鉄鍋 さん プロフィール

  •  
鉄鍋さん: とりあえず、貧乏
ハンドル名鉄鍋 さん
ブログタイトルとりあえず、貧乏
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fetplat/
サイト紹介文50代半ば独身・子供三人猫一匹。借金まみれのパート事務員。貧乏暮らしと借金返済
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 64日(平均3.4回/週) - 参加 2017/11/17 18:14

鉄鍋 さんのブログ記事

  • 何もない一日
  • 仕事は休みだけど、予定は何もない。靴下ばかり編むのには飽きたから、書店で立ち読みして記憶してきた編み図を書いてみる。鎖編み271目 長編み一目と鎖編み一目を繰り返して6段編む7段目からは鎖編み3目と細編み一目  何段目かで鎖編みは5目になって、さらに6目に増えるはずだったけれど・・・忘れた。7段目まで編む間にまた書店に行くだろうから、また覚えて来よう。その頃までには、毛糸も買えるに違いない。お昼は [続きを読む]
  • 靴下
  • 娘たちのものに続けて、息子の靴下を編んだ。サイズ約29センチ。自分の足が二つくらい入りそう。セリアの100円毛糸ですが、じゃぶじゃぶ洗えて温かい。来週また寒波が到来しそうなので、完成してよかったです。手芸は案外、無心になれない。編む間も支払いのことばかり考えている。今日は銀行から、支払い催促の電話が来た。お財布には32円。さて、どうしたものかな。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 皮算用
  • ポイントが貯まるたびに、買ってみる。せいぜい2〜3口だけれど。息子は退職を引き延ばした。俺が仕事辞めたら、お母さんは夜中仕事に行きかねない、と。宝くじでも当たれば、息子は明日にでも、日に日に苛めが陰湿になる職場を離れられるのにと思う。当たるはずもないけれど、託してみる。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 青、また青
  • 息子が、仕事を辞めると決めた。ストレス性の下痢と風邪からの嘔吐で、3日休んで出勤して帰宅して、辞めたい、と告げてきた。彼は技術屋だが、機械油による接触性皮膚炎で、腕の皮は剥けて酷くただれ、重いものを持つために腰痛にもなっていた。父親譲りで胃腸が悪く、一族でたった一人の男子ということで甘々に育った。学習障害があり、中学までは支援学級と普通学級を行き来したが、友だちは多く、高校では成績も良かった。よく [続きを読む]
  • 繕えない
  • ほつれた裾を繕う。セーターの、肩を脇を袖を繕う。子どもたちが小さい頃は、ワンピースもスカートも手作りしていた。私は専業主婦で、子どもたちには悩みなどなく、幸せだった。昨夜娘に殴られた。施設から家に戻って以来、太ったと、死にたいと。ことあるごとに死にたいを繰り返してきた。前の夜も、その前も。ずっと。時間をかけて丁寧に話をして、なんとか気を収めて来たけれど。私だって神様でも聖人でもないので、限界はある [続きを読む]
  • 楕円軌道が長すぎる
  • 昨年の11月に、アルバイトをした。毎年同じ時期に頼まれる一週間ほどの内職だが、この報酬が今日、振り込まれる。にまんえん。うれしい。遅れに遅れている車のローンをやっと払える、と思っていた。思っていたが、やはりここにも落とし穴があった。長女は社用車で出張に行っているのだが、あいにくの悪天候で、明日明後日は鹿児島でも降雪の予報が出ている。出張旅費を預かって出かけているものの、高速が通行止めになれば、滞在 [続きを読む]
  • リサイクルショップ巡り
  • 祝日で、珍しくみんな揃っていたので、リサイクルショップ巡り。デパート巡りでも温泉巡りでもない。実に遺憾である(´・ω・`)炊飯器を探していた。実家へ帰ったとき、一人暮らしの母は、いまだに10合炊き!の炊飯器を使っていた。旧式もいいところで危ないし、電気代ももったいない。処分する棄てるには敏感に拒絶反応を示すので、うちのと交換しよう、と持ちかけて実家のものを持ち帰り、10合炊きを闇に葬ろうと目論んだのだ。さ [続きを読む]
  • 整える
  • 今日が仕事始めです。山と積まれた書類に頭を抱えています。これ、どーすんだ。とにかく、一つずつ片付けます。本社の経理さん(勤続30年の御局様)から電話が入った。どえらい勢いで(いつもだけど)年末調整のことで聞きたいことがある!と。また聞きはいけないから、直接税理士さんから電話が行くからね!と。今年も年明けからお元気でよろしおますな┐(´д`)┌かかってきた電話の内容は、年末調整の扶養欄に書いた次女についてだ [続きを読む]
  • 一分の矜持
  • 息子の同級生のお母さんに、寄生虫のような人がいた。少し親しくなると、車を持っている人をタクシー代わりに利用した。スーパーで出くわすと、かごの中身を羨んで欲しがった。うちは貧乏だからが口癖で、誰かの家に遊びに行っては、あれこれとものをねだる。でも彼女の家の壁の四方にめぐらされた棚は、箱に入った鍋やタオルや食器セット、ありとあらゆる「うちにはない」と彼女自身が言うもので埋め尽くされていた。その頃はまだ [続きを読む]
  • 歪んだ月
  • 正月二日目、実家へ帰った。実家のある町に近づくと決まって具合が悪くなることから、息子からは「無理して行かなくていいよ」とは言われていたが、長女からは「お婆ちゃんが寂しがるよ」と圧をかけられるし、私が行かないと次女も行かないし、彼女は行けない自分自身をダメな奴だと責めるので、小さな菓子折りを用意して向かった。母は昼飯を用意して待っていてくれた。子供たちは家へ上がるといつものように真っ先に父の仏壇に線 [続きを読む]
  • 1403
  • 1403。これが、昨年から繰り越したお財布の中身。クリスマスの頃入ったお給料は、その日のうちに全額が支払いに消え、暮れは次女の障がい者年金を崩し、本やゲームソフトを売り払ってようやく越した。初詣に出かけ、十円玉一個でお願いをして、今年数えの厄年を迎える息子に身代わり守りを買い求め、寒さしのぎにコンビニでコーヒーを買うと、1403は限りなく0になった。神様。多くは望まないから、今年一年もまた、健康に暮らせま [続きを読む]
  • 一年の計
  • 今年の秋から、さそり座は12年に一度の大幸運期に入ったらしい。しかも、クリスマスはかつてない幸せに巡り合えるらしい。・・・嘘ばっか。「まぁ、統計だからね」とクールな娘だが、君が書店で雑誌の占い特集に見入っていたのを母は知っているよ( ̄ー ̄)今年のはじめに、カードサイズの手帳を買った。元旦から大みそかまで通し番号を書き入れて、その日の数字に応じて貯金をするという、カレンダー貯金だ。一年続ければ、66795 [続きを読む]
  • 絶対格差
  • 12月も早くも半分以上が過ぎてしまいました。期待していたボーナスは・・・出ない。今日か今日かと待っているけれど、出ない。事務所に一日交代で勤務している同僚に聞いてみたい。彼女は先輩なので出たかも知れない。私は大した仕事もしていないので、出なくて当然だと思えば済む。だいたい、もらえて当たり前というのが甘いのだ。寒空以上に寒い財布を持って、街に出かけた。現実とは違う場所にも行ってみたくてデパートに入っ [続きを読む]
  • ありがとう
  • 息子からの、「今から帰るよー」というLINEに「茄子をもらった」とあったので、おっ、今夜はマーボー茄子を作ろう!と思っていた。帰宅した彼に「茄子は?」と聞いた瞬間、ニヤリと笑った。茄子はナスでも、棒のついたほうだった。国家公務員と同じ日にボーナスを支給するなんて、どうした社長、頭大丈夫か(* ´艸`)息子の勤める会社は家族経営の小規模なものだ。毎月のお給料はいまだに手渡し。制服制靴は定期的に支給される。お [続きを読む]
  • 優先順位
  • 給料日から十日ほど過ぎたところで、いつものように交わされる会話。「誰か百円玉二枚くらい恵んで」「バス代助けてくれない?160円ほど」そのたびにそれぞれが財布を取り出して、一枚出しては母のため、一枚出しては姉のため。・・・そういうレベルの生活です。昨日から痛む喉も、病院どころか市販薬など買えないので、ひたすらうがいをする。がらがらがら。肩も凝るので、レンジでチンする湯たんぽを温める。でも近頃レンジが [続きを読む]
  • イガイガ
  • 北風が本気出し始めると、決まって喉が痛みだす。事務机に加湿器を置いても、枕元に加湿器を置いても、良くならない。マスクは嫌い、とか言ってる場合ではない。離婚した年の冬。母の喉にポリープが出来て手術した。入院中に、珍しく父から電話が来て、何かあったのか、悪性と分かったのかと思えば、「お前の離婚のせいだ」と愚痴愚痴こぼされた。はぁ? 心配ばかりかけやがって。 お前のせいで母さんは溜まったストレスが [続きを読む]
  • 毎月が崖っぷち
  • 25日が給料日。そして三日・・・残金は限りなくゼロでございます。まぁ、毎月の同じことなんですが。原因としては、①体調不良で欠勤の多かった長女の収入が少なく、代わりで各支払いを行ったこと②二か月分さぼっていた過年度分の国保料をまとめて支払いしたこと③次女の施設退所に伴い、月末までに利用料を清算する必要があったこと④次女のインフルエンザ予防接種料支払い⑤先月のカード払いがちょっと多かったこと・・・です [続きを読む]
  • 突撃!隣の給与明細/11月
  • 貧乏を冠にしているあなたは、で、どれだけお困りなの?・・・というわけで、給料明細なくしては語れないこの事実をお見せしましょう。てってれー♪就職して一年半。社保・年金・雇用保険加入。交通費全額支給。だいたい毎月このラインです。年に二回のボーナスと年に一回の決算手当をいただいてます。ボーナスは月収一か月分くらい。正社員にも支給されないというこのご時世に、ありがたいことです。でも貯金なんてできやしません [続きを読む]
  • 今の仕事に至るまで(2)
  • 実家の母が商売をしていたので、小さいころから店番をさせられました。家業は衣料品だったので、大人相手に「似合う」とか「別の色が」とか勧めることも必要です。ネギ・大根を売るほうがずっと楽です。お客さんだって、小学生からものを売られて信頼できるでしょうか。よく、タクシーの運転手さんがお客さんを案内して来店することがありました。母はそのたびにたばこ代を包んで運転手さんに渡していましたが、子供にそんな世渡り [続きを読む]
  • 今の仕事に至るまで(1)
  • 半世紀も生きてくれば、そりゃもういろいろな経験をしておりますが、仕事もいろいろやってきました。短大卒業後は関西で金融機関。二年半で帰省した後は、市役所の臨職。歯科医院の受付。結婚妊娠で退職後はずーっと専業主婦で、合間に内職でテープ起こしをしたり、ワープロ(当時は最先端)教室の事務したり、長男が幼稚園に上がるころに買ったパソコンでホームページ作成とデザインの仕事(結構儲けた)公営住宅現場事務所の事務 [続きを読む]
  • 副業、早くもとん挫か
  • 先日、派遣会社に登録したと書きました。翌日の勤務は昼過ぎまでだったのですが、同僚の彼女(40代前半)から聞かされました。「やっぱり手術することになりました」・・・彼女が以前から甲状腺を患っているのは知っていましたが、まさかこのタイミングで(゚ロ゚;)エェッ!?でも身体第一ですから、仕方ありません。二日おきに交代で勤務していることから、彼女が入院・手術・静養となれば、その期間がどれくらいの長さになるかはわかりま [続きを読む]
  • 髪を切りました
  • お給料日まで数日あるけれど、運転免許の更新も近いので、髪を切って染めました。伸ばしっぱなしの髪は、そりゃもうどこの山姥かというくらいの惨状でした。白髪かくしなんかじゃ、とても間に合いません。でも、もうそろそろ染めるのをやめて、美しい銀髪をめざしたいんです。でも、担当さんにいうと、「まだまだイケるんですから、もったいないです」お許しが出ませんでした。でも、長らく自己流で染め続けていたせいで明るい色を [続きを読む]