radioradio73 さん プロフィール

  •  
radioradio73さん: 今日の音楽
ハンドル名radioradio73 さん
ブログタイトル今日の音楽
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/radioradio73/
サイト紹介文1日1曲、邦楽,洋楽,ジャンルは問わずに ステキな音楽を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 315日(平均7.2回/週) - 参加 2017/11/13 16:23

radioradio73 さんのブログ記事

  • トラブルに咲く花「コールドプレイ」
  • 339回目に紹介したい音楽は、「コールドプレイ」の『トラブル』です。パラシューツ [CD]コールドプレイEMIミュージックジャパン2009-07-01憂鬱な毎日にうんざりしています。あれやこれや、しがらみをしがらみだと認識できないほど、日常に埋もれて深く沈みます。週末にリセットできてもまた始まる無限ループ。このままではいけないと思いながら過ぎて行く時間。そこで登場するのがこの曲。メランコリックで切なくて美しい一曲。ど [続きを読む]
  • ジャンクライフ「長澤 知之」
  • 334回目に紹介したい音楽は、「長澤 知之」の『THE ROLE』です。JUNKLIFE [CD]長澤知之SPACE SHOWER MUSIC2011-04-063回連続の紹介です。彼のアルバム;ジャンクライフは本当に素晴らしい作品です。毒と、くだらない日常と、愛に溢れています。どこか厭世的な雰囲気がありますが、結果としてそれは音楽として表現されており、沢山の人たちの癒しになっています。あなたもぜひ聴いてみてください。 [続きを読む]
  • 矛盾 不安定 病みつき「長澤 知之」
  • 333回目に紹介したい音楽は、「長澤 知之」の『明日のラストナイト』です。JUNKLIFE [CD]長澤知之SPACE SHOWER MUSIC2011-04-06彼の声には不思議な魅力があります。透き通ったような、毒々しいような。矛盾した属性を内包した、少し不安定な、そして病みつきになる声です。ぜひその声でこの世界観を体験してみてください。 [続きを読む]
  • マンドラゴラの純愛「長澤 知之」
  • 332回目に紹介したい音楽は、「長澤 知之」の『三日月の誓い』です。JUNKLIFE [CD]長澤知之SPACE SHOWER MUSIC2011-04-06マンドラゴラの声を持つ彼が歌うラブソングです。忘れられない夜がその叫び声で浮き立たちます。三日月の下では色んな思い出が記憶の湖面に浮かび上がってきます。 [続きを読む]
  • 爆音で聴いてみて!「ザ マーズ ヴォルタ」
  • 331回目に紹介したい音楽は、「ザ マーズヴォルタ」の『Inertiatic ESP』です。ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム [CD]マーズ・ヴォルタユニバーサル ミュージック2017-07-12激しい音楽を聴きたいならこの一曲がオススメ。ギターがとてもカッコイイです。ぜひ爆音でどうぞ。といってもイントロから曲が爆音なので、音量注意です。 [続きを読む]
  • 削りとった才能「ジョン フルシアンテ」
  • 328回目に紹介したい音楽は、「ジョン フルシアンテ」の『My Smile Is a Rifle』です。Niandra Lades & Usually Just a T-Shirt [CD]John FruscianteAmerican Recordings2003-06-24元レッチリのギタリスト、ジョンがボロボロだった時代のアルバム。麻薬代欲しさに作ったと噂されるアルバム。繊細さと狂気と堕落が詰まった一曲です。これも音楽、だから素晴らしい。ぜひ聴いてみてください。 [続きを読む]
  • ジャズで新しい聴き方「ビル エヴァンス」
  • 326回目に紹介したい音楽は、「ビル エヴァンス」の『ワルツ フォー デビー』です。ワルツ・フォー・デビイ+4 [CD]ビル・エヴァンス・トリオユニバーサル ミュージック2017-03-08ジャズの名盤特集には必ず挙げられる一枚。ジャズを聴き始めた私の耳にも、すんなり入ってくる音でした。夜と賑わいと少しヒンヤリした空気を感じる事ができます。それまでロックばかり聴いていた私の耳にはゆったりした大人な音楽体験でした。ぜひ聴い [続きを読む]
  • その場所の、空気の音「ビル エヴァンス」
  • 325回目に紹介したい音楽は、「ビル エヴァンス」の『デトゥアー アヘッド』です。ワルツ・フォー・デビイ+4 [CD]ビル・エヴァンス・トリオユニバーサル ミュージック2017-03-08レストランでの演奏でしょうか?食器を扱う、洗う?音が微かに聞こえます。音楽の雰囲気とこの音が凄く会ってるんですよね。この音を聴く為だけにでも、聴く価値のある一曲です。ぜひ聴いてみてください。もちろん演奏も素晴らしいです。 [続きを読む]
  • イギリスのおにいちゃん「ザ ストリーツ」
  • 322回目に紹介したい音楽は、「ザ ストリーツ」の『Could Well Be In』です。ア・グランド・ドント・カム・フォー・フリー [CD]ザ・ストリーツワーナーミュージック・ジャパン2004-06-23イギリス流のヒップホップ。ラップなんだけどゴツゴツした感じはなく、上品という訳ではないけどすんなり入ってきます。イギリス訛りのラップにはイギリスの日常を感じてどこか親近感が湧きます。ぜひ聴いてみてください。結構はまるかもです。 [続きを読む]
  • 古い音楽 澄んだ声「手嶌 葵」
  • 320回目に紹介したい音楽は、「手嶌 葵」の『ウィンターライト』です。La Vie En Rose~I Love Cinemas~ [CD]手嶌葵ヤマハミュージックコミュニケーションズ2009-10-07映画音楽っていいですよね。何か普通のポップスよりも落ち着いて聴ける曲が多いです。ただでさえリラックスできるのに、さらにリラックスしたい時はこの曲。葵さんの声が空気を澄ませてくれます。 [続きを読む]
  • ベタでも何でも構わない「ザ シューズ」
  • 319回目に紹介したい音楽は、「ザ シューズ」の『ノックアウト』です。スキャンダル [CD]ザ・シューズIndependent Label Council Japan(IND/DAS)(M)2009-11-04ちょっと前にかなり流行った曲です。爆発的に人気が出る曲というのは、やはり人を引き込むモノがありますね。サビのところなんて穴を掘っているのを見ているのに、落とし穴に落ちてしまうみたいな感じですwぜひ聴いてみてください。(80kidzのリミックスです。オススメ) [続きを読む]
  • 悲痛の叫び「ニルヴァーナ」
  • 315回目に紹介したい音楽は、「ニルヴァーナ」の『レイプ ミー』です。" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51uiX1PGAVL._SL160_.jpg">イン・ユーテロ [CD]ニルヴァーナユニバーサル ミュージック2013-10-02タイトルは物騒ですが、カート氏の心の叫びが凝縮されてるんじゃないかと思う曲。ぜひ聴いてみてください。すくなからず共感できる人はいるはず。 [続きを読む]