WSP さん プロフィール

  •  
WSPさん: Wine Select Partner
ハンドル名WSP さん
ブログタイトルWine Select Partner
ブログURLhttps://wine-sp.com/
サイト紹介文ワインを選んで、あなたの生活をより豊かに!ソムリエおすすめワインやワインコラムを配信しています。
自由文あなたのワイン選びのお手伝いをさせてください。おすすめワインの紹介や、ワインコラムの執筆を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 146日(平均2.0回/週) - 参加 2017/11/17 17:42

WSP さんのブログ記事

  • はじめまして
  • Wine Select Partnerを立ち上げさせていただきました! 皆様の生活がワインを通じて、より豊かになっていただければと思います。おすすめワインのご紹介はもちろん、役に立つちょっとしたワインコラムも執筆していこうと思います。またWine Select Partnerはワインにやお酒,飲食店に関する様々なお仕事をお受けいたします。ワイン会、飲食店のワインリスト監修、初心者向けの出張ワイン教室、カクテル開発などなど。お気軽にお申し [続きを読む]
  • 12月は繁忙期
  • 12月は飲食店にとって、大事な月です。上旬はそんなにですが、中旬以降はまさに繁忙期!!忘年会の予約などが増えます仲間内での飲み会などもこの時期は多いですよね??貸切などができるお店は、忘年会の会場に選んでいただくために、夏頃にはアプローチを始めますまさに一年の集大成です。まだオープンして日が浅い店だと、初の12月はやはり気が入ると思います好きなお店は応援したくなります皆さん12月は混んでいるお店が多いと [続きを読む]
  • ワインのお供に、豚肉のリエット
  • 豚肉のリエットとは、豚肉を煮込んでペースト状にしたものです。簡単なので、是非みなさん作ってみてください(`_´)ゞ軽めでキュッとしたタンニンのある赤ワインと相性がいいと思います。豚バラ肉 900g※写真はバラ肉ではありませんが、バラ肉が良いです。脂が必要なので。人参 3分の1本玉ねぎ 半分セロリ 半分白ワイン 適量塩胡椒 適量乾燥ハーブ 適量豚ばら肉に強めに塩胡椒、乾燥ハーブを全体に散らす。野菜は全て薄くスライス [続きを読む]
  • 最高のサービスマンは気付かれない?
  • 以前、最高のサービスマンは名前も聞かれないという記事を読んだことがあります。二流はお客様の印象に残り、名前を聞かれるサービスマン。一流は黒子に徹していて、印象に残らないので、名前を聞かれない。もちろん飲食店でサービスマンが目立つのは良くないと思いますが、名前を聞かれないのが一流といのは違うような気がします、、、お客様との間を考えたサービス、気づきの多さ、受け答えの感じの良さなどがあると、印象に残り [続きを読む]
  • シェリー酒
  • バーレパン今宵のお客様のエピソード4でもお書きしました、シェリー酒。女性が頼むと男性陣にはとても嬉しい意味が込められています。(意味を知っている日本人女性は少ないです、早とちりに注意!)シェリー酒とは何なのでしょうか?食前酒として有名なシェリー酒まずシェリー酒は酒精強化ワインと呼ばれるものです。酒精強化とはアルコールを強化するという事で、ワインにブランデーを添加してアルコール度数を高め、保存性を高め [続きを読む]
  • チェイサーをください
  • よくチェイサーをください、とおっしゃる方がいますチェイサー=水こう思ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか?チェイサーはチェイスが語源となっており、後に続く、後を追うものという意味です。なのでお水が欲しい時には「チェイサーでお水をください」が正しい言い方です(^_^;)チェイサーというのもかっこいいのかもしれませんが、性格の悪いバーテンダーから「チェイサーで何をお持ちしますか?」と言われる可能性があ [続きを読む]
  • 何年物のお酒
  • よくお酒は何年物という言い方がされる。これはワインの場合はヴィンテージの表記があるので、わかりやすいですが、ウイスキーなど蒸留酒の場合は作られたヴィンテージではなく、熟成年数のことを言います。例えば、バランタイン30年といいますと蒸留されてから30年樽で熟成されていた、ということです。この30年というのは、全てが30年の訳ではなく、色々な熟成年数のものを混ぜ合わせた中で1番熟成が短い年数です。なのでこのバ [続きを読む]
  • カクテル技術 シェイク
  • シャカシャカとカウンター内でシェイカーを振っている姿、それはやはりバーテンダーと言えば!の光景です。あれに憧れてバーテンダーを始める方も多くいるはずです。そのシェイクの意味は大きく分けて3つあります。①材料を混ぜ合わせるこれは想像しやすいと思います。シェイカーに入れて振るわけですから、混ざります。②冷やすシェイカーの中に氷を入れているので冷えます。よく振れば、ただ手で混ぜるよりもキンキンに冷えます [続きを読む]
  • ワインの酸味
  • よソムリエをしていると、よくお客様から「さっぱり辛口で酸味がないワインちょうだい」と言われることがあるんですが、、、それはとても難しいのです!!ワインにとって酸味というのは、味の骨格を作るものなので、酸味がないものはほぼありません。もちろん色々な要素によって酸味が目立たないものはありますが、酸味はとても大事な要素です。特にキリッと辛口で酸味が弱いもの、というのはなかなか見つかりません。酸が弱いと、 [続きを読む]
  • 白州蒸留所見学
  • 都内在住で、見学のしやすい蒸留所といえば山梨の白州だと思います。私は少し前に見学のツアーに参加させてもらいました。本当に自然の中にある蒸留所でとても気持ちいい場所でした。ガイドの方も親切に説明してくれ、発酵槽、蒸留器、熟成樽などを見させてもらいとても興味深かったのですが、1番楽しめたのは併設のバーです。白州蒸留所併設のバーでは、サントリーのラインナップがいろいろと飲めます。定番商品からレアなものま [続きを読む]
  • カクテルの技術 ステア
  • ステアはバースプーンで混ぜること、カクテルの技法的に言うと、ミキシンググラスに氷も材料を入れて、混ぜ合わせることです。ショートカクテルの場合、ステアかシェイクを使用します。カクテルブックによっては、同じカクテルでも違う技法の場合があります。ステアはシェイクと違い、やや地味な技法と感じるかもしれませんが、かなり難しい技術です。見た目の綺麗なステアを身につけることも練習が必要ですし、カクテルごとにステ [続きを読む]
  • ワインのデキャンタージュ
  • 以前ドラマでも放送され、人気のある漫画「神の雫」でとても魅力的に表現されていたデキャンタージュ。ワインをデキャンタに入れ移すこと、がデキャンタージュです。赤ワインで使用されることが多いですが、白ワインでも行う場合があります。そのデキャンタージュを行う場合、簡単に分けて3つの目的があります。それはオリを注がないように移し替える温度を上げる空気に触れさせて開かせる①オリを注がないように移し替える古酒の [続きを読む]
  • オールドウイスキーの魅力
  • 私はオールドウイスキーが好きです。オールドウイスキーとは、その名の通り、昔のウイスキー、すなわちボトリング、販売されたのが昔のものです。どこからオールドウイスキーと言うかというと、人それぞれ考えはあると思うのですが、一般的なのは特級表記以前のものを言うと思います。ウイスキーのボトルの方ラベルや、ラベルの中に「特級」という表記があると、1989年以前に販売されていたものだということがわかります。(ウイス [続きを読む]
  • カクテル技術 ビルド
  • まずバーテンダーが初めに練習するのがこのビルドというカクテルです。グラスに氷を入れ、材料を注いで、混ぜて終わりです。とてもシンプルな技法ですが、お酒や炭酸、氷の扱いや綺麗な所作を身につけるため練習します。バーテンダーはカウンター商売なので、常にお客様から見られていると意識して仕事をすることが大事です。見ている方が心配になるような所作で作られたカクテルは美味しく感じませんよね?堂々としたカクテルメイ [続きを読む]
  • 初めて美味しいと感じたお酒
  • 私はカルーアミルクです。あまりお酒に馴染みがなかった学生時代、先輩からのオススメで飲んだ時に、こんな美味しいお酒があるのか!と思いました。ピッチャーでカルーアミルクを一気とかしてました笑完全に学生のノリですが(^_^;)今はあまり飲まないタイプのお酒ですが、当時はとても美味しく感じました。今ですと、カルーアミルクの場合、出すグラスや出し方、シェイクをするかどうかなどを考えてしまいますが。カルーアミルクは [続きを読む]