きむにい さん プロフィール

  •  
きむにいさん: アサマ2000 さいたま本部
ハンドル名きむにい さん
ブログタイトルアサマ2000 さいたま本部
ブログURLhttps://ameblo.jp/mizunomateteam/
サイト紹介文よろ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 25日(平均3.1回/週) - 参加 2017/11/17 02:59

きむにい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 20171210アサマ2000+1
  • そういえば温泉に行ったんです。綺麗で広くて安くて21時までいれるのです。なんと!ポイントカードが出来て居ました!今シーズンがんばると満杯になります。(^^)アサマ2000 の絵お昼の一番空いていると思われる時間。帰る準備を完了して一枚。帰り際、毎年全日本技術選に出場している選手から、滑り変えた?って聞かれ、ハイ!改造中なんですがまだまだで。・°°・(>_<)調子良さそうだよ!頑張って??変化に気づいて貰えて良 [続きを読む]
  • 20171210アサマ2000 4日目
  • 高峰高原ホテルを見ながら、カレーライスを作りました。クー!スプーンを忘れて割り箸で食べましたが食べにくい!キャプテンシートのエスティマ寝れない!ベンチシートが楽です。今日も富士山??サンラインで、赤のBM x5かな?バカみたいにあおっいたけど、つづら道で抜けないのわかっているからずーっと抜かさせなかった(^^)直線でスピード落としてやったら挨拶もせずに抜いて行ったけど、四駆にする為に落としただけだからまぁ [続きを読む]
  • 20171209アサマ20003日目
  • アサマまでの道FF+スタッドレスだとイヤーな感じの道でした。四駆にして登れば楽勝です。駐車場は6:30だとこんな感じで空いてます。マイナス10℃夕方には慣れました。レストラン販売機がダメ。使いにくい!スキー場には高度過ぎます!大渋滞です!今日は、エイリアン??からのご馳走(^^)板を安く交渉した御礼でした。ご馳走さまでした。夕方はだいぶ雪が飛んで氷が出て、SFだと歯が立ちません!100日乗ったらね!元チャンピオ [続きを読む]
  • 20171126丸沼高原2日目
  • 2日目さすがに日曜日、人が多い!。荒れていない斜面をロングしたかったけど、残念1時間でした。ショートに変えてショート??膝周りが思い!まだまだ、序ノ口上から下までやると最後の棚から下はダメダメになる??????レッスンも多く、アサマに負けない感じでした。お昼にあがると決めていた為!チケット消化!空いてる、でもラーメンが温い??熱ければ美味しいのに残念コンロにヤカン??順調だったのに、大宮で止まった [続きを読む]
  • 20171125丸沼高原1日目
  • こんな感じの道。滑る事はありませんでした。センターハウスの前。6時30分に開門します。土曜日。晴れ??って聞いていたけど?曇り??じゃん??♂?バイオレットでバイオレット、イエローしか空いてないけど!今年は膝を意識して!夕方には、膝のあたりが攣りそうでした。ゴールドも遠目には滑れそうだけど!晴れなーイ??!けら、食事券消化!イヤー空いてる!アサマに行ってるクラブの人は混雑してる〜????♂?って [続きを読む]
  • やっと週末
  • 散々いじり倒して、カント調整を行いましたが、右足が合わない。前からわかっている事で骨盤が歪んでいる!なかなか難しい事は、お互いにわかっていました。で、痛くもないブーツを削り内側にパットを貼り強制的に合わせる荒業を行いました。ワールドカップモデルである為、ガッツリ削っても大丈夫だよー。って言われましたが動くと嫌だから辞めて欲しい!と伝えました。ブースターはワールドカップモデルで黒、緑、レインボー考え [続きを読む]
  • ①狭山スキー場
  • 先日オールナイトに行って来ました。カラーズナイトとかいうイベントを行っていて、緑か黄色の身につける物があれば!4200円から2980円になりました!ストックでも板でもブーツでも大丈夫??気温が10℃を越えていた為シャバシャバしていましたが深夜早朝にはそれなりに締まり、動く障害物も居なくてロングもできました。今回は、足慣らしという位置付け!でしたが、洗濯板の様にウネリの入ったゲレンデでかなり、やっつけられまし [続きを読む]
  • 原点回帰
  • 3年振りにアサマ2000に戻ります。東信地区のスキー場って菅平、湯の丸、アサマ、軽井沢P、ちょっと離れて鹿沢なんかもありますが雪質は硬い斜面の整地が多く技術の引き出しは限られてしまう為、苗場、石打丸山、神立、丸沼などベタベタからパウダーまで滑りました。出稽古して、アサマのレベルって高すぎるんだってわかりました。まあ、真似したくないスキーヤーもいますが、技術選選手やクラウンホルダーばかり気持ちは強くなり [続きを読む]
  • 過去の記事 …