hiroyuki さん プロフィール

  •  
hiroyukiさん: 丙午世代の歩み
ハンドル名hiroyuki さん
ブログタイトル丙午世代の歩み
ブログURLhttp://mentalpark.seesaa.net/
サイト紹介文丙午生まれは少ない。 決して「バブル世代」とは 言われたくない!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 336日(平均0.6回/週) - 参加 2017/11/22 20:36

hiroyuki さんのブログ記事

  • もしも織田信長が・・・
  • 歴史に『IF』は禁物と言われます。歴史というものは『事実』の塊ですから。それでも、どうしても考えてしまうイフがあります。それは・・・。もしも、織田信長が本能寺で果てていなかったら!!信長は日本人の意識・感覚を超越していると思います。過去にも、現代にも、似ている人物が存在しません。(あくまでも私見ですが)信長があと10年間生きていたら、間違いなく日本は変わっていた。その変化は確実に現代にも影響していた [続きを読む]
  • 織田信長!!
  • 私は歴史が大好きです。司馬遼太郎、池波正太郎・・・。特に『戦国時代』が好きで、多くの小説を読みまくりました。歴史上の人物で誰がすきか?と聞かれたとき、豊臣秀吉、徳川家康、源義経、楠木正成・・・人それぞれ好きな人物がいますが、『織田信長』と答える人がかなり多いと思います。私も信長が大好きです。肖像画や歴史書を読む限りでは、かなりの『イケメン』です。でもそんなことではなく、彼の思考、考え方が凄まじいの [続きを読む]
  • 京浜東北線
  • 私はさいたま市に住んでいます。今日は凄まじかった・・・。言うまでもなく、京浜東北線です!!朝起きた段階で、運転見合わせ!!今日の悪天候は予想していたのですが、原因は天候ではなく、人身事故!!通勤でエネルギーを使い果たしてしまいました・・・。駅によっては入場制限があったそうですね。京浜東北線で通勤している皆さん、お疲れ様でした。こんな日は、音楽で自分を癒しましょう。私の世代のカリスマは尾崎豊、もう少 [続きを読む]
  • スクール・ウォーズ上映にNG!?
  • スポーツマンシップに反するラグビー協会からの圧力。サンウルブズ開幕戦の残念な事実YAHOOあの、スクール・ウォーズが・・・。スクール・ウォーズといえば、言うまでもない、丙午世代のど真ん中です!!上映がNG!?って・・・。確かに『暴力的な描写』はあります。というかほとんどがそうかもしれません。なんといっても、あの『顔面凶器』といわれる小沢仁志のデビュー作ですから。制覇15 [DVD] - 彼の役は、主役である山下真司 [続きを読む]
  • 怒りをどう処理するか!!アンガーマネージメント
  • 私は転職が決まったときに、今までの自分を見つめ直し、再生しようと決意しました。具体的には、『感情を制御しよう』ということです。今、色んなところで囁かれている、『アンガーマネージメント』です。私は小心者のくせに、何故か感情が表に出てしまう人間でした。好き嫌いが激しく、嫌いな人間に対してはどうしても態度に出てしまう。表情に現れてしまうのです。転職し、新たな職場に臨むのですから、克服して、爽やかな、感じ [続きを読む]
  • バレンタインという制度
  • 今日はバレンタイン・・・。私は、言うまでもなく『無縁』の世界です。確か小学生高学年の頃、今の制度が確立されていました。それから今日まで・・・。できることなら、何事もないような、通常の日にしてほしい。でも、周囲では様々なやりとりが行われている。これまで、全く『無縁』だったなら、まだ『別世界』のように受けとめることができたのかもしれないのですが、私の場合、若い時期、奇跡的に、大量にチョコレートを貰った [続きを読む]
  • 吉川 晃司!!
  • 吉川晃司!!丙午世代がリアルタイムで体験した、カリスマです。カラオケで何回歌ったかことか・・・。進学校にいながら、水球のオリンピック強化選手に選ばれる。でも、ロックの世界を選択し、高校を中退して芸能界に。破天荒です。そして身体能力を最大限に活かし、まさにロックを表現していました。そして年齢を重ねた今、大河ドラマで『織田信長』を演じるまでに・・・。とにかく人生そのものが格好いい!!正直、憧れました。 [続きを読む]
  • 体罰・兎跳び・水飲むな
  • 丙午世代は、学生時代に当たり前のように教師から体罰をうけ、運動部の練習では今では信じられないような世界をギリギリ体験してきました。体罰なんか悪いことすると、先生に殴られる・・・。ごく普通のことでした。『殴る先生の拳のほうが痛いんだ』などというフレーズがありましたが、そんなことで正当化されたりしました。今とは違って、抗議する親はほとんどいませんでした。『悪いことしたお前が悪い』とか、『見込みがあるか [続きを読む]
  • 煙草の臭いについて
  • 私は煙草を吸っています。世間では『悪魔』扱いされつつあるスモーカーです。やめられない、というかやめようと思ったことがありません。勿論、喫煙所以外の場所で吸ったり、吸殻をその辺に投げ捨てたりはしません。マナーというか、常識はわきまえているとは思います。少なくとも悪魔ではないと・・・。でも、どういうわけか、スモーカーでありながら、煙草の匂いに敏感なんです。煙草を吸うと、服に匂いがつきます。電車の中でも [続きを読む]
  • 転職者は評価されないのか
  • 転職すると、必ず経験する壁があります。どうすれば、あるいはどういう人が評価されるのか。組織にはそれぞれ評価基準があります。それは明文化されたものではなく、結果として高く評価される社員の類型が存在します。長く勤務していれば、その類型はなんとなくわかってくるものです。しかし、転職して新たな職場にいると、評価される人のパターンが見えてきません。実際に昇進した人の特長をつかもうとしても、そもそもその人のこ [続きを読む]
  • 歯は削ると悪化する?
  • 「これまで虫歯の治療と言えば歯を削ることでした。しかし、その考え方はもう古い。安易に虫歯を削ってしまうと、むしろ症状が悪化し、歯を抜かざるを得ない状況につながることが明らかになってきているのです」週刊現代そうなんですか?本当に?虫歯の治療といえば、削って、埋めて、あるいは抜いて・・・。それが私の常識でした。というかそれ以外の治療をうけたことがありません。その考え方は古いのですか?しかし古いといわれ [続きを読む]
  • めちゃイケが終了
  • めちゃイケ・・・。終わってしまうんですね。21年間か。視聴率の低迷は数年前から指摘されていましたね。振り返ってみれば、確かにここ数年間はほとんど観なかったかもしれません。めちゃイケがスタートしたころ、私も若かった。岡村隆史をはじめとする出演者も、みんな若かった。土曜日8時の枠。『全員集合』から『ひょうきん族』と受け継がれ、そしてめちゃイケ。前の2つの番組とは明らかに違っていた。その違いは・・・。めち [続きを読む]
  • 平成の大横綱・貴乃花親方の沈黙
  • 貴乃花親方「完璧にだまされた」 支援者が九州場所での親方の様子と発言を明かすYahoo ニュース不器用ですね・・・。私もこれまで、色んな方々から、『不器用』だと言われ続けてきました。もちろん、親方とは才能、人間性のレベルが全然違いますが。沈黙を守る。敢えて発言しない。親方の奥様は、元アナウンサー。『喋る』ことに関しては『プロ』と言えます。お母さまもTVで活躍されています。だから、上手く表現する術はいくら [続きを読む]
  • 男もスキンケアの時代!
  • 『肌断食』、『肌断捨利?』をはじめておよそ2か月が経過しました・・・。洗顔フォームや、石鹸は一切使わず、お湯だけで洗顔!直接シャワーを当てるのも禁止しました。テカるんじゃないかって、不安だったのですが。肌の状態はこれまでになく、良好です。触った感触が全然違います。心配した鼻のテカリもありません。今まで、毎日洗顔フォームでゴシゴシやってたのは、いったいなんだったんだと、後悔どころか、ぶつけどころのな [続きを読む]
  • 横浜銀蝿 Jhonny
  • 好きでした、『横浜銀蝿』!!1980年デビュー、1983年解散。活動期間は3年間だけ。でもインパクトが凄まじかった。丙午世代はその3年間、まさにど真ん中だったと思います。私が好きだったのは、貫禄のあるリーダー『嵐』ではなく、ヴォーカルで、常に前へ前へ出る『翔』でもなく、あの、寡黙なJhonnyでした!!あの名曲『ジェームス・ディーンのように』。今でも唄えます。下手ですけど。グループの中では寡黙で、目立たない存在 [続きを読む]
  • ネットカフェが唯一の休息
  • 私は、ネットカフェが大好きです。ネットカフェは、若い人だけのものではありません。実際、結構な年齢と思われる人たちがいます。個室で、今では悪魔呼ばわりされる煙草を吸いながら、ビールを飲みながら、漫画を読む・・・。そんな場所、ネットカフェしかありません。(私には)。家に帰れば、家庭があり、会社では仕事があり。(あたりまえですね)そんな私の癒しの空間がネットカフェなんです。以前は『漫画喫茶』と呼ばれてい [続きを読む]
  • 携帯電話が世の中を変えた!
  • 私が中学・高校生だった頃と今との違い。れは、間違いなく携帯電話(スマホ)の普及です!私の中学・高校時代は、携帯電話がなかったのです。友達と連絡を取るときは、自宅の固定電話にかけるしか方法がありませんでした。お父さんやお母さんと会話する可能性が高かったのです。今では簡単に、直接連絡がとれますが、当時は大変でした。同姓の友達ならまだしも・・・。彼女に電話する場合、お父さんが出る可能性も少なからずあった [続きを読む]
  • スキンケアの誤解
  • 高校時代に、友達から「脂性」と言われました。鼻がテカってると。自覚症状もあったので、とにかく「洗顔」。洗顔するしかないと思っていました。朝晩、洗顔フォームで。それでも改善しないので、洗顔ブラシまで使用しました。一時的にきれいになったような感じがするのですが、次の日には元通り。全く改善しないので、更に「脂取紙」を使用。今とは違って男がスキンケアなんて!という時代です。トイレでこっそり使っていました。 [続きを読む]
  • 要領がいい人
  • 要領がいい人がいます。サラリーマンの世界では、上司に評価されることを「第一義」として日々を過ごす人。そういう人は早く出世します。管理職の方々は、人事評価に関する研修を受けることがあると思います。そこでは感情ではなく、部下の実績、あるいは業務に取り組む姿勢等を客観的に評価する手法を学びます。でも、無理なんです。客観的に評価するなど。どうしても感情、言い換えると「好き嫌い」が評価に反映されてしまうので [続きを読む]
  • 社風って?
  • 転職。年収は大幅ダウン。同期も、信頼できる上司もいない新たな職場。言うまでもなく、分かっていた当たり前のことです。「社風」についても、当然違う。覚悟していました。あわせなければならない・・・。前の会社では・・・などは禁句です。絶対に言ってはならない。私の転職先は、中途入社がすくない会社です。新規事業などない、保守的な会社です。予想はしていたものの、何が辛いかというと、「居場所がない!」ということで [続きを読む]
  • ハイソカーに乗りたかった!
  • 大学生の頃、世の中はハイソカーブームでした。「クラウン」、「グロリア」、「ソアラ」等・・・。何故か白が流行っていました。裕福ではない家庭の私には手が届きませんでしたが、そのハイソカーを乗回す同級生がけっこういました。それは、お父さんの車です。羨ましかった。本当に。それだけで女子が寄ってきたりもしていたんです。私の場合、とにかく車に乗りたかったので、高校3年で免許を取りました。でも、車がありません。 [続きを読む]
  • 尾崎豊を聴いていた
  • ドライブしながら、いつも聞いていました。「15の夜」、「卒業」、「ドーナツショップ」・・・。理屈抜きに心に響きました。残念ながらカラオケで上手く歌うことはできません。高音がでないので。それでも丙午世代には圧倒的な支持を得ていました。反逆児。その表現が正しいのかどうか、自信がありません。ただ、それまでの反逆というのは、現実の世界、例えば学歴社会というものを完全に否定し、真逆の世界に生きる、本宮ひろしの [続きを読む]
  • 有言実行の時代
  • 「男はペラペラと喋るな!黙って実行!」私はこのような昭和の価値観による教育を受けてきました。寡黙こそが男の生き様!また、少年時代のヒーローは、クールで多くを語らず、ピンチの時に最大限の力を発揮する、そんな存在でした。女々しいとか男らしくないとか、今ではハラスメントになりかねない言葉が、普通に使われていました。しかし私が就職活動をしている時、「有言実行」こそが企業の求める人材というような記事が掲載さ [続きを読む]
  • 明るい?暗い?
  • 私の中学・高校時代は、暗黒でした。当時、人に対する評価は、「明るい・暗い」だけに集約されていました。「根暗」という言葉が流行していました。それは個々の判断、印象というよりも、暗いというレッテルがその人を貶めるという、そんな感じでした。例えば、友人と楽しく話しをしていて、結構盛り上がっていたとしても、「あいつは暗い」という評価を別の人から聞いた場合、いつのまにかその友人が遠ざかっていく。そんなことも [続きを読む]
  • 金八先生がリアルタイム
  • 丙午世代の共通点ですが。かなり高い確率で「金八先生シリーズ」をリアルタイムで観ていることではないでしょうか。バブル世代と呼ばれることには抵抗があります。新人類ともよばれましたが、今ひとつピンときません。私の個人的な感情かもしれませんが、「金八世代」であれば違和感がありません。金八といっても、心に刻み込まれているのは、PartⅠとPartⅡです。PartⅠは、15歳の母。杉田かおるが中学3年生で妊娠・出産という衝 [続きを読む]