カムス さん プロフィール

  •  
カムスさん: こどもと暮らす X 自分を生きる
ハンドル名カムス さん
ブログタイトルこどもと暮らす X 自分を生きる
ブログURLhttp://yurikams.hatenablog.com/
サイト紹介文自然体育児と早期教育にとりくむ新米母の日々のあれこれ。こどもと行く旅や絵本の紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 32日(平均7.4回/週) - 参加 2017/11/12 15:01

カムス さんのブログ記事

  • こどものお世話心にきゅんとくる「きゅっきゅっきゅっ」
  • こんにちは、カムスです。先日、林明子さんの原画展に行ってから、林明子さんの絵本を色々読み直しています。たくさんある林明子さんの絵本の中でも、あぁ、今のうちの息子にピッタリだなぁと思うのがこれ。「くつくつあるけのほん」という4冊セットに入っている1冊です。きゅっきゅっきゅっ林明子 さく (福音館書店)あらすじおとこのこが、うさぎさんとねずみさんとくまさんと一緒にスープをいただきまーす!あれ?お [続きを読む]
  • ふたりめを妊娠したとき読みたい「あかちゃんがやってきた」
  • こどものともってなんでこんなに名作ぞろいなんでしょうか。今日紹介する「あかちゃんがやってきた」は、こどもに弟や妹ができるときぜひ読んであげたい絵本です。あかちゃんがやってきた角野 栄子 作 / はた こうしろう 絵 (福音館書店)あらすじある日、お母さんが僕にそっと「赤ちゃんが生まれるの」とささやいた。そのときから赤ちゃんについて思いをめぐらせる僕。赤ちゃんが生まれるなら、弟がいいな。弟と一緒 [続きを読む]
  • ブログタイトル変更しました
  • こんにちは。カムスです。最近、ブログをもっとなんとかしたい、と思い立ち色んな部分のてこ入れをがんばろうとしています。たくさんの親切なブロガーさんのページで猛勉強中なのですが、みなさん本当にすごい。どうやって自分でそんなこと思いつくのか。どうやら天才って世の中に結構たくさんいるようです。そんな中、ブログタイトルを「旅猫」に変更しました。今月二回目の変更です。完全に迷走しています。初期タイトル [続きを読む]
  • 静岡・愛知土産の新定番に「八丁みそまん」がオススメ!
  • こんにちは、カムスです。お土産って悩みません?相手が気楽に受け取れるちょっとしたもので(または予算内で)、その土地ならではのもので、なおかつ美味しいもの。。。センスでますよねぇ。会社で働いてるとき、お土産センスのいい営業さんが大好きでした。話が長くてしつこいおじさんにだって、手土産ひとつで対応が変わるもんです。胃袋っていうか、スイーツで職場の女性の気持ちはだいたいつかめます。だから、静岡行っ [続きを読む]
  • 子どもと楽しむ秋の行楽、「川西園」でさつまいも掘り
  • こんにちは、カムスです。さきほど、栗拾いに行ったことを書いたのですが、実は、さつまいも掘りにもいってきました。味覚狩りのハシゴですね。さつまいも掘りに行ったのは大阪北部、箕面にある「川西園」さんです。川西園さんではさつまいも掘り以外にも、椎茸狩りや栗拾いもできますよ。www.jalan.net車で向かうと、駐車場1と駐車場2の看板が見えてきますが、駐車場2の方が広くて味覚狩りの場所にも近いので便利です。さ [続きを読む]
  • こどもと楽しむ秋の行楽、「中政園」で栗ひろい
  • こんにちは、カムスです。秋晴れの一日、よちよち歩きに貫禄が出てきた息子を連れて、大阪北部の山、箕面にある中政園さんに栗ひろいにいってきました。駐車場から上がっていくとこちらの看板が見えてきます。入ってすぐのところに受付があり、栗拾い料または入山料を払います。栗は一籠1600円でした。結構急な山を上がっていくと、こちらの休憩所が見えてきます。トイレや売店があり、ござやテーブルで昼食をとることができ [続きを読む]
  • 身につまされてじーんとくる絵本「トマトさん」
  • こんにちは、カムスです。お気に入りの珈琲屋さんで、子どもに絵本を読んであげていたら、身につまされすぎて「うぅ・・」と、声が出なくなってしまった絵本を紹介します。トマトさん (福音館書店)さく 田中 清代あらすじある夏の暑い日、熟れたトマトさんはどたっと木から落ちました。ミニトマトたちが気持ちよさそうに水浴びする中、体が重くて動けないトマトさんは興味のないふり。でも、トマトさんの気持ちを知っ [続きを読む]
  • 【まとめ】赤ちゃんと行く、上高地と奥飛騨温泉郷平湯温泉
  • こんにちは、カムスです。どうしても上高地に行くと言って譲らない父ちゃんのために、まだ、ヨチ・・、くらいしか歩けない一歳になりたての赤ちゃんを連れて上高地にいってきました。色々心配事はありましたが、結局すっごく楽しかったのでオススメです。でもできれば、抱っこの赤ちゃんより、よちよちとでも歩けるお子様とならもっと楽しめるかなー、いや、歩きたいっていうから逆にややこしいかなぁ。でもそうなったら、 [続きを読む]
  • 紀ノ川柿は真っ黒でとろあまの濃厚な柿だというはなし
  • こんにちは。カムスです。柿が美味しい季節ですね〜。片手にみかん、片手に柿を山盛り下げて帰る道すがら、日本の秋を思います。いやー、日本に生まれてよかった。先日、いつも買う和歌山の果物直売所で、面白い柿を見つけました。左:平柿  右:紀ノ川柿見た目はそんなに変わりません。ちょっと色が濃くて熟したかんじ。でも実際触ってみるとまだ全然固いんです。切ってみると・・・・黒い!!!なんだこれ、渋が残ってるの [続きを読む]
  • こどもが昔の家体験できる「平湯民族館」でママもほっこり
  • こんにちは。カムスです。私は温泉旅行に行くとき、ちょっと早めに宿に入るのが好きです。部屋に案内され、お茶と茶菓子をいただきながら何気ない会話を女中さんと交わす時間とか、まだ明るい内に温泉を楽しんだりだとかそういう時間が楽しい。あと、もう少し余裕がある場合は温泉街を散策します。たいてい何もないんですが、何もないのもいいものです。だって、なにもないところを散歩するとか普段は絶対ありえない!究極に [続きを読む]
  • 赤ちゃん連れママ目線で歩く上高地 河童橋〜明神池コース編
  • 二日目の上高地。本日のコースは河童橋から明神池の往復です。行きは梓川の右岸を行き、帰りは左岸を通って帰ります。歩く距離が長いということで、秘密兵器ジャジャジャジャーン。エルゴからのアップグレード感がすごい。ちなみに重量もアップグレード。。。ははは。右岸コースはこういう感じの静かな山の中を歩いていきます。じわーっと癒されるわ〜って感じ。逆に左岸コースは川に近く常に水音があるようなちょっとわくわくする [続きを読む]
  • 赤ちゃん連れママ目線で歩く上高地 大正池〜河童橋コース編
  • 平湯バスターミナルより上高地行きバスに乗り換え大正池駅で下車。本日のコースは大正池から河童橋へ。ガイドブックによれば1時間10分のコースです。大正池です。水鏡になって本当に綺麗。九塞溝を思わせる幻想的な水色にテンションが上がります。でも歩き始める前にまずは腹ごしらえなのです。大正池バス停前にある大正池ホテルのレストランで朝食。子供椅子ありました。和定食と洋定食があり結構いいお値段(1600円だったかな? [続きを読む]
  • 赤ちゃん連れて上高地に行くならこんなプラン
  • 憧れの上高地。夏はもちろん四季を通じて美しい高原。周囲には素晴らしい温泉もたくさん。あぁ、行ってみたいですよね。たとえまだよちよちの赤ちゃんがいたとしても!はい、行ってきました。まだ数歩しか歩けない赤ちゃんと一緒に行ってほんとに楽しめるのかドキドキしながら。でも杞憂でしたね。上高地、赤ちゃん連れでも全然お勧めです。私たちが行ったのは初夏ですが、今は紅葉のシーズンですね。あたりが黄金色に染まってい [続きを読む]
  • レトロかわいい外国絵本「パンタロンとケーキやさん」
  • パンタロンとケーキやさん (好学社)さく キャサリン・ジャクソン  え レナード・ワイスガードやく こみや ゆう あらすじプードルのパンタロンはベーカーさんの作るケーキが大好き。ある日ベーカーさんのケーキを買いに行くと、おてつだい募集の看板が。喜び勇んで応募したものの「ケーキをつくるどころかたべてしまいそうだ」と、断られます。あの手この手で応募している間にベーカーさんが自分のせいでけがをしてしまい [続きを読む]
  • くだらなくて可愛すぎる絵本「ぶぅさんのブー」
  • ぶぅさんのブーさく 100%ORANGE(及川賢治・竹内繭子)あらすじいや、あらすじも何もぶぅさんの暮らしを「ブー」という合言葉とともに紹介する、いや、そんな紹介とか堅苦しいもんでもないか。あー、こまったのブー。感想小気味良い語感でスピード感すら感じる流れのまま、終わりに向かって盛り上がっていき、最後の突き抜けた感には大人ならみんなきっと笑っちゃう。肩の力も抜けちゃう。途中から、〇〇のブーがなんでも [続きを読む]
  • 石井ゆかりさんの星占いはやっぱり今日もとんがってる。
  • 悩むことがなくなってから、占いを年始以外定期的に読まんくなってる。以前は週末の更新をまだかまだかと待ち構えてた石井ゆかりさんの週報(週占い)も、とんとご無沙汰に。ただ最近、人生のステージが一歩進むような新しいことの始まりが多い。だからふと、週報を開いてみた。あなたの星座に星が集まり、 さらに、新月が起こります。 言わば「乙女座祭り」のような週です。 このところ、 あなたの住む世界ではいくつものことが [続きを読む]
  • ぱくぱく期の赤ちゃんに簡単美味しい和の離乳食のすすめ
  • 離乳食についてずいぶん迷走したカムスですが、「つよいからだをつくる離乳食と子どもごはん」を読んでずいぶん助けられた話は以前書きました。yurikams.hatenablog.comこの本のおかげで、基本的な調味料を使い季節の野菜やごはんを蒸すだけというシンプルでいて滋味深く自分が食べても美味しいと感じる食事を赤ちゃんに作ってあげられるようになり、とっても満足していました。もぐもぐ期からかみかみ期に関しては、このやり方 [続きを読む]