nanchan さん プロフィール

  •  
nanchanさん: 稼げる!株式投資塾
ハンドル名nanchan さん
ブログタイトル稼げる!株式投資塾
ブログURLhttp://stockx3.com/
サイト紹介文株式投資で稼ぐコツ・テクニックを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 179日(平均6.3回/週) - 参加 2017/11/23 08:17

nanchan さんのブログ記事

  • 株で稼ぐには投資脳を育てよう
  • 株で稼ぐようになると毎日は大きく変わる株式投資始めると、毎日の生活の見え方が全く違って見えるようになります。仮に、あなたのパートナーがスマホのゲームにはまっていて、二人で家でいるときもスマホゲームばかりしているとします。普通の人なら相手をムカつくと感じることも多い思いますが、あなたが株式投資家であればこれは「まさにチャンス!!」とウキウキすることでしょう。なぜか?それは株価の上がるヒントは流行りの [続きを読む]
  • 景気が悪くても株は稼げる
  • 日経平均株価は株で稼ぐ上で重要な指標日本には日経平均株価という経済指標があります。これはたいていの新聞・ニュース番組では毎日報道されていますので、株をやる人は意識的にチェックしてみてください。日本の大手225社の平均株価である日経平均株価は、日本株全体の雰囲気がザックリとつかめます。雰囲気というとふわふわしてますが、日経兵器株価が下がれば日本株全体の調子が悪いな、日経平均株価が上がれば日本株の調子は [続きを読む]
  • 株で稼ぐには天候情報も見逃せない
  • 株式投資はマジカルバナナ?数年前に、クイズ番組で「マジカルバナナ」というゲームが流行りました。マジカルバナナというゲームは、回答者は出されたお題から連想されるキーワードを言って、次の人は前の人が出したキーワードから連想できるキーワードを答えていきます。そして、キーワードが言えなかった人が負けになります。例えば、最初のお題が「バナナ」ならバナナは果物なので次の人は「果物」と答えて、その次の人は果物だ [続きを読む]
  • 稼げる投資家の重視するアメリカの経済指標
  • 株で稼ぐには、アメリカのこの指標に注目これまでの記事で、経済のグローバル化により、諸外国の動向も日本経済に大きな影響を与えると書きました。これは、経済指標にも当てはまることです。世界経済のなかで存在感を示すようになった中国などの新興国も無視できませんが、それでも世界経済の中心はやはりアメリカです。アメリカの株式市場が日本株に多大な影響を与えるとしたら、その経済指標もけっして無視できません。重要な経 [続きを読む]
  • 稼げる投資家は有効求人倍率の指標も見る
  • 完全失業率と有効求人倍率は景気の指標完全失業率と有効求人倍率は、経済指標のなかでも一般の人にとってもっとも身近な指標といえるかも知れません。みなさんも、ニュースや新聞でこの言葉を聞く機会は多いと思います。完全失業率と有効求人倍率は共に、日本の労働人口の雇用の状況を示す指標です。働きたいけど仕事がない人がどれくらいいて、働きたい人に対して求人はどれくらいあるのか。これらの数字は企業の業績にも影響し、 [続きを読む]
  • 経済が苦手でも株で稼ぐことはできる
  • 「経済が苦手」だから株式投資ができない?株の投資に興味を持っていて、株を学びたいと思っていても、実際に行動して株式スクールとか、オンライン講座、あるいは株の本を買うことすら迷っている人は結構います。迷う理由として案外多いのが、経済について全くわからないのでついていけるかなという不安です。これって、学生時代の政治経済とか倫理が苦手だった人とも多いのかもしれません。経済という言葉と聞くとついつい身構え [続きを読む]
  • 今こそ稼げる投資家になるアクションを起こそう
  • あなたは将来の収入のために投資していますか?突然ですが、あなたは将来のための投資をしていますか?もっと具体的に聞けば、あなたは将来のために必要になるお金を稼ぐ努力・投資をしていますか?生きている限り、お金は絶対に必要なものです。これは厳然とした、避けようのない事実です。若い時は、かかるお金は生活費や趣味だけでもいいですが、結婚すると場合によっては相手の分も稼ぐ必要があります。子どもが生まれれば、当 [続きを読む]
  • 稼げる投資家が見る消費者物価指数
  • 株と消費者物価指数、景気ウォッチャー調査ここ数日で、重要な経済指標として日銀短観、景気動向指数、GDP(国内総生産)、鉱工業指数などの見方・ポイントを解説していきました。今日はそれに続き、消費者物価指数と景気ウォッチャー調査という指数を解説していきます。消費者物価指数は国民の生活水準の目安として金融政策の判断材料にも用いられる重要な指標です。皆さんもこれらの言葉は新聞やニュースで聞いたことがあると思 [続きを読む]
  • 稼げる投資家になるのに度胸はいらない
  • 株式投資の“リスク”とは振れ幅を意味する株には当然リスクがあります。別に株に限ったことではなく、投資の世界には必ず共通するリスクがあります。それは、失敗するとお金が減ってしまうかもしれないというリスクです。金融の世界では、リスクというのは振れ幅のことを指します。つまり、お金が減るかもしれないし、増えるかもしれない。そのどちらかわからないという不確実性が“リスク”なのです。でも、一般的に使われている [続きを読む]
  • 稼げる投資家が読むGDPと鉱工業指数
  • 株のためのGDPと鉱工業指数株で稼ぐために、もうひとつの重要な経済指標にGDPと鉱工業指数があります。今日は、このふたつの指標の見方を解説していきます。このふたつの指標をひとことで言うと、GDP(国内総生産)はその国で生産される付加価値の総額から算出した「国の経済の大きさ」を、鉱工業指数からはその国の生産活動の程度をみることができます。前回お話した、日銀短観や景気動向指数と合わせて、これらの指標も適切に見 [続きを読む]
  • 株で稼ぐための日銀短観・経済動向指数の読み方
  • 株式投資と日銀短観・経済動向指数日本企業の景気の状況と先行き、それに伴う株価の動向を予測するのに、大切な指標があります。それは、政府が定期的に発表する日銀短観(全国企業短期経済観測調査)と景気動向指数という経済指標です。この指数はどちらも株で稼いでいく上ではとても大切な指数となります。経済新聞でもこの用語は頻発します。両者の違い・読み方を理解し、しっかりと読めるように学んでいきましょう。日銀短観と [続きを読む]
  • 株は時間がない人でも稼げる
  • 株は時間がないと稼げないという誤解前回は「株はお金持ちでないとできない」という誤解を解き、株は誰でも気軽にチャレンジできるものということを書きました。復習します。株は以前よりずっと低資金で始められる環境になっていて、最低限必要となる資金はとても少額になっています。そして、今後もさらに株は始めやすくなる環境になっていきます。さて、今日はテーマを変えて「株は時間がないとできない」という誤解について解説 [続きを読む]
  • 株式分割とミニ株で株はさらに買いやすくなる
  • 株式分割とミニ株制度前回は、「株はお金持ちでないとできない」という誤解を、現在の株価の状況と株の買いやすさを解説することで解いていきました。株はお金持ちでないとできないという誤解株をやろうとしたら大きな資金が必要で、一般人が簡単にできるものではない。この思い込みで株を始められない人はたくさんいます。しかし、実際はそんなことは全然ありません。50万円くらいあれば株は始められるし、最初に資...株はお金持 [続きを読む]
  • 株価のトレンドは移動平均線でつかむ
  • 移動平均線を使って株価の動きを読む移動平均線を使えば、株の短期・長期の局面に合わせて、株価の変化の予測精度をさらに高めることが可能です。移動平均線を使った分析はテクニカル分析で非常によく用いられるためとても重要です。今回は、移動平均線の基本的な仕組みと、短期投資・長期投資別の移動平均線の使い方を学んでいきましょう。株価の大まかなトレンドを知るには一定期間の株価の動きを示すローソク足の一つ一つの足型 [続きを読む]
  • 株はお金持ちでなくてもできる
  • 株はお金持ちでないとできないという誤解株をやろうとしたら大きな資金が必要で、一般人が簡単にできるものではない。この思い込みで株を始められない人はたくさんいます。しかし、実際はそんなことは全然ありません。50万円くらいあれば株は始められるし、最初に資金がなくても時間をかければそのくらいの資金なら貯められます。今日は、そんな株についての誤解を解く話をしていきたいと思います。そして、この記事を読んでひとり [続きを読む]
  • 株は負けから学んでいくもの
  • 株は負けから学ぶもの全世界でもはや知らない人のいない国民的スポーツ選手、アスリートのイチロー選手。彼は日米通算で4000本安打という大記録を打ち立てましたが、その時のインタビューでこう言っています。「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをした」プロ野球の世界では、3割の打率を残せば名選手といわれます。つまり、どんなに優れた選手でも7割近くは失敗しているのです。これは株式投資にも言えることで [続きを読む]
  • 株価を予測するための経済指標の見方と注意点
  • 株価予測のための経済指標株式市場に影響を与える経済指標は、たくさんあります。官公庁が発表する「日銀短観」「景気動向指数」「GDP」「消費者物価指数」「完全失業率」「有効求人倍率」などで、いずれも景気の動きを察知するツールとして使えます。しかし、それらの指標の取扱には注意しなければならない点も多数あります。それは、ブログでも繰り返し述べてきたように、「株式市場には先見性」があるということです。たとえば [続きを読む]
  • 株を始めたら、定期的な資産チェックをしよう
  • 株という金融資産の定点チェック株だけでなく、投信信託など動きのあるものを資産として持った場合、定期的な資産チェックが必要になります。預金だけであれば、その時の預金残高=家計の資産額止まりますが、値動きのある金融資産を持っていると、お金が増えているのか、減っているのかが曖昧になってしまうからです。日々の細かいお金の増減はそれほど気にする必要はないと思いますが、半年に一度くらいは定点チェックをすること [続きを読む]
  • 株価を読むには世界市場の動向も観察する
  • 株価を上手く読むには、世界市場の動きも見る貿易立国である日本は輸出入する製品も膨大で、輸出入によって日本の経済が成り立っていると言っても過言ではありません。ですから、日本の企業の株価は嫌でも、世界経済の影響を受けます。そのため、日本の株式市場を読むためにも世界経済の動向のチェック欠かせないものとなっています。株で稼ぐためは海外市場の動向が読めることは必須の条件といってもいいかも知れません。今回は特 [続きを読む]
  • 会社四季報で優良銘柄を見つけるコツ
  • 株の会社四季報は全部見るのが理想だが…株で稼ぐうえで上で、四季報は有力情報の宝庫ですが、そのページ数は2000ページ以上にのぼります。本来、すべてに目を通せれば良いのですが、それでは少しハードルが高いように思います。そこで、おすすめの活用法は自分の得意分野や興味のある業種に絞って読む方法です。上場している会社には、すべて4ケタの証券コードが振り分けられています。これは、会社の背番号みたいなものと思って [続きを読む]
  • 金運を上げる効果的な方法
  • 金運は簡単に上げられる実は、金運というのは別にパワースポートに熱心に通わなくとも、毎日の習慣にで上げていくことが可能です。なぜなら、金運というのは外からもらうのではなく、あなたの意識、それも普段は自覚することのできない潜在意識の中でできていくものだからです。今日は、金運を上げていくための強力かつカンタンな習慣を教えます。これが毎日、毎週、毎月できればあなたの金運は必ず上がっていきます。この方法は、 [続きを読む]
  • 株式市場を読むにはミクロとマクロの両視点が必要
  • 株価を読むためには、経済環境に注目する株価を動かす要因、ニュースはさまざまあります。とくに企業の業績に影響を与えうる情報は投資をする上で見逃せません。とは言え、企業の業績の変化というのは、ミクロなニュースだけでなく、マクロ経済の要素も大きく関与してきます。たとえば、世の中の景気動向です。企業の業績がいくら好調でも、日本全体の景気が悪くなれば、業績に悪影響が出るのは避けられません。景気の波に左右され [続きを読む]
  • 身近な変化、社会の変化からいい銘柄を探すポイント
  • よい銘柄を見つけるための、独自の業績予想を立てる企業の業績発表に予想をくつがえす内容(サプライズ)があれば、株価が大きく変動することはありますが、たいていは事前にその株価が「株価に織り込み済み」となっているケースが多いことが現状です。この「織り込み済み」とは、投資家が「この株は上がる」と期待して、先回りして買った結果として上がった株価のことを指します。以前から、会社の業績を予測するには、会社やその [続きを読む]
  • 株の「好材料織り込み済み」に注意する
  • 好業績でも株価が下落するカラクリ株価というものは、「情報」によって大きくその値が変動します。とくに企業の業績に関わるニュースに、株価は敏感に反応します。市場の予想を大きく上回る業績が発表されたり、新しく発表された製品がとても画期的で市場から「これは売れる」と評価されたりしたとき、いわゆる「サプライズ」があったとき、一般的に株価は上昇します。しかし、好業績につながるニュースがあれば即株価上昇、といか [続きを読む]
  • 「買い銭」と「売り銭」で株の買い時を測る
  • 株の「買い銭」と「売り銭」とは「買い銭」「売り銭」は株の信用取引で使われる用語です。信用取引というと、少しリスキーな感じを受けるかも知れませんが、ある程度株に慣れてくれば、信用取引は大きく稼ぐ有効な手段になります。「買い銭」とは信用取引で買い付けた株式銘柄が、まざ決済されずに残っている状態のことです。「売り銭」とは、信用売りされたまま株が決済されずに残っている状態です。買い銭が多いと将来の売り圧力 [続きを読む]