ほたる さん プロフィール

  •  
ほたるさん: 2019年 親子3人4脚 中学受験(日能研)
ハンドル名ほたる さん
ブログタイトル2019年 親子3人4脚 中学受験(日能研)
ブログURLhttps://ameblo.jp/hotarun777/
サイト紹介文最難関校目指して日能研に通う現小6の男子。 受験までの1年強をブログに綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 159日(平均4.5回/週) - 参加 2017/11/16 12:31

ほたる さんのブログ記事

  • 6年 イクテ結果 4/22・書籍の紹介
  • 父です。 昨日の息子の育成テストの結果が出ました。 共通:10 応用:10 でした。 それとは別に、最近購入した田坂広志先生の 「東大生となった君へ」 は、実際の東大生だけでなく、難関校を目指している中学受験生の親御様にもお勧めの、素晴らしい内容となっています。 田坂先生自身の半生も振り返りながら、「如何に勉強以外の経験をしていくことが大事か」などが詳述してあります。 改めて何のために子どもに中学受験を [続きを読む]
  • この季節の早朝散歩
  • 父です。 中学受験とは全く関係ありませんが、 この季節の早朝(朝5時台)の散歩は、とても爽やかで快適で、好きです。 理科の地学的にいうと、春分を過ぎて夏至までの間、日の出の時間が5時台前半になって、まだ街が動き出す前。 しかも、気温も10度台と快適な、この季節。 新緑も美しい。 太陽が出ていて明るいのに、驚くほど人が少ない。 天気が快晴だったりすると、なおさら気持ちが良いです。 昼間の喧騒とは、かけ離れ [続きを読む]
  • 「受験算数は暗記科目である」という説
  • 父です。 『受験算数は、解法パターンを記憶する科目である』 これには、色々な考え方があると思いますので、以下は、あくまで私見であることをご了承ください。 私は、受験における算数・数学は、一定の理解度を超えた段階からは、解法パターンを暗記することによって、多様な問題に対応できる力を効率的に伸ばすことができる、という意味で、 「受験算数は暗記科目」 である、と考えています。 インスピレーションが必要とされ [続きを読む]
  • 6年 イクテ結果 4/15
  • 父です。 息子の、昨日の第6回育成テストの結果が出ました。 共通:10 応用:10 でした。 国語がダントツに悪く、あとの科目はよくできています。 このところ、好調子であった国語の読解問題が、案の定、調子が落ちかけていますので、その点、気を付けて、できるだけキープできるように努めさせます。 よろしければぽちっとお願いいたします。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去問早期購入のおススメ
  • 父です。 2019年受験組の皆様はご存知かと思いますが、最新の2019年受験用の過去問が続々と発売されています。 一番、評判が良いのは「声の教育社」の過去問らしいです。 早速、開成中のものはゲットしました。 確かに、解説が丁寧で、解答用紙も本番のものをそのまま使用していて、拡大コピーすれば使えるので、良いと思いました。 ただ、「声の教育社」の過去問は、関西の学校は、例年、灘中しか発行されておらず、且 [続きを読む]
  • PTAのこと
  • 母です。 新学期になり、息子の小学校最後の1年が始まりました。 仲良しの友達と同じクラスになれて、楽しい1年になりそうです?? 今週は懇談会があり、PTAの役員決めがあります。 私は昨年度、役員をやっていたので、今年度の役員決めの司会をする予定です。 息子の小学校のPTAは、役員の拘束時間や作業負担が比較的少なく、平日の会議にどうしても出られない人には、資料作成をお願いするなど、臨機応変な対応ができるので [続きを読む]
  • 6年 公開模試 4/8 結果など
  • 父です。 昨日の息子の6年3回目の公開模試の結果が出ました。 最近の息子の調子からすると、相対的にまずまずの結果でした。 偏差値としては、 4科>算数>社会>理科>国語 でした。 先日の春期講習テストの結果は、 共通:10 応用:10 で、こちらも息子の最近の調子からすると、まずまずでした。 公開模試は、国語も難化し、算数も後半に難問がそろってきて、6年生の模試らしくなってきたと思います。 標準偏差も約6 [続きを読む]
  • 息子にとっての中学受験の魅力
  • 父です。 前回は、「私にとっての中学受験の魅力」と父親サイドの視点で考えてみましたが、 今回は、(まだ、本番前ではありますが、)今の息子から見た中学受験の魅力を、息子の発言と私が客観的に見て取れるところを合わせて考えて、ピックアップしてみたいと思います。 1.小学校と違う塾というフィールドで仲間と切磋琢磨することによって、世界観が広がること 息子が通塾を始めてから、週に数回は塾の仲間と顔を合わせるの [続きを読む]
  • 私にとっての中学受験の魅力
  • 父です。 最近、人から、「今、のめり込んでいる趣味は何ですか?」と質問されると、つい 「息子の中学受験です!」 と答えたくなります(実際には、そう答えませんが)。 知り合いが、ご子息をどこどこの塾に入れた、と聞くと 「そこの塾は、これこれで、課題がどうのこうの」 とウンチクを垂れたくなってしまいます。 私は、生まれて初めてブログを書いてしまうくらい、今、中学受験にハマっています。 「私が中学受験にハマ [続きを読む]
  • 4月1日から6年生?
  • 父です。 4月1日の今日、朝一番で、息子に、 「6年生進級おめでとう!」 と軽い口調で言うと(おめでたくはないかもしれませんが)、 息子が、 「えっ、明日からでしょ?」 と目を丸くして言ってきたので、何でそう思ったか聞くと、 「4月1日の誕生日の子も同学年だから、2日から6年生になると思ってた。」 とのこと。 それもそうだね、と思い、何故、4月1日生まれの子がギリギリ前の学年で、2日生まれの子が次の学年 [続きを読む]
  • 新6年 イクテ後日試験結果など 3/25
  • 父です。 先日、息子の受けた第6回育成テストの後日試験結果は、共通、応用とも10でした。 先週末のM教室の灘中入試実戦テストも、結果が分かり、A判定でした。 最近、調子が良い時期に差し掛かっているので、モチベーションが高まってるうちに、過去問の古い年度のものを1年分、春期講習の中休みを使って、全科目、取り組ませました。 結果は、当然のごとく合格最低点には及びません。 どの教科も合格者平均点に及びません。 こ [続きを読む]
  • 子どもに勉強をさせるにはどうしたら良いか?(男子向け)
  • 父です。 実生活でも、様々な方から、このようなご質問をお受けします。 多分ですが、男子と女子とで、答えが違ってくるような気がしています。 私は、息子も含めて、男子にしか、勉強云々で接したことがないので、男子向けとの前提で、 『お子さんに勉強をさせたいと思ったら、単に「勉強しなさい」と言うべきではなくて、「勉強すること」の動機付けをキチンと落とし込むべきです。 要は、「勉強しないといけない」と思わせる [続きを読む]
  • 「受験までまだ10か月もある」という視点
  • 父です。 先月、「受験までまだ11か月もある」という視点を書いているうちに、私自身の心が落ち着いたので、今月も書きます。 私は、いつも、「自分は悟っている」ような事を書いていますが、 ホンネのところ、息子の受験に関して、不安やらマイナスの感情が沢山あります。 「受験までもう10か月。春休みだし、時間が経つのが早過ぎる。」 と思っている時もあります。 ただ、息子の前では、絶対にそのような不安を読み取ら [続きを読む]
  • 他塾模試 受験 3/24 25
  • 父です。 一昨日、昨日と、息子は、M教室の灘中入試実戦テストを受験しました。 先月に続き、二度目の他塾受験ですが、H学園とも雰囲気が違い、比較的塾生同士が和気あいあいと話す中、外部生として、違った意味で緊張感を持って受けられたようです。 自己採点結果は、難問揃いだった理科以外は、今の時点ではまずまず、といった印象です。 こういった、突然ある教科が難化することは本番でも十分あり得るので、動揺せずに、次の [続きを読む]
  • 記述力模試 結果 3/21
  • 父です。 息子の先日の記述力模試の結果が出ました。 前回の昨年9月の記述力模試よりは、だいぶ全体的に良くなりました。 特殊な模試なので、どう評価すべきか迷いますが、 国語は、やはり深い記述力を問う問題が出て、息子は案の定、平均点よりちょっと上の点に留まりました。 それ以外の科目は、良くできてます。 偏差値としては、 理科>算数>4科>70>社会>60>国語>50 となりました。 国語は、色々と得るとこ [続きを読む]
  • 大学入試の解答は公表すべきなのか?
  • 父です。 国立大 入試解答例 高まる「開示」求める声(毎日新聞 2月21日)https://mainichi.jp/articles/20180221/k00/00e/040/257000c 中学受験とは直接は関係ありませんが、最近、マスコミなども盛んに取り上げている話題ですので、私見を少し。 結論としては、入試の答えというものは、選択肢問題でない限りは、公表する必要性など全く無いと思います。 理由: ①まず、「いわゆる『試験の答え』は、一つとは限らない。 [続きを読む]
  • 新6年 イクテ 結果 3/18
  • 父です。 息子の、昨日の第4回育成テストの結果が出ました。 共通:10 応用:10 でした。 点数、順位とも、カリテ・イクテ通じて、過去最高となりました。 最近は、苦手だった国語で、「ふくしま式」で言う「言い換える力」「たどる力」を掴みかけていて、漸く点数のベースが上がってきました。 何をどう掴んだかは、聴き取ってメモに残して、キープできるように努めさせます。 慢心することなく、1つ1つの課題をコツコ [続きを読む]
  • 教材は少ない方がいい
  • 父です。 昨日の投稿とも関連しますが、新6年生になって、教材の量が多すぎると思いませんか? で、且つ、それぞれが分厚いのですが、だいたい内容が重複してませんか? これって、教材の数と分厚さを一見すると、 「塾は、すごい量の勉強をやらせてくれている。」 という感覚を抱いてしまいそうになります。 子ども自身も、「本科」やって、「栄冠」やって、「●●問題集」もやって、 と時間をかけていると、「勉強やってる [続きを読む]
  • 目的から手段(勉強方法)を考える
  • 父です。 普段の仕事でも気を付けているのですが、 「今、何を目指していて」・・・目的 「そのために、何をすればいいんだっけ?」・・・手段 ということを、適宜振り返りながら物事を進めていくこと、って大事だと思っています。 中学受験も全く同じで、「中学受験単体」で考えると、 「目的」は「志望校合格」なので、 「志望校合格」のために、必要最小限で効率的にできることはどんなことか? という「手段」を、常に振り返 [続きを読む]
  • 新6年 イクテ結果 3/11
  • 父です。 息子の、昨日の第3回育成テストの結果が出ました。 共通:10 応用:10 でした。 前回のイクテ同様、比較的ですが、全体として簡易な問題が多かったようです。 点数としても、国語を除いて9割を超えました。 順位は、二ケタ前半には入りました。 算数は、詰めの甘さで間違えたところがあったので、反省点を次の模試などに活かして欲しいです。 よろしければぽちっとお願いいたします。にほんブログ村にほんブロ [続きを読む]
  • 偏差値で一喜一憂するべきでないワケ Part Ⅱ
  • 父です。 「偏差値で一喜一憂するべきでないワケ」 で書いた続編です。 1.一般的な法則 ①平均点が低い場合は、高得点を取ったら偏差値は高くなりやすく、 平均点は高い場合は、高得点を取っても偏差値は低くなりやすいです。 ②正答率の低い難問が多い時には、受験者の点数の散らばり具合が狭いので、標準偏差が低くなり、高得点を取ったら偏差値は高くなりやすく、 正答率の低い難問が少ない場合には、受験者の点数の散らば [続きを読む]
  • 息子と英語
  • 母です。 息子が、幼稚園の頃から続けてきた公文の英語を、受験が終わるまで休会することにしました。幼少期からの英語教育に特に力を入れようと思っていたわけではないのですが、何となく始めてみたところ、息子にとても合っていました。公文の英語のおかげで、息子は、英語 = 楽しいと思えているようです。ただ、語学(特に会話力)というのは、楽しい、興味深い、もっと使ってみたい、という思いと、目的意識がないと、上達する [続きを読む]
  • 新6年 公開模試 結果 3/4
  • 父です。 一昨日の息子の新6年2回目の公開模試の結果が出ました。 最近の息子の調子からすると、相対的に良い結果でした。 偏差値としては、 4科>算数>国語>理科>社会 です。 前回の失敗原因である、「時間配分のミス」を無くすために、「残り時間を意識しながら最後までどん欲に解き切る」練習をしたことが、良い結果に繋がったと思います。 かなりプレッシャーが掛かった中、前回の自分へのリベンジを果たすことができ [続きを読む]
  • 他塾模試 合否結果 2/25 
  • 父です。 先日息子の受けたH学園の灘中オープン模擬入試の合否結果が出ました。 合格発表という形で結果が出るんですね。 校舎に行ったら、息子の番号がありました。 息子にとっては、初めての経験で結構緊張していたようです。 番号を探す、という作業。 何か、自分の受けてきた色んな受験のことがフラッシュバックしました、、、一瞬。 詳細結果は塾外生なので、後日郵送でもらえるとのことです。 初めての他塾模試で、誰も [続きを読む]
  • 新6年 育成テスト 2/25 後日試験結果
  • 父です。 息子の、第2回育成テストの後日試験結果が出ました。 共通:10 応用:10 でした。 応用の方が、あまり応用問題になっておらず、満点が続出するような試験は、演習力を鍛える、という観点からすると、あまり意味がありません。 受験生なので、もう少し難しい問題にして欲しいです。 よろしければぽちっとお願いいたします。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]