生活保護 さん プロフィール

  •  
生活保護さん: うつ病生活保護受給者のミニマルライフ
ハンドル名生活保護 さん
ブログタイトルうつ病生活保護受給者のミニマルライフ
ブログURLhttp://seikatsuhogo.hatenablog.com/
サイト紹介文30代男。うつ病で生活保護受給中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 183日(平均5.7回/週) - 参加 2017/11/18 06:24

生活保護 さんのブログ記事

  • グフカスタムを強奪しようとして鶴見辰吾に阻まれた夢の話
  • 起きました。ガンダムの世界観の夢見てました。— うつ病生活保護受給者のミニマルライフ (@welfare_minimal) 2018年5月13日敵基地に潜入して技術者を脅したりしてセキュリティをクリアして、敵パイロットよりも早くお目当てのモビルスーツに搭乗して離脱するというミッションでした。お目当てのモビルスーツはグフカスタムかイフリートでした。私はなぜかグフカスタムを選んでました。— うつ病生活保護受給者のミニ [続きを読む]
  • 楽天から煙草の試供品を二つもらいました
  • 楽天から煙草の試供品を二つもらいました。一つは豪勢な箱に入って灰皿つきで、もう一つは五月二十日までローソンで引き換え可能な無料引換券で。別便で送られてきました。貰える銘柄はラッキーストライクの中からニコチン量が違う三種類の中から一つです。煙草代を節約するために煙管で吸ってるので、紙巻き煙草は煙管用煙草を切らしたときくらいしか吸わないんですけど、これでしばらくは夜中のコンビニに三級品の煙草を買い [続きを読む]
  • ムーギーキムさんの「最強の働き方」を読みました
  • ムーギーキムさんの「最強の働き方」を読みました。引用レビューします。メールの書き方仕事ができる人のメールの特徴で真っ先に思い浮かぶのが、なんといっても返事が早いことである。実はこの本を東洋経済で担当してくれている敏腕編集者の中里有吾氏もそうなのだが、メールを打てば卓球のピンポン球なみに瞬時に返ってくる。仮に忙しくて即答できない場合でも、「メールありがとうございます。いまXXの理由ですぐには見ることが [続きを読む]
  • 無気力なので日本の人口減少と世界情勢を考えてみる
  • なにもする気が起きないので、気分転換にブログ更新してみます。かといって一から書く気力もないので、Twitterで呟いた今の気分をまとめるだけですが。話は聞かせてもらった。日本は滅亡する!日本人は「人口減少」の深刻さをわかってない 経済だけでなく社会全体の士気も弱っていく | 国内経済 - 東洋経済オンライン https://t.co/TBYA9q3oCa @Toyokeizaiから— うつ病生活保護受給者のミニマルライフ (@welfare_minimal) 2018 [続きを読む]
  • 仲暁子さんの「ミレニアル起業家の新モノづくり論」を読みました
  • 仲暁子さんの「ミレニアル起業家の新モノづくり論」を読みました。引用レビューします。誰も日本なんて見ていない誰も日本のことなんて気にしてないし、海外の人が口にするのは「どうして日本は起業家が少ないのか」とかそういう話ばかりだ。また目眩がする(笑)。自分ではそんな風に思っても見なかったが、確かにGDP比で見ると日本は世界トップ5には入るGDPの規模を持っているにも関わらず、スタートアップの調達額は相対的に少な [続きを読む]
  • 香山リカさんの「執着 生きづらさの正体」を読みました
  • 香山リカさんの「執着 生きづらさの正体」を読みました。引用レビューします。親の家を片付ける仏教では元々「事物へのとらわれ」を「執着」と呼んだ。そこから派生して、名誉や人間関係など目に見えないものへのとらわれやしがみつきもまた「執着」ととらえるようになっていくわけだが、この章で述べる「ものが捨てられず、溜め込んでしまう」というのは、ある意味でオリジナルの「執着」に近いのかもしれない。そして、大量生産 [続きを読む]
  • 古谷経衝さんの「意識高い系の研究」を読みました
  • 古谷経衝さんの「意識高い系の研究」を読みました。引用レビューします。「意識高い系」の定義まず、本書で展開されるリア充の定義は次の通りである。土地に土着している(先住民=ジモティ)その土地は両親など(上級の親族)から相続したもの(同居含む)である「スクールカースト」においては、第一階級に所属していた(支配階級)右記を踏まえて、他者へのアピールの必要性を有しない(自明性、閉鎖性)よって自己評価はおお [続きを読む]
  • 本田健さんの「お金と自由を手に入れる!経済自由人という生き方」を読みました
  • 本田健さんの「お金と自由を手に入れる!経済自由人という生き方」を読みました。引用レビューします。新しいことを学ぶ姿勢自由人は失敗を恐れません。何回失敗してもいいと思っているからです。不自由人が三回でアウトだと信じているのとは正反対ですね。自由人はたくさん失敗をしているうちに、正解にたどり着けることを感覚的に知っているので、どんどんトライしていきます。一回失敗をするごとに、正解に近づいているわけで、 [続きを読む]
  • 岡田斗司夫さんの「僕たちは就職しなてもいいのかもしれない 」を読みました
  • 岡田斗司夫さんの「僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない」を読みました。引用レビューします。「就職がしんどい」なんて異常である日本にいる全大学生の一割くらいが就職できない、あるいは就職しづらいとか、子供はなかなか独立しないとか、その程度の割合ならば、それは教育のミスかもよ、とか、文部科学省のゆとり教育は間違っていたのかもよ、とか言えるかもしれない。つまり「製造している部品の10%に不具合がある」と [続きを読む]
  • 本田健さんの「やたらとお金が貯まる人の習慣」を読みました
  • 本田健さんの「やたらとお金が貯まる人の習慣」を読みました。引用レビューします。プロローグこの本は、あなたを「お金の心配」から自由にするために書きました。毎月の預金の残高を見るたびに、「このままで、将来、大丈夫かな?」「もっと節約しないとダメかなあ……」とため息をつく。そんな毎日から、お金の心配のない、幸せな毎日へとシフトする考え方、習慣をお伝えしていきます。「お金が貯まる人になる」とは、お金のス [続きを読む]
  • 福田晃一さんの「買う理由は雰囲気が9割」を読みました
  • 福田晃一さんの「買う理由は雰囲気が9割」を読みました。引用レビューしていきます。はじめにこんな情景を目にしたことはないでしょうか。常連でもないのに、入店するなりメニューを見ることもなく注文を始める人たち。彼らはあらかじめsnsで情報をチェックし、決めてきたメニューを注文すること自体を目的として店に来ています。「お店のオススメ」「お店の言う人気メニュー」に目を向けることすらなく、見ず知らずの人の写真やコ [続きを読む]
  • 本田健さんの「あなたの才能をお金にかえる49の言葉」を読みました。
  • 久しぶりの読書だったので眠気との戦いでした。引用レビューしていきます。チャンスの前髪をつかむたとえば、心から尊敬している人の誘いは、断らないようにすることです。メンターに「明日の夜空いてる?」と言われて、「何があるんですか?」と聞き返しているようでは、チャンスはつかめません。そんなことを言っていたら、次の人に電話がいってしまいます。何があるかわからないけれど、とにかく、「行きます!」と言ってしま [続きを読む]
  • うつ病生活保護受給者の公共料金
  • 今のアパートに引っ越して以来二年弱、下駄箱の上に放置して溜め込んでいた電気、ガス、水道代の領収書をハサミを入れてまとめて処分しました。だいたいですが電気代:3000円(夏は4500〜5000円)ガス代:3000円〜4000円水道代:1500円(二ヶ月で)こんな感じですね。電気代は夏はエアコンを使うので高くなりますが、いつもはだいたい3000円くらい。先月は2000円でした。早い時間に寝るようにしてパソコンをほぼ使わなかった [続きを読む]
  • 生活保護受給後の自立支援医療制度の申請をしてきました
  • 前のケースワーカーから言われていたんですよね。「自立支援医療に該当するか聞いてこい」と。医者「できます。細かいことは役所がやると思います。」ちょうどその頃ケースワーカーの交代があった時期で、私は新しい方のケースワーカーに報告しようとしたんですけど、外に出てたので伝言を頼んだんです。「自立支援医療を受けられるか聞いてくるように言われましたが、受けられるみたいです」と。家に帰ってから自立支援医療 [続きを読む]
  • アイリスオーヤマのハンガーラックと木製ハンガーを買いました
  • アイリスオーヤマのハンガーラック(ダブル)と木製ハンガー40本を買いました。押し入れ以外の収納は幅50cmくらいのクローゼットしかなかったんですよ。そこはスーツとコートを掛けたらもういっぱいで、そこに掛けきれないジャケットやコートはヘリとかカーテンレールに掛けてたんです。なので、何処に何があるかわかりやすいハンガーラックを購入しました。説明書きに載ってるどれがどのパーツかわかりづらくてちょっと [続きを読む]
  • 有馬頼底さんの「禅 壁を破る智慧」を読みました
  • 有馬頼底さんの「禅 壁を破る智慧」を読みました。引用レビューします。はじめに 逆境を乗り越えていく上でもっとも重要なことは、「囚われない」ということである。禅は、自分すらにも囚われない、すなわち、自分を捨てることを徹底して実践する。 逆境においても同様、自分を捨てるということが最終的には求められる。思い切って捨てることで、新しい自分がそこから生まれてくるのである。 だが、自分を含めて様々なものに [続きを読む]
  • 井上暉堂さんの「生きるのがラクになる忘れ方の秘訣」を読みました
  • 井上暉堂さんの「生きるのがラクになる忘れ方の秘訣」を読みました。引用レビューします。はじめに うつ病は、「真面目で仕事熱心」「完璧主義で几帳面」な人がかかりやすいと言われています。「真面目で仕事熱心」「完璧主義で几帳面」な人は、かつては立派な人として評価されていました。ところが、最近ではその評価が変わってきているようです。 うつ病の人が毎年増えているということは、日本人には「真面目で完璧主義」の人 [続きを読む]