Sumo_momiji さん プロフィール

  •  
Sumo_momijiさん: 独眼竜相撲道
ハンドル名Sumo_momiji さん
ブログタイトル独眼竜相撲道
ブログURLhttp://sumo1982.jp/
サイト紹介文独断と偏見の相撲ブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 164日(平均0.9回/週) - 参加 2017/11/22 19:09

Sumo_momiji さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 週刊新潮記事「モンゴル互助会」を否定できない自分がいる
  • ■週刊新潮「白鵬灰色の10番」とモンゴル互助会の存在12月7日に発売した週刊新潮の記事を読んだ方はいらっしゃるだろうか?「貴乃花の停戦条件はモンゴル互助会殲滅」「白鵬灰色の10番」と銘打たれた記事でモンゴル人同士で星のやりとりを行うモンゴル互助会の存在を指摘している。そして、今まで白鵬が行なった取り組みの中で八百長があったと疑われる10番を取り上げていた。日馬富士の暴行事件が盛んに取り上げられていることを [続きを読む]
  • 白鵬がラオウになるなら、稀勢の里がケンシロウになるしかないだろう
  • ■バッシングを受ける白鵬はラオウ化が進んでいる大相撲は、今年最後の興行である冬巡業に入った。例年ならば、本場所が終わり相撲自体メディアに取り上げられなくなる季節となるが日馬富士の暴行事件の影響で、ワイドショーは、相変わらず大相撲をトップニュースに取り上げている。そして、日馬富士が引退した今メディアは、白鵬と貴乃花親方の対立関係を煽り立てようとしている。その動きに呼応するようにネット上では白鵬に対す [続きを読む]
  • 独善的に振舞う白鵬は大相撲界のラオウになれば良い
  • ■通算6度目の厳重注意と貴乃花親方外しを進言する独善ぶり白鵬の独善的な行動が止まらない。九州場所の嘉風戦で見せた物言いと、千秋楽での優勝インタビューでの発言と振る舞いが問題視され厳重注意を受けた白鵬だったが今度は、貴乃花親方を冬巡業から外すよう進言したとのことだ。どのような意図があっての発言かは定かではない。今までの日馬富士暴行事件の経緯を考えると貴乃花親方に対する不信感からの言葉であることが推察 [続きを読む]
  • 2017年九州場所総括 希望は土俵にある
  • ■日馬富士の暴行事件で、騒がしかった九州場所今年の九州場所は、日馬富士の暴行騒動もあり個人的に土俵の相撲を集中して見ることが難しかった。相撲ファンの方々も同じ気持ちではなかっただろうか?そして、土俵に上がる力士達にも日馬富士の事件は大きく影響した事だろう。特に日馬富士が所属する伊勢ヶ浜部屋の力士達には大きな動揺が走ったことが窺える。しかし、九州場所の15日間を振り返ると、力士たちは、土俵上で白熱した [続きを読む]
  • 引退を決めた日馬富士。世論はあまりにも公人に厳しすぎる
  • ??潔く責任を取った日馬富士「横綱日馬富士が引退を決意。」衝撃のニュースだった。まだ事件の全容が掴めていないこのタイミングで引退を表明するのは早急だと感じるが、日馬富士は、これ以上騒動が大きくなり混乱することを望んではいなかったのだろう。九州場所中に引退宣言すれば、力士達に動揺が走る事を考慮してこのタイミングでの決意表明となったわけだが、土俵上で見せる、潔い相撲と同様に潔い決断だ。しかし、やはり日 [続きを読む]
  • そんなに万歳がまずかったか?白鵬をとにかく叩く空気が怖い
  • ■白鵬の優勝インタビューでの万歳三唱にそこまで問題があったとは思えない九州場所千秋楽。すでに優勝を決めている白鵬が、豪栄道を下し優勝に華を添えた。白鵬が前人未到の40回目の優勝を飾ったことで、優勝インタビューもお祝いムードで進んでいったのだがそのインタビューが世間の批判を浴びている。白鵬はインタビュー中で日馬富士が起こした不祥事を力士代表として謝罪し、膿を出しきり日馬富士と貴ノ岩を土俵に戻してあげた [続きを読む]
  • 2017年九州場所14日目 たぶん幕内最速採点 白鵬14日目で優勝決定!
  • 九州場所は、14日目。2敗力士が全て敗れ、白鵬が結びの一番で圧勝したことで千秋楽を待たずに優勝が決定した。勝負所で力を見せるところがさすが白鵬といったところだろう。この日は隠岐の海を鋭い突き押しからのはたきで破った玉鷲や格上の嘉風を落ち着いて攻めきった逸ノ城などが光った。さて、採点に移ってみよう。■九州場所13日目 幕内最速採点●竜電:○大奄美:6大奄美が立ち合いから、左四つの形を作り右上手を引いて前廻 [続きを読む]
  • 白鵬は「最強の横綱」から「最高の横綱」に変わらなければならない
  • ??2017年九州場所は白鵬の強さが突出していた2017年九州場所は、千秋楽を待たずに白鵬が40回目の優勝を決めた。11日目の嘉風戦で、1分近く判定に抗議した事で大きな批判を受けたものの、14日間横綱として強さを見せ続けたのはさすが白鵬である。今場所は最終的に9名の関取が休場し、番付上位でも3横綱1大関が休場場所となった。ライバルとなるべき横綱、大関の不在が白鵬の優勝を容易なものにしたという指摘する人もいるかもしれ [続きを読む]
  • 3場所ぶりの白鵬戦に挑む遠藤。勝って飛躍のきっかけを掴むか?
  • 大相撲九州場所は13日目を終えた。この日、首位を走る白鵬が結びの一番で宝富士のいなしと出し投げで2度あわやのところまで追い詰められた。しかし、そこは横綱白鵬。2度の危機を、信じられない反射神経で土俵際で堪えて、逆転勝利を収めたのだった。薄氷の勝利となったものの、結果的に白鵬の身体能力と高さとここ一番の勝負強さをまざまざと見せつけられる形となった。白鵬は、厳しい相撲に勝利したことでこのまま優勝に向けて突 [続きを読む]
  • 2017年九州場所10日目 たぶん幕内最速採点 盤石白鵬!
  • 九州場所も10日目を終了した。この日も白鵬は盤石の強さで勝利した。他にも、抜群の立ち合いで圧勝した遠藤。叩く相手に落ちずについて行って勝利した嘉風など好取り組みを見せてくれた力士が多かった。それでは早速採点してみよう。■2017年九州場所10日目 幕内力士採点○琴勇輝:6●石浦:鋭いかち上げで石浦の動きを止め一方的に突き押し土俵外に押し出した。●妙義龍:5○輝:6.5中に入ろうとする、妙義龍を輝が左を固めて前 [続きを読む]
  • 旭鷲山をキーマンと語るワイドショーは事件を煽りたいだけだ。
  • ??元小結旭鷲山という新たな出演者を手に入れたワイドショー日馬富士の暴行騒動は、未だにワイドショーが朝のニュースで取り上げられている。それだけ世間が関心を持っている事件ということなのだろう。ただ、その報道は一時期ほどの過熱ぶりを失っているように感じる。日馬富士が警察からの取り調べを終え、貴ノ岩から詳細が語られないため、事件の進展がないからだ。このまま、警察による取り調べが粛々と進めば混乱なく全容が [続きを読む]
  • 白鵬の待った要求後の態度で礼節は日馬富士が上とわかる
  • ??白鵬は、判定が不服だとしても、礼で終わるべきだろう。九州場所11日目、結びの一番は異様な雰囲気に包まれていた。嘉風に敗れた横綱白鵬が、待ったを要求し土俵の下から動かなかったのだ。白鵬は、嘉風が立ち合い後に力を緩めたと感じ待ったを要求したとのことだが両者の手付きに問題はなく、行司も取り組みを止めなかった。つまり、自己判断で勝手に力を抜いた白鵬に否があると言わざるおえない。白鵬はよほど判定が不服だっ [続きを読む]
  • 9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう
  • 九州場所も10日目を終えて、いよいよ後半戦に入ってきた。いよいよ今年最後の大相撲も、佳境に入り盛り上がりを見せてくるところだ。しかし、ここで残念なニュースが入ってきた。横綱稀勢の里が、10日目から休場となったのだ。9日目の時点で5敗と黒星が先行し、状態が悪い事が分かっていたので仕方がないところだろう。■休場は妥当な判断だ稀勢の里の休場の理由は、腰部挫傷、左足前距腓靱帯損傷とのことだ。以前投稿した記事にも [続きを読む]
  • 横綱審議委員は無責任な発言を止めるべきだ
  • 日馬富士の暴行問題が沈静化しない。事件当時現場にいた力士達に対し、九州場所に出場している力士は場所後に聞き取りが行われることが決まり、多少なりとも一連の騒動が収まりを見せるかと思われたが、相変わらずワイドショーでは連日この問題を取り上げている。そんなニュースの中で目を疑いような内容があった。横綱審議委員の一人が、テレビの取材に応じ「貴乃花親方は時期相撲協会理事選挙に横綱を利用した」「貴乃花親方を懲 [続きを読む]
  • 2017年九州場所8日目 たぶん幕内最速採点 白鵬に死角なし
  • 九州場所も、中日を終えた。この日も危なげない相撲を見せた白鵬は危なげのない相撲を見せた。この白鵬から白星を勝ち取ることは至難の業だろう。白鵬を追いかけるもっとも有望な力士である大関豪栄道は、内容のいい相撲で千代の国に勝利した。また、逸ノ城が横綱稀勢の里を破り金星を挙げている。これに気をよくして1敗をキープし続けられるのか?それでは、採点してみよう■九州場所8日 幕内採点●錦木:4.5○豊山:錦木は豊 [続きを読む]
  • 白鵬のV40という偉業達成が大きく盛り上がることを強く願う
  • ■今場所の白鵬は際立って調子が良い2017年九州場所も中日を終えた。日馬富士の暴行問題が世間を騒がし、本場所に影を落としているものの土俵は盛り上がりを見せている。中でも、横綱白鵬の出来が素晴らしい。8日目の相手は、前日稀勢の里を破って金星を挙げた北勝富士。勢いに乗る若手ならば、何かをやってくれるかと期待していたのだが、立ち合いから、白鵬が左に動きながら上手を引くとそのまま、簡単に寄り切ってしまったのだ [続きを読む]
  • 過去の記事 …