ほたる さん プロフィール

  •  
ほたるさん: 2019年 親子3人4脚 中学受験(日能研)
ハンドル名ほたる さん
ブログタイトル2019年 親子3人4脚 中学受験(日能研)
ブログURLhttps://ameblo.jp/hotarun777/
サイト紹介文最難関校目指して日能研に通う小5の男子。 受験までの1年強をブログに綴っていくことにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 25日(平均8.7回/週) - 参加 2017/11/16 12:31

ほたる さんのブログ記事

  • 学校と塾との優先順位
  • 父です。 ある時、息子が 「学校には、あまり行きたくない。」「塾は、楽しいから行きたい。」と愚痴をこぼしました。 よくよく聞いてみると、 「担任の先生から嫌なことを言われるし、塾の授業は面白いけど、学校の授業はあまり面白くない。」とのことでした。 息子は、その後も1週間くらい、同じようなことを言っていました。 なので、私は、息子に対して、 「学校に行かないんだったら、塾もやめよう。」 「学校があって、 [続きを読む]
  • 5年 カリテ 12/9 自己採点結果
  • 父です。 今日の息子のカリテの自己採点結果は、 算数>9割≒社会、理科>4科>8割>国語>7割 国語は、今回のような詩の分野は、私は、難しい、と感じてしまいます。 大人が書いた比喩を、文学の心得のない息子に分からせるのは、難しい! 振り返りの解説は、国語だけ、妻に委ねました。 難易度としては、全体として、前回のカリテより、難しいですかね(そう思いたいです)。 よろしければぽちっとお願いいたします!にほん [続きを読む]
  • 偏差値で一喜一憂するべきでないワケ
  • 父です。 日能研の公開模試では偏差値が出ます。 ただ、偏差値は、その名の通り「ある母体の中での、散らばり具合の中の、自分の立ち位置」 に過ぎないので、「散らばり具合」によって、たまたま「高く」出たり、「低く」出たりすることがあります。 例えば、あるテストを10人が受けて Ⅰ:「100点、90点、80点、・・・10点まで10点毎に1人ずついた場合」=散らばり具合が広い場合 の100点の受験者 Ⅱ:「1 [続きを読む]
  • 文系頭と理系頭
  • 父です。 息子を含めて結構な割合で「算数は得意だけど、国語は苦手」=理系科目が得意で文系科目は苦手「国語は得意だけど、算数は苦手」=文系科目が得意で理系科目は苦手 という方は多いように思います。 最近、妻と話していて気が付いたのは、 国語が得意な妻は、国語を「感覚やセンス」で解いているから、国語が苦手な私や息子が「国語のこの問題難しい」と言っている意味が理解できない。 逆に、算数が得意な私や息子は、 [続きを読む]
  • 受験における記憶術
  • 父です。 前に「効率的な勉強方法」と書きましたが、今回は、その中で、 「要領よく記憶するための方法」について書きたいと思います。 1.「記憶」の基本 「記憶」することは、勉強の「基本中の基本」です。 「理解」の伴った「記憶」が、「点」と「点」を結ぶ「線や面」としての「記憶」となり、 「長期記憶化」しやすく、「応用問題」を解けるようになるための足掛かりともなります。 そして、「記憶」に時間がかかるか否かの [続きを読む]
  • 北風と太陽
  • 母です。 「北風と太陽」の話が、子供のころから好きでした。 〜北風は、強い風を吹いて旅人の上着を吹き飛ばそうとしますが、旅人はかえってしっかりと上着を押さえてしまいます。 一方太陽は、暖かい日差しを照り付けて、見事上着を脱がせます。〜 いつも「暖かい日差し」を与えて、愛情にあふれた母親。 私は、息子を産んでから、そんな太陽のような母親になりたいと、思ってきました。 でも、本当に難しい! 息子は、人一 [続きを読む]
  • 私が中学受験にハマったワケ
  • 父です。 私は、息子が日能研に入塾した当初は、「塾に任せておけば大丈夫」だと思ってました。 入塾前の公開模試で、そこそこの成績を取れていたので、息子が塾に付いていければ、まずまずのところに伸びていけるんじゃないかとも思ってました。 ところが、「成績がなかなか伸びない」「クラス内での席順も後ろの方」の状態がしばらく続きました。 私は、「おかしいな、どういう風に勉強してるんだろ?」と思って、息子が家で [続きを読む]
  • 5年 公開模試 12/2 自己採点結果
  • 父です。 昨日の公開模試の自己採点結果は、 算数>9割≒社会、理科、4科>国語>8割でした。 息子としては、まずまずの手応えだったようです。 前回11月4日の公開模試の難易度と比べると 国語は、あまり変わらずか?算数は、易化したか?社会は、易化。理科は、難化。4科平均は、あまり変わらずか? 今回は、前回の公開模試の国語が時間切れで壊滅しただけに、息子の表情が硬かったので、直前はリラックスさせて送り出しました。 [続きを読む]
  • 模試の調子悪い時の「調子」って何?
  • 父です。 公開模試が明日に迫ってきましたね。 息子を含めて、ほとんどの方がそうだと思いますが、模試で調子が良い時と悪い時があって、同じ実力なのに、結果の差がある程度(偏差値でいうと数ポイント以上)出てしまうこともあると思います。 ここでいう「調子」って何だろう? 私は、自身の大学入試の際に「調子」の内容について分析しました。 「調子」が良い時を、自分で創り出せれば、自分をコントロールして、本番の試験で [続きを読む]
  • 中学受験に勝ち負けは無い
  • 父です。 〜勝ちたいという気持ちすら邪念〜 これは、吉田沙保里さん(アテネ・北京・ロンドン五輪 女子レスリング55kg級金メダリスト)の残した名言の一つで、私はとても気に入っています。 吉田沙保里さんは、「勝ち負けを意識した途端、プレッシャーがかかって本来の実力を発揮できなくなる。」との旨、この言葉の意味をおっしゃっています。 受験もそうだと思います。 とある塾では、「本番では前後左右の子に勝てたら [続きを読む]
  • 第二志望の中学校に行った子の話
  • 母です。 私は中学受験経験者です。そして、題名の、第二志望の中学校に行った子というのは、私のことです。 息子が、中学受験をしたいと言った時、ほとんど忘れかけていた、その頃の気持ちがフラッシュバックしました。 塾に通って一生懸命勉強したこと、先生が面白くて優しかったこと、父と母が優しくサポートしてくれたこと・・・ 中学受験をするのをやめたいと思ったことは一度もありませんでした。 ただ、第一志望校に [続きを読む]
  • 志望校選択と「2−6−2の法則」
  • 父です。 先日、PRE合判テスト用の志望校を、息子と入力しました。 志望校選択、色々と悩みますよね。 そこで思い出したのが、「2−6−2の法則」。組織論等でよく言われる法則です。 2−6−2の法則とは?A 上位2割実績・生産性が高く積極性に優れた優秀なグループB 中位6割上位にも下位にも属さない平均的なグループC 下位2割実績・生産性が低く積極的に行動しないグループ 平たく言えば、「優秀な人2割」「 [続きを読む]
  • 5年 カリテ(11/25)結果
  • 共通10:応用9 最近は国語の読解問題が全体の足を引っ張っていることが多いです。 これから問題も難しくなっていくだろうし、、、6年生に入る前までに、今までやってなかった「読解力・語彙力を鍛える」家庭学習をしておいた方が良いと感じました。 ということで、他のブロガーの方も薦めておられたふくしま式の「本当の国語力が驚くほど伸びる本」と同「問題集」早速、Amazonで注文しました〜!! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 5年 カリテ 11/25 自己採点結果
  • 父です。 昨日のカリテの自己採点結果は、 理科>社会>算数>4科≧9割>8割≧国語 でした。 国語の応用読解は息子には難しく感じたようで、時間が足りたにもかかわらず空欄が目に付きました。私も、一読してスッと頭に入りにくい文章という印象を持ちましたが、他の子の感想は聞いていないようです。 国語は、前回のカリテよりも難化。算数は、あまり変わらず。社会は、やや難化。理科は、やや易化したように感じます。 にほん [続きを読む]
  • 文房具のこと
  • 母です。 今日は塾用の文房具について書きたいと思います文房具、色々買って試して、やっと最近落ち着きました まずシャーペン。 これはその子によって好みが分かれますね。本体の太さや重さ、グリップの硬さなど、きっと皆こだわりがありますよね。 息子は、筆圧は普通 ? 芯は0.5のBを使用手が小さい方 ? グリップ細め早く滑らかに書きたい ? 軽いもの これらにこだわり、探しました。 上から① 三菱鉛筆 ユニ アルファゲル [続きを読む]
  • 中学受験算数の解法テクニック(基本的な思考パターン)中編
  • 昨日挙げた例題を使って思考パターンに従って実際に解いてみます。 ※例題:典型的な等差数列の問題1+2+3+・・・・+48+49+50=AA=(50+1)×(50÷2)=1275 →このように、サクッと解けるようになることが、一つの「コツ」になります。 1.分野の特定まず「数列」の中の「等差数列」の分野の問題であることを、だいたいの感覚で把握します。※「比」などは複数の分野にまたがることが多いですね。 [続きを読む]
  • 中学受験算数の解法テクニック(基本的な思考パターン)前編
  • 息子の中学受験に携わって以来、私も過去問を含めて様々な問題を見て実際に解いてみました。 その結果、私なりに分かったことは(よく言われていることかもしれませんが)、中学受験の算数は、四則演算などを除く中難度以上の問題のほとんどが「算数という名のパズル」だと思った方がいいということです。小学校で習う算数とは、およそ別物です。 ただ、その「パズル」の解き方には「共通する思考パターン」があり、それぞれの分野 [続きを読む]
  • 中学受験で人生は決まんない
  • 今年の夏休みの終わり頃「もうそろそろ志望校を決めた方がいいです」と塾の先生から言われたので、息子と妻と3人で話して決めました。 その時に、息子がボソッと「A中学もB中学もC中学も全部落ちたら人生おしまいだ・・・」とつぶやいたのです。 私は即座に、「全部落ちても公立中学校に行けるんだから大丈夫。」「落ちても全然いいんだよ。中学受験なんかで人生決まんないよ。」「そんなんで人生終わってたら、パパの人生はと [続きを読む]
  • 塾弁のこと
  • 母です。初投稿です?? 最近、塾弁の話題を目にすることが多いです??寒くなってきたから、温かいものを食べさせてあげたい??というのが親心ですよね。 塾に通い始めた頃、塾弁について検索するも、素晴らしいお弁当ばかりで焦りました?? 私も頑張らないと!栄養があって、息子が喜ぶものを作らないと!と、変にこだわり過ぎて、とても疲れていた時期がありました?? そこで出会ったのがこのスープジャーです。お使いの方 [続きを読む]
  • 5年灘トライアル(11/3)結果
  • 先日受けた灘トライアルの結果が出てました。国語 : 平均よりも若干上でⅠⅡ合わせて6割は超えました。算数 : ⅠⅡ合わせて7割程度でよく頑張ったと思います。理科 : 7割程度で一番順位は良かったです。総合 : 7割弱で上位1割の順位に入れました。A判定でしたが、5年の灘トライアルは配点も時間も本番とは異なるので、あまり当てにはならないかな、と思ってます。息子にとってはちょうどスランプ気味の時期だったし、塾の [続きを読む]
  • 5年 第3回思考力育成テスト(11/18)予想平均点
  • 今日、息子が受けてきた思考力育成テストの予想平均点を出してみることにしました。 私が問題の難易度を勝手に分析して、過去2回のデータや息子の感想などを基に独断と偏見で予想してますので、外れたらごめんなさい。 ●国語読解問題が前回、前々回よりも記述も少なく平易になっていると思います。語句も煩雑ですが極端に難しい問題はなく平均点はだいぶ上がると予想。第1回 105.6点第2回 108.1点 今回  116 [続きを読む]
  • 「受験」って全部自己責任 社会に出ると・・・
  • 私も社会人になって随分経ってるんですけど息子の中学受験に取り組んでる様子見ると 「受験」って他者の影響受けずに自分の実力だけで結果が決まる 当たり前のことなんですが・・・社会に出ると、取引先や上司や会社の風土なんかで自分の実力だけで結果が決まることなんてほとんどないな、と だから悩むんですよね、納得できないんですよね・・・それをクリアしていけると楽しいですけど 一方で「受験」の場合は全て自己責任だから [続きを読む]
  • 問題の解き方の工夫(算数)
  • 昨日に引き続いて、息子に教えている試験の際の算数の解き方の工夫です(随時息子の状況に合わせて改定してます)。 <算数>1.時間配分に予備の時間を設けて不測の事態に備える2.各問題の冒頭1分考えて捨て問だと思った問題を切る ※カリテや普段の公開模試はNG3.前半にはまず捨て問はないと見てよい4.確認しながら解く、複雑な筆算などはなるべくその場で検算5.問題文を正確に読んで重要点・求めるべき答えの箇所 [続きを読む]