meri さん プロフィール

  •  
meriさん: 函館暗黒麺
ハンドル名meri さん
ブログタイトル函館暗黒麺
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/merimegu/
サイト紹介文函館、もしくは行った場所で食べた物を完全な主観でお伝え。もしくは趣味的なマニアックな映画もちらほら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 186日(平均2.6回/週) - 参加 2017/11/17 16:29

meri さんのブログ記事

  • マサラカリス
  • 無水カレーのお店、マサラカリスさんお久しぶりです。函館で私的には唯一無二の無水カレーを提供してくれるお店です。これで3回目かな。開店と同時に入店。メニューチェック。私は鉄板のカリスカレー、Lで爆辛をチョイス。先に言っておきます。ムスカ、武藤さん絶対現れます... [続きを読む]
  • 廣河ヌードルさん
  • 昭和にある廣河ヌードルさん、お久しぶりです!私的に鉄板の平日サービスセットにしようと思ったんですが、壁に貼ってあるこちらが気になり、注文。さてさてどうなるものか。ドキドキしながら待ちます。着丼です。ほお、なんとも形容し難いビジュアル。なんかたぬきそばみた... [続きを読む]
  • 北斗軒(念願成就篇)
  • 北斗市の北斗軒さん、初来店です。北斗市の住宅街に突然現れる広場と引退した寝台特急北斗星の車輌。その横です。すごいね。土曜のお昼に来店。外では待ちのお客が4組。天気が良く、暖かくなってきたこの頃だから待つのもそんなに苦じゃありません。メニューを見たり、北斗星... [続きを読む]
  • 念願の水嶋さん
  • 森町、国道沿いにある水嶋さん、念願の初来店です。何年前からやってましたっけね?仕事で何度もここを通る度に気になるのがこちらのお店。でも、ちょっと遠いよ!ご飯食べに行ってきまーすって行ける距離じゃない。これは、ご飯を食べるのに「覚悟」が必要な距離です。と、... [続きを読む]
  • 食べ歩きブログに物申す2
  • 最近、某ブログが、SNS絡みで一部お祭り騒ぎになっております。それを見て、ホントにネットってのは恐ろしいと再確認いたしました。いわゆる「ネット・リテラシー」ってやつをいつも心がけなくては、という事です。食べログレビュアー出身者として、前々から気を付け、そして... [続きを読む]
  • 狼煙(ぬるし)
  • 富岡にある狼煙さん、初来店です。雪もすっかり無くなり、ようやく春の気配の函館市内。依然、ランパス狂想曲が吹き荒れているので、ランパス不参加で、未来店の所にしましょうと考えたあげく、こちらに決定。不思議と足が向かなかったお店です。お昼時に来店。カウンターは... [続きを読む]
  • 鹿林でお蕎麦(はい、それまでヨ篇)
  • 札幌市南区簾舞なのかな?230号沿いにある鹿林さん、初来店です。交通情報館のお向かい。以前行った、山麓通り沿いのお店とはどういった関係なんだろ?店名のロゴはほぼ一緒だけど、中身が違いすぎるし。所用で日帰り札幌。帰りにこちらにお邪魔しました。前から混んでるとい... [続きを読む]
  • 五稜郭家さん(???篇)
  • 恒例のお久しぶりです。飲みの〆で本当は昇龍さんで地獄ラーメンを頂き、翌日己のア○ルをいじめぬいてやろうかと考えてましたが、まさかの休み。あまりといえばあまりの事に動揺し、外観写真を撮らないという失態。仕方ないので、オープン当初以来の五稜郭家さんへ。まず、... [続きを読む]
  • 三代目 鳥メロ
  • 五稜郭の鳥メロさん、初来店です。行啓通沿い、坐・和民の隣。札幌本社より函館の様子を偵察に来やがったから(笑)とりあえず行ってみっか、みたいな感じで突撃です。生ビール一杯199円(税別)という、ようやく函館にも大都市並みに価格競争を仕掛けるお店が。札幌では当たり前... [続きを読む]
  • ちゃっぷ林館(明日のために篇)
  • 森町にある、ちゃっぷ林館さんで一息です。こちらも結構古いですよね。たまーに行くんですが、これと言って何も特徴のないのが特徴の温泉です。お湯も無色透明。あえて言うなら大沼近辺のお湯によくあるつるつるしたお湯。ワールド温泉(まだあるのか?)とかグリーンピア大沼... [続きを読む]
  • 麺屋 虎一さん(お久し振りね篇)
  • 富岡、赤川通り沿いの虎一さん。オープン二日目以来一年ぶりです。一年前は看板すら無くて、大丈夫なのかと他人事ながら心配したもんですが、なんのなんの立派な人気店になりましたね。相変わらず嫌になるくらいの雪の中、赤川通りはなんとか二車線がキープされましたが、駐... [続きを読む]
  • にしき温泉(人間観察温泉篇)
  • 深堀町にあるにしき温泉さんです。もう、最近は市内の温泉、と言えばほぼこちらのみ。まあ、慣れたっていうのもあるんでしょうが、ここのお湯は地味にいいんです。無色透明で、やや温度は高めですが「永寿湯」さんで鍛えた(笑)私にしてみればちょうどよい熱さ。愛想のないオ... [続きを読む]