Yotsuya2020 さん プロフィール

  •  
Yotsuya2020さん: せっかくの中学受験を愛娘と共に楽しんでみる。
ハンドル名Yotsuya2020 さん
ブログタイトルせっかくの中学受験を愛娘と共に楽しんでみる。
ブログURLhttps://ameblo.jp/yotsuya2020/
サイト紹介文毎日の苦行(算数)に耐える愛娘の助けになればと日々、教え方の知恵を絞ってます。
自由文公立高校から京大工学部にトップ合格。京大院卒・MBA取得。駿台模試の数学・物理は偏差値80超。現在は会社役員、海外駐在経験有り。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 166日(平均1.4回/週) - 参加 2017/11/20 18:45

Yotsuya2020 さんのブログ記事

  • ごぶさたしております。
  • ひと月ちかく放置しておりましたが、年末から1月いっぱいは正月休みがあったかと思えば、インフルエンザに親子感染、学級閉鎖と盛りだくさんな一か月でありました。 5年生の授業が始まりますので、組分けテストに向けて頑張ろうという気合でありましたが、病気になってしまったら致しかたありません。短い時間のなか、最低限の武器を持たせて戦いに向かわせました。 結果的には、過去の成績の中でもかなり上の点数で、自主的にも [続きを読む]
  • 週テスト 算数は絶好調 国語は絶不調
  • 年末年始でお勉強もややスローダウン気味。 まあ、クリスマスだ正月だと言ってるときに、進んで勉強する小学生なんて居ませんよね。親もちょっと手を抜いてます。 先週金曜日の週テスト、いつものように細かいケアが出来なかったのですが、算数はほぼ満点で帰ってきました。100点取れなかったのが悔しかったのだとか。 えーっと、確かいつも50点〜60点をうろちょろしてましたよね?そんなエラソーなコメントがでるとは笑。 問題用 [続きを読む]
  • 算数 週テスト対策 立方体と直方体 その3
  • 今週は仕事の関係で、やや早めに仕上げに入っています。週テスト過去問はC問題の最後までこなし、演習問題集です。 比較的、立体みたいなのは苦手という本人コメントとは裏腹に、頭の中で3Dのイメージを組み立てるのはよくできている印象。 立方体を複雑に組み合わせた立体の体積・表面積なども、様々なパターンを試しましたが、暗算で出してくるので、思考回路を追いかけるのが大変なくらい。 表面積も、思いのほか良く頭が回っ [続きを読む]
  • 算数 立方体と直方体 その2
  • 今日はすこし短めでしたが、時間がありましたので、演習問題集をこなしました。 昨日の予習と今日の授業で、体積の求め方、表面積の求め方をやっていますが、いまひとつわかっているような、わかっていないような心もとない感じ。 まあ、面積だ、体積だといきなり言われてもなんのこっちゃ実感もなく、ただ計算しているだけなので無理もないのですが。 問題をいくつもこなしていると、少しずつ感覚はつかめている模様。途中で立体 [続きを読む]
  • 算数 難しい問題へのアプローチ
  • 先週のテスト結果を踏まえて、算数の勉強方法を少し考えなおしてみました。もう少し応用力を養うための訓練を入れてみたいと思います。 毎週の勉強では、しっかりと基礎になる考え方、計算方法を身につけられるように大問3までのことろを繰返し訓練して、得点アップに繋げてきました。 結果的に、本人は算数への苦手意識が少し減ってきた、むしろ自信がついて、当初は敬遠していた大問4・大問5まで点を取ってくるようになったの [続きを読む]
  • 算数 週テスト対策 立方体と直方体
  • 組分けテストの見直しをひと通り終えまして、次の単元へと進んでいきます。つぎは、やや苦手系の立方体・直方体。 苦手といいつも、実は教えることは少ない単元で、表面積は面積を出して掛け算をするだけ。立方体の計算はあたらしい概念ですが、かける量が一つ増えることと、新しい単位になじんでもらわねば。 解説はそこそこに、週テストA問題・B問題をこなしていきました。ところどころ、説明を挟みながら、一応最後まで辿り着 [続きを読む]
  • 組分けテスト結果
  • 昨日の組分けテスト、行く前から自信なーいとボヤいてましたが、実際にテストを受けて、さらに自信が無くなったようです。 特に最初の算数。問題を見ると、大問4以降が過去問よりはひとひねり、ふたひねり加えてあって、短い時間の中で対応しきれなかった、という感じでした。 逆に言えば、練習して理解したところは出来てましたし、難しい問題もトライした跡が問題用紙に残っていて、点数には反映されていないものの、まあよく [続きを読む]
  • 算数 組分け対策 苦闘は続くよどこまでも…
  • 毎度、お疲れ様です。組分けテストの土曜日まであと2日。いよいよ終盤戦。 自習時間に割り当てておいた課題はまったく手を付けず、大幅に予定よりも遅れております。本人もなぜか焦りだし、ご飯もそこそこに今日はみっちりとやりました。 算数は水曜日に四谷大塚の授業で過去問を解いたそうですが、点数をみてドン引き。100点切ってるじゃないの。。。 いつもより時間を短くされたとかなんとか言い訳してます。まあ、ここで怒って [続きを読む]
  • 理科 組分け対策 拒否感との闘い…
  • 今週の組分けテストに向かって各教科の練度を上げているところですが、思わぬ敵が潜んでいました。それは、理科。 それほど難しくないように思えるのですが、算数と同じように印象で得意・不得意を勝手に判断する傾向があり、今回の物の溶け方や燃え方みたいなのにはどうやらもの凄い苦手意識があるようです。 たしかに、ホウ酸とか、ミョウバンとか言われても見たこと無いし、何に使うかわからないものが溶けるとか、溶けないと [続きを読む]
  • 算数 組分け対策 分数は克服 分配算と消去算を自在に
  • 組分けテストまで残すところあと3日となりました。算数は週テストで過去最高をたたき出して、本人はノリノリ。 苦手な分数も、すっかり気をよくしてルンルンで取組み過去の週テストなどは難しいやつにもチャレンジしてます。 大人も子供も、人間てほんとにわかりやすいですよね。これを引き出すのが先生であり、親であり、上司の仕事ですが。 さて、今回のテストでもう一つの難題は問題による使い分け。分配算と消去算は似たとこ [続きを読む]
  • 算数 組分け対策 分数の苦手意識を少し克服
  • 週末の組分けテストに向かって、算数8・理科1・社会1ぐらいの割合で準備を進めています。 特に苦手分野、というか勝手に苦手と思い込んでいるところは早めにつぶしておかないと、一生引きずりかねません。 うちの娘は消去算・場合の数は得意、割合はまあまあ、分数は計算はできるけれども、意味が完全には理解できておらず整数問題などが出てくると思考停止に陥ります。 ということで、昨日は分数(3)の整数問題を基本から徹底 [続きを読む]
  • 算数 組分け対策の演習
  • 週末からぼつぼつと演習をスタートさせました。最終的には答えの作り方を教えてしまうと出来るようになるのですが、時間はもう少しあるので日曜日は理解を深めるお勉強。 これまでの週テストなどを分析すると、大問4/5で苦戦しているのは分数また、消去算との組み合わせで、解き方が混乱しそうなのは分配算 テストのメインは第11回から第14回までなので、分数の難しい問題から取り掛かりました。といっても四則計算はすらすらや [続きを読む]
  • 12月16日 組分けテスト対策(理科・社会)
  • お次は理科と社会の対策会議。 理科は、「物の溶け方」「いろいろな気体」「物の燃え方」と理解して計算するものが中心。復習問題が一つ出ると思いますが、前回の組分けテストではどの分野も得点率に大きな差が無くて傾向がつかみづらいですが、「金属と温度変化」か「水と温度変化」ですかね。 いずれにしても、得点の中心は計算やら理解が中心で、覚える単語などは多くありません。類題と過去問を何周か回して弱点対策中心、特 [続きを読む]
  • 12月16日 組分けテスト対策(算数)
  • しばらく体調を崩していてお休みしていました。今日から復活です。いよいよ来週末は組分けテスト。ぼつぼつB組から脱出して欲しいと思うのが親心。本人もステップアップしたい気持ちは強そう。ということで、一番配点の多い算数から対策です。 大問1の計算は問題無さそう。全問取って32点。量・単位の変更だけいつもやられて帰ってくるので、a/haやdL/mLを復習。デシリットルとか使わないので要らない気もしますけどね。 大問2 [続きを読む]
  • 算数第14回 場合の数 週テスト対策
  • こんばんは。今週も週テスト前日がやってまいりました。場合の数は、計算力を問われるというよりは、気配り・目配りの世界でありまして、比較的楽にこなせています。娘の話を聞いていても、苦手な子と得意な子が分かれるようです。うちの娘は条件整理と同様にとっても得意なようですが、図形の問題は例外で蕁麻疹がでるのだとか。はぁぁ。 とりあえず、自信を無くされても困るので、昨年の週テストB問題から。大問1の計算は早速 [続きを読む]
  • 計算の豆知識 九九の計算を逆に使う
  • ふだん算数をやっていて、気になったものはその時ごとにアドバイスしています。大人には当たり前でも、子供にはびっくりなアイデアだったりするようです。 難しいのは子供がどういう思考回路で物を考えたり、計算をしているのか見極めた上で、適切な内容を、適切なタイミングでアドバイスする必要があります。 昨日は分数の約分をチンタラやっていたので、いい加減にスピードアップする方法を。 計算していた分数は72/16 とりあえ [続きを読む]
  • 算数第14回 場合の数 問題演習
  • 週テストまであと3日。あまり教えることも無い単元ですが、一応問題演習です。先ずは計算14回⑧を使ってさらりと土曜日の復習。数字のカードを並べたりするのは、本人の宣言通り問題無さそうです。 ちょっと危なっかしいですが、掛け算をつかって計算を省略してます。ふとした瞬間に例外が出てくるのですが、そこには何とか気づいて自己修正。よしよし。 さて、ここで問題は図形の場合の数。三角形やら、四角形やらを組み合わせて [続きを読む]
  • 4年生 冬期講習
  • 年末年始の予定を立てなければと、改めてスケジュールをチェック。四谷直営校では4日間×200分の受講が必須になっているとのこと。内容的には復習が7割程度、予習が3割程度。 年末年始と言えば、クリスマスもあれば、お正月もあって、お年玉ももらえて、新しい遊び道具もやってくる小学生にとっては1年で一番楽しい夢のような季節。無理に塾へ放り込んだとして、授業をちゃんと聞き、テスト対策に身を入れる・・・などわが子には [続きを読む]
  • 理科第13回 いろいろな気体の復習
  • 来週末の組分けテストに向かって、理科・社会の対策を進めています。 基本は算数をしっかりやって、理科・社会に無駄な時間は使わないというのが原則と聞きますが、理科と社会は話の中身によっては子供の直感に響きますし、身近な話も多いので、受験は抜きにして教材を使うようにしています。それで点が取れればなお良し、ぐらいの期待値です。 さて、モノが溶けるシリーズが終わって、今度は「気体」。そう見えないものです。さ [続きを読む]
  • 社会第13回 野菜とくだものづくり
  • 今週は算数に余裕がありましたので、理科と社会の復習も少しずつ。理科はさすがに覚えていますが、社会は結構知らないこともあり、パパの勉強にもなります。 娘:ねぇねぇ、わい化栽培ってなに?パ:は?(知らん笑) 促成栽培とか有機栽培じゃないの?娘:うん、ちがう。わい化って書いてある。パ:じゃ、グーグル先生に聞いてみよう! パパは理科系ではあるのですが、日本史&古典は高校で1位を譲ったことが無い変わり者。とこ [続きを読む]
  • 算数第14回 場合の数
  • 今週で組分けテスト前の単元が一通り終わりますが、第14回は場合の数。算数の中ではちょっと変わったといいますか、教えるのがなかなか難しい分野と思います。逆に、今回の勉強範囲であれば、勝手に問題解かせても出来るんじゃないかという簡単さもあります。 ざっと問題を見たところでは、週テストの大問3番は「順列」「樹形図」が書ければ問題無さそうな感じですね。図形の問題をふくめて、ややこしくしようとすれば幾らでも難 [続きを読む]
  • 目指す方向を決めてブログタイトル変更
  • 3年生の終わりから始まった塾通いですが、早くも1年が経とうとしています。もともと、「受験なんてするの?」という姿勢から始まり、ちょっと斜に構えていました。3年生の学力に偏差値を付けたり、むやみやたらに先取り学習をすることが良いことなのか。 長い人生のなかではいくつも関門があり、普通に行ける公立中学校があるにもかかわらずわずか数時間の試験に向けて、3年以上の歳月をかけて準備することの効率の悪さ。正直なと [続きを読む]
  • 算数第13回 割合 週テスト
  • 今週も「自信ない。忘れた…」とダイイング・メッセージを残して週テストに向かっていきました。前日までの練習では、大問4番までしっかりと出来ているので、そんなことは無いでしょとは思っていたのですが。 結果的には4問が間違い、70点台半ばで戻ってきました。実力的には80点後半から90点前半といったところでしょうか。まず大問1番の計算を…「ここで6点も落とすなぁぁぁ!」。しっかりと理解して解くところまで何時間でも [続きを読む]
  • 算数第13回 割合(1) 意外な盲点&図の威力
  • 仕事がばたばたしていて、更新おくれましたが、週テスト対策はぼつぼつ進みました。解き方が色々とあるようで、娘の頭は混乱気味でしたが、今週はなんとか間に合った感じです。このペースで毎週追い立てられるのは、正直なところ疲れますね。途中で少し休憩的な単元があれば良いのですけれど。 問題演習を進めるうちに、ついつい難しい問題ばかりに目を向けるようになりますが、まだまだ頭のなかは小学四年生。大人ならば思いもつ [続きを読む]
  • 算数第13回 割合(1) 問題演習を通して図を書く練習を重ねる
  • 四谷大塚での授業も終わり、問題演習を続けています。やはり、わかったようで、わかっていないところは沢山あり、やはり「もとにする量?」「くらべる量??」「割合???」となって頭が爆発しています。こんな言葉を覚えても何の得にもならず、せっかくある頭をつかって問題を把握することに努める方向としました。 一番計算がややこしいと思われるこちらの問題。日曜日に続いて別のアプローチで特訓です。 4年1組の生徒が8人欠 [続きを読む]