心の痛みを解消するには さん プロフィール

  •  
心の痛みを解消するにはさん: 心の痛みを解消するには
ハンドル名心の痛みを解消するには さん
ブログタイトル心の痛みを解消するには
ブログURLhttps://hirohashi1966.muragon.com/
サイト紹介文悲しみや憎しみで心が苦しいとき、あなたならどうする?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 13日(平均5.4回/週) - 参加 2017/11/20 17:27

心の痛みを解消するには さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 胸に輝く星 を見た後で《ネタばれ注意》
  • あらすじ(1957 アメリカ 95分) 西部のとある町に、賞金稼ぎの男が流れ着く。だが、素性の知れない男を泊めてくれる宿はない。 野宿を覚悟した彼は、母親と二人暮らしの少年と出会い泊めてもらうことになり妻子を亡くした過去を持つ男は少年に愛情を覚えるようになる。 保安官として働いた過去も有る賞金稼ぎの男は、経験を生かした言葉を伝えることでこの町の問題に取り組む保安官との関係も描いた作品。 地域の持つ [続きを読む]
  • 届かなかった想い。
  • 伝える努力は出来たのだろうか。 伝わってないのだから、したつもりだったのだろう。 悲しい思いをさせてしまった事を深く反省。 伝わってない悔しさも有るが、自分の限界だと思える事をしたのだから良しとする。 こんな理解の仕方が有るなんて思っていなかった。今では幸せだと感じる。 本気で取り組んだ事だったが、結果を出せずに終わってしまう。 自分らしさが出ていて心地いい。 七転び八起き。これまでもこれからも。 [続きを読む]
  • 心の闇
  • 自分自身にある気持ち悪いものを闇と考えてます。 楽しい事、賑やかな事。とても大好きです。 だけど、無言でじっとしている事も有ります。 本当の自分は? なんて考える事もありましたが、 裏も表も両方で自分自身なのだと思うようになりました。 なので包み隠す事無く暮らしているのですが・・・。 明るくおしゃべりな俺は、黙ってたり、塞ぎ込んでると心配されてしまいます。 「大丈夫!」って返事を繰り返すだけ。 躁 [続きを読む]
  • 時間の積み重ね
  • 長年の積み重ねで自分の中に溜まっている気持ち悪さを吐き出してみる。 俺の親父は戦争を体験している。捕虜となりシベリアにも行ったそうだ。 俺が小さい頃から、戦争の悲惨さや捕虜となった生活などを聞かされた。 戦争に参加するときの気持ちは、家族を守りたいと思う気持ちや、 俺は負けない。負けてたまるか。といった気持ちが有ったからなのだと思っている。 親父の気持ちを理解する事が出来るならば、 もっと違った生 [続きを読む]
  • 間違いに気付けない
  • 自分の中に有る物の中で、なかなか無くならないのがある。 親睦会や、忘年会、友達とのお茶会など、行ってしまう事には何も問題ないし、 楽しんでくるべきだとも思ってる。 帰ってきたときに、「どうだった?」って聞くと、 「何も。」「普通。」と返ってくる。 俺は、自分に起きている事を知ってほしいので、何でも伝えるように心掛けてる。 でも、それが押し付けみたいに思われたからだろうか、あの人からは何も帰ってこな [続きを読む]
  • 俺のつまらないところ
  • 今日は肌寒く、外出をしなくて済むならと思いながら布団から出た。 俺の心の奥底には、許して欲しいと思う考えが有るようだ。 例えば、10の行動で、9の悪い出来事が有ったとする。 その内、7が俺の犯した間違いが有ったとして、7の責任は俺が負う。 しかし、残りの2に関しては他の責任で、1の行動は良い事だったのだ。 10の行動の責任を背負って生きていかなくてはいけない現状から逃れたいために、 1の良い行動ま [続きを読む]
  • 幼児期の子育て
  • 子供にとって何が良いのか? 未だにわからない。 保育園や幼稚園にあずける家庭があると思う。 金銭面の苦労から共働きをしなくてはいけない家庭は少なくないと思う。 親から離れた時間を過ごす事で、社会的な決まりごと等を学べる機会だと考えたい。 俺は、子供たちが大好きです。我が子が他者と触れ合っているのを見る事が好きです。 俺と妻、兄弟姉妹、親戚だけで生きていけるなら、そうは考えないと思う。 他者との触れ [続きを読む]
  • 眠れない夜を重ねて
  • 今日もスッキリしない朝を迎えた。 仕事や学校に行かなきゃ。とは思う。思うけど行かない。 言葉の意味、汲み取る気持ち。わからない事が多すぎて悩んでしまう。 「悩むより慣れろ。」そんな考えを持てるときは、まぁ大丈夫。 自分の中に気持ち悪いものが有ることを知ってからは、 何をしても上手くいかなくなった。 考えや気持ちが上手く伝わらず、余計に落ち込んでしまう。 他を傷つけて嬉しいなんて無い。自責の念で押し [続きを読む]
  • 理由
  • 親父が危ないと連絡を貰ってから、かなり動揺したのを覚えている。 あの人が実家を飛び出したとき、若い俺たちには行き場が無かったので、 親父に頼んで一緒に住むようになった。 あの人のお父さんが迎えに来たときも、 本人の意思を尊重するようにと掛け合ってくれた。 1年程、経った頃に結婚式をあげさせて貰えるようにあの人の親たちにお願いした。 二人の新居での生活が始まった矢先、俺の実家が火事になった。 残った [続きを読む]
  • 三人の娘たちへ
  • 父親がいない事になってしまってごめんなさい。 どんな生活をしてきたのでしょうか? 楽しいものばかりではなかったと想像できます。 いろんな経験を話して聞かせる事で、自分なりの考えで選択し行動するという素晴らしさを理解して欲しかったのですが。 言葉の選択や、強さ、大きさ。上手く伝える事が出来なくてごめんなさい。 誰かの話を参考にして行動する事は間違いではありません。 行動を起こした事を誰かの責任にする [続きを読む]
  • 過去の記事 …