kubomi さん プロフィール

  •  
kubomiさん: 目の下のくぼみって自分で治せるの?
ハンドル名kubomi さん
ブログタイトル目の下のくぼみって自分で治せるの?
ブログURLhttps://www.searia.jp/
サイト紹介文目の下のくぼみができる原因と解消方法についてご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 10日(平均11.9回/週) - 参加 2017/11/20 10:45

kubomi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 目の下のくぼみにセルフお灸って効くの?
  • 東洋医学の一つであるお灸は、鍼灸院でなければ受けることができない施術だと考える人は多いのですが、中には火を使わないタイプのものがあり、その方法ならセルフで自宅で行うことができます。 お灸というのは体の特定のツボの上において温めることで、血液やリンパなどの流れを促進したり、つまりを解消するという作用があります。目の下がくぼんでいる場合には、目の周辺の筋肉を温めてあげることによって血行が促進されると同 [続きを読む]
  • 目の下のくぼみにアロマって効果あるの?
  • 心地よい香りをかぐことで気持ちがシャキッとしたりリラックスできるアロマは、ヨーロッパで古くから確立されている民間療法です。 ハーブなど自然界の植物や花の香りを利用して、嗅覚から神経に働きかけるアロマテラピーは、体や心のバランスを改善する効果が期待できるだけでなく、目の下のくぼみなど気になるトラブルに関しても、少しずつ改善することが可能です。アロマと目の下のくぼみにどのような関係があるのかというと、 [続きを読む]
  • 目の下のくぼみは美容整形で半永久的に消せる?
  • 美容整形術にはたくさんの施術があり、それぞれ効果がどのぐらい持続するかという点は異なります。 目の下のくぼみを解消するための施術でも、施術法によっては効果が3か月程度しか続かないものもあれば、半永久的に維持できるものまで多種多様なのです。例えばヒアルロン酸や脂肪、またPRPと呼ばれる自分自身の血小板を注射で注入する施術の場合、何を入れるかによって効果の持続期間は異なり、ヒアルロン酸なら3ヶ月から6か月程 [続きを読む]
  • 年齢肌による目の下のくぼみ解消法
  • 年齢を重ねると誰でも体のあちこちに老化の症状が現れます。目の下の皮膚がたるんでくぼみを作ってしまうという症状もまた、老化によって現れる症状の一つなのですが、老化をとめることは残念ながら誰にもできません。 しかし、加齢が原因だからと言って、見た目が老けた印象になってしまう目の下のくぼみをそのまま我慢するのは嫌ですよね。そこで、加齢が原因によるくぼみを目立たなくしたり解消するのに便利な方法をいくつかご [続きを読む]
  • PCメガネで目の下のくぼみを予防する
  • パソコンやスマホなどの電子機器を長時間使うことが多い人は、もしかしたら電子機器から発せられているブルーライトが、目の下のくぼみを作っている原因になっているかもしれません。 ブルーライトというのは目ではっきり見える光ではありませんが、紫外線と同じように眼球や肌にとっては大きな負担をかけますし、眼精疲労による血行不良、それが目の周辺がドンヨリしたりクマを作ったり、またくぼみを作る原因となってしまいます [続きを読む]
  • 目の下のくぼみをカバーするなら眼鏡が便利!
  • 眼鏡というアイテムは、視力を矯正するという医療効果があるだけでなく、目元のトラブルをサッとカバーできるという効果も持っています。 確かに、眼鏡をかけていなければ、他人と近距離でコミュニケーションをする時には他人の視線は目元に行きやすいものですが、眼鏡をかけていると、レンズがフィルターの役割りを果たしてくれるので、目元にクマがあるとか目の下がくぼんでいるなどのトラブルは目立たなくなりますよね。眼鏡を [続きを読む]
  • 目の下のくぼみはニベアで治す!
  • ニベアというと、ドラッグストアなどでリーズナブルに販売されているハンドクリームというイメージがあります。このブランドはドイツブランドで、世界各国でハンドクリームをはじめ、様々なスキンケア商品をラインナップしているブランドなのですが、日本で発売されているニベアの中でも「青缶」と呼ばれる青い缶に入ったタイプのものは、超高級クリームの「ドゥラメール」と配合成分がとても良く似ていると言われていて、高い美容 [続きを読む]
  • 目の下のくぼみにかっさプレートマッサージ
  • 「かっさ」というのは、天然石で作られているプレートのような形をしているもので、気になる部分をこすったりさすったりすることによって血行をよくしたり、リンパのつまりを解消するなどの効果が期待出来る健康法です。中国では何千も前から民間療法として用いられていますが、この健康法を使うことによって、目の下のくぼみを解消することができることはご存知ですか?目の下がくぼんでしまう原因にはいろいろなものがありますが [続きを読む]
  • 目の下のくぼみに効果的なサプリメント
  • 目の下のくぼみを解消する方法にはいろいろな方法がありますが、その中でも便利なのは体内に有効成分を入れることによって目の下だけでなく全身の肌質や体質を改善できる効果を持つサプリメントを使う方法です。 サプリメントはたくさんのブランドから多種多様な商品がラインナップされていて、単独の栄養成分を摂れるものもあれば、特定の悩みやトラブルを解消するために有効な栄養成分が複数配合されているものなどがあります。 [続きを読む]
  • 目の下のくぼみを予防するなら紫外線に注意!
  • 肌は紫外線を浴びると、細胞内の水分が蒸発するので乾燥しますし、肌にとっては紫外線が刺激となって活性酸素を作ったり、体を外の刺激から守るためにメラニン色素を作り出すなど、肌にとっても健康にとってもマイナスの影響があります。 目の下のくぼみも日差しを浴びることによってよりはっきりと表れやすくなりますし、目立ちやすくなってしまう事が多いので気を付けなければいけません。紫外線を防ぐためには、普段メイクをす [続きを読む]
  • 目の下のくぼみには高級アイクリームが効く?
  • スキンケア商品には、化粧水や美容液、保湿液などたくさんの商品がラインナップされていますが、その一つに目元の乾燥対策やハリ対策に便利なアイクリームがあります。 どんなアイテムでも、ブランドごとに入っている成分や価格は異なるため、何を使うのが自分にとっては良いのかという点は、実際に使ってみた時の肌との相性をチェックしたり、お財布と相談しながら商品選びをしなければいけませんよね。そんな中、たくさんある基 [続きを読む]
  • 目の下のくぼみはアイクリームで予防できる?
  • 化粧水や美容液、保湿液と続く基礎化粧品の中の一つに、アイクリームというものがあります。 アイクリームは、乾燥しやすい目元の保湿ケアをするために使うスキンケア商品なのですが、小じわを解消してくれる成分が入っているものが多いため、目元のシワや疲れが気になる人、老化予防をしたい人にとっては、大きなメリットや効果が期待出来る優秀なアイテムと言えます。目元はもともと皮膚が薄くて皮脂分泌が活発ではないため、ど [続きを読む]
  • 目の下のくぼみは表情筋を鍛えて予防!
  • 目の下のくぼみができる原因にはいろいろなものがありますが、年齢による老化現象によって目元の皮膚がたるむことが直接的な原因となってしまう人は多いものです。 皮膚がたるむというのは、肌細胞の一つ一つのハリや弾力がなくなったり、水分量が減ってシワシワになってしまうなど、細胞自身に原因がある場合もあれば、肌をしたから支えている土台の役割りをしている筋肉に原因がある場合もあります。筋肉も年齢を重ねることによ [続きを読む]
  • 目の下のくぼみはしわが原因ということも
  • 私達は年齢を重ねると、一つ一つの肌細胞に含まれている水分量が減ってしまうため、肌は乾燥しやすくなります。 また、弾力細胞なども減少するので一つ一つの細胞にハリや弾力がなくなってしまいますよね。これらの相乗効果によって肌にシワができてしまうわけですが、肌のシワは皮膚が薄くて皮脂分泌が活発ではない部分に起こりやすく、目元もそんなシワができやすい部位の一つと言えるでしょう。目元にしわができたということは [続きを読む]
  • 目の下のくぼみはクマが原因って本当?
  • 目元は鏡を見た時に自分で最も普段との違いに気づきやすい部分ですし、他人とコミュニケーションをとる時にも、他人からよく見られている部分です。 そのため、目元のトラブルは早期発見しやすいことが多いですね。目元のトラブルには、目の下のくぼみ以外にもドンヨリとくすんでしまうなどの症状がありますが、どちらも見た目がよく似ているため、違いがはっきり分からないという人は意外と多いものです。目の下のクマは、疲れや [続きを読む]
  • 目の下のくぼみは頬のたるみが原因だった!?
  • 年齢を重ねると、少しずつ肌のハリが失われてきます。 これは、一つ一つの細胞の中に入っている弾力成分が減ってしまう事が原因です。若い時には一つ一つの肌細胞に水分がたっぷり含まれているので透明感がありますし、弾力成分となるコラーゲンなどもたっぷり含まれているため、ハリがあります。一言でいうなら、水がたっぷり入った水風船のような状態ですね。ハリや弾力と大きな関係のあるコラーゲンは、25歳をピークに分泌量が [続きを読む]
  • 目の下のくぼみは眼精疲労も原因に!
  • 私達の生活の中には、眼精疲労の原因がたくさんあります。 例えば仕事でずっとデスクワークをして書類作成をする人だと、慢性的な疲れ目で悩むことは多いですし、パソコンワークをしている人も疲れ目になりやすいものです。仕事で眼精疲労になることがなくても、自宅でパソコンゲームをするのが大好きな人や、テレビを近距離で見ている人、暗い部屋で読書をしたり勉強したり、また仕事をする人などもまた、目がとても疲れやすい状 [続きを読む]
  • 過去の記事 …