映画こんにちは さん プロフィール

  •  
映画こんにちはさん: 映画こんにちは
ハンドル名映画こんにちは さん
ブログタイトル映画こんにちは
ブログURLhttps://eigahello.com/
サイト紹介文映画をメインに、心惹かれる「もの」について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 22日(平均11.8回/週) - 参加 2017/11/19 12:46

映画こんにちは さんのブログ記事

  • 映画『グレートレース』その1。名画ばんざい。 見どころ満載。
  • 心に残る映画があるとしてどこに惚れ込んでしまうのか。十人十色、百人百様。一本の映画にはそれを愛する人の分だけ醍醐味も 多種多彩に存在する。たとえば 監督。たとえば 出演者。脚本。音楽。衣装や美術も かなり重要・・・。そろそろ くどいと怒られそうだ。映画『グレートレース』である。この面白さをどうやったら伝えられるだろう。私の文章表現力ではまるで足りない。もう とてつもなく楽しい。夜更けだというのに 開幕早 [続きを読む]
  • 映画【パリで一緒に】その3。素敵な邦題に拍手。
  • 映画のタイトルは重要だと常々思っているのだが、自分の感性が、世間からズレてしまったようですこし焦ることもある。古きよき時代の、外国映画の邦題はセンスに充ちていてお洒落だと感じるものが多い。『パリで一緒に』について言いたい放題の3回目。邦題について綴ろうと思う。原題である『Paris When It Sizzles』私の英語力ではチンプンカンプンだ。直訳するなら「パリで、それがジュージュー音をたてるとき」だろうか・・・。 [続きを読む]
  • 映画【あん】その1。「知らない」から卒業しよう。
  • 桜が美しい。青葉が、銀杏が、月の満ち欠けが美しい。映画の冒頭から風景のショットが多いなと感じていた。ほどなく、ひとつの予覚が頭に浮かぶ。河瀬監督が自然の美しさをふんだんに映し出す意味を考え、心に刻み込む。徳江さんから届いた手紙の言葉が私の頭から、心から離れない。自然を愛でるようにひとりひとりにまわりの ひとつひとつに目を向ける。せめて そこからでも始めなければ。「私たちは この世を見るために聞くため [続きを読む]
  • 映画【タイタニック】その3。ローズ・ブケーターも好きです。
  • これまで、『タイタニック』についてあーだこーだと放言しています。不快に思われる方も多くいらっしゃるかと思います。ごめんなさい。ジャック・ドーソンに熱が入るあまりないがしろになっていますがローズ・デウィット・ブケーターも好きです。私に無いもののほとんどを兼ね備えていると言っても過言ではありません。いつの時代でも「上流階級だから幸せ」なんてことは、あり得ません。どんなに美しくても、どんなに賢くても悩み [続きを読む]
  • 映画【図書館戦争 THE LAST MISSION】これが最後かな
  • 有川浩の原作「図書館戦争」シリーズを実写映画化した、その第2作である。原作の「図書館戦争」シリーズは「戦争・内乱・危機・革命」の全4巻と別冊「Ⅰ・Ⅱ」の2冊から成る、小説家有川浩の代表作のひとつだ。この『THE LAST MISSION』は「図書館危機」の茨城県展警備をメインに「図書館内乱」の査問会などをモチーフにして作られている。見どころは、玄田隊長のあの場面とか堂上教官のあの場面だったりする、のだろうが改変さ [続きを読む]
  • 映画【カラフル忍者いろまき】増えるし 混ざるし 変わるんです。
  • アニメーション映画です。タイトルのとおり、忍者が出てきます。とは言え忍者映画かというと?です。感動するとかしないとかそんな作品じゃないだろうなぁなんせ顔がおしりだしなぁと高を括っていたらなかなか ほろりとさせられます。赤巻、青巻、黄色巻。忍者が次々と出てくるけど主人公姫乃は現代っ子。都会から引っ越してきて住むことになった家が忍者屋敷だったのだが姫乃もお父さんもお母さんもたいして驚かない。忍者たちと [続きを読む]