受験地学botの中の人 さん プロフィール

  •  
受験地学botの中の人さん: 受験地学botの中の人の独り言
ハンドル名受験地学botの中の人 さん
ブログタイトル受験地学botの中の人の独り言
ブログURLhttp://tigakutenohira.hatenablog.com/
サイト紹介文大学受験の地学について、特徴や勉強法、問題集や参考書、実際の入試問題について書いています。
自由文大学受験の地学で、主に理系の人が選択する基礎なしの地学について、Twitterのbotである受験地学bot(@tigaku_tenohira)の中の人が色々とぼやいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 24日(平均9.0回/週) - 参加 2017/11/19 22:18

受験地学botの中の人 さんのブログ記事

  • センター地学 要点整理8
  • 土日に記事が書けなかったのは少し失敗した感じがします(笑)ということでつづき行きます!tigakutenohira.hatenablog.com#先カンブリア時代は地球史の約8/9に相当する#生物としての外形を残す最古の化石は、西オーストラリアで発見された約35億年前の微生物の化石#酸素を放出する光合成をおこなう生物は太古代末の約27億年前から現れ始めた#ストロマトライトは海水中の炭酸カルシウムなどがシアノバクテリア [続きを読む]
  • センター地学 要点整理7
  • つづき行きますtigakutenohira.hatenablog.com#火山砕屑岩は粒子の大きさで、凝灰角礫岩、火山礫凝灰岩、凝灰岩と分類される#石灰岩は炭酸カルシウムを主成分とし、フズリナの殻やサンゴ起源である#チャートは二酸化ケイ素を主成分とし、主に放散虫の殻起源である植物プランクトンの珪藻が堆積したものもある#化学岩・・・海が地殻変動で内陸に閉じ込められて海水が蒸発などをして成分が沈殿して堆積したもの( [続きを読む]
  • センター地学 要点整理6
  • センター試験も近いためなるべく毎日ブログを更新していこうと思っているのですが「この要点整理が果たしてどこまでみなさんの役に立つのか?」というのも疑問の1つですが(笑)大学やバイトがあると時間がうまく取れず思い通りに行かないですね(;´・ω・)tigakutenohira.hatenablog.com#物理的風化・・・日射による温度変化で岩石を構成する鉱物などの膨張による小さなひび割れ、岩石のひび割れに水が入り冷え固まって膨張す [続きを読む]
  • センター地学 要点整理5
  • 前回の記事に今回の記事で書こうと思っている内容を入れた方がよかったのではないか?そんなことを思っています(笑)時間と気力さえあれば・・・・tigakutenohira.hatenablog.comではさっそく#黒雲母はSiO?四面体が平板層状となり、層の間の結合が弱くはがれるような結晶面が一定方向に割れることをへき開#結晶構造は同じだが、化学組成が異なる割合をとるものを固溶体#石英以外の主な造山鉱物は固溶体#か [続きを読む]
  • センター地学 要点整理4
  • こんにちは!引き続き書いていきたいと思います。tigakutenohira.hatenablog.com#海溝からある程度離れた地域で、沈降を引き起こす地震を海溝型地震という#最近数十万年間に活動し、今後も活動すると考えられる断層を活断層#火山活動でマグマが上昇すると火山周辺で隆起などが起きる#火山活動による地殻変動は数週間〜数年間で数十〜数百mの変動をもたらす#河岸段丘では古い地形ほど上の段#火山は [続きを読む]
  • センター地学 要点整理3
  • さっそく続きを書きたいと思います。tigakutenohira.hatenablog.com#リソスフェア(プレート)→地殻、マントル最上部の部分で、かたい#アセノスフェア→マントルで流動しやすく、やわらかいため地震波の低速度層#海域ではプレートの厚さは〜100?程度で、陸域では100〜250?程度#海嶺→大西洋の中央部、東太平洋にある(高さ約3?、幅約1000?)#火山弧には火山だけでなく、断層、褶曲もある#背弧に海( [続きを読む]
  • センター地学 要点整理2
  • 前回に引き続き私が個人的に抜粋したセンター地学のポイントを書いていきたいと思います。当たり前のことも書いていくので、センターまでの時間を有効活用するためにもわかっているところは流してください。勉強の休憩時間のネットサーフィンで軽く読んでくれれば幸いです(笑)tigakutenohira.hatenablog.com#P波は固体液体気体すべての物質に伝わる縦波だが、S波は固体中しか伝わらない横波#P波は液体中では遅くなる [続きを読む]
  • センター地学 要点整理1
  • さて秋の模試も終盤に差し掛かっていて、センター対策を始めている方もいらっしゃるでしょうか?今回は「センター試験 地学」におけるポイントを確認していきたいと思います。ポイントと言っても個人的にポイントと思っているところですが・・・勿論、記述問題についての記事も追々書いていきますね(笑)何度も記事で書いてあるようにセンター試験の地学では、第一に教科書をみっちり読み込むことが大切です。(他の歴史 [続きを読む]
  • 記述問題、説明問題1
  • これから分野横断的に、数問ずつしばしば見かける記述問題受験、日常生活の雑学的に、大学入学後などで使える説明問題これらについて書いていきたいと思います。続けることができる限りまず、温室効果が大気を温める理由、つまりプロセスを問う問題北海道大学や九州大学や和歌山大学などでも出題されました。答えは温室効果ガス(二酸化炭素など)は可視光線は吸収しにくいが、赤外線を吸収しやすく、地球の赤外放射に [続きを読む]
  • 地形図の問題
  • こんにちは大学の方が忙しく、なかなかブログを更新できずにいました(;´・ω・)この時期の受験生は、毎週模試でしょうか?私も受験生の時はそうでした(笑)勉強も大切ですが、無理は禁物。体調を崩さないようにしてくださいね!天文分野の問題について、以前は書いていたのですが今日は地層の問題について書こうと思います。走向や傾斜を読み取って、地下はどんな構造になっているのか考えるのは難しいですよね。私も苦 [続きを読む]
  • 最古の生命体
  • まとまった時間が取れず、隙間時間に地学の問題についてブログを更新したいと思っていたのですが、私が解く時間も取れずにいたので太陽フレアのときと同じく、ニュースを取り上げようと思いました。タイトルの通り39.5億年前の地球の生命体を示す痕跡の発見「9月27日に東大が発表した」とニュースになっています。www.afpbb.comちなみに高校地学では世界最古の化石・・・オーストラリア西部ノースポールで発見され [続きを読む]
  • センター試験パックについて 【地学選択者向け】
  • こんにちは9月になるとセンターの出願準備が始まりますね。そんな時期にも関連させまして・・・今回はセンター試験パックについて書きます。高3生の人はもしかしたらセンター試験パックと言われても、パッとしない人が居るかもしれません。私が高3の頃もそうでしたし(笑)センター試験パックとは・・・センター試験で受験者数が多い科目(要は簿記やドイツ語のようなのではなく国語や英語など)を取り集めて、1回分の [続きを読む]
  • 太陽フレア
  • 少し旬な話題で  2017年9月6日、太陽フレアが観測されたというニュースがありましたね。規模は最大クラスで2回観測されたそうです。地学を勉強されている受験生や地学に興味のある人ならば、このニュースを見てこの影響がどのように地球に及ぼすのか予想がつくでしょう。しかし、今回はせっかくなので太陽フレアとはどんなものなのかについて書きたいと思います。ー太陽フレアー彩層やコロナなどの一部が突然輝き [続きを読む]
  • 地学の受験勉強法 −秋〜センター試験−
  • こんにちはいよいよ9月高校生は夏休みも終わり、新学期が始まる頃でしょう。大学生はもう少し夏休みがあります(笑)ということで、今日は秋からセンター試験前までの受験勉強法について書こうと思います。まず10月あたりから12月の頭くらいまでにセンター模試や記述模試がたくさんあると思います。この秋の模試で現段階の実力を把握します。ここで私が一番伝えたいことは、夏の模試以上に結果を気にしないでほしいことです [続きを読む]
  • 時間のない高校1年生2年生に向けて
  • 暑い日が続きますね。今日は時間のない高校1年生、2年生に向けて書こうと思います。高校3年生や高卒生も時間のない人は居るでしょうが、悪しからず(;´・ω・)以前の記事で書いたと思いますが、私は田舎の高校を卒業し、1年自宅警備員(笑)を経て大学にようやく合格しました。高校1,2年生で浪人はしたくないと思う方も多いでしょう。私自身も高校生の時はボンヤリと浪人はしたくないと考えていました。結果として浪人を [続きを読む]
  • 2017センター試験 地学 追試 パート2
  • 前回に引き続きセンター試験地学追試について書きます。パート1はこちらtigakutenohira.hatenablog.com問題はこちらhttp://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00009475.pdf&n=%E5%9C%B0%E5%AD%A6.pdf第4問、第5問、第6問の後半です。本番では第5問と6問は選択問題となっているため、どちらか解きやすい方を解答すれば大丈夫です!しかし、本番でどちらもミスなく解けるレベルになっていると心強いので、理想としては [続きを読む]
  • 2017センター試験 地学 追試 パート1
  • 以前の記事で2017センター試験地学基礎追試について書いたので、今回は2017センター試験地学追試について書きます。理科基礎と違い、理系が主に選択する基礎なしの理科科目は分量も多いので二回に分けたいと思います。問題はこちらです↓↓↓↓http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00009475.pdf&n=%E5%9C%B0%E5%AD%A6.pdf第1問、第2問、第3問を取り上げます。第1問A問1いきなりグラフの問題です。しかし、恐れる [続きを読む]
  • 2017センター試験 地学基礎 追試
  • 以前にも書いた通り、2017センター試験地学基礎追試について書こうと思います。こちらから問題はご参照ください。   ↓↓↓↓http://www.dnc.ac.jp/albums/abm.php?f=abm00009472.pdf&n=%E5%9C%B0%E5%AD%A6%E5%9F%BA%E7%A4%8E.pdfさっそくいきましょう。第1問A問1地球が回転楕円体であることの理解を問う問題です。18世紀のフランスによってペルーとスカンジナビア半島北部の単位緯度差による弧長が高緯度ほど長いことによ [続きを読む]
  • 理系で地学を選択
  • 今日は「この時期が理系で地学選択にするかを決める節目」ということを話したいと思います。地学基礎を選択されている文系の人には申し訳ないですが。私は、宅浪をすると同時に二次試験で地学を使うことを考え始めました。しかし、それは春のこと。この記事を書いている日は            8月6日もう夏です!今になって地学に変えるなんて無謀に見えます。ですが以前の記事にも書いたように、地学は他科目に比 [続きを読む]
  • ー天文分野ー
  • 記事のタイトルをどうするか悩んでしまいます(;´・ω・)天文分野をやっていく間は仕方ないですね。さっそく行きます。大分大学です。木星は太陽の周りを12年かけて一周する。木星が衝のとき、木星は地球にどの程度の距離まで接近するか。答えは整数の天文単位で求めなさい。周期と距離を考えるので、ケプラーの第三法則を使います。距離の単位は天文単位、周期は年なので地球と木星を比較しましょう。太陽から木星まで [続きを読む]
  • 天文分野の続き
  • お久しぶりです。!(^^)!今日はバタバタしていたため、私自身解く時間があまりとれず量は少ないですが。今回は2015静岡大学の問題です。問2 木星の衛星であるイオの表面付近では、ある現象、太陽系で最も活発化している。これは、イオの内部が大きく変形し、高温化していることに起因する。現象を答えよ。文章記述問題ではないです。月以外の衛星がどんなものかまで覚えている受験生は、かなり勉強していると思われます。 [続きを読む]
  • 地学の受験勉強法 −夏休み編ー
  • 夏と言ったら・・・・海水浴!プール!お祭り!などなど答えたくなりますね(笑)しかし夏と言ったら、受験生は勿論勉強ですよね?ですよね?今日はそんな夏休みの受験勉強の話をしたいと思います。なるべく地学を主軸にしますが・・・塾に通われている受験生は恐らく7月あたりから夏期講習が始まると思われます。私が高校生の時は田舎に住んでいたため、東京などの都市部のように大手予備校がありませんでした。近隣にあった [続きを読む]
  • 天文分野
  • こんにちは。お久しぶりです!なかなかまとまった時間を作れず、ブログの更新が出来ませんでしたm(__)m今日は前回の秋田大学の続きで、2015首都大東京の天文分野から・・・問2 地球と火星が衝の関係にある際、火星は真夜中に南中することになる。衝の一か月後火星の南中時刻は真夜中より早くなるかそれとも遅くなるか理由とともに答えよ。という問題です。作図を用いても良い問題です。ちなみに前問で火星の公転周期を [続きを読む]
  • 天文分野から
  • こんにちは。暑くなってきましたね。先日購入した全国大学入試正解集からよく見かける問題や面白い問題、重要な問題を引っ張ってきて少しずつ解いていきたいと思います。全国大学入試正解集(以下電話帳)は分野別に大学名と問題番号が書かれているため、未履修分野や苦手分野などを重点的に勉強できるようにもなっています!もちろん前のページからガンガン解いていくのもアリですよ。ページ掲載順は日本最北端の北海道大学か [続きを読む]
  • 6月?
  • タイトルの通り、6月が来てしまいました(笑)まず初めに報告として先日「全国大学入試正解集地学平成27年度」と「もういちど読む数研の高校地学」を手に入れました。家庭教師の生徒には買わせておいて私自身買ってませんでした。地学のようなレア度の高い参考書を持っているのって素敵だと思いませんか?私だけだったら恥ずかしいですが・・・ ということで私や知人は地学の電話帳とよんでいる地学の [続きを読む]