toneket さん プロフィール

  •  
toneketさん: 肺がんステージ4からのアウェイクニング(気づき)
ハンドル名toneket さん
ブログタイトル肺がんステージ4からのアウェイクニング(気づき)
ブログURLhttps://ameblo.jp/toneket/
サイト紹介文突然の肺がんステージ4宣告から全身に転移。 様々な経験・体験で気づいたこと、考えたこと。
自由文2016年9月1日に肺がんステージ4の宣告を受けました。通常医療をせず、代替療法で治療するも癌が増大、脳、リンパ、両肺、肝臓、腎臓(左右)、脾臓、全身の骨へと転移する。
脳腫瘍にて緊急入院し、放射線治療後、分子標的薬「アレセンサ」が適合することがわかり、現在治療中。その間、気づいたことや感じたことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 334日(平均3.6回/週) - 参加 2017/11/18 18:18

toneket さんのブログ記事

  • 面白かった!!!!
  • もし、自分の人生が今日で終わりだったら、 自分の人生を振り返ってみて、どう感じるだろうか? 僕は、心の底から、 こう言える自分を見つけた。 あ〜、面白かった!!! いろんなことがあった。 いろんな経験をした。 商社マンの時は、20億越えの仕事もしたし 上司に逆らって飛ばされたり、 商社を辞めてカルチャースクールの立ち上げもやったし 自営業者もやったし トラックの運ちゃんのときは、キティちゃんのおまん [続きを読む]
  • 在り難い
  • 朝、まどろんだ意識の中でふと、思った。 ああ、ほんとだったら、1年前くらいに死んでたんだな…。 そう考えたら、いま、生きてることって、ありがたいな〜。 もし僕がALKじゃなかったら あるいは 意地を張って東大病院に行かなければ あるいは 最初の大学病院の言うことを信じ 分子標的薬をあきらめて、免疫療法の治験を受けていたなら たぶん、僕はここにいなかっただろう。 在り難い そう、 僕が生きてここにいるという [続きを読む]
  • 癌宣告を受けて、最初に読んだ本
  • 僕が癌の宣告を受けて、最初に読んだ本がこの本。 僕はとにかく、生還者のことが知りたかった。 2014年に読んだこの本のことは すっかり忘れていた。 でも、癌と宣告とともに記憶の彼方たからよがえり、 本棚の奥に眠っていたこの本を引っ張り出した。 この本は、絶望の暗闇に引きずりこまれそうになっていた僕にとって 希望の光になったのは事実だ。 著者のアニータはリンパ系の癌に侵され、 様々な治療の甲斐もなく、 身体中の [続きを読む]
  • それでも人生にイエスと言う
  • 癌を宣告されるというのは 中々厳しいシチュエーションだ。 しかも、それがステージ4だったら なおさらのこと。 僕は目の前に とてつもない巨大な壁が立ちはだかった気がした。 そのとき、心の奥深くから湧いて出て来た言葉がある。 20代のころ、読みふけっていたこの本のこの言葉だ。 私たちが「生きる意味があるのか」と問うのは はじめから誤っているのです。 つまり、私たちは、 生きる意味を問うてはならないのです。 [続きを読む]
  • 癌になって得たもの、失ったもの
  • 癌になると、誰でもその人なりの物語が生まれる。 切実な、世界でたったひとつのストーリー。 そこでは、得るものや、失うものが生まれてくる。 癌になって失ったもの 僕の場合、まず初めに思い浮かぶのが時間だ。 癌宣告を受け、 必死で癌と闘い、 それでも結局跳ね返され、 癌に完全降伏した。 すると、青天の霹靂のように、奇跡的な確率で薬が適合して 癌が消えた。 なんとか一人前に体力が戻り、 普通に声が出るようになるま [続きを読む]
  • がんが自然に治る生き方
  • 肺癌ステージ4の宣告を受けたばかりの時、 この本から大いに力をもらった。 ケリー・ターナー著『がんが自然に治る生き方』 最初にかかった大学病院で、僕の遺伝子は異常がなく、 いわゆる野生型の進行性腺癌なので、 通常の抗がん剤しか治療方法がありません、と言われた。 僕は標準医療がやりたくなかった。 他に何か治す方法があるんじゃないか、 そう真剣に考えた。 この本は「標準医療」ではない方法で 奇跡的に癌が消えて [続きを読む]
  • 9月の診察結果
  • 今月は体調も良く、心配することなしに診察を受けました。 腫瘍マーカー(CEA)も更に下がって1.8(前回2.0)に。 ALPはやや上がっていたけれど、KL−6は下降。尿素窒素が基準値越えなのは、お肉をばくばく食べているからかな。 尿素窒素は糖質制限を始めた昨年8月からずっと基準値越えをしているけれどドクターからは一度も注意をされたことはありません。 ま、それほど大きなオーバーではないからでしょう。 カ [続きを読む]
  • 最近の体調
  • 7月におかしくなった体調がやっと戻ってきました。 喉の腫れもほぼ引きました。 まだ若干、大きな声を出すと喉が腫れぼったいですが、 普通に会話する分にはなんら問題なくなりました。 息苦しさも随分と楽になり、 もう、ほぼ気にならないくらいになりました。 ここに戻るまで、約2ヵ月半。 正直、長かったなぁ。 実は先日、不思議な治療を受けました。 詳細は書きませんが、 その治療を受けてから見る見るうちに調子が良くな [続きを読む]
  • 癌と生きる
  • 僕は癌を身体から消そう、消そうと思っていた。 いまも、その気持ちはある。 癌が身体から完全に消えてしまえば、 安心できる。 いや、不安や恐れを感じなくて済む。 だから、消したい! 癌を消す 影も形もなく、消す 目に見えない細胞まで、全部消す 消去 消滅 滅却 でも、 運悪く いや、運よくかな? 僕の癌はALKという遺伝子異常。 いま、僕の癌はCT上ではほとんど消えているが、 この遺伝子異常が治らない限り、 癌は [続きを読む]
  • 癌が教えてくれたこと
  • ちょうど2年前の9月に、僕は癌が見つかった。 ドクターからは 「治りません。延命しか出来ません」 と言われた。 そこから、僕の人生が猛スピードで回転し始めた。 目の前に“死”が突きつけられたとき、初めて 「俺、死ぬんだ」 “死”がリアルなものになって、迫ってきた。 ドクターは言った。 「1年生存率は3割です」 病院の帰りにネットで調べた。 5年生存率は1割以下だった。 スマホを持つ手が震えた。 僕には“時間 [続きを読む]
  • アート・イン・ホスピタルin大宮
  • 月曜日、病院に行ってきました。 診察ではなく、仕事で。 さいたま市にある自治医大さいたま医療センター。この病院は、12年前から僕がコミュニケーションの研修をさせてもらっていたところ。 2年前の2016年11月28日、原発癌が夜中に突然痛み出し、 息も出来なくなった。 そのときは痛み止めを飲んで何とかクリアしたが、 もう、研修は出来ない…と断念せざるを得なかった。 その翌日か、翌々日に研修に行く予定だったところが、自 [続きを読む]
  • “行動”の根っこを大事にする
  • “行動”の根っこにあるものって何だろう? それは“想い”や“思考”。 根っこが変わると、幹も変わるし、葉っぱも変わる。 当然、咲く花も変わるし、果実だって全然違う。 つまり、 “不安” “怖れ” “不足” “競争” “不信” という根っこから発する“行動”と “ワクワク” “充実” “夢中” “安心” “信頼” という根っこから発する“行動”では 果実が違うのはあたり前。 いま、思う。 これからは極力、 ワクワ [続きを読む]
  • シンクロニシティなんて、あたり前
  • 先日の午後、2件の打ち合わせがありました。 2件とも、時間をずらして 同じ駅前で待ち合わせにしていました。 喫茶店で最初の方との話が終わり、 ふと、時計を見たら次の時間まで結構ある。 「次の時間まで、ちょっと待ちますね」と僕。 「じゃ、私はこれで失礼しますね」と相手の方。 その方が席を立ったとき、自分の携帯を見てみると… 「時間を間違えて、早く来てしまいました…」 次の約束の相手が、ちょうど来ている、とLine [続きを読む]
  • 固定概念をふっとばせ
  • 僕の癌は、心臓のCT撮影の際に見つかりました。 そもそも、不整脈が出て、心臓手術をする予定だったのです。 そのCT映像で肺に影が見つかったのでした。 そこで、心臓治療は後回しにして、別の大学病院へ行き、 その後、いろいろあって 今日にいたります。 今も3ヶ月に1回、 その病院の循環器(心臓)のドクター、M先生から診察を受けています。 M先生は、最初に僕がステージ4宣告を受け、ショックを受けているときに 「大 [続きを読む]
  • マインドフルネス
  • 最近流行のマインドフルネス 流行になると、逆に見たくなくなるという性格のため、 書籍などはあまり読んでいませんでした。 唯一読んだのは、 マインドフルネスという言葉があまり言われていなかった時期に買ったこの本。 主人公がマインドフルネスの研修に行き、変容する様子が克明に書かれている。 そっか、マインドフルネスって、禅の瞑想のことじゃんか。 な〜んだ。 とか言っているうちに、 グーグルとかインテルとか有名な [続きを読む]
  • 今日は、肺癌ステージ4宣告記念日
  • (長男からの写真/長野/栂池付近) 2016年9月1日 ドクターは僕のCTやペット検査の結果を見ながら言った。 「癌の種類は進行性の腺癌です」 「リンパに転移が見られますので、3期…」 「残念ながら、骨にも転移が見られます」 「ですので、4期です…」 そのときは、比較的冷静に聞いていた。 それは、その後にどういう人生が待っているか 知らなかったからでもある。 1年生存率は3割と言われた。 5年生存率を調べた [続きを読む]
  • 奇跡は、思考から出た所で起こる(んじゃないかな)
  • 肺癌が全身に転移していたころ、 僕は努めてポジティブ思考を意図していた。 絶対にネガティブな言葉は吐かない。 頭の中でも常にポジティブな言葉をつぶやく。 しかし… 僕の中の不安や怖れは、 無意識の下に押し込まれていただけでした。 ポジティブを意識すれば、 ネガティブが生まれる。 この世界は二元性。 そして、意識をしている時間より、 無意識の時間の方が、遥かに多い(し、強い)。 と、いうことで、 僕の中の恐 [続きを読む]
  • うまいものを食べよう
  • 現在、僕は糖質制限をしています。 あ〜、美味しそうだなぁ〜 と思うものは、 ほとんどバッチリ糖質。 そうなのだ。 うまいものは、糖質なのだ! しかし しかし しか〜し! 我慢ばかりも、身体によくないのだ(と勝手に言い訳をする) たまには食べたって、いいじゃんか! と、いうことで、 シャトレーゼのコーヒートルテ!! 口に入れたとたん、 身体中の細胞が、ピリピリと弾ける。 そして、ふにゃ〜っと溶けていく。 ここ [続きを読む]
  • 人生の脚本/シナリオ
  • 僕が勉強している「交流分析/TA」理論には、 人生脚本という理論があります。 人生脚本には大きく分けて2種類あります。 勝者の脚本 敗者の脚本 勝者の脚本とは、 『自分の能力や可能性を発揮して生きる、生き方、パターン』 敗者の脚本とは、 『敗者の能力や可能性を発揮せずに生きる、生き方、パターン』 です。 そして、 究極の敗者の脚本と言われるものがあり、 その行き着く先は 病院刑務所墓場となっています。 [続きを読む]
  • ハンマー、ガツン!
  • 鍛造というのは、熱く熱した鉄を、ハンマーでガンガン叩く。 叩くことで、強度を上げ、更に折れにくくなる。 名刀は、刀鍛冶によって、さんざん叩かれて、名刀になる。 僕は 人生に起こる予想外の出来事は、 鍛造ではないか、 と、思う。 叩かれて 叩かれて、 予想外の出来事に 翻弄されて 跳ね返されて、 叩き潰されて… 立ち上がっても、叩かれて もう、いい加減にしてくれよって 泣き言を言いたくなっても さらにまた、叩 [続きを読む]
  • 友だちと、遊びに行こう!
  • 癌になって心底、気づいた。 人生は1回しかない そう、人生とは、時間だ。 僕の時間は、健康な人よりはきっと短いだろう。 いつ、再発するか、分からない。 いつ、動けなくなるか、分からない。 神のみぞ知る。 だから、元気なうちに、身体が動くうちに、 人生と言う時間を 楽しまなくっちゃ! と、いうことで、お盆休みに学生時代の友達と集まりました。 そして、みんなで揃って母校へ行ってきました。 なんと、30年ぶり。 [続きを読む]
  • 痛いのは、握っているから
  • こころが 痛い 痛い と、声をあげる。 何かに傷つけられ、 何かにぶつかって、 痛みが生まれる でも、ふと思った。 なんで、痛いんだろう? そして、なんとなく、気づいた。 痛いのは、 執着しているから。 執着したものに 何かがぶつかってくるんだ。 だから、痛い。 つまり、 手放さないから、痛いんだ。 じゃあ、なぜ、手放せないんだろう? それは、 恐れだ。 不安だ。 恐れや不安があるから、手放せない。 結局、痛 [続きを読む]
  • イヤなことを反芻する
  • 先日、前に勤めていた会社と、ちょっとしたやりとりがありました。 それは、僕に非常に不快な感情を引き起こしました。 その問題自体は、なんとか完了したのですが、 僕は心の中で、その出来事を 何度も 何度も 何度も 思い出しては、繰り返し 思い出しては、繰り返し 思い出しては、繰り返し そのたびに、腹を立て そのたびに、不愉快になり、 そのたびに、興奮し… そして おさまっていた咳が出始め、 引きはじめていた [続きを読む]
  • 8月の診察結果
  • 昨日、診察に東大病院に行ってきました。 血液検査とレントゲン。 先月は、再発確実と思い込んで 覚悟して臨んだ診察だけど、 今月は、先月よりもさらに体調が回復し、 あとは、若干の喉の腫れと胸の詰まりくらいに。 安心して結果を聞くことができました。 CEAも更に下がって2.0に。 他の血液検査の結果も良好。 レントゲンでは、当然ながら癌の影も形も見えず。 「順調ですね」 先生の笑顔が、また嬉しい。 支払い待ちの [続きを読む]
  • 癌、3つのメッセージ
  • 癌という現象は、自分に対する強烈なメッセージだと、僕は思います。 どんなメッセージか、僕なりに思案してみると、 ①「生き方が間違ってるよ」というメッセージ。  本当に自分を大事にしてるの?  自分の身体と心を、いたわってるの?  自分以外の誰か、何かのために生きてない?  人生で一番大事なものを、勘違いしてるんじゃない?  自分の命を粗末にしてるんじゃない? ②今生きているステージが「ちょっと違うよ [続きを読む]