ぼっちろぐ さん プロフィール

  •  
ぼっちろぐさん: ぼっちろぐ
ハンドル名ぼっちろぐ さん
ブログタイトルぼっちろぐ
ブログURLhttps://www.bocchilog.work/
サイト紹介文会社辞めてフリーターになった底辺ぼっちがいろいろと語るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2017/11/22 20:05

ぼっちろぐ さんのブログ記事

  • みんな口だけの「仕事よりプライベート優先」
  • 若者の6割「仕事よりプライベート」がネットで話題 「社畜にメリットなし」「仕事するために生きてるわけじゃない」最近は「仕事よりプライベート優先」という志向が強まっています。そう思うのは全然いいんですけど、ただ、「プライベート優先」と言っている人のうち、一体どれくらいの人が実行できているんでしょうね。まさか、フルタイムで働きながら「プライベート優先だ」とか言ってませんよね?まず、フルタイムで働いてい [続きを読む]
  • やりがいを求めるならブラック企業に入るべきか
  • ブラック企業ってのは、本質的には「労働者を接待してやりがいを与えるかわりに料金を貰っている」だけで、別に悪い事をしてる訳じゃない自分自身でやる気を出せないクソとかカスを、頑張って工夫して、何とかまともに働けるようにして、その分の料金を賃金から差し引いてるだけだ― 砂鉄 (@satetu4401) 2018年11月30日 俺は従業員に一切やりがいを提供しない。指示に従わない奴は秒でクビにするし、何を作るかの裁量権も与えない [続きを読む]
  • 年金を払うか株を買うか
  • 国民年金の保険料は、所得に応じた免除制度があります。私も低所得者なので、免除を申請しています。別に全額払えなくもないのですが、それでも免除申請しているのは、年金の破綻を懸念している……からではなく、今は年金よりも株を買いたいからです。おそらく、長期的には年金よりも株のほうがリターンが高いと思われます。(試算はしてないので、いくら得かは分かりませんが。)なので、もう既に高齢者でもない限り、年金を払う [続きを読む]
  • 「親切にする人」は選別すべき
  • あのさぁ、もういい加減他人に道訊くの止めてくれませんか? - さようなら、憂鬱な木曜日上記の記事は、「道くらいスマホですぐ調べられるのに、一々聞いてくるな」という趣旨のものです。これに対して「心が狭い」や「誰にでも親切にすべき」という批判がありますが、私は「心が狭い」には同意しますが、「誰にでも親切にすべき」についてはそうは思わないです。今は道くらいスマホですぐに調べられます。しかし、世の中にはスマ [続きを読む]
  • 夢の国はなかった
  • 東京ディズニーランドでパワハラ訴訟 女性に「ババアはいらねえ」 - ライブドアニュースディズニーランドでパワハラと過労があったようです。「(従業員に)30歳以上のババァはいらない」「ディズニーシーに異動(シーが左遷先であることを示唆)」など、衝撃の事実も明らかになりました。ディズニーランドと言えば、来場者だけでなく従業員もニコニコと楽しそうに働いている、正に「夢の国」だと思っていましたが、残念ながらそれは幻 [続きを読む]
  • 金融リテラシーはないほうが健全なのかも
  • 日本人は金融リテラシーが低いと言われますが、ここ最近は金融リテラシーが低い人間はよくバカにされている気がします。まあ、確かに金融リテラシーが低いと、怪しい話に騙されたり、低賃金労働で搾取されたりと、実際にバカを見ることになります。こういったことにならないために金融リテラシーを身に付けるわけなんですが、しかし、金融リテラシーがないと痛い目を見るような世の中って生き辛くないですか?金融リテラシーがなく [続きを読む]
  • セミリタイアはある意味低リスクな生き方
  • セミリタイアは超リスクテイク以前書いた記事とは全く逆なタイトルですが、基本的にセミリタイアはリスキーな生き方だと思います。セミリタイアとは若くして労働をやめることなので、そうなると安定した収入が見込めなくなります。副業するにしても、投資するにしても、ある日突然収入が減るみたいなことは、普通に働いているときよりも起こりやすいです。つまり、セミリタイアは金銭的なリスクを思いっ切り取っているという意味で [続きを読む]
  • 投資本を読まなくなった
  • ここ最近株式市場が大荒れですね。それはさておき、私も株式投資をしているので、以前は投資本をそれなりに読んでました。ジェレミー・シーゲルの「株式投資」や「株式投資の未来」とか、チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」とか、ハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」とかその他諸々…まあ、メジャーなやつばかりですけど。ですが、最近は投資本はめっきり読まなくなりました。私の場合、投資本で得た知識を使うこ [続きを読む]
  • 毎日同じことをしていると時が一瞬で過ぎる
  • 時の流れは早いもので、2018年ももう終盤に差し掛かりました。最近というか、大人になってから時間の流れを早く感じます。この現象には「ジャネーの法則」という名前がついていますが、大人になってから時間の流れが早く感じられるのは、毎日同じことをしている(刺激が少ない)からでしょう。毎日同じことをするのは退屈なので、それをやっているときはむしろ時間の流れが遅く感じられます。しかし、退屈な時間というのは記憶に残 [続きを読む]
  • 親からの期待が辛い
  • 私は現在実家暮らしで親との距離が近いため、親が私に対してどう思っているかがちょくちょく伝わってきます。私はもう自分の人生をこれ以上向上させようとは思っていないのですが、親はまだ私に対して期待のようなものを捨てきれていないようで、それが伝わってくると申し訳ないというか辛い気持ちになるんですよね。私は無駄にいい大学を出て、いい会社に就職した経験があるので、親は私のことを未だに有能でやればできる子だと思 [続きを読む]
  • Pontaポイントでお試し引換券使うの辞めました
  • 私は普段、リクルートカードでnanacoにチャージして年金や税金を支払うという定番の節約術をやっているので、Pontaポイントが地味にたまります。Pontaポイントの最もお得な使い方は、ローソンのお試し引換券を利用することで、私も以前はよく使ってたのですが、最近は全く使わなくなりました。Pontaポイントをローソンのお試し引換券に使えば、特定の商品が半額程度で買えます。ポイント還元率で考えればこれが最強の使い方なんで [続きを読む]
  • 値引き品に飛びつくのは買い物上手ではない
  • スーパーの値引き品を買い漁る人はたくさんいます。こういう人たちは自分のことを「買い物上手」だとか「節約上手」と言いますが、残念ながらそんなことはありません。むしろ浪費家に近いです。値引きに執着して不要なものをたくさん買っているという自覚がないのでしょう。私の母親もこういう買い物をの仕方をするタイプの人間なんですが、買い物の仕方を聞いてみると、買うかどうかの判断を定価からの割引率だけで決めてるんです [続きを読む]
  • 転職できる時点で強者なのかも
  • 最近、「仕事が嫌なら辞めればいい」なんてよく言われますが、はっきり言ってほとんどの人にとってはそんな簡単な話ではないです。今の仕事を辞める手段としては、転職、独立、セミリタイア等がありますが、これらができる時点でその人はある程度強者だなと最近思います。私も過去に仕事が嫌だからという理由で会社を辞めた経験がありますが、これができたのは既にある程度資産があったからです。それなりの資産があったのは正直言 [続きを読む]
  • ゲームの本質的な面白さとは
  • 2017年の世界ゲームコンテンツ市場は前年比約2割増、デジタル配信が9割を占める 『ファミ通ゲーム白書2018』が6月25日に発刊 - ファミ通.com2017年は、国内においてスマホゲー、ソシャゲの市場規模が1兆円を突破したそうです。一方、従来型のコンシューマーゲームの市場規模はずっと縮小傾向です。これだけ規模が拡大しているのだから、ソシャゲを面白いと思う人は多いんでしょうが、しかし、コンシューマーゲームユーザーはよく「 [続きを読む]
  • 男女平等を実現するための方法
  • 男女格差問題、とりわけ男女間賃金格差はよく問題にされてますが、女性の賃金が男性より低い理由は単純なことですよ。女性のほうが男性より労働時間が少ないからです。現在、女性の平均賃金は男性の約7割です。出典:https://president.jp/articles/-/13740一方、下記のグラフによると、女性の労働時間は男性の8割弱くらいです。出典:http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h27/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-03-02.html賃 [続きを読む]
  • おすすめの株を聞かないでください
  • 出典:http://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/49775株式投資をしていることを人に知られたら、よく「おすすめの株を教えて」と言われます。本気で知りたいのか、話を繋げるために適当に聞いているのか知りませんが、これを聞かれても困るんですよね。なぜかというと、「おすすめの株」なんてものはないから。「おすすめの株を教えて」というのは儲かる株を教えてくれということですが、そんなのは分からないので教えようが [続きを読む]
  • 投資する人は少ないほうがいい
  • 自助努力と自己責任の世界前回、資本主義を批判するようなことを書きましたが、とは言っても、資本主義の文句ばかり言っても仕方ない。文句ばっか言って貧困に落ちるよりは、資本主義社会で優位に立てるなら私もそうしたいわけです。資本主義社会で優位に立つとは、平たく言うとお金を大量に保有することなので、私はそのための手段として株式投資をやってます。そして、株式投資の世界にも他の投資家との熾烈な競争があるわけなん [続きを読む]
  • 自助努力と自己責任の世界
  • 今の世の中、「努力する人が偉い」という風潮が蔓延しています。他人に依存せず、とにかく自助努力する人は、ほぼ手放しで称賛されます。もちろん自助努力すること自体はいいんですが、逆に「努力しない=悪い」という風潮もかなり強いです。特に、努力してない人が不利な状況に立たされたときの、周囲からのバッシングは強烈です。「お前のせい」「自己責任」とボロクソに言われます。たとえ努力してもうまくいく見込みが低くても [続きを読む]
  • バカな人の思考パターン
  • 他人と接していると、たまに「この人バカだなあ」と思うことがあるのですが、こういう人たちは共通してとある思考パターンをもっているなと、最近気づきました。バカな人は基本的に大抵のことに注意を払っていないので、「え?そんなことも考えてないの?」と思うことが多々あります。そして、自らの不注意のせいで損していることもよくあるのですが、本人は気付いていないことが多いです。しかし、自分が損をしたことを偶然にも自 [続きを読む]
  • 誰かを養うってすごいですよね
  • 女性は結婚相手に自分よりも高い収入を求めがちですが、男性の私でもその気持ちは分からんでもないです。自分より収入の低い人と結婚した場合、夫婦で同一の生活水準で暮らそうと思ったら、相手のために自分のお金を使う(養う)必要があります。これを当たり前のようにやってる人って本当にすごいなあ、と思うのですよ。私も自分のお金を他人のために使うことはたまにありますけど(食事を奢ったり、贈り物をしたり等)、日常的に [続きを読む]
  • 嫌なら自分が出ていきましょう
  • 熟年だけでない「夫源病」の実態 夫が家にいるだけで「気が狂いそう」「動悸がヤバい」 - ライブドアニュース夫がずっと家にいるだけで妻の体調が悪くなる「夫源病」なる病が蔓延しているそうです。一緒にいるだけで体調を崩すとか、よくそんだけ人のことを嫌いになれるなと感心しますが、はっきり言って、そんなに嫌なら自分が出ていけば?という感想しか出てきません。特に、夫が定年退職後にずっと家にいることを嫌がる妻が多 [続きを読む]
  • 年収にこだわらなければいくらでもいい人はいますよ
  • 女性は結婚相手に高い年収(少なくとも自分よりは高い)を求める傾向があります。こういう背景がありながら「男女の賃金格差ガー」とか言ってるのは正直アホかと思いますが、今回はこの話は置いときます。女性が相手の年収にこだわる気持ちは分からんでもないですが、年収にこだわり過ぎると自ら選択肢を狭めることになります。年収を重視するとオッサンばかりになる日本は年功序列の傾向が強いので、高年収を求めるとオッサンばか [続きを読む]
  • あなたがいなくなっても社会には何の影響もありません
  • セミリタイアした人に対して、「働かずに納税もしない社会のお荷物だ!恥を知れ!」と批判する人がたまにいます。資産運用しながらセミリタイアしているのなら、金銭的リスクを取るという形で社会貢献している、と反論することもできますが、実際のところセミリタイアしている人のほとんどは低所得で税金もあまり払っておらず、社会にぶら下がっている感は確かに否めません。この批判は確かにその通りなんですが、ただこういうのを [続きを読む]
  • 「仕事人間」に対して思うこと
  • 仕事人間の老後は心底寂しいものになる 家族を顧みない人が落ちる孤独の闇 | プレジデントオンライン仕事に対して愚痴を言う人は多いですが、それでも意外と仕事が生きがいの人って多い気がします。生きがいというよりは、他にやることがないから仕事に打ち込んでいるというほうが正しいでしょうか。あまり他人の生き方に口出ししたくはないんですが、こういう人は将来仕事を辞めた後に悩むことになると思うんですよねえ。仕事が楽 [続きを読む]
  • 久々にやるゲームは面白い
  • 最近ブログの更新頻度が下がってますが、理由は単純にネタ切れです。相変わらず週2くらいでバイトして、バイト代と株の配当金でまた株を買うという毎日を繰り返すだけなので、そりゃネタも切れるだろって感じです。気分転換にどこか出かけようかとも思いましたが、これといって行きたいところもなく、外出するとお金がかかるのが気になって、結局引きこもってます。引きこもって適当にネットして過ごすのもいいのですが、たまには [続きを読む]