kodosemi さん プロフィール

  •  
kodosemiさん: 無用のことながら
ハンドル名kodosemi さん
ブログタイトル無用のことながら
ブログURLhttps://ameblo.jp/kodosemi/
サイト紹介文宮城県仙台市宮城野区岩切にある「弘道ゼミナール」の塾長ブログです。宮城県の受験情報なども発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供420回 / 242日(平均12.1回/週) - 参加 2017/11/21 19:34

kodosemi さんのブログ記事

  • この問題を解いてみてください
  • 以前、中学3年生の子たちに、 「九九の1の段から9の段までの答え全てを足したらいくつになるか?」 という問題を出したことがあります。 その学年は比較的優秀な子が多い学年で、 その後東北大学に進んだ子もいたのですが、 残念ながら誰もわかりませんでした。 ただ、この問題はとんちが必要なわけではありませんし、 小学生レベルの知識でも十分に答えられますので、 算数や数学が得意な子であれば、 必ず答えられるはずで [続きを読む]
  • 講習会のシフト組み
  • 今、講習会のシフトを組んでいます。 夏休み後半の振替授業や、 中3生の集団指導形式授業を除いて考えた場合、 昨年は2500コマ強でした。 ところが今年は中3生3000コマに乗りそうな勢いです。 コマ数が増えれば増えるほど シフト組みは大変になりますが、 今年は幸いなことに協力的な講師が多い関係で なんとかなりそうです。 明日受講者の方に予定表を発送いたします。 ですから、7/21(土)には お手元にお届けで [続きを読む]
  • 本日
  • 本日は夏の入塾特典の〆切日となっております。 本来、「7/19(木)までに入塾手続きをされた方」 が対象の特典ですが、 本日中に連絡を下さって、 7/21(土)までに手続きを取られた方も 適用させていただきます。 入塾をお考えの方は、まずはお電話でご連絡ください。 [続きを読む]
  • 勉強時間は増やして、受講料は上げない
  • 夏休みは、受験生にとって 非常に大事な時期であることは 言うまでもありません。 ここで大幅に成績を伸ばしたいところなのですが、 そのためには十分な勉強時間を 確保する必要があります。 ところが個別指導塾の場合は、 講習会の授業時間数を増やすと、 受講料もかなりの金額になってしまいます。 ですから一般的な個別指導塾の場合は、 10万円台から20万円程度の 受講提案をするところが多いのではないでしょうか。 当 [続きを読む]
  • 13年前の話
  • 13年前のちょうど今頃、 中2の女の子が塾に入ってきました。 直近の定期試験の点数は166点。 数学にいたっては17点です。 ところが入塾後1回目の試験で297点を取り、 その後もものすごい勢いで点数を伸ばしていきました。 そして中3ではなんと430点を取ってきました。 入塾後の定期試験の点数の伸び264点というのは、 当塾の記録で、未だに破られていません。 ちなみに点数の伸び第2位の記録は229点です [続きを読む]
  • 14年前の話
  • 14年ほど前の秋ごろ、 ある中2の子が入塾してきました。 直近の学校の定期試験の点数は、 5教科500点満点で132点。 もう学年全体でも後ろには 数人しかいないような点数でした。 ところが、塾に入って最初の試験で220点までアップ。 その後も少しずつ点数を上げ、 最終的に274点まで上がりました。 ところが、自己最高点の274点を出した後、 その子のお母さんから電話があって、 突然退塾になりました。 お [続きを読む]
  • ティーサーバーとウォシュレットとエアコン
  • 当塾では、5〜6年前からティーサーバーを置いています。 そこで塾生は、お茶やレモン水などを いつでも自由に飲むことができます。 おそらく、ティーサーバーを置いている塾は 少ないと思います。中には、 「子供は水道水で充分」 という意見もあるでしょう。 ただ、今は自宅でも水道水を飲む子は少なくなっています。 昔と「普通」の基準が変わってきているわけですから、 塾もそれに合わせて変えていくべきだと思います。 [続きを読む]
  • 開成と二華 その3
  • こちらの記事の続きです。 さて、日本有数の難関高校である開成高校で 入学辞退者が急増していること、 そしてその大きな理由の一つが、 「中高一貫校の高入生は伸びない」 という現実があることについて書きましたが、 実は、開成高校はまだマシなのです。 なぜなら、開成高校の高入生は相当優秀で、 中入生との差がそれほど大きくないからです。 以前載せたこちらの記事にもありますが、 開成高校の合格者の中には、 筑駒や日 [続きを読む]
  • 開成と二華 その2
  • こちらの記事の続きです。「中高一貫校の高入生は伸びない」と言われている理由は、詳しく書かなくても、何となく理解できるのではないでしょうか。まずは高校入学時点の授業進度の違いが大きな問題です。また、最初から学校に馴染んでいる中入生に対し、高入生は完全な「新入り」です。慣れるまでは相当なアウェー感があるでしょう。そもそも中高一貫校は、中高一貫というスタイルに、大きなメリットがあるという前提で存在して [続きを読む]
  • 開成と二華
  • こんなまとめ記事がありました。 東京大学合格者数で毎年トップになる開成高校で、 入学辞退者が急増しているという記事です。 もともと開成高校は、東大合格者は多いものの、 それは定員が多いことや、 医学部進学者の割合が低いことが大きく影響していて、 難易度や進学実績において 「日本一」という評価を受けているわけではありません。 ですから、灘や筑駒などに合格すれば、 そちらを選ぶ子が相当数います。 ただ、それ [続きを読む]
  • 私立大学を選ぶのは、逃げではない その3
  • こちらの記事の続きです。 また、高校の先生が国公立大学を推すのは、 「国公立大学志望者のほうが指導しやすい」 という点も理由の一つに挙げられます。 私立大学の場合は、基本的に 大学ごとに問題が異なります。 当然、難易度や出題傾向も違っているので、 対策のしかたも大学ごとに異なります。 それに対して、国公立大学は基本的に 全てセンター試験を受けることになります。 しかも中堅レベルまでの国公立大学は 個別試 [続きを読む]
  • 私立大学を選ぶのは、逃げではない その2
  • こちらの記事の続きです。 高校の先生が国公立大学をすすめる理由の1つめは、 「今の宮城県の公立高校は、国公立大学の合格者数で  評価される傾向があるから」です。 高校の説明会に行くと、 「うちの高校は国公立大学に〇〇名合格しました」 というような話がよく出てきます。 具体的な数値目標を設定している高校も多いのですが、 その目標を達成するには、 できるだけ多くの生徒に、 国公立大学を目指してもらう必要があ [続きを読む]
  • ある日の会話
  • A子「先生、〇〇先輩、超かっこよくないですか?」 私「ん、〇〇?そうか?まあ背も高いし、シュッとしてるけどね」 A子「格好いいですって。それから△△先輩も」 私「二人とも××高校だよ。そんなに格好いいって言うんだったら、  A子も××高校に行ったらいいんじゃないの?」 A子「私は絶対無理ですよ。勉強しても全然覚えられないし」 私「そんなことないって。昔いたんだよ、A子と同じぐらいの成績の子が。  その子が中 [続きを読む]
  • 私立大学を選ぶのは、逃げではない
  • 宮城県は国公立大学信仰が強い地域です。 ですから、中堅以上の高校に入った子は、 入学時に国公立大学を 第一志望校にする場合がほとんどです。 ただ中には、途中から私立大学に志望変更する子もいます。 「私立大学のほうが魅力的だから」 「理数系教科が苦手なので」 「国公立大学には届きそうにないから」など、 理由は様々ですが、 志望大学の変更を高校の先生に告げると、 「お前は逃げるのか!」 というようなことを言わ [続きを読む]
  • サッカーと勉強
  • こんな記事がありました。 サッカーのワールドカップの準決勝で、 フランスに敗れたベルギーの主将が、 「失望した」と発言したとのことです。 サッカー選手にとって、ワールドカップは最高峰の舞台です。 そこで力を発揮できず、負けてしまったときに、 熱くなってしまうのはわかります。 ただ、やはりそういう発言は情けないと思います。 なんだか、試験が終わった後に、 「いつもと出題傾向が変わったから力を発揮できなか [続きを読む]
  • まいどおおきに その2
  • 仙台の人、というよりも東北の人は、 いい意味でも悪い意味でも、 最も日本人らしい資質を持っていると思います。 「謙虚」「我慢強い」「人の和を大切にする」「常識的」 というイメージです。ただし、 「自己アピールできない」「地味」 「周りを気にしすぎる」「常識の殻を破れない」 というようなマイナスのイメージもあります。 それに対して関西の人は、 東北の人の対極に位置している印象があります。 まるで正反対なので [続きを読む]
  • まいどおおきに
  • 先週末に、プライベートで大阪に行ってきました。 こんなものや、 あんなものや、 77 とにかく色々なものを食べてきました。 また、こんなものや、 こんなものも見てきました。 東京は仙台と近い部分が多いのですが、 大阪はまるで違っていて、 色々と考えさせられることがありました。 次回に続く。 [続きを読む]
  • 国立大学 公立大学
  • 私は、「国立大学は合併して総合大学化するべきだ」と考えています。 例えば宮城教育大学。 教育系の単科大学ですが、 東北大学と合併すれば、 理科の先生を目指す人が理学部の講義を受けたり、 国語の先生を目指す人が文学部の講義を受けたり することができます。 教職系の講義が増えれば、 東北大学の学生にとってもメリットがあるでしょう。 国立大学は、地元中心に 幅広く学生を受け入れられる体制を 作るべきだと思います [続きを読む]
  • 国公立大学を目指す高校3年生へ
  • 国公立大学は、基本的にはセンター試験で 7〜8科目の受験が必要になります。 ただ、現段階では合格ラインに届いていない人が ほとんどではないでしょうか? そうなると自分の弱点ばかりが気になって、 あれもこれもと色々な科目に手を出してしまいがちです。 そうなると、どの科目の勉強も 全部中途半端になってしまいます。 ですから、まずはとりあえず勉強する科目を絞りましょう。 基本的に英語、数学は絶対です。 この2 [続きを読む]
  • 塾で働くということ
  • 当塾は開校してから今年で15年目になります。これだけ長くやっていると、働いてた講師や、教え子の中で、「塾で働きたい」と考える人が出てくることがあります。塾に対して良くない印象を持っていたら、そうは考えないでしょうから、嬉しいことではあります。ただ、勘違いしていると思われる部分もあって、ちょっと複雑な気持ちになるのです。勘違いの一つ目は、「塾は学校と違って、 教えることだけに集中できる」というもので [続きを読む]
  • 定期試験対策の反省
  • こちらにも書きましたが、今回の定期試験では、 前回の試験から100点以上アップした子が 現段階で2人しかおらず、 ちょっと期待外れでした。 そういう結果になった大きな原因の一つとして、 「中3、中2の理科が不振だったこと」 が挙げられます。 今の教科書では、中3、中2とも 化学分野から始めることになっています。 化学式とか、イオンなどについて学習するわけですが、 この単元の理解度が今ひとつなのです。 当 [続きを読む]
  • 平成30年度Ⅰ期定期試験の結果 途中経過
  • 今年度1回目の定期試験については、 だいたい全体の4分の3の子の点数が判明しました。 前回の定期試験と比べて 5教科500点満点で100点以上アップした子は、 今のところ2人だけ。 90点アップした子がそれに続きます。 正直なところ、以前は100点以上アップする子が もう少しいました。 最近はちょっと減少傾向だと思います。 定期試験は、問題が簡単でオーソドックスなほうが 点数を上げやすくなります。 です [続きを読む]
  • 塾のチラシ
  • 今日は情報収集のために、 色々な塾のチラシを見ていました。 チラシを見ていると、 うまくいっている塾とそうでない塾は、 チラシにも違いがあるように思いました。 大雑把に言うと、当塾のような小規模塾のチラシは、 次の3つに分類できるように思います。 ①大手塾のような見栄えの良いチラシを作っている。 ②そもそもチラシを作っていない。 ③見た目は地味だが、個性的なチラシを作っている。 うまくいっている塾は、 [続きを読む]
  • 褒めるとき
  • よく言われることですが、 誰かを褒めるときには、 その人がいないところで褒めるのが効果的です。 直接言われると、 お世辞っぽい雰囲気が漂ってしまうのですが 「〇〇さんが、あなたのことを褒めていたよ」 というように誰かから間接的に伝えられると、 お世辞っぽさが薄れるのです。 以前、こんなことを書きましたが、 これもそういう効果を狙ってのことです。 もちろん、無差別に褒めているわけではありませんよ。 実際に「 [続きを読む]
  • 数字は半角?
  • こんなツイートがありました。数字を半角ではなく全角で書いてバツにされたことに対する疑問のツイートです。本質とかけ離れた部分に、病的と言っていいほどこだわる先生はどこの学校にもいらっしゃいます。ほとんどの方はこのツイートを見て、批判的な感想を持たれたのではないでしょうか。私も同じ意見ではありますが、ただテストではなく、ノートに書いた数字に対してこういう対応をしたのであれば、必ずしも間違いではないよ [続きを読む]