ワタ子 さん プロフィール

  •  
ワタ子さん: 映画日記はわたあめ色
ハンドル名ワタ子 さん
ブログタイトル映画日記はわたあめ色
ブログURLhttps://ameblo.jp/wataameiga/
サイト紹介文いろいろな映画の感想を思うままに書いています。
自由文いろいろな映画の感想を思うままに書いています。映画レビューと呼べるほどのたいそうなものではありませんが。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 100日(平均3.6回/週) - 参加 2017/11/16 08:21

ワタ子 さんのブログ記事

  • チャッピー
  • 生まれたばかりのチャッピーが、治安の悪い街で悪い事をどんどん覚えていく姿を観ると、これは警察ロボットに限った事ではないなと実感しました。 この作品はこの様な悲劇を起こさない為の警告の様にも感じます。舞台は南アフリカのヨハネスブルグです。 貧富の差が激しくスラム化が進んだこの街では、警察の対応のみで犯罪を対処しきれなくなってしまいました。 そこで採用されたのがテトラバーグ社のロボット警察。 彼らの活躍 [続きを読む]
  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話
  • まず一言で言うと土屋太鳳さんの演技力に驚きと尊敬の念が生まれました。 それまで数々の映画やドラマを拝見していて、その作品に合う役柄を演じていて良い女優さんだなと思っていましたが、この8年越しの花嫁で今までと全く違う新しい土屋太鳳さんが見られたと同時に、この作品をきっかけに彼女はもっと飛躍するだろうと思いました。 この作品は生死をさまよう病気を発症し、寝たきりの植物人間になったため予定していた結婚式が [続きを読む]
  • 図書館戦争 THE LAST MISSION
  • 戦闘シーンの迫力が想像以上でした。激しい銃撃戦と、騒然とした戦場、その臨場感が素晴らしかったです。本格的な戦闘シーンで、期待以上の迫力にわくわくしました。主人公の郁ちゃんの勇ましい姿や、前作からの成長がたくさん見られたのも嬉しかったです。戦闘シーンで男性陣に混ざって果敢に戦う姿と、堂上教官に恋する普通の女の子の姿、そのギャップも郁ちゃんの魅力だと思いました。堂上教官との距離も相変わらずじれったか [続きを読む]
  • 嘘を愛する女
  • 真実とは何なのか、自分自身が思っている事が、赤の他人からすると、真っ赤な嘘に騙される人だと、見えているのかもしれません。 そんな映画の主人公を、可愛らしいアイドルから評価の高い演技力で、テレビドラマ、映画に舞台と活躍の場所を広げている、女優の長澤まさみさんが好演しています。 長澤まさみさんが演じている川原由加利は、震災によって避難をしている最中に、人の多さと混雑により気分を悪なり動けなくなってしま [続きを読む]
  • 植物図鑑
  • たまたま家の前にいた男性を家にあげて、そのまま同棲生活を送るという最初の展開は驚きましたが、最終的には感動できる作品でした。主人公の女の子はどこにでもいる普通の女の子。そんな彼女が彼と出会って生活が変わっていく姿が本当に楽しそうでした。そんな彼と突然同棲を終えてからは涙が止まりませんでした。失ってから気がつく彼の存在やいることの大切さ。それを知ってから彼のことを必死で探す主人公に涙が止まらなくな [続きを読む]
  • スター・ウォーズ 最後のジェダイ
  • 前作からの繋がりがあり、ものすごく気になっていました。 信頼しては裏切り、誰を信用したらいいのかわからなくなる展開があり、何度かハラハラドキドキしてしまいました。 スターウォーズは戦闘というイメージがある方も多いと思います。 もちろん戦闘のシーンはたくさん出てきますがその他に、人との繋がりであったり人間誰しもが持っている欲望とゆう面でもリアルに描かれていると私は思います。 色々なキャラが出てきます。 [続きを読む]
  • DESTINY 鎌倉ものがたり
  • まさに壮大なスケールで日本が誇るファンタジー映画です。キャストもすごく豪華です。主演は堺雅人さんで、他にも高畑充希さんや堤真一さんなど日本が誇る名俳優がたくさん出演されています。よくぞここまでの豪華キャストを揃えられたなとびっくりしました。端役でさえ豪華でびっくりしました。それもやっぱりALWAYS 三丁目の夕日を制作した山崎監督の作品だからこそ、キャストも集結したのではないかなと思います。この作品は、 [続きを読む]
  • ブレードランナー2049
  • 続編はないと言われていた、1982年に上映された「ブレードランナー」の続編です。 主役は「ブレードランナー」で主役をつとめていた「ハリソン・フォード」ではなく、「君に読む物語」や「ラ・ラ・ランド」で主役を努めた「ライアン・ゴズリング」です。ライアン・ゴズリング扮するレプリカントのKのレプリカントとして生を受けた悲哀・生き方・宿命などが、切なく心に残る映画です。前作で「ハリソン・フォード」扮する、「リッ [続きを読む]
  • FAKE
  • 佐村河内事件というと、今ではゴーストライターと同義語のようになってしまいましたが、この映画を観て何が真実が分からなくなってしまいました。メディアに祭り上げられ、引きずり降ろされた男とその妻の「その後の日常」を淡々を追っていますが、これを見ていると誰が「悪人」なのかについて否応なく考えさせられます。全ての声は聞き取りにくいものの、少しならわかる、という佐村河内氏の聴力。手話を使った妻とのコミュニケ [続きを読む]
  • ミスペレグリンと奇妙な子供達
  • 主人公ジェイクは祖父が謎の死を受けたことをキッカケに、かつて祖父が住んでいた島を訪れる。 そこでジェイクは奇妙な能力を持つ子供たちが暮らす家を見つける。空襲を受けた1943年9月3日に死なないよう、時間を司る能力を持つミスペレグリンが安全な時をループさせていた。 しかし、その安全な時は壊されようとしていた。そしてなぜ能力のないジェイクが家を見つけることができたのか。 その秘密が明らかとなる。アリスインワン [続きを読む]
  • 怒り
  • ある殺人事件を軸に3人の怪しい人物と彼らを取り巻く人々が織りなす物語です。 3つの話は全くつながりなくストーリーが進んでいくので、あらすじを深く知らなくても分かりやすい物語だと思います。 またどれか1つのストーリーに焦点を絞っても楽しむことができます。 有名な俳優がたくさん出ていて、犯人候補の3人は今まで顔が似ているなんて考えたこともありませんでしたが、モンタージュ写真の中では確かによく似ています。 犯 [続きを読む]
  • ニュースの真相
  • ロバート・レッドフォードとケイト・ブランシェットという、豪華スターの共演という点から興味を持ったのですが、予想以上に骨太な社会派作品でした。ブッシュ政権当時の社会の空気は、今思い起こしても異様なものがあったと記憶していますが、まさにその渦中にこんな事件があったとは知らず、興味深く鑑賞しました。「軍事経歴詐称」というスクープを固めるために、あらゆる手を使い裏付けを進めていくニュースメディアが、小さ [続きを読む]
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  • スターウォーズシリーズの知識があいまいなまま見た本作ですが、スターウォーズという大河作品の世界感を補完する1ピースであると同時に、ちゃんとひとつの物語としても仕上がっているため十分楽しむことができました。スピンオフ作品という位置づけの作品ではあるものの、この作品のために登場する人物が大勢おり、ひとつの出来事をちゃんと完結させているあたりは見事だと思いました。時系列的にはエピソード3と4の間という設定 [続きを読む]
  • 夜明け告げるルーのうた
  • 歌の力を、これほどまでに感じた映画は初めてでした。 この映画を見た後、涙が一滴、頬に流れていました。 映画で泣いたことなんてないのに! 大人でも見られる、いやむしろ大人向けのアニメ映画かもしれません。 寂れた漁港に住む少年と、そこに現れた人魚のルーとの触れ合いを描いた映画で、他にも個性的な登場人物がたくさん出てきます。 そういった登場人物たちのこと、映画を見ているうちにどんどん好きに。 私の推しキャラ [続きを読む]
  • LA LA LAND
  • まずファーストシーンで一気に引き込まれます。 ストーリー・音楽・カメラワーク・色彩・ライティング、様々な面においてとても綺麗な映画でした。 ストーリーは王道な様なそうでもない様な、ハッピーエンドの様なサッドエンドの様な、観る人によって捉え方は変わるのだろうなという良い意味で振り幅のあるものでした。 音楽やそれに伴う踊りもとても魅力的で、憧れて真似したくなる様なものが多かったです。 音楽も映画全体の雰 [続きを読む]
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする
  • 小説も読んでいたので内容はある程度理解していましたが、やはり映像で観るとまた心情も伝わりやすく、原作ファンでも満足できる内容になっていると思いました。愛美のキャスティングが小松菜奈さんというのは最初は違和感を感じましたが、映画を観続けるうちにこれはこれでまたいいのかなと感じました。こんなにナチュラルな印象の小松菜奈さんをあまり観たことがなかったので新鮮で、つい彼女のミステリアスでありながら女性ら [続きを読む]
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス
  • 新感染 ファイナル・エクスプレスは、韓国のゾンビ映画で素晴らしかったです。ゾンビものの映画は今まで苦手で観たことなかったんですが、ゾンビ初心者でも抵抗なく観られました!ゾンビを強調しなくて、パニックホラーとしても出来がいい作品です。ゾンビの描きかたがとにかく怖いです。ゾンビって動きが遅い…ってイメージでしたがめちゃくちゃ早い!動きが素早すぎてびっくりしました。今までのゾンビ像とは全く異なる感じでし [続きを読む]
  • ローガンラッキー
  • 脂が乗ってきたタイミングでの引退宣言が惜しまれたスティーヴン・ソダーバーグ監督、早くも映画にカンバック。 お帰りなさい。現代映画界ではデヴィッド・フィンチャーと双璧を成すくらいのトップレベルで洗練された娯楽映画を撮れる監督(『スタイリッシュ』とかいう意味ではなくて流麗な語り口、という意)であるソダーバーグ、今回も映画復帰作にして余裕の傑作。同じ強盗モノでもただ監督とスターの遊びがダラダラと続くだけだ [続きを読む]
  • IT/イット"それ"が見えたら終わり
  • IT/イット"それ"が見えたら終わり、昔の作品のリメイクなのにめちゃくちゃ怖くて面白かったです。前作からかなり怖さも演出も進化していて、独特の世界観が最高でした。ファンタジーなのにおどろおどろしくて、この作品を観るとピエロの姿がトラウマになってしまいそうです。他にも怖い映像が盛りだくさんでびっくり!ラストにかけて、息つく暇もないほどのスピード感溢れるホラー映画でした。ただのホラー映画とは違って、子供た [続きを読む]
  • 面倒くさいことが終わる
  • ここ最近、面倒くさいけど、やらなければならないことがかなりありました。ちょっとずつそれを消去するのも良いのですが、私は一気に終わらせたい派です。思いがけず時間ができたので、その時に一気に終わらせることができました。 [続きを読む]
  • 穴が開いたら困るもんね
  • 手に芯を当てて覗き込むと不思議な景色が?このトイレの芯で手に穴が空いてるように見える遊び息子に教えたら本当に穴が開いたと思ったみたいで怖かったらしく大泣き(笑)確かにリアルだもんね〜人間の目なんてあてにならないよねぇ? [続きを読む]
  • 主婦でもやることたくさんあるの
  • 誰でもそうだと思うんだけどさ、大学生の頃までってどうしてお昼頃まで毎日寝ていたんだろうって思うんだよね。今はさ、どんなに遅く起きる日でも私は朝の7時には起きているんだけどね。主婦だから、会社に行かなくてもいいんだけど、やることがたくさんあるんだよね。 [続きを読む]
  • わんこはゆでたジャガイモを食べてもいい
  • 先日、お昼時に息子とゆでたジャガイモにバターをぬって食べていたら、我が家のわんこもジャガイモが食べたいとアプローチしてきました。調べてみるとゆでたじゃがいもはわんこのおやつとして最適のようでした。わんこにもじゃがいもをあげたところ、大喜びひて食べました。ジャガイモを利用して犬のバースデーケーキを作るのもありみたいです。今度挑戦してみたいです。 [続きを読む]