枯林 実 さん プロフィール

  •  
枯林 実さん: 林が枯れたり実ったり
ハンドル名枯林 実 さん
ブログタイトル林が枯れたり実ったり
ブログURLhttp://kobayashiminoru.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の何気ない疑問を追求していこうと決めたのに、いつの間にかキャプテン翼感想ブログに…。
自由文自宅警備員という世間的に奇異の目を向けれる立場にも関わらず強く前向きに生きていこうとする姿を見せられたら幸いです。あまつさえ自宅警備員の有用性を発見しようとしています。

どうせ生きるならどんな状況でもポジティブに生きた方が人生楽しい気がする今日この頃。まあ常にそれを実践するのは中々難しいんですが…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 313日(平均1.2回/週) - 参加 2017/11/12 10:54

枯林 実 さんのブログ記事

  • Asperger Syndromeを封じ込める気合の笑顔
  • 「君ねぇ、冗談を言う時は笑わないとダメだよ?じゃなきゃ冗談に聞こえないから本気で言っていると取られるよ?」「ああ、お前は誤解されやすいタイプだな。表情が変わらないからさ。」上記2つはかつての上司に言われた言葉です。様々な人間を見てきた人生経験豊かな方々のため、普通は言わないようなこんな助言もしてもらい身の締まる思いでした。今回のテーマは「笑顔」です。人間生きている以上「感情」があり、喜怒哀楽を繰り [続きを読む]
  • 『OH!Mikey!』が面白すぎた
  • 少し前に関ヶ原ウォーランドを訪れた時の話です。それはそれは麗らかな午後のこと。私は助手席で転寝をしようか迷いながら友人の話に耳を傾けていました。会話も尽きかけ、それを見越していた友人はいくつかのDVDを取り出す。その中に今回のトピックとなる「オー!マイキー」なるカオスホームドラマがありました。「枯林はこれ好きだと思う」などと私のことをよくわかった風に言いやがるので、どれ俺が試してやろう風に拝見。ドラマ [続きを読む]
  • 【四/四八(仮)】山口県「壇ノ浦」
  • お盆に偶然にも山口県に行く機会に恵まれました!関門海峡で有名な下関です。関門橋で山口県と福岡県を架けているんですね。これが九州まで続いているんですねぇ。人間ってスゲェ...。人間てより工事業者さんスゲェ。下関と言えば、あれですね...。ご存知の方も多いと思います。日本史の重要な一端を担った有名な戦場。そう、壇ノ浦!平家が眠っている彼の地。少し説明する...程の知識が無いのでwiki様に頼ってみるも私の脳ミソで [続きを読む]
  • ニートプライド
  • 働かざる者食うべからず。割と普遍的な世間の価値観で、なにも生み出さざる者消費するべからずとも言えます。不動産屋に勤めていた友人の証言では、健常者が県外から生活保護を受けるために移住してくるケースも少なくないそうです。本当に必要な人はいいとして、健康的になんら不自由のない人がもらっていたら「税金を食い潰す驚異の存在」と見做されても仕方のないことです。現在、健康で文化的な最低限度の生活なんてドラマも放 [続きを読む]
  • 本感想003:キャプテン翼のつくり方
  • 本読まな過ぎて日に日に語彙や言い回しのボキャブラリーが脳細胞と共に減っていく枯林です。こんな悪しき傾向を正すために作った「本」カテゴリーなのに、前回の002を更新してたのが2016年9月⁉?というわけで久しぶりの更新ですが、また自伝です。最近「あ、これ読みたい」と感じるのが人の自伝ばかりなんですよね。まあ、無理に高度な本を読むより、読みたいと思ったものを読むのが読書家へ戻るための近道のはずなので、今はそう [続きを読む]
  • キャッシュレスの恐怖
  • スウェーデンはキャッシュレス先進国とニュースで知りました。キャッシュレスとは通貨という物理媒体を廃止し、カードに置き換えて何となく世界の雇用が減ってしまいそうな恐れを抱く近未来的システムです。カードを通すだけになるとレジ打ちも機械化され、ただでさえ仕事が無くなっていく世の中なのに、それを加速させてしまってどうするつもりなんですか⁉?この恐るべき傾向に恐れを抱く人間は居ないのか?全てがAI化された暁に [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第78話 超適当感想
  • 毎月第3水曜日はキャプテン翼DAY!ワールドカップ、フランスが優勝しました。これに伴ってライジングサンでもフランスの台頭があるかもしれません。なんせフランスには多分リバウールに並び称されるゼダンくん、日向くんを抑えきったトラムくんがいます。それはいいとして、今月20日にとんでもない本が発売されます。「キャプテン翼のつくり方」高橋陽一の自叙伝⁉?こんなの買うに決まってます!というかもう予約しちゃいました。 [続きを読む]
  • 関ヶ原ウォーランド来訪
  • 関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代の慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に日本の全国各地で戦闘が行われ、関ヶ原の合戦、関ヶ原合戦とも呼ばれる。2018年6月Wikipediaより出典。日本史がサッパリな身としては、この文字の羅列もよくわかりません。私の言うサッパリは、一般人のサッパリとは別次元のサ [続きを読む]
  • 声優と雇用
  • ※たまには内容の無い文章を何も考えず投稿したくなったので「駄文」カテゴリーを作成。ツイッターのつぶやき感覚で書いていきます。元々どれもこれも駄文じゃねぇかってツッコミはヤメてぇぇ!「クレヨンしんちゃん」の主人公 野原しんのすけの声優が変わりました。メインキャストの声優交代はシビアな事案です。バンドでいうとボーカルの交代に近く、音楽性の違いタイプまたは体力の限界タイプ。表面的な変化が顕著に起こります [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第77話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!世間ではワールドカップですね。普段リアルのサッカーには全然目を向けない私ですが、ワールドカップやオリンピックは先生が内容を漫画に反映しちゃったりするので、結果だけはチェックすることにしています。前回優勝したドイツがグループリーグ敗退。メキシコに初戦で躓かされたのが痛かったか。もしキャプテン翼 ワールドカップ編があったとして、先生が実際これを反映させたら...またキャプテ [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第76話 超適当感想
  • 毎月第3水曜日はキャプテン翼DAY!4日にキャプテン翼9巻が発売されました。対抗戦前の読み切りもキッチリ収録されていて嬉しかったです。こういうことやる余裕があるなら、他の選手のショートストーリーを描いていってもいいのではないでしょうか。今の時代、作家さんは個々のキャラ一人一人にきちんとエピソードやバックボーンを描いていますからね。この単行本を買った際、店員さんが何かブツブツ言っていたので気になり「何かあ [続きを読む]
  • 終わり亡き日差しは眩い程残酷で
  • 朝の連続テレビ小説。これに出演した方は大体が小ブレイク〜大ブレイク前後の成功を収めます。「べっぴんさん」で百田夏菜子氏が女優としてあまり大成しなかった少々残念です。本来私は連続テレビ小説を見ない人間で、「春よ来い」くらいで時間が止まっています。あれだけ有名になった「あまちゃん」もスルーしました。それなのになぜか「わろてんか」を飛ばし飛ばし観賞し、現在放送中の「半分、青い」も話のアウトラインは朧げな [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第75話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!JRAとコラボしたことは記憶に新しいキャプテン翼ですが、なんと今度は父の日とコラボ(?)。疾風(はやて)くん大舞(だいぶ)くんとボールを蹴る翼くんのほのぼのとした絵柄は、翼くんに「父」の風格を感じさせます。しかしJRAと比較してしまうと月とスッポン程にインパクトが弱いです。もっと度肝を抜かれるようなコラボをお願いします!あと、なんと先生がツイッターを始めました!こりゃ封印を解く [続きを読む]
  • JRA×キャプテン翼コラボ
  • 5月27日は日本ダービーの日!日本ダービーは競馬のG1で、競馬界の祭りです。その祭りを盛り上げるために我等が高橋陽一先生が一肌脱ぎます。あろうことかキャプテン翼とJRAがコラボする斬新な発想が5月16日に明かされたのです。その名も『キャプテン翼ダービー』ってそのままですね。競馬と言えば、スーパーファミコンで少しプレイしたことのあるダービースタリオンが関の山ですが、こんな破天荒なことされちゃあ黙っていられませ [続きを読む]
  • ももクロのベストと桃響導夢についてボヤく
  • 23日にももいろクローバーZ 10周年記念BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」が発売されますが、笑一笑でも語りました通り私はベストは買いません。既に持っている音源をまた買うのが嫌なんです...。ただ面白いのがファン投票によるCDが付いている点。そもそも投票やっていること自体私は知りませんでした。自動録画になっている堂本兄弟の番組を観ていて初めて知りました。「本当にファンなの⁉?」と厳しいツッコミはご勘弁下さい。 [続きを読む]
  • デジタル集団心理
  • ネットでは何かしら毎日炎上が起きています。その内容は瑣末なことから致命的なことまで多種多様。何が炎上するかわからない世の中です。いしだ○成氏なんて嫁の寝ている写真を上げただけで炎上。議員さんもセクハラやなんやかんや自業自得で炎上。各々何かしら理由があるにせよ、世の中の皆様がネットを通じては簡単に意見を発信できるようになったからこそ現在の炎上文化が出来上がったのは明白でしょう。私もかつて2007年に「四 [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第73話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!毎回何かしら無理矢理関連付けて冒頭に作っているこの文章ですが、今回は何も思い浮かばないためすんなり次に進みます。今安心したアナタ!...特にないです。ごめんなさい。というわけで感想です。-前回のあらすじ-まさかのノーゴール判定に揺れる読者の方々!「前回あれはアリで今回はなぜ...」先生の記憶力が危ぶまれる‼?以下ネタバレです。細かいセリフや内容はうる覚えなので悪しからず。【 [続きを読む]
  • キャプテン翼 感想 「もたなかったおばあちゃん」
  • グランドジャンププレミアムにキャプテン翼に書き下ろしの読み切りが載ってました。なんてこったー見逃してた。グランドジャンププレミアムなんて雑誌、あったのね...。雑誌名知らなかった。ぶっちゃけグランドジャンプはキャプテン翼のストーリーしか読んでなく、こういう情報を零しがちになってしまいます。ライジングサンが載っている方と、載っていない方レベルの認識しかなかった。子供の頃の話いうからてっきり昔先生が描い [続きを読む]
  • War in my Mind
  • 私はどういうわけか愛知県に縁があります。皆様、愛知県の観光地といえばどこを連想されるでしょうか?愛・地球博跡地だったり、名古屋城だったり、桃太郎神社だったり様々だと思います。とは言え、所詮は枯林クオリティ。安全牌な家族で行ける観光地やカップル向けのスポットなどには行く気はありません。カオスティックな場所に巡り逢いたいわけです。名古屋珍妙観光旅行中一覧そう、目的は桃太郎神社を超えるカオスを探すことで [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第72話 超適当感想
  • なんとキャプテン翼リニューアル作品、キャプテン翼「KIDS DREAM」が最強ジャンプで連載が始まりました。そもそも最強ジャンプって何ですか...。ちなみに噂の槍投げも漫画に組み込まれています!どうせやるなら原作トレースするだけじゃつまらないし、オリジナル要素入れまくって別の内容にしちゃうくらいやってほしい。南葛小学校にナトゥレーザくんが転校してくるとかさ。というわけで感想です。-前回のあらすじ-日本の隙をつい [続きを読む]
  • ももクロの話「 笑一笑」
  • どうも、超消極的モノノフ 枯林です。このブログを読んでくれている心温かい方で配信や動画ではなくCD収集に力を注いでいらっしゃる方がいたら、GEOをオススメします。棚落ちしたCDが超安価で買えます!しかも結構意外なものまで置いていたりします。ケースや盤面に使用感はありますが、安いんで重宝しています。そんなGEOで、いつの日かAmazonで買おうと思っていたセーラームーン主題歌「ニュームーンに恋して」のももクロが歌っ [続きを読む]
  • 当事者よりも知っている人達
  • 近頃よくバラエティを見ます。それはYOSHIKI氏とToshl氏(以下トシュル)が頻繁に出演するからです。私としては「そんなことやってないでニューアルバムの作成をして下さい」と言いたいところですが、新譜に対しての知名度アップ and 宣伝活動に見えなくもないので、「いよいよか?」と勝手に期待しています(ただのレコーディング資金難の可能性高し)。YOSHIKI氏は自伝、トシュルはスイーツ。各々の強みを活かしてテレビ出まくりです [続きを読む]
  • キャプテン翼 ライジングサン 第71話 超適当感想
  • 毎月第1水曜日はキャプテン翼DAY!キャプテン翼の第1話が放映されました。見てないんですが、とりあえずネット検索し面白い画像を見付けました。スマホやん!現代かよ!ゴルフ部が若林くんと対決したりするらしいですね。どなたか確認されたら感想お願いしたいです。あと単行本8巻は今日発売。5巻の表紙みたく試合の抜き出しではなく、他の巻同様背景は真っ白。もうちょいカッコいい表紙は出来んのですかね。エスパダスくんとミカ [続きを読む]
  • ムダに生きるか、仕事のために死ぬか、お前が決めろ
  • タイトルはパクリです。シルベスターです。新年度のせいか、何か意味不明のテンションに自分で驚きます。新社会人の皆様、本日初出勤ということで、さぞ緊張されたことでしょう。初日から残業なんてしている恐ろしい業界もあるのでしょうか。まあ、それも少数派になりつつあるのかな。今、世の中では働き方改革なるものが起こり始めているらしく、残業やら仕事量に対してシビアになってきているそうです。その優しさの10分の1でい [続きを読む]