サカイ ケイ さん プロフィール

  •  
サカイ ケイさん: お家 ときどき お外
ハンドル名サカイ ケイ さん
ブログタイトルお家 ときどき お外
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sakaikay/
サイト紹介文アメリカで夫とネコと暮らしています。 ときどきボランティアをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 245日(平均7.1回/週) - 参加 2017/11/15 12:51

サカイ ケイ さんのブログ記事

  • 鼻毛の処理
  • 夫は放っておくと鼻毛が出るタイプです。夫が鼻毛カッターや、鼻毛用ハサミを使うようになったのはわりと最近のことです。札幌に旭山記念公園という所があります。夜景スポットの一つです。夫の両親が、私達が当時住んでいた札幌に遊びに来た時、私達は、日中でしたが、そこに2人を連れて行きました。帰り際、夫両親のトイレタイムを、私と夫は車中で待っていました。夫は車のバックミラー見ながら、鼻毛を抜き始めました。すると [続きを読む]
  • 出禁にした
  • ネコ氏は人見知りなので誰かが家に来ても隠れてしまいます。しかし例外が1人。*ブログ内に「姫」カテゴリを作りました。姫だけが子猫時代のネコ氏に会っているからかもしれません。そう思っていたけれど…姫が好きなのではなく、「姫の靴下が好き」疑惑です。実際、姫が靴下を脱いで置いてみるとみると、 これと同じ反応を見たことがあります。姫の靴下は、キャットニップの香り? ある日、新しいキャットニップのおもちゃを買い [続きを読む]
  • 蜘蛛と闘う女
  • ふと、ネコ氏を見ると一点を見つめているところでした。 さては虫だな、と思い近づいてみると、蜘蛛はよく部屋に入ってくるけれど、いつもはせいぜい1センチくらいの小さいものなのに。ネコ氏は、そーっと触っただけなのでダメージを受けていない蜘蛛は洗濯機の隙間に隠れてしまいました。翌日、キッチン付近のカーペットの上にその蜘蛛を見つけました。捕獲に成功したけど、どうしよう。外に逃がすか…でもまた入って来たら嫌だ。 [続きを読む]
  • 夫の発言に驚かされた
  • 今から10年くらい前ことです。夫は、私が知らないだろうと思いドヤ顔で話してきました。正解を言った私に夫は驚いていました。私は誰でも知っていることだと思っていたので今更、こんな事を言う夫に心底驚きました。だって、デパートなどでエスカレーターに乗ると、エスカレーターの乗り口にも「注意」の サインがあるし…夫は田舎で生まれ育ったから?大学進学で地元を離れ、その時にエスカレーターを知ったのかと思ったけれど、 [続きを読む]
  • 朝の日課
  • 朝、起きて寝室から出ると、ネコ氏がドアの前で待機しています。そして、抱っこしてリビングルームに移動します。これが私の朝の日課です。今、夫は日本に帰省中です。一昨日は朝8時頃、ネコ氏がドア前で鳴く声で目が覚めました。この日は抱っこの前に、トイレに行くことにしました。それを無視してトイレに入ろうとしたら、抱っこは絶対しなきゃいけないみたいです。私はトイレに行くのをやめ、ネコ氏を抱っこしました。ネコ氏の [続きを読む]
  • 辛いものと甘いもの
  • 辛いものは苦手なので、なるべく食べないようにしています。昔、日本で夫とカレーライス専門店に行ったけれど、そこは辛さを選べないお店でした。 私だけボロボロになりながら食べました。あと、辛いものを食べた後は、先日、美味しいポキを作っているお店に行きました。→ Santo Market いつもテイクアウトしています。そのお店のポキは2種類あって、「醤油」と「スパイシー」です。醤油が欲しかったけど、売り切れでした。仕方な [続きを読む]
  • 胃カメラ検査を受けた時のこと
  • 私は2年前に一時帰国した際、受けた人間ドックで初めて胃カメラに挑戦しました。人によっては、鼻から入れるのが無理な場合もありその時は口からの胃カメラになると言われました。内視鏡検査の部屋の待合室に通された時、ちょうど検査の部屋から看護師さんが出てきました。看護師さんは汚れるから、そんな格好を?もしかして過酷な検査なのでは、とドキドキしました。待合室にいると別の看護師さんがやってきて、右を選んだ理由は [続きを読む]
  • 初めての一人暮らし
  • 働き始めて、最初に一人暮らしをしたところは「レディースマンション」でした。私の部屋はとても狭かったです。もっと広い部屋もあるようですが、満室でした。 入居した日、管理人さんと話した時、どういう方がここに住んでいるか聞いてみました。女性しか住んでいないため、洗濯はランドリールームがあってそこで洗濯をしていました。買ったBL本を引っ越す時に置いていく方が多いのでしょうか。ある日、洗濯をしていたら、もしや [続きを読む]
  • もう諦めた
  • ネコ氏の爪は、ときどき私が切っています。普段、ネコ氏は、床に置いてある爪とぎで爪をといでくれる良い子です。でも、遊んでいる時、爪とぎされてもカーペットの見た目はほぼ変わりないです。ときどきソファーにも爪とぎします。ソファーは…カバーがボロボロ。触るとベトベトするから、ネコ氏はソファーで爪とぎしなくなりました。良かった〜、と思っていたけど、姫は力任せに、脚を引き離しました。中身は乙女と言えど、見た目 [続きを読む]
  • 今から会える?的な質問
  • 買い物の帰り、歩いていたら知り合いに会いました。私にはそんな呼び出しに応えるのは無理です。 家を出られるまで、30分はかかりそうです。服を着替え、化粧のために一度顔を洗い髪を直して化粧をする必要があります。私は歯の矯正中で、定期的に歯医者さんに診てもらっています。先生が海外出張に行くことが多いからです。先日、診察予約の1週間前という時に、クリニックから電話がかかってきました。「今から来い」もよくありま [続きを読む]
  • 「だめんず」な彼・その3
  • 昨日の続きです。(「だめんず」な彼・その2)働き始めた姫は、1ヶ月で辞めると思いきや2ヶ月目に突入しました。そして3ヶ月が経過し、姫からメールが届きました。久しぶりに会った姫は、それから2週間後、辞めた理由は、プログラミングの知識が無いため勉強することが多くて大変だから。コミュニティ・カレッジは、四年制の大学より学費はかなり安いけど…その学費は誰が払うのかドキドキしましたがあえて聞かないことにしました [続きを読む]
  • 「だめんず」な彼・その2
  • 私の友人、姫は「だめんず」に分類されると思います。→「だめんず」な彼姫は日本で働く夢に敗れたため、また無職生活に戻りました。 その学費は親に借金させて払わせる予定だったので、断られるのは当然です。そんな姫でしたが、仕事しながらプログラミングも勉強できるらしく姫は張り切っていました。私は無事就職できた姫に、お祝いのプレゼントをあげました。姫は就職してすぐだから、しばらく帰省しないと言っていたしお互い [続きを読む]
  • 歯磨きさせて
  • 毎年、夏にネコ氏を病院に連れて行きます。健康診断と予防接種があるからです。2年前、獣医さんに診てもらった時、歯磨きの仕方のパンフレットを貰い、病院で歯磨きペーストを買いました。パンフレットを読むと、まずは、歯磨きペーストに慣れさせるところから始めると、書いてありました。 ただ、ネコ氏は鼻下の「ω」部分を私に触られ歯を見られることはそれほど嫌がりません。だから思い切ってみました。先を急ぎ過ぎたか。完 [続きを読む]
  • 夫と身長
  • 夫の身長は自称170センチです。ここ数年、夫も私も毎年健康診断を受けています。夫の身長はついに167.3センチに。20代の頃の私は、167.2センチでした。私の方は測り方がおかしいのか分かりませんが毎年、縮んだり伸びたりしています。今年は166.5センチでした。夫は私との身長差が縮まっていることに若干の恐怖を感じているようです。私はここ数年、166センチ代なので、偽らずに、166センチと言うことにします。・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 眠りたい
  • アメリカに帰ると時差ボケになります。今回の一時帰国後の時差ボケはそれほどキツくないです。細切れとは言え、一応は眠れていますが…あまりに眠くて辛い時は1時間くらい寝ることにしています。でも、今、下の階の住人が引っ越していったため朝から夕方まで改装工事をしています。お昼寝できずに困っています。そして、大きな物音と声がするため、工事が終わる夕方まで、ネコ氏はソファーの下です。ネコ氏は繊細な子だから、私は [続きを読む]
  • 彼女の写真を見せられる
  • 夫が学生の頃の時のこと。大学院にいる先輩(30歳くらい)に彼女が出来たそうです。夫は一瞬、コメントに困ったそうです。なぜなら、当時まだ20代前半の夫にしてみればアラフォーの女性は完全にババアだったそうで。コメントに困ったけれど、先輩は彼女を美人と言われて喜んでいたそうです。私も昔、知人から彼女の写真を見せてもらったことがあります。知人は見せる時、「彼女はゴリラに似てる。」と前置きをしてきました。 私はコ [続きを読む]
  • 羽田空港から成田空港への移動
  • 今回の実家帰省は急だったため、アメリカに戻る飛行機は希望するものが取れませんでした。普通に旅行などで羽田~成田間を移動するのは問題ないです。預け荷物の無料になる重さ上限のギリギリまで詰めこんでいます。羽田で預けた荷物を一度受け取り、それを持って成田に移動します。移動はカートを使うので大丈夫です。でも、シャトルバスで荷物を係の人に渡し席についたら汗だくでした。成田に着き、チェックインを済ませてようや [続きを読む]
  • 顔はやめて
  • 蜘蛛は移動する時、糸を出して風に乗って飛ぶことがあります。「バルーニング」と言うそうです。それも顔に。月1くらいで当たっているような。外は広いのに、歩いててちょうど顔に当たるって…蜘蛛の糸よりも、もっと不快だったのは、ぶつかった衝撃で、ニオイを出されました。仕方ないので、臭いまま買い物にいきました。カメムシ臭い女です。私の近くにいた人には申し訳なかったです。この前は、久しぶりにコンタクトレンズで出 [続きを読む]
  • ナンパ、ぱんじゅう
  • 友人の両親は、ナンパがきっかけで出会い結婚したそうです。それで思い出したけれど、若い頃の私はまともな人に声をかけられたことがないです。学生の頃、外ですれ違いざまにナンパ目的ではなくバカにしていたのかもしれません。働き始めた頃、地下街を歩いていたら強引な誘い方と歯の汚さにびっくりしました。もしかして、私に昼飯をたかろうとしていたのでしょうか。街を歩いていたら、この人は宗教か何かの勧誘のような気がしま [続きを読む]
  • 日本から帰ってきました
  • 1ヶ月半の帰省も終わり、自宅に戻ってきました。 私と夫は、1人ずつ帰省しているのだけれど、私が帰省している間 、普段はネコ氏に無視されている夫ですが私がいない間に限り、一軍昇格です。今回は1ヶ月半といつもより長い帰省だったため、実際、家に帰ってみたらでもシャワーを浴びると、寄ってきました。たぶん、隠れたのは、違う家のニオイが私からしたからかも。家にはお昼頃に着いたけど、その日の夕方には、極めつけは、 [続きを読む]
  • 夫の化粧品の値段
  • 母に頼まれたアメリカ土産は以前、プレゼントしたことのあるゴートミルクの石鹸でした。 → Bend Soap Company (ここの石鹸です。)父が髪を坊主にしたのでシャンプーが要らなくなり、もう全身固形石鹸で良いかということになりました。その石鹸を父に使わせるのは勿体ないとかで…父にはお歳暮の石鹸で十分、みたいな。前に、ドラッグストアに行った時、奥さんがアドバイスしている感じでした。その旦那さんが「ちょっとトイレ」と [続きを読む]
  • 気まずいですよね
  • アメリカである女性と知り合いになりました。彼女は結婚前に猫を飼っていたけれど結婚を機に手放すことになってしまったそうです。それならば、とネコ氏に会わせることにしました。案の定、彼女がリビングルームに入るとそこにいたネコ氏は走ってバスルームに逃げました。私はバスルームでネコ氏抱っこして彼女が待つリビングルームに戻りました。が、リビングルームに入った途端、彼女は私がバスルームにいる間、オナラしたっぽい [続きを読む]
  • 猫飼いにありがちだと思う
  • ある日の夜のこと。よくあることです。ネコ氏が寝ている間に、私は晩ご飯の後片付けをしていました。片付けが終わっても…近づいてみると、ネコ氏はソファーの上で寝ていました。私はずっと夫のパーカーをネコ氏だと思い微笑みかけていました。猫を飼っている人で、物と飼い猫を見間違えたことある人は結構いると思います。これは本物の床で寝るネコ氏。私がソファーに座ったので、近くにやって来ました。・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 野球に興味ないけど、野球観戦した
  • 夫が野球を観に行くのが好きでしぶしぶ付き合ったことが何度かあります。日本にいる時は、札幌ドームへ行きました。野球に興味がないと、試合中はどうなるか。「応援の声がうるさくて眠れるわけない」と言われたことがありますが、そうでもないです。アメリカに引っ越してからも数回、野球を観に行きました。その頃は、アスレチックスに松井秀喜がいたりマリナーズにイチローがいたり、という時でした。球場の食べ物は私にとっては [続きを読む]
  • 家庭教師を頼んだ時のこと
  • 高校2年生の頃、家庭教師をつけていました。その家庭教師の先生は大学4年生だったので彼の卒業とともに家庭教師は1年近くで終了しました。 足を引っ張る教科は、古文でした。そこで、高校3年になる直前、古文の家庭教師をつけてもらうことにしました。とりあえず、新しい先生がどんな人か知るために家に来てもらうことにしました。遅れるって連絡もないし、もしかして忘れているのか…でも、約束の時間から20分くらい過ぎてからそ [続きを読む]