枯林 実 さん プロフィール

  •  
枯林 実さん: 林が枯れたり実ったり
ハンドル名枯林 実 さん
ブログタイトル林が枯れたり実ったり
ブログURLhttp://kobayashiminoru.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の何気ない疑問を追求していこうと決めたのに、いつの間にかキャプテン翼感想ブログに…。
自由文自宅警備員という世間的に奇異の目を向けれる立場にも関わらず強く前向きに生きていこうとする姿を見せられたら幸いです。あまつさえ自宅警備員の有用性を発見しようとしています。

どうせ生きるならどんな状況でもポジティブに生きた方が人生楽しい気がする今日この頃。まあ常にそれを実践するのは中々難しいんですが…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/11/12 10:54

枯林 実 さんのブログ記事

  • イヤー オア ブレイン オア ボース
  • 皆様こんな経験はないでしょうか?人「え?これって、なんでこうなってるの?」私「...こうやるって言いませんでしたっけ?」人「違う違う!これってこうやるって言ったよね?」私「ええ⁉?言いましたか?」人「言ったよ!聞いてなかった?」1度も無い方は居ないかもしれません。これは頻度の問題です。私はこれが毎日起こります。それこそ最古の記憶で小学校の頃から。聞こえてるのに、聞こえない。私だけの問題なのかなと考えて [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第83話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!連日22時以降の帰宅が続きヘロヘロです。毎日日が越えるくらいの時間まで働いている社会人の皆様、脱帽です。私は自宅警備をしているだけなのに、たかが22時でこの有様です...。近日、全国で初の過警備による死人が出たらそれは私です。どうか厳かに紳士的に合掌してやって下さい。いや!死なん!死んでたまるか!死ぬくらいなら自宅警備員を辞めて働いてやるぜ(意味不明)!気合いだ気合いだ気合 [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第82話 超適当感想
  • 毎月第3水曜日はキャプテン翼DAY!最近寒くなりましたね。すっかり長風呂してしまう時期に突入です。普段は風呂に入ることが嫌いなんですが、冬場だけは別枠。他に言うこと特にない。というわけで感想です。-前回のあらすじ-そりゃ8人も敵陣ゴール前に上がった状態でカウンター食らったら大ダメージですよ。以下ネタバレです。細かいセリフや内容はうる覚えなので悪しからず。【感想】マガトゥーくんが日向くんの強引なドリブルで [続きを読む]
  • 健康のお値段
  • この度、健康診断にて初めて再検査が行われる運びとなりました。今からガクブルです。「その位の年齢になると人生先が見えてきて、色々な覚悟が固まってくるものなんじゃないの?」なんてお思いの方!そんなことは全然ありません。死にたくありません!助けて下さい!食生活めちゃくちゃで過ごしてきた過去の自分を全力でブン殴って止めてやりたいです。この間同窓会が催された時、「今年さぁ、健康診断引っ掛かっちゃってさ」とか [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第81話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!最近寒くなってきました。外出に厳しい時期になってしまいました。ますます自宅警備に身が引き締まります。コタツのお供は蜜柑とキャプテン翼 ライジングサン!...他に何も思い浮かばないためすんなり次に進みます。というわけで感想です。-前回のあらすじ-見上さんがホロリ。以下ネタバレです。細かいセリフや内容はうる覚えなので悪しからず。【感想】始まってすぐにボールを奪われる葵くん。2 [続きを読む]
  • 【五/四八(仮)】滋賀県「三上山の大百足」
  • 先月の末に謎の衝動に駆られPS2を引っ張り出し、数年ぶりに計50時間程プレイしてしまいました。クソゲーと切り捨てる割に一定頻度でプレイしたくなるこの奇妙な中毒性。サブリミナル的な暗示が掛けられていて洗脳されていないか少し心配です。歴代のセーブデータはなるべく消さずに残しているため、総プレイ時間を計算してみたところ、なんと約400時間前後もプレイしています!少し前にこんな記事を作った分際で400時間も人生の時 [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第80話 超適当感想
  • 毎月第3水曜日はキャプテン翼DAY!最近何故か忙しいです。暇の極みと考えられている自宅警備業界において、破格の忙しさを誇る自宅に配備されてしまったせいか、帰宅時間が21時〜22時が普通に...。なんて日(々)だ!ミューラーの気持ちもよく分かります。世界最強の自宅警備員がこの有様です。不景気だ!残業反対!警備スケジュールがタイトすぎます! ..,すみません。ただ愚痴です。というわけで感想です。-前回のあらすじ-絶対的 [続きを読む]
  • おれの時間はおれのもの、おまえの時間もおれのもの。
  • 還暦になったら還暦になったら友達100人できるかな100人で食べたいな老人ホームでおにぎりをパックン パックン パックンと喉に詰まらせないようによく噛んで、お茶と一緒に食べて下さいね。「アホか、還暦程度でおにぎり詰まらせねーよ!」失礼しました。還暦の部分は古希や傘寿に変換して各々で歌ってみてください。人類は長寿化により還暦はもはや老人扱いされない時代。私自身初老と言えど、まだまだ元気なつもりです。今日も明 [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第79話 超適当感想
  • キャプテン翼 ライジングサン復活!※画像は雑誌公式HPよりいやぁ待ちました。待ちすぎてもう忘れていたくらい(汗)この二ヶ月でライジングサンの単行本を開いたのは確か1回。しかも一昨日のことです...。キャプテン翼愛が無くなりかけている⁉?いやいやいや!そんなもの、力付くで作り出しますよ!愛とは自然発生したものと強引に作るものがあります!今こそその時!また私事ですが、キャプテン翼がないとこのブログを見ないこと [続きを読む]
  • Asperger Syndromeを封じ込める気合の笑顔
  • 「君ねぇ、冗談を言う時は笑わないとダメだよ?じゃなきゃ冗談に聞こえないから本気で言っていると取られるよ?」「ああ、お前は誤解されやすいタイプだな。表情が変わらないからさ。」上記2つはかつての上司に言われた言葉です。様々な人間を見てきた人生経験豊かな方々のため、普通は言わないようなこんな助言もしてもらい身の締まる思いでした。今回のテーマは「笑顔」です。人間生きている以上「感情」があり、喜怒哀楽を繰り [続きを読む]
  • 『OH!Mikey!』が面白すぎた
  • 少し前に関ヶ原ウォーランドを訪れた時の話です。それはそれは麗らかな午後のこと。私は助手席で転寝をしようか迷いながら友人の話に耳を傾けていました。会話も尽きかけ、それを見越していた友人はいくつかのDVDを取り出す。その中に今回のトピックとなる「オー!マイキー」なるカオスホームドラマがありました。「枯林はこれ好きだと思う」などと私のことをよくわかった風に言いやがるので、どれ俺が試してやろう風に拝見。ドラマ [続きを読む]
  • 【四/四八(仮)】山口県「壇ノ浦」
  • お盆に偶然にも山口県に行く機会に恵まれました!関門海峡で有名な下関です。関門橋で山口県と福岡県を架けているんですね。これが九州まで続いているんですねぇ。人間ってスゲェ...。人間てより工事業者さんスゲェ。下関と言えば、あれですね...。ご存知の方も多いと思います。日本史の重要な一端を担った有名な戦場。そう、壇ノ浦!平家が眠っている彼の地。少し説明する...程の知識が無いのでwiki様に頼ってみるも私の脳ミソで [続きを読む]
  • ニートプライド
  • 働かざる者食うべからず。割と普遍的な世間の価値観で、なにも生み出さざる者消費するべからずとも言えます。不動産屋に勤めていた友人の証言では、健常者が県外から生活保護を受けるために移住してくるケースも少なくないそうです。本当に必要な人はいいとして、健康的になんら不自由のない人がもらっていたら「税金を食い潰す驚異の存在」と見做されても仕方のないことです。現在、健康で文化的な最低限度の生活なんてドラマも放 [続きを読む]
  • 本感想003:キャプテン翼のつくり方
  • 本読まな過ぎて日に日に語彙や言い回しのボキャブラリーが脳細胞と共に減っていく枯林です。こんな悪しき傾向を正すために作った「本」カテゴリーなのに、前回の002を更新してたのが2016年9月⁉?というわけで久しぶりの更新ですが、また自伝です。最近「あ、これ読みたい」と感じるのが人の自伝ばかりなんですよね。まあ、無理に高度な本を読むより、読みたいと思ったものを読むのが読書家へ戻るための近道のはずなので、今はそう [続きを読む]
  • キャッシュレスの恐怖
  • スウェーデンはキャッシュレス先進国とニュースで知りました。キャッシュレスとは通貨という物理媒体を廃止し、カードに置き換えて何となく世界の雇用が減ってしまいそうな恐れを抱く近未来的システムです。カードを通すだけになるとレジ打ちも機械化され、ただでさえ仕事が無くなっていく世の中なのに、それを加速させてしまってどうするつもりなんですか⁉?この恐るべき傾向に恐れを抱く人間は居ないのか?全てがAI化された暁に [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第78話 超適当感想
  • 毎月第3水曜日はキャプテン翼DAY!ワールドカップ、フランスが優勝しました。これに伴ってライジングサンでもフランスの台頭があるかもしれません。なんせフランスには多分リバウールに並び称されるゼダンくん、日向くんを抑えきったトラムくんがいます。それはいいとして、今月20日にとんでもない本が発売されます。「キャプテン翼のつくり方」高橋陽一の自叙伝⁉?こんなの買うに決まってます!というかもう予約しちゃいました。 [続きを読む]
  • 関ヶ原ウォーランド来訪
  • 関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代の慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に日本の全国各地で戦闘が行われ、関ヶ原の合戦、関ヶ原合戦とも呼ばれる。2018年6月Wikipediaより出典。日本史がサッパリな身としては、この文字の羅列もよくわかりません。私の言うサッパリは、一般人のサッパリとは別次元のサ [続きを読む]
  • 声優と雇用
  • ※たまには内容の無い文章を何も考えず投稿したくなったので「駄文」カテゴリーを作成。ツイッターのつぶやき感覚で書いていきます。元々どれもこれも駄文じゃねぇかってツッコミはヤメてぇぇ!「クレヨンしんちゃん」の主人公 野原しんのすけの声優が変わりました。メインキャストの声優交代はシビアな事案です。バンドでいうとボーカルの交代に近く、音楽性の違いタイプまたは体力の限界タイプ。表面的な変化が顕著に起こります [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第77話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!世間ではワールドカップですね。普段リアルのサッカーには全然目を向けない私ですが、ワールドカップやオリンピックは先生が内容を漫画に反映しちゃったりするので、結果だけはチェックすることにしています。前回優勝したドイツがグループリーグ敗退。メキシコに初戦で躓かされたのが痛かったか。もしキャプテン翼 ワールドカップ編があったとして、先生が実際これを反映させたら...またキャプテ [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第76話 超適当感想
  • 毎月第3水曜日はキャプテン翼DAY!4日にキャプテン翼9巻が発売されました。対抗戦前の読み切りもキッチリ収録されていて嬉しかったです。こういうことやる余裕があるなら、他の選手のショートストーリーを描いていってもいいのではないでしょうか。今の時代、作家さんは個々のキャラ一人一人にきちんとエピソードやバックボーンを描いていますからね。この単行本を買った際、店員さんが何かブツブツ言っていたので気になり「何かあ [続きを読む]
  • 終わり亡き日差しは眩い程残酷で
  • 朝の連続テレビ小説。これに出演した方は大体が小ブレイク〜大ブレイク前後の成功を収めます。「べっぴんさん」で百田夏菜子氏が女優としてあまり大成しなかった少々残念です。本来私は連続テレビ小説を見ない人間で、「春よ来い」くらいで時間が止まっています。あれだけ有名になった「あまちゃん」もスルーしました。それなのになぜか「わろてんか」を飛ばし飛ばし観賞し、現在放送中の「半分、青い」も話のアウトラインは朧げな [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第75話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!JRAとコラボしたことは記憶に新しいキャプテン翼ですが、なんと今度は父の日とコラボ(?)。疾風(はやて)くん大舞(だいぶ)くんとボールを蹴る翼くんのほのぼのとした絵柄は、翼くんに「父」の風格を感じさせます。しかしJRAと比較してしまうと月とスッポン程にインパクトが弱いです。もっと度肝を抜かれるようなコラボをお願いします!あと、なんと先生がツイッターを始めました!こりゃ封印を解く [続きを読む]
  • JRA×キャプテン翼コラボ
  • 5月27日は日本ダービーの日!日本ダービーは競馬のG1で、競馬界の祭りです。その祭りを盛り上げるために我等が高橋陽一先生が一肌脱ぎます。あろうことかキャプテン翼とJRAがコラボする斬新な発想が5月16日に明かされたのです。その名も『キャプテン翼ダービー』ってそのままですね。競馬と言えば、スーパーファミコンで少しプレイしたことのあるダービースタリオンが関の山ですが、こんな破天荒なことされちゃあ黙っていられませ [続きを読む]
  • ももクロのベストと桃響導夢についてボヤく
  • 23日にももいろクローバーZ 10周年記念BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」が発売されますが、笑一笑でも語りました通り私はベストは買いません。既に持っている音源をまた買うのが嫌なんです...。ただ面白いのがファン投票によるCDが付いている点。そもそも投票やっていること自体私は知りませんでした。自動録画になっている堂本兄弟の番組を観ていて初めて知りました。「本当にファンなの⁉?」と厳しいツッコミはご勘弁下さい。 [続きを読む]