キキ さん プロフィール

  •  
キキさん: 氷解
ハンドル名キキ さん
ブログタイトル氷解
ブログURLhttp://kaniyu.3rin.net/
サイト紹介文深いことは考えず書いてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 357日(平均0.1回/週) - 参加 2017/11/23 13:38

キキ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大法螺
  • その夜は、満月と呼ぶには不足だった。いつも通り愛想もへったくれもない挨拶をして、汚い中華屋に入り、酒を飲む。どうしても今夜告げようと思っていることを口に出すには酒が足りない、酒が足りない、ひっきりなしにビールとハイボールを飲んでもどうにもならない。自然と酒は進む。そういうふうに見てとれた。「自分には前科がある。それを黙っていることが君に不誠実であると思えて耐えられなくなった。逮捕もされたし、再逮捕 [続きを読む]
  • 空港ボウル
  • あの男は呆れるほどに自分に何も残さなかった。最後に残ったのはこの森の呪いだった。宝石の日々は惨憺なほど鮮やかに思い出すのに、もう上手くあれの顔や声を思い出せない。二度と会えそうもないと知っていたら、自分は髪を銀色に染めることはなかった、自分は舌にピアスをあけることもなかった、あれから毎年一年に二度欠かすことなくマルボロを吸うこともしないだろう、あの街、あの部屋、あの胸に流れていた音楽だけが今でもこ [続きを読む]
  • 骨に霞
  • 街のシステムが落ちた深夜自転車のペダルは軽く、陽だまりに透ける君の髪に触れると思っていた。どうして陽だまりの気配に自分だけが気付くことができるのか、どうしてすれ違っても君を見つけられるのか、どうして君の足音だけが他とは違うのか、幼い我々は知らなかった。眠りの最中でも自分は君の足音で目を覚ますことができる。美しい朝の陽だまりに足を踏み入れることに自分は怯えていた。陰りの端で立ち止まる。どうしてこうい [続きを読む]
  • 夜明け前に江ノ島で
  • 灯台はない。駅も見えない。緑色の電車もない。男の顔も見えない。海もない。しかし、ここは江ノ島である。そのことを自分も男も知っていた。夜明け前、男の車で江の島に向かっている事実がそこに横たわっている。人の姿は見えない。すれ違う車もない。窓の外は、一面に血を溢したように空が赤い。赤銅色の空を眺め続けているせいか、自分は、長く続いた壮大な物語が終わったあとのような気分でいた。それは長く続いた戦争や、数篇 [続きを読む]
  • 過去の記事 …