Aguri さん プロフィール

  •  
Aguriさん: 美容師アグりグアテマラの美
ハンドル名Aguri さん
ブログタイトル美容師アグりグアテマラの美
ブログURLhttps://ameblo.jp/ox38ox38/
サイト紹介文美容、美容師、海外、国際協力、ボランティア、グアテマラに興味のある方に。
自由文京都で18年美容師をしていて、その経験を活かしてグアテマラで美容技術の指導をすることになりました。スペイン語を勉強しながら日本での生活、グアテマラでの生活をご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 14日(平均12.0回/週) - 参加 2017/11/16 17:08

Aguri さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 出発まで30日
  • Cuando vivía en KTC, me levantaba a las 5. 訓練中は毎朝5時にシャキッと起きていましたが、京都に戻ったら全く起きれなくなりました。(これもマジック!?) 京都駅のポルタを歩いていたら幼い兄弟がお母さんから離れて、スペイン語で話しているのを聴いてやや感激。(おぉ〜、こんなちっちゃい子でも、ちゃんとスペイン語話してる〜!)初歩的な感激 [続きを読む]
  • 偶然のような必然
  • 資格の勉強をしていたときに同じクラスだったセニョーラとランチ会。アドバイスと情報をもらって任地でも資格の勉強を続けることを決意事務所の先生の紹介で夜から勉強会と懇親会。このタイミングで耳にする話や出逢う人、というのも偶然であって必然のような不思議な巡り合わせを感じている私もついにX- Menの仲間入り!?(興味が無いのに毎回飛行機に乗るたびに新シリーズがやっていて結局全シリーズ観てしまっている映画のうち [続きを読む]
  • 【24日目】
  • KTCでは一日3食美味しい食事を頂きます。1日のカロリーが約2,000kcal、タンパク質約80g摂取出来るように計算されています。毎日違うメニューで同じメニューが出てくることはないです最初は仏さんのごはんぐらいにしてセーブしてるつもりがなぜか体重は順調に増え、途中でそれがどんぶり茶碗であることに気づいたわけですが最近はもう開き直って朝なんかはパンとご飯両方食べて喜んでますここではもう何も気にせずに太っておくこ [続きを読む]
  • 【23日目】
  • 食堂でJV達が「駒ヶ根マジック(ゲレンデマジックの類義語)は存在するのか!?」というテーマについて議論していました。そういう話は近くで黙って聞く私。議論が白熱してきて「マジックはマジックではなく、真実ではないのかっ!?」途中から聞いたらコナンのような話になってきました。私はそのような煩悩滅してこの地にやってきました(つもり)。もうちょっと若かったら良かったな〜、と想うのはそんな時ぐらいです。 [続きを読む]
  • 【22日目】
  • No sé porqué.(スペイン語でなんか知らんけどな〜の意味。関西人が何気なく使うあまり意味のないことば)語学クラスで、たまたま私が淹れたカフェが美味しいと評判になり(たぶんブラジルのカフェだからだと思う)「自分以外の人に淹れてもらったからじゃないでしょうか?」と謙遜するも、先生から「分量を教えて!」と言われたり、同じクラスの方も私より先に入室した場合は「私、修行中だから」と遠慮しながらカフェを淹れて [続きを読む]
  • 【21日目】
  • SV(シニア)は派遣前訓練が修了すると任国派遣されるまでに期間が空いてしまうため、1ヶ月間さらに語学Webレッスンを自宅で受講することになっている。 本日は駒ヶ根にいる間にPCとヘッドセットを持参して自宅でもスムーズに出来るようネット操作方法の確認と模擬レッスン。 他の人が出来るのを待ってる間に(もうちょっとマシに映らんのかな〜)と自分の映像を見ながら内心思っていたら、次につなげた人が横から「なんか私の [続きを読む]
  • 【20日目】
  • 「世界の国からこんにちは」という新コーナーが先週の朝の集いから突如スタート。それぞれの学習言語で挨拶をする、というこの新コーナー。当然ながら毎朝あるのであっという間に一巡して、本日はタイ語が出来る候補者が皆の前でタイ語挨拶を披露(タイ語は二本松訓練所で学ぶことが出来る)男性と女性で言い方が違いますよ〜と丁寧な説明を全てタイ語でしていた彼もだんだんテンションが上がってきて、最終的にジャルジャルのコン [続きを読む]
  • 【18日目】
  • 2017年3次隊グアテマラメンバーと懇親会。このメンバーと共にグアテマラに向かい、2年間それぞれ活動して帰ってくる同期です。若い男の子や女の子達がキャッキャッ騒いでいる姿ってかわいいな〜っとオヤジ目線で想う。 [続きを読む]
  • 【19日目】
  • 語学クラスのCさんはめったに無駄話をしない。しかし時々予言めいたことを唐突に言い出すことがある。Cさん「ここに来てる人は皆、運気上がってきてんのよ。だからそういうときに人って結婚すんのよね〜。私も2回目の結婚は40過ぎてだったから」Cさん、いきなりの自己開示。私「良いですね〜。2回も結婚されて。私なんかまだ1回もしてません。。。」Cさん「やっぱり最初は見誤ることがあるから、失敗すんのよね〜」私「私はその [続きを読む]
  • 【17日目】
  • 救急法。仕事中に自分の指をちょっと切ったときに、絆創膏を貼るまでにどんどん血が出てきて、色んなものを巻きつけて(セロテープとかガムテープとか輪ゴムとか)最終指がマンガみたいに太くなって、結局巻きつけたものがスポッと抜けるということを繰り返してきたが、これからは教えてもらった方法で止血して、もうムダに絆創膏や他のものを使うことはなくなります。 [続きを読む]
  • 【16日目】
  • 休み時間に廊下を歩いていたら、掲示板を見ていた同じ班の女の子に「Aguriさん、今夜よさこいソーラン踊りに行きましょうよ!昨日締切だったんですけど、今から2人いけるか聞いてきますんで、いけたら名前書いときますね!」このような状況を私は玉突き事故と呼んでいる。訓練所には娯楽がなく(TV無し)、飲み会なら断っていたけどソーラン節ならダンス系だし日本文化も紹介出来るきっかけになるかもと、誰よりも早く練習場に到 [続きを読む]
  • 【15日目】
  • J I CA安全管理部(元警視庁)の方から教わる安全対策。私の父も警察官で小さい頃から安全対策はかなり厳しく家庭内で指導され、今でもその厳しさは変わらず生活中。(のわりに、私はテンション高めに育った) 海外での安全対策は日本のそれとは圧倒的に違うということで、テロや様々な犯罪行為の対策を実技とともに学ぶ。 さすがの私もちょっとテンション下がったけど(やっていけるのかという不安で)命が一番大事であるという当 [続きを読む]
  • 【14日目】
  • Quinta hora,la clase conjunta.(キンタオラ、ラ クラセ コンクンタ)5時間目は3クラス合同でペアで今まで習った文章を使って自己紹介をしてもらいますよ〜とM先生が言うので「それは婚活パーティーみたいな感じですよね?」と尋ねると「そうねぇ〜、私は行ったことないけどあれってすごく限られた時間で質問して相手を知るのよね?」と神妙に語るM先生。(そこをそんなに広げなくて大丈夫です)婚活パーティーではないけれど、婚活 [続きを読む]
  • 【13日目】
  • 今回美容師派遣は私1人の為、「任地で髪の毛どうしよう。。。」の相談は一番多い。本日の班ゼミでセルフカット、ドライシャンプー、ヘアアレンジ他セルフプロデュースの話もさせてもらうことに急遽実家から道具を発送、美容師でもないのに道具を把握している親からの丁寧過ぎる梱包に感謝して、無事終了こうしたほうが良かったという反省点はあるが、こういう機会を与えてもらえるのはありがたいなあ〜、勉強になるな〜と思う [続きを読む]
  • 【12日目】
  • Buenas tardes!朝イチ教室に元気よく入ったら皆キョトン。。。「Aguriさん、まだtardesではないですよ〜」とM先生がやんわり修正。 M先生はどんなときでも仕事を忘れず、うっかりぼんやりの間違いを聞き逃さない。こうしてちょっとした言い間違いをそのつどそのつど直してもらって、少しずつスペイン語が話せるようになります [続きを読む]
  • 【11日目】
  • ¡Vamos a descansar!(休憩しましょう!)日曜日は課業無し。日曜日があって本当に良かった。歩いて駒ヶ根市役所まで不在者投票に行き、そこからスーパーまで歩き、隣の伊那市にあるかんてんぱぱ推しのコーナーを発見して寒天フードを買い、ソースカツ丼と手打ち蕎麦を食べ、歩いて養命酒工場に行き工場見学せずにまた歩いて訓練所に戻ってきた。気づいたら5時間ほど歩いていた。 タクシーやバスに乗りたかったが、一台も見かけ [続きを読む]
  • 【7日目】
  • 【7日目】本日は語学以外に元NHKテレビ・ラジオ体操指導者の西川佳克氏によるラジオ体操第1、第2の直接ご指導。日本国民、誰もが知っているラジオ体操。2時間真面目にラジオ体操。アメリカからラジオ体操が日本に伝わって来年で90周年。私はこの日以来、さらに毎朝真剣にラジオ体操をし続けた。何事も極めると美しいKTC(駒ヶ根訓練所)では毎日様々なことを学ぶ。¡Excelente!(素晴らしい!) [続きを読む]
  • 【6日目】
  • 5時間の語学授業の後、火曜日は集団予防接種の日。私はB型肝炎①、狂犬病①、破傷風①、SV(シニアボランティア)は、訓練期間が短い為まさかの三本同時打ち。左腕2本、右腕1本。こんなに一気に打っても大丈夫なのですね。。。 そして、これは訓練所を出てから気づくことだが、インフルエンザの予防接種をしてもらおうと病院に行ってもワクチンが無い!という状況になり、毎週講堂に行って予防接種を受けていたことが当たり前で [続きを読む]
  • 【5日目】
  • 班ごとの担当スタッフによる個人面談。規則がそれなりに沢山ある訓練所生活ではあるが、とにかく周囲のサポートが手厚い?? そしてプラスになるフィードバックや自分のした行動に対してすごく立てて下さる価値を持たせてくれる、というのだろうか、自分が大切に扱われていることを感じる。 「おとなしい人だと思っていたので、自己紹介はビックリしました〜」と担当スタッフ。「あれを見て安心しました〜」そうなんです。訓 [続きを読む]
  • 【4日目】
  • シニアボランティア(40〜69歳)は、年齢的に姉さん、兄さん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれ、青年ボランティア(20〜39歳)に慕われます。 私は「チアの人」と呼ばれています。(自己紹介でチアをした為) 小道具や変装無し日本語で、となったときに自分を表現出来る何かがあって良かったと思う反面、のちに訓練が終わるまで私は「チアの人」若しくは「美容師さん」と呼ばれることになります。 [続きを読む]
  • 【3日目】
  • 訓練所から歩いてすぐのところに駒ケ岳S.Aがあることを知り、ここに行くのが唯一の楽しみになり、訓練中は週3で通っていました。夜になると、道中ビックリするぐらい真っ暗。先月行ったナミビアと同じぐらい暗い。だから星や夜景もすごくキレイ。最初は反射安全タスキと懐中電灯を持った危機管理能力の高い同じKTCの女の子達に助けてもらい、無事到着。思わぬところに思わぬ溝があるので気をつけねばならぬのです。 自転車乗 [続きを読む]
  • 【2日目】
  • 毎朝のランニングは4コースから選べる。いつもジムで5キロ走っているので、控えめに1.7キロにチャレンジ。スピードが速いのか、駒ヶ根の標高?なのか、ランニングマシンとの差を感じる。(当然か)語学クラス編成テストでは講師陣(ネイティヴ)の絶望した表情に添えられた日本語での「明日から頑張りましょうね!」が、心に突き刺さる。Perdón.(すいません) [続きを読む]
  • 【1日目】
  • 母に一つキャリーケースを持って京都から名古屋まで同伴してもらい、荷物と自分の厚みで新幹線の扉に、はさまった私を助けてくれたのが後に訓練所で一緒になるHさん自分から色んな話をして下さり、気を遣って下さった。名古屋から高速バスに乗り、駒ヶ根の訓練所到着。寒い。今思えばこの日が一番寒く感じられ、その後は平気になった。慣れってスゴい 2017年3次隊は老若男女147名が集合。6階までキャリーケースを運ぶ際に(もちろ [続きを読む]
  • 過去の記事 …