鍾乳洞マスター さん プロフィール

  •  
鍾乳洞マスターさん: 全国鍾乳洞情報
ハンドル名鍾乳洞マスター さん
ブログタイトル全国鍾乳洞情報
ブログURLhttp://xn--fkqp16e9j0a.site
サイト紹介文鍾乳洞や洞窟探検の情報を日本全国都道府県別に集めました。
自由文鍾乳洞や洞窟探検の情報を日本全国都道府県別に集めました。各鍾乳洞へのアクセスマップや持ち物や服装、必需品などのアドバイスも。実際に行く前に動画や写真で雰囲気も分かります。ローカルマナー&ルールを守ってケービングを楽しみましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 3日(平均67.7回/週) - 参加 2017/11/13 10:27

鍾乳洞マスター さんのブログ記事

  • 岐阜県 飛騨大鍾乳洞
  • 飛騨大鍾乳洞の見所飛騨大鍾乳洞は飛騨高山と奥飛騨温泉郷の中間に位置する、全長約800mに及ぶ大規模観光鍾乳洞です。標高900mという観光鍾乳洞として日本一高い場所に位置しており、洞内の平均気温は年間を通して約12℃を保っており、真夏は涼しく冬は暖かいです。LEDライトによる幻想的な演出や、つららのような鍾乳石など、雰囲気満点の空間を味わえるスポットです。営業期間年中無休営業時間【4月〜10月】午前8時〜午後5時(閉 [続きを読む]
  • 岐阜県 大滝鍾乳洞
  • 大滝鍾乳洞の見所大滝鍾乳洞は古生代の石灰岩層にできた断層が地下水によって大きく削られ造り出された鍾乳洞です。鍾乳洞の入り口まで、全国でも珍しい木製のケーブルカーが往来しており、鍾乳洞探検に盛り上がりを添えてくれます。豊富な地下水が作り出したさまざまな鍾乳石の造形がみられ、洞内最深部にある神秘の大滝は落差30mあり、地底の滝では日本最大級ともいわれている壮大さを味わえます。営業期間年末年始、1月2月の平 [続きを読む]
  • 岐阜県 郡上鍾乳洞(旧:油石洞)
  • 郡上(ぐじょう)鍾乳洞の見所以前は「油石洞」と呼ばれていた郡上鍾乳洞は、まだ鍾乳石はあまり発達をしていないものの、水量は豊富です。郡上鍾乳洞の水は「日本三大水泉」のひとつにも数えられており、カルシウムが豊富に含まれています。目立った観光鍾乳洞ではありませんが、穴場として注目されており、のどかな雰囲気が特徴的な場所です。営業期間平日※冬期休業営業時間午前9時〜午後5時30分料金大人500円アクセス車では、 [続きを読む]
  • 岐阜県 縄文鍾乳洞
  • 縄文鍾乳洞の見所縄文鍾乳洞は大滝鍾乳洞の近くにあり、セットで楽しむことが出来るスポットとして人気です。こちらの鍾乳洞は自然そのままの姿で公開されており、洞内探索には懐中電灯が必要となります(現地に用意されています)。縄文時代の住居跡が発見されたことから縄文鍾乳洞と呼ばれており、遺跡のほかに高純度の鍾乳石や虫食い天井・石筍といった珍しい造形物を見ることが出来ます。営業期間営業時間午前8時30分〜午後5時 [続きを読む]
  • 岐阜県 関ヶ原鍾乳洞
  • 関ヶ原鍾乳洞の見所関ケ原鍾乳洞の名物は何といっても清水です。湧き出す清水には虹鱒が泳いでおり、何とも美しい光景を味わえます。鍾乳洞内の気温は年間通して15度を保っており、夏は涼しく冬暖かい快適な空間となっています。通路は舗装されており、ベビーカーを押して見て回ることも可能で、車いすの貸し出しも行っています。周辺には鍾乳洞の清水を使用した蕎麦が食べられるお店もあり、こちらも是非味わってみて欲しい一品で [続きを読む]
  • 岐阜県 美山鍾乳洞(みやましょうにゅうどう)
  • 美山鍾乳洞の見所この付近一帯が美山洞穴郡と呼ばれており、約2億5千万年前の海底で出来た石灰岩が多く存在し、その中に数十の鍾乳洞が分布しています。鍾乳洞内は一年中15℃〜16℃が保たれており、夏は涼しく、冬は暖かい快適な環境です。鍾乳洞の出口には「しあわせの鐘」が設置されており、カップルで鳴らすことが出来ることから、デートスポットとしても愛されています。営業期間木曜日定休(祝日は除く)※夏期無休※12月から [続きを読む]
  • 静岡県 竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)
  • 竜ヶ岩洞の見所総延長1046mにものぼる竜ヶ岩洞は、東海地方最大規模の鍾乳洞であり、そのうち400mが一般公開されています。元々短い洞窟だったものが、2人の洞窟探検家が人の入れなかった狭い穴を掘り進み、この1000mにも及ぶ鍾乳洞を発見したそうです。洞窟を形成する石灰岩は2億5千万年前に生成された秩父古生層と呼ばれる地層で形成されており、なかでも落差30mの地底の大滝はまさに圧巻の景色です。営業期間年中無休営業時 [続きを読む]
  • 新潟県 大沢鍾乳洞
  • 大沢鍾乳洞の見所大沢鍾乳洞は全長約114m、高低差17mの鍾乳洞であり、新潟唯一の一般開放されている鍾乳洞です。日本の多くの鍾乳洞は石灰岩で構成されていますが、大沢鍾乳洞は新生代新第三紀世(2400-180万年前)に砂が堆積して出来た砂岩の層が盛り上がり、陸となった後に形成されたという珍しいものです。洞窟内はヒンヤリとした空気が漂い、暗い内部にはコウモリも生息しています。照明が無いので、懐中電灯を持参して行きま [続きを読む]
  • 山梨県 富岳風穴(ふがくふうけつ)
  • 富岳風穴の見所青木ヶ原樹海の豊かな自然に囲まれた場所に存在する富岳風穴は、平均気温は3度と夏でも涼しく、天然の冷蔵庫とも言われています。昭和初期までは蚕の卵の貯蔵に使われており、国の天然記念物にも指定されています。総延長201m、高さは8.7mにおよぶ横穴で、夏でも溶けない氷柱に溶岩棚・縄状溶岩などを見る事ができ、鳴沢氷穴と並ぶ人気スポットです。営業期間年中無休営業時間【11月16日〜3月15日】午前9時〜午後4時 [続きを読む]
  • 山梨県 鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)
  • 鳴沢氷穴の見所鳴沢氷穴は青木ヶ原樹海の東の入口にあり、年間通して観光客が絶えないことから富士五湖観光のひとつに数えられています。総延長156メートル、幅1.5〜11メートル、高さ1〜3.6メートルの溶岩洞であり、1929年12月17日には旧文部省により天然記念物に指定されました。洞内の気温は平均3度と低めであり、天井から染み出した水滴が凍り成長することによって生み出される氷柱は、大きいものだと高さ3mにも上ります。営業 [続きを読む]
  • 東京都 三ツ合鍾乳洞
  • 三ツ合鍾乳洞の見所三ツ合鍾乳洞は標高470mにあり、全長120mの三段になっている縦穴形の鍾乳洞です。この鍾乳洞を構成している石灰岩は、約三億年前に海底に堆積した土砂や灰分が固まった秩父古生層というもので、石灰岩の中は海百合やフズリナ等の化石がみられます。洞内にある高さ12mから流れ落ちる不老長寿の水「竜神の滝」、千古の謎を秘めた「竜ヶ池」や「オーロラ天井」といった美しい景色も必見です。営業期間不定休営業時 [続きを読む]
  • 東京都 日原鍾乳洞
  • 日原鍾乳洞の見所総延長1,270m、高低差1314mと関東随一の規模を誇る日原鍾乳洞は、東京都の天然記念物にも指定されています。8つある洞のうちで見学できるのは新宮洞と新洞の2つとなっています。年間を通じて11度に保たれた洞内は、夏は涼しく冬は暖かで、多くの観光客が訪れます。自然の音を奏でる水琴窟も設置されており、壮大な鍾乳洞の中で優雅な音を楽しむことができます。営業期間年中無休営業時間【4/1〜11/30】午前8時 [続きを読む]
  • 東京都 石門鍾乳洞
  • 石門鍾乳洞の見所石門鍾乳洞は、清見が岡鍾乳洞と同じ小笠原諸島の母島にあり、2箇所合わせてで訪れる人も多い場所です。洞内は立派なつらら石に覆われていますが、2003年からエコツーリズムの導入により鍾乳洞への立ち入りは禁止となりました。石門周辺には、この鍾乳洞をはじめとした多くの自然が美しい状態で保たれていますが、入林にはガイドの同行が必要となります。営業期間(林)母島自主ルールにより10月〜2月まで入林禁止 [続きを読む]
  • 東京都 清見が岡鍾乳洞
  • 清見が岡鍾乳洞の見所清見が岡鍾乳洞は小笠原諸島の母島にある鍾乳洞で、清見が岡周辺は小規模のカルスト地域になっており、鍾乳洞へは六角形のお堂の後ろの崖についている小さな扉から入ります。往復10分程度の小さな鍾乳洞ではありますが、洞内にはカーテン鍾乳石が見られ、短時間でもしっかりと洞窟探検を味わうことが出来ます。入洞には母島観光協会への申し込みが必要となり、協会で鍵とヘルメットを貸してくれて、鍾乳洞への [続きを読む]
  • 東京都 大岳鍾乳洞
  • 大岳鍾乳洞の見所大岳鍾乳洞は、昭和36年10月に発見された全長約300メートルの鍾乳洞で、東京都の天然記念物に指定されています。一般公開されていない部分を含めると約1,000メートルのもの規模を持つ大きな鍾乳洞で、石筍殿・乳華殿・ビーナス殿といった鍾乳石が美しい場所です。大岳鍾乳洞の受付には名物案内人の田中ユキさんというおばあさんがおられましたが、残念ながら2016年に亡くなられ、今ではお孫さん夫婦が営業を引き継 [続きを読む]
  • 埼玉県 尾須沢鍾乳洞
  • 尾須沢鍾乳洞の見所尾須沢鍾乳洞は、石灰岩で出来た高さ25mの壁に、第1洞から第3洞までの3つの洞穴があります。この鍾乳洞は「こうもり岩」という名前で古くから親しまれ、以前は無数のこうもりが洞の中を飛び交っていましたが、今ではその姿も見ることが出来なくなってしまいました。観光洞ではなく、照明設備も用意されていませんので、懐中電灯を持参して、狭いところには入らないように注意してください。営業期間年中無休営業 [続きを読む]
  • 埼玉県 神庭鍾乳洞(かにわしょうにゅうどう)
  • 神庭鍾乳洞の見所神庭鍾乳洞は、その名の通り「神が降り立つ場所」という名前の由来があり、約1万年前の旧石器・縄文時代の人の骨や動物の骨、日本最古の土器郡とも言われる隆起線文土器が出土している半洞窟遺跡です。過去3回調査が行われた結果、この神庭鍾乳洞・神庭洞窟には縄文時代から近世にかけての遺物が確認され、長期間にわたって人が暮らしていたことが明らかとなっています。縄文時代の人々が暮らしていた痕跡が残る [続きを読む]
  • 埼玉県 橋立鍾乳洞
  • 橋立鍾乳洞の見所橋立鍾乳洞は、全国的にも珍しい縦穴の鍾乳洞であり、1936年3月には埼玉県の天然記念物に指定されています。決して大きくない規模の鍾乳洞ではありますが、洞内は高低差があるため階段を上る珍しい形態になっており、つらら状に垂れ下がった多数の石筍・鍾乳石・石柱が見られます。鍾乳洞の目の前には、カフェJURIN’s GEO(ジュリンズジオ)があり、こだわりのコーヒーはテレビや雑誌でも取り上げられています。営 [続きを読む]
  • 群馬県 小平鍾乳洞
  • 小平鍾乳洞の見所小平鍾乳洞は、明治7年に発見され一般に公開されましたが、それから10年も経たないうちに入り口が埋まってしまい、一度は忘れられていた鍾乳洞です。その後、昭和59年に再発見された後は、ヘリクタイトやボックスワークといった珍しい鍾乳石を見ることができる鍾乳洞として人気を集めています。洞内は手が加えられずに自然な状態が保たれており、規模は小さいものの、学術的にも貴重な鍾乳洞です。営業期間4月〜11 [続きを読む]
  • 栃木県 源三窟
  • 源三窟の見所火山活動によりできた源三窟は全長50mほどで、洞内の温度は年間通して15〜16度となっており、夏は涼しく冬は暖かい場所です。源義経の娘婿である源有綱が、義経の兄である源頼朝から逃げ隠れてこの洞窟に住んでいましたが、洞窟内の滝水で米をといだとぎ汁が外へ流れ出たことにより頼朝軍に発見され無念の最期を遂げたと言われています。源三窟に住み着いていた猫の「茶々」も訪れ、人の心を癒す人気者として知られて [続きを読む]
  • 栃木県 出流鍾乳洞(奥之院鍾乳洞)
  • 出流鍾乳洞(奥之院鍾乳洞)の見所滝行が出来る修行寺としても知られている満願寺にある断崖に建つ「奥の院」が出流鍾乳洞の入口となっています。延長は20mと小規模ではありますが、鍾乳洞の入り口から流れている落差8mの「大悲の滝」は滝修行者が絶えず、拝観と滝見と鍾乳洞をまとめて体感できる珍しい場所です。また、奥之院の十一面観世音は、子宝、子育ての観音として信仰されています。営業期間年中無休営業時間【万願寺】午 [続きを読む]
  • 福島県 入水鍾乳洞
  • 入水鍾乳洞の見所入水鍾乳洞は、総延長約900mあり、国の天然記念物にも指定されている鍾乳洞です。地底を流れる水の中を歩いたり、狭い空間を四つん這いになって進んだりと、本格的なケイビングを味わえる貴重な鍾乳洞となっています。中はAコースからCコースまで用意されており、Bコースから先は着替えや防水懐中電灯などの装備が必要となり、Cコースからは案内人と一緒に入洞することになります。営業期間年中無休※Cコースの営業 [続きを読む]
  • 福島県 あぶくま洞
  • あぶくま洞の見所あぶくま洞は、約8000万年という長い長い年月をかけて創られた日本有数の大鍾乳洞と言われています。見学ルートは約600mほどあり、洞内の平均気温は14℃前後と程よい涼しさが心地よい空間です。洞内最大のホールである「滝根御殿」には、日本の鍾乳洞で初めての試みである舞台演出用の調光システムが導入されており、神秘的な情景を楽しむことができます。営業期間年中無休営業時間【3/1〜11/30】午前8時30分〜午後 [続きを読む]
  • 岩手県 龍泉洞
  • 龍泉洞の見所龍泉洞は、山口県の秋芳洞・高知県の龍河洞と並ぶ、日本三大鍾乳洞の一つです。奥には3つの地底湖が存在しており、第3地底湖の透明度は世界一の41.5mで、名水百選にも選定されています。青く輝く地底湖の景色はまさに圧巻です。洞窟内には5種類のコウモリが生息しており、1938年には「岩泉湧窟及びコウモリ」として国の天然記念物に指定されました。営業期間年中無休営業時間【5月〜9月】午前8時30分〜午後6時【8月13 [続きを読む]
  • 北海道 当麻鍾乳洞
  • 当麻鍾乳洞の見所昭和32年に発掘された当麻鍾乳洞は、全長約135m、高さ約7〜8mと小規模ではありますが、不順物が少なく結晶度の高い鍾乳石が美しい場所です。およそ1億5千万年前のジュラ紀の時代から、地下水の溶蝕作用によって長い年月をかけて作り上げられた貴重な鍾乳洞であり、「龍神が休む場所」という言い伝えでも知られています。営業期間4月〜10月営業時間午前9時〜午後5時料金大人(高校生以上)500円小・中学生300円団体 [続きを読む]