Investor2017 さん プロフィール

  •  
Investor2017さん: 兼業投資家 資産運用と生活一工夫
ハンドル名Investor2017 さん
ブログタイトル兼業投資家 資産運用と生活一工夫
ブログURLhttp://investor-2017.hatenablog.com/
サイト紹介文資産を増やす、生活を面白くするアイデア発掘中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 12日(平均11.7回/週) - 参加 2017/11/12 01:42

Investor2017 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 個別企業への投資法 日経マネー2018年1月号参照
  • 日経マネー1月号の"株でつくる 安心老後1億円"という特集の1ページに個別企業への投資法が網羅されていて興味深かったので紹介する。大きく分けて、4つあり、1. バリュー株投資、2. グロース株投資、3. モメンタム投資、4. その他投資法があり、私は株価が割高でも業績が伸びると想定される企業に投資している。あなたは、どの投資法で株式投資しているだろうか?また投資法の幅を広げる必要はないだろうか?1. バリュー株投資  [続きを読む]
  • あなたならどちらに投資する? Costco or Amazon
  • 昨日に続き、2つの企業への投資を比較検討したMotley Foolの記事、"Better Buy: Costco Wholesale Corporation vs. Amazon.com"を紹介する。この記事によると、下記2つの選択肢を考慮した結果、17年11月時点の結論は、予測可能性と安定的な成長機会からコストコを推奨。1. エキサイティングな選択肢  AmazonはCF成長で、リスキーだが利益が見込め長期的にリーダーになれる事業に投資。  例えば、EchoやFireでAppleやAlphabe [続きを読む]
  • あなたならどちらに投資する? Facebook or Google(Alphabet)
  • 今日は2つの企業への投資を比較検討したMotley Foolの記事、"Better Buy: Facebook Inc vs. Google"を紹介する。この記事によると、下記3つの点を踏まえ、17年11月時点の結論は、Facebookとしている。この記事を書いたライター自身も、両社の銘柄を保有しており、ポートフォリオの30%近くを占めているとのこと。1. 持続的競争優位性 Googleの強みは、価値のあるブランドで、1千億ドルの価値を見られており、世界2位。 また7つ [続きを読む]
  • 日本株 画期的投資分析ツール 銘柄スカウター
  • 今回紹介する投資ツールは、マネックス証券が最近リリースした銘柄スカウター。何が画期的かというと、企業の業績を連続10年並べて企業の成長度合いを、ビジュアルで確認できたり、四半期ごとに並べて、1年単位では見えにくい季節性を考慮した企業分析が気軽にできる。また株価のバリエーションや配当利回りをチェックしたい方にも役立つツールといえそうだ。マネックス証券なので、今後米国株ツールとして発展にしてくれることを [続きを読む]
  • 米国株 50年保有すべき成長銘柄!? Sherwin-Williams,Hormel Food, Mastercard
  • 投資サービスのMotleyで"3 stocks to hold for the next 50 years"という記事があり、昨日の成長株として紹介した記事に続き、長期保有株。取り上げられている企業は、1.Sherwin-Williams (SHW),2.Hormel Food (NYSE HRL), 3.Mastercard (NYSE MA). すでに基盤となるビジネスを確立している企業。それぞれの選定理由は、Sherwin-Williamsは、車両や家などのペイントやコーティングを1866年から手がけており、そのブラン [続きを読む]
  • ソニーと任天堂 米国著名投資メディアに推奨銘柄として取り上げられる
  • 米国の投資メディアBarrons 11月13日号の特集"Sony recaptures its youthful bounce"でソニー、特集"Nintendo looks like holiday winner"で任天堂が推奨銘柄として取り上げられていたので、その推奨理由を紹介する。このメディアは普段米国企業を普段取り上げる所、日本企業が2社も同時に取り上げられるのは珍しい。まずソニーは、18年に過去最高の営業利益になりそう。5年前は苦難の道を歩んでいて、現CFOの吉田氏が始めた事業リ [続きを読む]
  • 米国株 50年保有すべき成長銘柄!? Inuitive surgical, S&P global, Amazon
  • 最近購読しているMotleyで"3 growth stocks worth owning for the next 50 years"という記事があり、昨日紹介した記事に続き、思わず した。取り上げられている企業は、1. Inuitive surgical(NASDAQ:ISRG) 2. S&P global(NYSE:AL) 3. Amazon(NASDAQ:AMZN)。それぞれの選定理由は、Inuitive surgicalは、ロボットアシストする手術システムの企業で、長い間二桁成長しており、今後マシンの交換やシステム利用料で利益率アッ [続きを読む]
  • 日本株情報源 Longine、日経ヴェリタス
  • 日本株の新規投資先を検討する際に、会社四季報プロ500以外で、Longineという会員制サービスと、日経ヴェリタスという個人投資家向けの週刊誌が気になっていた。Longine は、家電業界をリサーチしていた時に知った。米国株情報源で紹介したMotley のような投資情報を期待していたが、更新記事数をみると、大きく劣る。先週(11/5~13)の記事数だとLongine 38記事に対し、Motleyは1日(11/13)だけで110強の記事が配信され、情報量が [続きを読む]
  • E-commerce銘柄投資候補 京東集団(NASDAQ:JD)
  • 先日アリババの躍進、例えば独身の日(11月11日)での取扱高2.8兆円記録など、順調に事業拡大していることから、株式の継続保有すると述べた。今日は独身の日つながりで、投資検討している銘柄の話をする。その銘柄は、京東集団(JD.com)という中国二位のE-commerce企業。独身の日は、アリババに届かないものの、売上高が2.2兆円に達した。https://r.nikkei.com/article/DGXMZO23398900T11C17A1FFE000興味を持って調べていた所、先 [続きを読む]
  • 米国株投資の新情報源 Motley
  • 米国株投資を始めて3年ぐらい立つが、投資アイデアはほとんどBarrons に頼ってきた。Barrons は、毎週色々な視点で株式市場や個別銘柄の深い分析をタダで得られていて満足していたが、最近見知った投資コミュニティMotleyの市場リターンを大幅に上回る推奨銘柄が気になり、月額サービスの利用を今月始めた。(単月で約20ドル、年会費だと約100ドルという料金設定)使っての感想は、日々想像以上に個別銘柄の解説、分析記事が更新され [続きを読む]
  • アリババ(NYSE:BABA)への投資について
  • アリババに投資したのは、米国市場に上場した直後。中国市場での独占的なE- commerceでのポジションと、四半期ごとに売上・利益成長、さらに下記サイトで解説されているように、クラウド事業も拡大しており、追加投資を検討中。https://irnote.com/n/n1a7a7c220633また直近では中国の独身の日(11月11日)に、1日の売取扱高が、2.8兆円という巨額を記録。これは楽天が2016年に記録した国内EC流通総額と同じレベル。こういった動き [続きを読む]
  • 日本株 情報源
  • 現在日本株に投資する際に参考にしているのが、東洋経済の会社四季報プロ厳選プロ500銘柄。四半期ごとに発行されていて、本命銘柄50、期待銘柄200、注目銘柄250の順で紹介されていて、ここで気になる銘柄をウオッチし、タイミングが来たら投資する。これ以外に月刊誌の日経マネーやダイアモンドザイを不定期で購入していたが、上記四季報でカバーできる場合がほとんど。会社四季報プロ500 有望12テーマ | 『四季報プロ500』編集 [続きを読む]
  • 日本株 保有銘柄
  • 2017年11月時点、200万円相当を保有していて、2018年に400万円に増やしたいと考えている。それぞれの銘柄の選定理由は下記の通り。リクルート(6098)100株1. 売上がここ5年間で数千億単円規模で拡大2. 国内シェアNo.1のライフスタイル関係のサービスを複数展開3. グローバルシェアNo.1の求人サービスIndeedが成長中Wスコープ(6619)100株1. リチウムイオン電池の部品メーカーで、売上がここ数年で急速拡大2. 市場拡大に合わせた [続きを読む]
  • ブログ更新に使い始めたツール
  • 昨日までAmazon Kindle fire HD6というタブレットでブログ更新していたが、画面が小さく、動作速度も遅く使いにくい為、Huawei MediaPad T3という10インチのタブレットに変更した。急遽購入し、今日から使う。Kindle fireに比べてのメリットが、現時点3つあると感じる。1. 動作速度が早く、画面も大きい2. 液晶テレビと連携して大画面で見れて、ニ画面操作できる3. Android アプリを制限なく、経済やファイナンス系のアプリを始 [続きを読む]
  • 投資にあたり使い分けしている証券会社
  • 現在、投資?資産運用にあたり3つのネット証券を利用しており、それぞれの良さや目的に応じて、使い分けしている。まずメインはマネックス証券を利用しており、主に米国株の投資に使っている。理由は、証券で最初に米国株のNISAに対応したこと、米国株情報が充実していることが大きい。情報は一例としてbarronsの週間レポートが毎週火曜に読めて、投資アイデアを得るのに役立つ。2つ目は、SBI証券で、ネット証券で幅広く外国株に投 [続きを読む]
  • 投資スタンス
  • 私(会社員、独身、アラサー男性)の投資?資産運用の考え方。それは、月々の収入から、銀行口座に最低100万円を残しつつ、余剰資金で米国株、日本株等に投資し、リターンを得るというものです。基本的には、中長期で売上、利益成長しそうな銘柄を、選定し、提供ウオッチしながら、買い時と感じたら投資します。 [続きを読む]
  • 米国株 保有銘柄
  • 2017年11月時点、通称FANGを中心に180万円相当米国株を保有しており、2018年中に350万円ほどに増やしたいと考えている。そのアイデアを探し、こちらでも発信していく。*Apple(AAPL) 20株*Amazon(AMZN) 数株*Alibaba(BABA) 15株*Facebook(FB) 15株*Alphabet(GOOGL) 5株*Microsoft(MSFT) 20株www.ifinance.ne.jp [続きを読む]
  • 米国株 投資情報源
  • 現在米国株に投資する際に参考にしているのが、米国投資情報誌のBarrons。マネックス証券や楽天証券のマイページから毎週火曜に確認できる。毎週10前後の記事があり、個別推奨銘柄、マーケット展望、特定の業界動向やテーマに関する和訳された記事が読める。ウォール街の達人たちの注目銘柄とは? | 最新情報 | マネックス証券大手ネット証券初! 米国投資情報『バロンズ拾い読み』がネットで読めます! | 楽天証券 [続きを読む]
  • 友達のブログでの活躍
  • 今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」先日友人のブロガーの話を聞き、書きたくなりました。その話とは、1人目はブログで先端テクノロジー分野の発信をしたところ、編集者の目に留まり、雑誌記事執筆依頼を受け始めるようになったと。2人目は、ライフスタイルに関して発信し、ブログ読者とのオフ会を企画したところ、個別相談を受けるようになり、世界が広がったと聞き、自らも書こうと思い立ちました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …