雑多 さん プロフィール

  •  
雑多さん: 資格とりたい日々BLOG
ハンドル名雑多 さん
ブログタイトル資格とりたい日々BLOG
ブログURLhttp://nitijyoutekiblog.work
サイト紹介文FP検定、税理士資格試験をはじめ、いろんな資格試験に興味深々な日々のブログです。
自由文試験対策やその他、日常的なことについて記載します。
たまに釣りや旅行にいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 317日(平均3.8回/週) - 参加 2017/11/12 21:13

雑多 さんのブログ記事

  • FP3級 初学者はどの範囲から勉強を始めるべきか?
  • FP技能検定(FP2級・FP3級)の試験が2018年9月9日に行われました。毎回何万人もの受験者が受験するFPの試験、なかでもFP3級に関しては自分自身の生活やお金に関する基本的な知識を得られるということで、近年の投資などへの関心の高まりとともにこれから「受験してみたい」「勉強してみたい」というかたも居られるのではないでしょうか?正直、このFP3級という試験はかなり難易度が低く、そこまで必死になって勉強しなくとも仕事や [続きを読む]
  • 宅建試験対策 区分所有法の規定など
  • 宅建試験の本試験までおよそ1ヶ月となりました。相変わらず「権利関係」の範囲で苦戦しており、全く前進できない状態が続いていますが、このままだと合格・不合格以前に”見るに耐えない”結果となることはお察しですので、ちょっと真面目に頑張っていかなくてはならない感じです。さて、今回は宅建試験のテキストでもかなりのページを割いて解説がなされていた「区分所有法」についてです。この区分所有法は、FP2級でも「不動産」 [続きを読む]
  • FP1級とCFPの試験対策は別のテキストを用いた方が良いのか?
  • 2018年1月の試験でFP2級の資格を取得してから、続けてAFP認定研修を受講、現在はAFPとして日本FP協会に会員登録をしています。となるとこの後はCFP資格審査試験⇒研修等を経てCFPとしての認定⇒FP1級(実技試験のみ)という流れで上を目指していくことになるわけです。つまり次はCFP資格審査試験を6つの科目それぞれについて受験していくことになるわけですが、このうちの「不動産」について宅建の試験対策ついでに今回受験したい [続きを読む]
  • 宅建試験対策 抵当権の設定と担保物権の基本的な内容
  • 宅建試験の「権利関係」の範囲の中で出題される論点のうち、いくつかのものについては過去に勉強したFP2級の不動産の範囲では出題されないもの、つまり”宅建の試験をじゅけんするにあたり初めて勉強する論点”となっています。で、そのうちのひとつに「抵当権」の設定とその担保についてのものがあります。普段、ローンを組むことなどはあるにしても、何かを担保にして借金をした、という経験は今のところありません。もちろん、 [続きを読む]
  • 宅建試験対策 民法の規定や判例が覚えづらい…
  • このごろ宅建試験対策の問題集を進めているんですが、やはりこちらもテキストのみで試験対策をしていたときと同じく「権利関係」の範囲で躓いています。この範囲は普段の生活で全くかかわりの無い「民法」の内容が出題されているということもあり、FP2級を受験していたときとは違い、完全に初見の内容ばかりとなっていることが最大の原因でしょう。このあたりを何とか攻略していかない限りは、難易度が高いといわれる宅建試験で合 [続きを読む]
  • 宅建試験対策「制限行為能力者」の分類とその保護者の権限
  • 宅建試験の対策を進めるにあたって、「権利関係」の範囲は以前の記事でも述べたとおり”日常生活であまりかかわりの無い論点”が多く、非常に苦労させられています。そんな中でも特に自分にとってかかわりが無いと感じるのが「制限行為能力者」が行った行為に関するものです。なにせ自分が未成年だったのははるか昔、現在ではどんな意思決定をしたとしてもそれは自分によるものであり、その結果は自分に返ってくることになります。 [続きを読む]
  • 宅建の試験対策問題集を購入、解説もしっかりしていて良い感じ!
  • 8月の間、駆け足で宅建試験のテキストを一周させてしまいました。それぞれの論点についてはそれほど深く読み込んだわけでもないため、かなり曖昧な記憶になっており、まだまだ本試験に対応できる力は身についていません。しかしながら、このままテキストを何度も読み返しているだけで「問題を解く」ということをしなかった場合、一定レベルの学力には到達できるかもしれませんが、宅建試験の難易度も考えた場合、合格できるレベル [続きを読む]
  • FP2級・3級技能検定の試験当日までに確認しておくべきこと
  • 2018年9月のFP技能検定まであと1週間ちょっとになってきました。今回の試験を受験するという方も、この次受験してみようかな…と思っている方も、今一度試験に関して必要な事項、知らないでいると不利になりそうなことを確認しておきましょう。受験票に記載されている試験会場の確認FP技能検定の受験票には、自分がどの試験会場で受験することになっているのかということと、その会場までの簡単なアクセスが記載されているかと思い [続きを読む]
  • 宅建試験対策 「権利の時効」に関してのまとめ
  • 現在、10月に実施される宅建試験の試験対策をしています。とはいえ、勉強を始めたのが8月7日の税理士試験(簿記論・財務諸表論)の受験を終えてから、というなんともスローなスタートであったため、未だ全部の範囲を確認し終えることができていません…なんとか8月中にはテキストを1周し、ひと通りの範囲を見ておきたいとは思っていますが、やはりこの間から勉強している「権利関係」の範囲がかなりなじみの無い内容であり、かなり [続きを読む]
  • 宅建試験「権利関係」は専門性が高くFP2級と比較して難しいかも
  • 宅建試験の本試験当日まで残り2ヶ月を切ってきました。徐々に試験対策を進めていますが、それに伴って新たに困ったこと、というか何というか、これはかなり難しいのではないか?という状況になっています。以前、宅建試験はFP2級と重複している範囲が多く、過去の勉強がそのまま役に立つ部分が多いということを確認しました。さらに、「不動産にかかる税」の範囲ではFP2級とほぼ同一の内容であることも判明しました。しかしながら [続きを読む]
  • 宅建試験で出題される税金関係の論点はFP2級とほぼ同じ内容?
  • このところ10月の宅建試験に向けた試験対策をしています。本試験に向けた一応の計画ではまず「法令上の制限」からはじめ、次いで「権利関係」、「宅建業法」という、テキストで扱われているボリュームの多い範囲を勉強していくことにしています。しかし、それ以外の範囲についても無視するわけにはいきません。よって一応ちらちらと確認はしているわけですが、その”ボリュームの少ない”範囲のひとつである「税金関係」殻の出題に [続きを読む]
  • ブログの記事数が150記事に到達したようです、その感想や現状など
  • このひとつ前の記事について「公開」をしたところ、どうやらこのブログの記事投稿数が150に達したようです。ということはこの記事は151記事目ということですが、せっかくちょっとした節目となる数字に気がついたわけですので、ここで150記事投稿してみての感想や、このブログの現状などについて記載しておきたいと思います。といっても、特に何か大きな変化があったわけでもなく、これまで生じていた問題が解決したわけでもないた [続きを読む]
  • 宅建試験とFP2級・3級の共通論点はどこ?
  • 10月に実施される2018年の宅建試験に向けて、本格的な試験対策を開始してから1週間ほどが経過しました。今のところは購入した試験対策テキストの内容を読んで知識を詰め込んでいる段階であり、まだ問題集などの実践的な対策をしているわけではありませんが、やはりFPの試験と重複する部分が多くなっているのは見ていてかなりわかります。しかし、「FPとの共通範囲」ばかりのところに「宅建固有の範囲」が紛れ込むようにして存在し [続きを読む]
  • 宅建試験「法令上の制限」の範囲はFP`とほぼ共通も内容が細かい
  • このところ、10月21日に実施される2018年の宅建試験に向けて試験対策を始めています。この間、宅建の試験対策を始める際の記事でも述べたとおり、勉強の取っ掛かりとしてFP2級とほぼ重複する範囲である「法令上の制限」からスタートすることにしました。この範囲は購入した宅建の試験対策テキストでもボリュームのある3つの範囲のうちのひとつであり、また、ちょうど一番最初の章に来ていたことから先ず手をつけてみることにしたわ [続きを読む]
  • FP2級の合格までに要する勉強時間は?
  • FP2級の資格を取得するためにはどの程度の勉強時間が必要なのか?これについては様々な意見があり、「50時間程度」とか「150時間は必要」などと、情報源によって主張している所要時間はバラバラです。なかには「2週間あれば…」とか「数時間で合格可能…」とかいったものもあるみたいですが、受験申請から本試験までの時間を考えればさすがにそこまで時間が取れないというのもレアなケースでしょう。では、FP2級の合格までには実際 [続きを読む]
  • 宅建の試験対策を開始、まずはFP2級と重複する範囲の復習から
  • 毎年10月の第3日曜日、不動産適正取引推進機構により年1回だけ実施される「宅地建物取引士」の試験に申し込みをしてあります。今年(2018年)の試験は「10月21日(日)」に実施されることになっており、本試験当日まで後2ヶ月とちょっと、という状況です。宅建試験に関しては、受験の申請を行ったのは先月であったものの、8月7日の税理士試験(簿記論・財務諸表論)の試験対策を優先していたため、全くの手付かずといって良い状態 [続きを読む]
  • 税理士試験を受験、問題量が多くなかなか合格できそうもない?
  • 8月7日、2018年の第68回税理士試験を受験してきました。今年は簿記論をメインに試験対策をしており、ついでに財務諸表論も受験してみた感じでした。で、先に全体としての感想を述べてしまうと「やはりここまでの勉強量では合格ラインに到達することは難しい…」といった印象でした。今回は来年同一の試験(簿記論・財務諸表論)を受験すると仮定して、今回失敗だったと思われるところを忘れないうちに書き留めておき、来年に向けた [続きを読む]
  • もうすぐ税理士試験(簿記論)の本試験、やはり時間との戦いか?
  • 7月も終わり、いよいよ2018年の税理士試験まで残り1週間となってきました。今年の試験では簿記論のほか、調子に乗って財務諸表論も申し込んでしまいましたが、そちらについてはほとんど手をつけず、本命せある簿記論のみの試験対策をしてきました。※今年の簿記論の試験対策計画については以下の記事から↓税理士試験(簿記論)本試験までの試験対策の計画2018年も5月に入り、ゴールデンウィークも終わろうとしています。そして、8 [続きを読む]
  • FP2級の実技試験で「損保」や「中小事業」を選択する場合には?
  • FP2級の試験は、学科試験と実技試験の2つの試験を受験することになり、そのうち実技試験は5種類ある課目の中から一つを選択して受験する必要があります。そして、特定の業界に勤めているわけではない場合には、基本的にきんざいの「個人資産相談業務」や、FP協会の「資産設計提案業務」などを選択することになるのではないかと思います。しかし、それでも「損保顧客資産相談業務」や「中小事業主資産相談業務」を受験したい、と考 [続きを読む]
  • AFP認定研修 「キャッシュフロー表」がプラスにならない?
  • AFP認定研修では、提案書の作成が最大の難関であることを以前からこのブログを通じてお伝えしています。で、提案書では自分で文章を作成したり、様々なデータを集めてライフプランを作成する上での提案を行っていく必要があり、かなり時間を要することになるわけなんですが、それをやっと終えたところで新たな問題が生じる可能性があります。それは、「顧客のキャッシュフローがどうしてもマイナスのままとなってしまう」という現 [続きを読む]
  • FP2級・3級 実技試験「資産設計提案業務」の頻出問題
  • FP2級の実技試験では、2つの試験団体、5種類ある試験のうちから任意に一つを選択して受験することになります。今回はそのうち、日本FP協会で実施されている「資産設計提案業務」の試験について過去の試験で頻出となっている論点について調べてみました。下記の頻出問題について、問題集や過去問集などを参考に確認し、本試験で数字や問題文を変えて出題された際にも確実に対応できるようにしておきましょう。※今回取り上げたもの [続きを読む]
  • ゼロからFP2級に独学で合格するために(FP3級経由)
  • FP2級は独学で合格可能、以前独学について触れた記事をはじめ、このブログではFP3級から受験を始めてその次の試験で2級に合格する”完全独学”での受験が可能であることを主張しています。もちろん短時間でのAFP認定を目指している場合など、AFP認定研修を先に受ける方法が間違いであるというわけではありませんが、「ゆっくり」「低コストで」FP2級の合格を目指すにあたっては、3級⇒2級の準で受験するプランが最善のものだと考え [続きを読む]
  • FP3級のテキストよりも、最初から2級のものを購入した方が良い?
  • FP3級の試験は非常に難易度が低く、まじめに試験対策を行っていさえすればほとんどの場合で不合格になるようなことはないはずです。そんなFP3級の試験を受験するにあたっては、以前FP3級の試験について触れた記事でも述べたとおり優秀なテキストを1冊購入しておけば十分に合格ラインに到達することができます。しかし、「FP3級に留まらず、続けてFP2級の資格も取得したい」と考えている場合には、果たして”わざわざFP3級の試験対 [続きを読む]