 当たり前か(笑) ベッドの中で 透くんの好きなようにされてみようと思います。 自分でもなぜだかわからないけ [続きを読む]
  • 見通しの刷り込み
  • 私は決して よく話すほうではなく 人の話を聞いているほう むしろ積極的に話すのは苦手 仕事ではいつも気を張っている感じが抜けない その変な緊張感が より日常での口数を少なくしてしまう でも ふみちゃんとの時間は不思議だ セックスしている時以外は 私のほうが ふみちゃんより ずっと多く くだらないことをしゃべっている しゃべっている、というより 楽しくしゃべらされている??という感覚に気づく時がある [続きを読む]
  • いつのまにか 巻き込まれている
  • ふみひろさんは とにかく優しい すべてがソフトで心地よい 雰囲気、表情、声、口調、話す言葉 抱かれ心地 ぐいぐい来るわけではなく 私を自由にさせる なのに 勝手にこっちが 引き寄せられていってしまう感じ 私はふみひろさんに(最近は、ふみちゃんと言っている・・ので改めて) ふみちゃんに 何度かデートをしている間柄のくせに 「電気暗くしてください・」 「はいはい(にこにこ)」 「ちょっと 恥ずかしいの [続きを読む]
  • 透君の好きな感じ
  • 8歳下の透君は岡山に単身赴任で 東京に戻るのは月1回ペース。 会いたいと思ってくれている?と聞いてくる もちろん会いたいですよ そしてベッドインしてみたいな、 透君としてみたい 素直な好奇心と好意です しかしまだ私には 月に一度の女性のリズムがあり 見事にそれが、透君とのデートを阻む そういえば前回、2年前に会ったときもそうだった やろうと思っても できない日だったと思い出す LINEでひとたび会 [続きを読む]
  • 計算くん ②
  • ガストで、計算くんと私の面接?お見合い?が始まりました。 計算「僕はみきさんが気に入りました。これ食べたら、ホテルに行きたい」 と計算くん。 私は正直、ちょっと無理・・かなぁ・・ 私「今朝、急に夜、実家に呼ばれてしまって、時間がちょっと微妙な感じかも・・」 などと言って言葉を濁しました。 計算「そんなに時間かかりませんよ!」 ・・なんですかそれ・・・私はさらに、ひき潮のように気持ちが引いていくのを [続きを読む]
  • 計算くん ③
  • 計算くんは、こう言いました。 計算「みきさん、迷っているようだから、こうしませんか。 今から、みきさんが 先にお店を出てください。 僕は1分、席で待って、それから会計して、店を出ます。 もしみきさんがよければ、店の外で待っててください。 もし嫌だったら、帰っちゃってください。 もし店の外に出たとき みきさんの姿がなかったら 僕はその場でみきさんの連絡先を消去して、二度と連絡しないようにするから 大 [続きを読む]
  • 計算くん ①
  • 出会い系で会ったときの話です。 私は30代の終わりに、性欲がうわあぁぁっとなったときがあって ツーショットチャットで話してすぐに会う なんてことを、していた時期がありました。 ツーショットチャットでの話です。 どんな待機メッセージだったか忘れましたが とある男性の部屋に入りました。私より年上の男性です。 どちらからですか・・ 結婚してますか・・ おいくつですか・・・ と、あたりさわりのない会話を紡 [続きを読む]
  • 磁石なオトコ
  • 番外編です。 出会い系ではなく、日常でのちょっとした思い出のことを。 昔、少しだけ付き合った男性がいました。 バリバリの理系男子です。 彼の素敵なところのひとつは 記念日でなくても、日常的にプレゼントをくれるところ。 高価なものではないんです。 ちょっとしたお花とか、 小さくておいしいチョコレートとか デートのたびに、「これおいしそうだったから」「これきれいだったから」 と言って デートのたびに、 [続きを読む]
  • してみたら気持ちが変わるかも
  • もう、もったいぶるような年齢でもないし むしろ 不倫掲示板やチャットの待機メッセージに 30代までの女性 なんて書いてあると  そっかぁ 年齢的にはごめんなさいされるんだなぁって思って 少し切ない気もします。 付き合うまでセックスをお取り置きっていうのは 遠回りをしているかもよって 若かった頃の自分に 言いたい。 10歳年上のふみひろさん 2年前の健全なデートの時には 特に 性的には 惹かれなかっ [続きを読む]
  • わくわくさん ③
  • わくわくさん ② の続きです。 仕方なく私は ホテルに入りました。 心はどんより  そんな私を、わくわくさんは「緊張している」と思い込んだようです。 「緊張しなくていいからさっ!」 「あ、みきちゃんの隣に座っちゃおっかな〜 よいしょっと!  なんて、なんて!  こうやって、手なんて握ったら、どおかな?!  もっと緊張しちゃう?!逆効果?!それは困るぞー?」 自分で問いかけ、自分で答える わくわくさ [続きを読む]
  • わくわくさん ②
  • わくわくさん① の続きです。 先に、なぜこの即日出会った自称43歳男性を「わくわくさん」と呼ぶかを 説明させてください。 決して心がわくわくしたからではないのです。 昔、NHKで放映していた子供番組に出演していた 「わくわくさん」に そっくりだったからなんです。 わくわくさん。※画像をお借りしています。 あぁこの画像を見るだけでも 嫌悪感で震えがきそうです・・・。 話を戻します。 その、わくわくさ [続きを読む]
  • 進展がないことは知っている
  • ベッドでまどろみながら、ふみひろさんに 「どうして二年経って、急に連絡をくれたのですか」 って聞いたことがあった。 ふみひろさんは 「ずっと(また会いたいと)思っていたけど、仕事が忙しかった。 仕事が一段落したのと、また会いたいという気持ちが高まって連絡したんだよ」 って言っていた。 帰り際、ふみひろさんはいつも、私の左胸に小さなキスマークをつけてくる。 はじめはキスマークを「つけられた」感があっ [続きを読む]
  • 別れと出会い
  • 付き合って7年半の恋人と別れたのは今年の夏。 恋人、正しくは元恋人とは、知り合いの期間も含めると10年になる。 一度は結婚を目指してみたけれど 最近になって 結婚したいと思っていない自分に気づいた。 好きだったけど、恋人と付き合うとなぜか自分がすり減っていく。 恋人ではなく、お母さんになっていたんだと思う。 だんだん 尽くすのが当たり前になっていった。 スーパーに立ち寄って 食べるものを作っておい [続きを読む]
  • 透君との出会い
  • 8つ年下の透くんとは、2年前、不倫掲示板サイトで知り合った。 そこからLINEを交換して、 時間も置かないうちに 一度、有楽町でランチをした。 透くんは、今どきの好青年という感じ でも、とても落ち着いていて こちらがまるで、年下のよう・・・・。 顔はあまり 覚えていないけれど 今どきの、かっこいい眼鏡をかけていたのは覚えている。 年上が好きだという とてもありがたい存在 でも当時は、ランチしながら [続きを読む]
  • わくわくさん ①
  • 現在進行形のことと並行して、 過去の出会い系のことも書いていきたいと思う。 30代の終わり頃、性欲がうわっとこみ上げる時期があった。 「したい。今日したい。」 って思ってチャットで「即日」会うなんて 今では考えられないようなことをした時期があった。 今思えば、仕事のストレスや 付き合っていた恋人とのセックスが楽しくなかったからだと思う。 初めてチャットで即日会った人が たまたま良かったので、 何と [続きを読む]
  • 二年ぶりの再会
  • こういうことって、重なるもの? 二年前、仕事の関係で知り合い、少し親しくなった人がいました。 その人は、当時、おいしいものを食べさせてくれたり ちょっとした観光地に連れていってくれたりして、 2回だけ、ちょっとしたデートをしたことがあったのです。 その彼、ふみひろさんは既婚者だったし 私より10歳年上で 性格がとても穏やか そもそも怪しい雰囲気にもならなかったので 健全で、楽しいデートでした。 仕 [続きを読む]
  • 過去の記事 …