ペーター さん プロフィール

  •  
ペーターさん: 井戸掘り野球観戦記
ハンドル名ペーター さん
ブログタイトル井戸掘り野球観戦記
ブログURLhttp://osohou.blog29.fc2.com/
サイト紹介文読売ジャイアンツ・大学野球・社会人野球についての観戦記や考察録など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 337日(平均1.1回/週) - 参加 2017/11/17 00:54

ペーター さんのブログ記事

  • 2018年ドラフト会議 個人的注目選手10人
  • 普段このブログでドラフト会議ネタを扱うことは少ないですが、開催まで一週間を切ったので僕が個人的に注目している選手を10人挙げていきたいと思います。投手4名、内野手3名、外野手3名です。投手清水昇 右左 96年世代 帝京→國學院大スライダー、フォーク、カーブ、2シームを操るオーソドックスな右腕。今春最優秀防御率のタイトルを獲得した。先発なら常時140キロ〜145キロ前後だが、リリーフなら平均球速はアップ。左打者の [続きを読む]
  • 18/10/09 國學院大-亜細亜大 【東都大学野球秋季1部リーグ戦】
  • 國學院大 1-5 亜細亜大【4回表】二死から4番鎌仲がレフトへソロを放ち國學院先制。國學院1-0亜大【4回裏】一死2塁から4番頓宮がバックスクリーンへホームランを放ち亜大逆転。1-2【8回裏】二死1・2塁から4番頓宮がライトへホームランを放ち3点。1-5【國學院】清水7回2/3―森1回【亜大】中村稔7回―平内2回この試合はなんと言っても全得点を叩き出した頓宮裕真(4年・岡山理大附)に尽きます。まず見せ場をつくったのは1点ビハイン [続きを読む]
  • 18/10/09 東洋大-駒澤大 【東都大学野球秋季1部リーグ戦】
  • 東洋大 1-2x 駒澤大【1回裏】二死2・3塁から5番平野の打席で暴投があり1点。東洋大0-1駒澤大【6回表】一死3塁から3番竹原のニゴロフィルダースチョイスで同点。1-1【9回裏】二死から1番若林がサードへの内野安打で出塁し、2番緒方が左中間を破るヒットを放ち、若林が一気に生還し駒澤大がサヨナラ勝利。1-2x【東洋大】梅津7回2/3―甲斐野1回【駒澤大】辻本8回2/3―白銀1/3野球観戦によく行かれる方にとってありがちだと思うのです [続きを読む]
  • 18/10/03 専修大-青山学院大 【東都大学野球秋季2部リーグ戦】
  • 専修大 5-1 青山学院大専大000 130 100 =5 H7 E1000 000 100 =1 H3 E1青学大【4回表】一死満塁から7番福永の遊ゴロゲッツー崩れの間に1点。専大1-0青学大【5回表】一死1塁から2番大庭がレフトへ二塁打を放ち1点、3番池間の左中間への二塁打で1点、4番火ノ浦がライトへ二塁打を放ち1点。この回3点。4-0【7回表】二死満塁から7番福永が押し出し四球を選び1点。5-0【7回浦】無死満塁から6番西川尚の643ダブルプレーの間に [続きを読む]
  • 18/09/17 明治大-法政大 【東京六大学大学野球秋季リーグ戦】
  • 明治大 2-3x 法政大【1回表】二死1塁から4番越智が中安を放ち、中継がもたつく間に一気にホームイン。明大1-0法大【3回裏】二死2塁から2番小林の中安で同点。1-1【4回裏】二死2塁から7番福田がレフトへ二塁打を放ち1点。2-1【7回表】無死1、3塁から9番添田(代打)のニゴロの間に1点。2-2【9回裏】先頭の5番中村浩が左安、6番川口凌がライトへの二塁打を放ち無死2、3塁とすると、7番吉岡(代打)が左安を放ち1点。法大サヨナラ勝 [続きを読む]
  • 18/09/17 立教大-東京大 【東京六大学大学野球秋季リーグ戦】
  • 立教大 7-1 東京大【1回裏】一死3塁から3番辻居がセンターへヒットを放ち1点。立大0-1東大【3回表】一死三塁から3番飯迫がセンターへ犠飛を放ち立大同点。1-1【5回表】二死満塁から6番藤野の内野安打で1点。2-1【6回表】一死満塁から3番飯迫がセンターへ犠飛を放ち1点。3-1【7回表】一死1、3塁から8番笠井が右中間へスリーベースヒットを放ち2点。二死3塁から9番川端健のニゴロで1点。6-1【8回表】無死2塁から5番峯本がライトへヒ [続きを読む]
  • 18/09/08 法政大-早稲田大 【東京六大学大学野球秋季リーグ戦】
  • 法政大 5-1 早稲田大【1回表】二死1塁から4番中山がレフトへ2ランを放ち法大が2点先制。法大2-0早大【5回表】二死2、3塁から7番川口凌が右安を放ち2点。4-0【9回表】一死から4番中山がレフトへ本塁打を放ち1点。5-0【9回裏】無死から3番瀧澤がライトへ本塁打を放ち1点。5-1【法大】三浦9回【早大】小島5回―柴田2回1/3―早川2/3―今西1回つい先日、高橋監督の任期満了に伴い小宮山悟氏が指揮を執ることが報道された早大野球部。高 [続きを読む]
  • 18/09/08 東京大-慶應義塾大 【東京六大学大学野球秋季リーグ戦】
  • 東京大 4-6 慶應義塾大【1回表】二死1、2塁から5番丘がレフトへ3ランを放ち東大が3点先制。東大3-0慶大【2回裏】二死2、3塁から2番正木がライト線へヒットを放ち2点。3-2【3回表】一死3塁から7番嶋田がレフトへ安打を放ち1点。二死2塁から9番高橋亮の左安で1点。二死1塁から1番中村(途中出場)がセンター右へ2ランを放ち2点。この回4点。3-6【8回表】二死3塁から5番岡のレフトへの二塁打で1点。4-6【東大】小林大2回2/3―宮本3回 [続きを読む]
  • 18/09/05 立正大-東洋大 【東都大学野球秋季1部リーグ戦】
  • 立正大 2-3x 東洋大【3回裏】二死2塁から2番飯塚がレフトへツーベースヒットを放ち1点。立正大0-1東洋大【7回表】二死1塁から8番佐々木斗がレフトへホームランを放ち2点。2-1【8回裏】二死3塁から4番中川がレフトへツーベースヒットを放ち1点。2-2【9回裏】先頭の6番酒巻が右中間へ二塁打を放ち、7番小林直(代打)が犠打で送り一死3塁とする。8番津田はセンターへヒットを放ち1点。東洋大サヨナラ勝ち。【立正大】糸川6回―釘宮2 [続きを読む]
  • 18/09/05 中央大-駒澤大 【東都大学野球秋季1部リーグ戦】
  • 観戦予定だった試合が悪天候で立て続けに中止に。このカードも観戦予定でしたが台風で2日流れ、ようやく四国遠征以来の現地です。中央大 9-10 駒澤大【1回裏】無死2、3塁から3番菅野が右中間を破る3ベースヒットを放ち2点。4番岡田耕の中安でもう1点。駒大が初回3点先制。中大0-3駒大【2回裏】二死満塁から4番岡田耕が走者一掃の右二塁打を放ち3点。0-6【3回裏】一死満塁から1番若林が押し出し四球を選び1点。0-7【4回裏】無死1、3 [続きを読む]
  • 【第89回都市対抗野球大会】個人的ベストゲーム3選 (1/3)
  • 社会人野球の最高峰の大会に位置づけられる都市対抗野球大会は、大阪ガスの優勝で幕を下ろしました。期間中は6日ドームに缶詰になっていたのですが、そのすべての試合を書いても仕方ないので、3試合だけ“ベストゲーム”をピックアップしながら雑感を書きたいと思います。3日に分けてアップしていきます。7/14 Honda1-3JR四国狭山・鈴鹿・熊本と3チームが揃い踏みしたHondaでしたが、全チームが初戦で姿を消すというまさかの事態。 [続きを読む]
  • 18/06/29 四国IL選抜-千葉ロッテ二軍
  • 【四国IL スタメン】4瀬口 IS9谷田 IS7ペレス MP5加藤 OG3クリス OGD笠原 OG8高井 FD2三好 OG6妹尾 OG【千葉ロッテ スタメン】D和田4大木8伊志嶺7香月3李杜軒5安田2金澤6三家9肘井【1回裏】1番和田のレフトへ先頭打者ホームランでロッテが先制。一死から3番伊志嶺が四球、4番香月が左中間へホームランを放ち2点。四国IL0-3千葉ロッテ【2回表】先頭4番加藤が四球、5番クリスが左安、6番笠原が投併殺で二死3塁となり、7番 [続きを読む]
  • 18/06/21 中央大-日本大 【東都大学野球春季1部入替戦】
  • 中央大6-1日本大【1回表】一死から2番五十幡がレフトへ二塁打を放ち、3番内山のライトへのタイムリーで1点。中大1-0日大【2回表】6番大城幸が中安、7番古賀が犠打で一死2塁とすると、8番小野寺がライトへホームランを放ち2点。3-0【3回表】無死から3番内山が投内安、4番吉田叡がライトへ二塁打を放ち1・3塁とし、5番堀内は空三振、6番大城幸が中犠飛で1点、7番古賀がレフトへタイムリーを放ち1点。5-0【3回裏】二死から2番長沢が右 [続きを読む]
  • 18/05/19 BFL選抜-読売ジャイアンツ三軍
  • ♪ランド ランド ランド......京王よみうりランドという訳で(元ネタが分かり辛い!)、この日は土日に行われるBFL選抜対巨人三軍の試合を観にジャイ球へ。東京に居ながらにしてBFL、ベースボールファーストリーグの選手を観戦できる貴重な機会です。三軍についてはこれまでにも散々触れたのでさらっと書きますが、BFL側については正直なところ、野手が数人だけ気に留まったくらいの印象しか持てませんでした。兵庫BSが芦屋大や通 [続きを読む]
  • 若林晃弘、右打席で見るか? 左打席で見るか?
  • 2018年のプロ野球で快進撃の真っ最中なのが埼玉西武ライオンズ。中心選手には山川穂高、外崎修汰、多和田真三郎といった富士大学出身勢が目立ちます。西武のみならず、阪神の小野泰己など、球界全体で富士大学出身選手が注目を浴びています。その富士大で、2005年からコーチ・2009年から13年まで監督として指導していたのが、青木久典氏。青木氏は現在東京六大学の法政大で監督を努めているのですが、毎期低迷し優勝とは程遠い現状 [続きを読む]
  • 18/04/27 亜細亜大-立正大 【東都大学野球春季1部リーグ戦】
  • 【1回裏】二死から3番小郷がライトへホームランを放ち立正大が先制。亜大0-1立正大【3回裏】先頭の9番根本が中超え三塁打を放ち、一死3塁となってから2番神保がスクイズを決め1点。0-2【亜大】中村稔8回【立正大】渡部9回1試合目に続きロースコアの試合展開でした。東洋大―國學院大の試合と違って、亜大が2安打・立正大が3安打と正真正銘の(?)接戦で、両チームが喉から手が出るほど欲しい次の一本がなかなか出ず……。立正大に [続きを読む]
  • 18/04/27 東洋大-國學院大 【東都大学野球春季1部リーグ戦】
  • 【6回表】二死から5番佐藤がライトスタンドへ本塁打を放ち1点。東洋大1-0國學院大【國學院大】清水6回―横山3回【東洋大】上茶谷7回―甲斐野2回スコアだけを見ると接戦なのですが、11安打を放った打線と上茶谷―甲斐野のリレーを加味すると、東洋大が圧勝したかのような錯覚に陥りました。3、5、7回以外の6イニングで東洋大打線はヒットで出塁し何度も得点圏に走者を進めたのですが、國學院大先発の清水昇(4年・帝京)が立ちふさ [続きを読む]
  • 18/04/14 Honda-読売ジャイアンツ三軍
  • Honda 7-3 読売ジャイアンツ三軍【2回表】二死から8番北岡が四球、9番篠塚が死球で二死1、2塁とすると、1番木浪がレフトへ二塁打を放ち2点。2番辻野は左中間へ三塁打を放ち1点。Honda3-0三軍【3回表】先頭の5番鈴木が右安、6番松田は見三振もその打席で盗塁成功、7番遠藤は死球で打席中にWPがあり一死1、3塁から、8番北岡はレフトへ犠飛を放ち1点。4-0【5回裏】先頭の5番岸田が中安、6番笠井が右飛、7番広畑が右安、8番折下が死球 [続きを読む]