kyoko cherrin さん プロフィール

  •  
kyoko cherrinさん: Kyoko & Cherrin's Blog
ハンドル名kyoko cherrin さん
ブログタイトルKyoko & Cherrin's Blog
ブログURLhttp://blog.kyokocherrin.com/
サイト紹介文インドで5年生活後、今は日本で田舎物件を探しつつ悠々自適、自由に暮らす40代の国際結婚夫婦の毎日
自由文オンラインでヨガインストラクター通信講座、呼吸法、マントラ講座などを運営しつつ、海外生活やチャリティーなどを悠々自適に楽しんでいます。インド政府認定ヨガインストラクター。田舎の別荘地に物件を探し中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 358日(平均2.4回/週) - 参加 2017/11/23 16:07

kyoko cherrin さんのブログ記事

  • 高千穂パワースポット体験記 まとめ
  • 全国から人が集まる宮崎県の高千穂。導かれるままに訪問し、気がつけば1日で8社周っていました。一気にご紹介します。これから高千穂に行かれる方の参考になれば幸いです。高千穂のパワースポット1 高千穂神社朝7時ごろ、高千穂神社へ行きました。見どころ1 夫婦杉鳥居をくぐると正面から左側に夫婦杉があります。「根元が一つになって如何なることがあっても別れられない形を現しています」「手を繋いで、杉の周りを3周す [続きを読む]
  • 宮崎県南部から高千穂に行く前に温泉&腹ごしらえ 宮崎県おすすめ温泉
  • 宮崎南部から、高千穂に行くまでに結構、距離があります。下のチェリンが示している距離を今日は移動する予定。西米良温泉ゆた〜と途中で休憩する場所として、温泉を選びました。「西米良温泉ゆた〜と」というところです。わざわざ行くにはとても不便な場所にあるところですが、行ってよかった。ご飯も温泉もすごくいいとこでした。この日は、宮崎・延岡市からの観光バスのお客さんたちで賑わっていました。あまりにお腹が空いてい [続きを読む]
  • 宮崎の最南端・都井岬で野生の馬と出会う&御崎神社でお参り
  • 宮崎の最南端・都井岬。他の観光地からは離れており、かなりの僻地にあります。都井岬(といみさき)は、ほんとに遠い岬です。なんちゃって。都井岬全体の敷地に、野生の馬が住んでおり、馬が出ていかないよう門がつけられています。協力金として、入り口で、車一台につき400円徴収されます。バイクは100円です。ここに住む馬は、御崎馬(みさきうま)と呼ばれており、国の天然記念物で、なんと江戸時代から300年にわたり育 [続きを読む]
  • 宮崎の最南端・都井岬で野生の馬と出会う&御崎神社でお参り
  • 宮崎の最南端・都井岬。他の観光地からは離れており、かなりの僻地にあります。都井岬(といみさき)は、遠〜い岬です。なんちゃって。都井岬全体の敷地に、野生の馬が住んでおり、馬が出ていかないよう門がつけられています。協力金として、入り口で、車一台につき400円徴収されます。バイクは100円です。ここに住む馬は、御崎馬(みさきうま)と呼ばれており、国の天然記念物で、なんと江戸時代から300年にわたり育成され [続きを読む]
  • 生駒高原 100万本のコスモスは必見!(宮崎・小林市)
  • 宮崎県えびの市のお隣、小林市にある生駒高原に行きました。(ちなみに小林市の紹介動画、面白いのでぜひ見てみてください)生駒高原に到着するまでに通った風景があまりにも美しく、車を止めてパシャリ。生駒高原に到着。なんと「入場料、本日無料」となっていました。10月30日から、コスモスも終盤になっているからだそうですが、まだ楽しめましたよ。100万本のコスモス、苗から育て、一本一本手植えされているとのことで、 [続きを読む]
  • えびの高原ハイキング&西郷隆盛が訪れた温泉 (宮崎・えびの市)
  • 田舎暮らしのためのリサーチで、いつも阿蘇ばかりに行ってましたが、新たに美しい場所を発見して嬉しい限りです。今回は、宮崎県を周ってみようと言うことで、まずは、宮崎県の南の方、えびの市から入りました。まず行ってみたところは、えびの高原。ガイドブックでは小さく紹介されていたので、あまり期待しないで行ったら、めちゃくちゃいい所でした!そして、今まで行った温泉の中でベストではないかと思われる温泉も最後に紹介 [続きを読む]
  • えびの高原ハイキング&西郷隆盛が訪れた温泉 (宮崎・えびの市)
  • 田舎暮らしのためのリサーチで、いつも阿蘇ばかりに行ってましたが、新たに美しい場所を発見して嬉しい限りです。今回は、宮崎県を周ってみようと言うことで、まずは、宮崎県の南の方、えびの市から入りました。まず行ってみたところは、えびの高原。ガイドブックでは小さく紹介されていたので、あまり期待しないで行ったら、めちゃくちゃいい所でした!そして、今まで行った温泉の中でベストではないかと思われる温泉も最後に紹介 [続きを読む]
  • 長野・松本城と善光寺 長野で見つけたビックリお土産
  • 2週間の長野滞在最後の日は、長野に来たら、ここはぜひ行っておきたいという場所に行ってきました。松本市の観光 国宝 松本城現存する天守としては日本最古、戦国時代のまま保存されているそうです。400年も続く建築。すごいですね。ちょっと曇りがちな写真ですが・・・かえって歴史をかんじさせる趣が出たでしょうか?水面に映る松本城を撮ってみたかったですが、今回は残念!晴れていたら、北アルプスも見えてもっと美しかっ [続きを読む]
  • 松本市と長野市観光 長野で見つけたビックリお土産
  • 2週間の長野滞在最後の日は、長野に来たら、ここはぜひ行っておきたいという場所に行ってきました。松本市の観光 国宝 松本城現存する天守としては日本最古、戦国時代のまま保存されているそうです。400年も続く建築。すごいですね。曇りの日でやや暗いですが・・・かえって歴史をかんじさせる趣が出たでしょうか?水面に映る松本城を撮ってみたかったですが、今回は残念!晴れていたら、北アルプスも見えてもっと美しかったで [続きを読む]
  • 田舎暮らし、お試し住宅を色々体験してみての感想
  • 箕輪町、飯島町で体験移住の後は、立科町へ来ました。飯島町から立科町に来るとき、観光地として有名なヴィーナスラインを通ってきました。小さいときから繰り返し聞いたCMで名前だけは知っていた”霧ヶ峰”。これがあの”霧ヶ峰”かあと感慨ぶかかったです。道の駅ならぬ、霧の駅というネーミング。ウィットにとんでてイイですね!展望がいいところを求めて、霧の駅の側の丘を登って行きました。歩いても歩いてもゴールが見えず、 [続きを読む]
  • トレーラーハウスに住みながら田舎暮らしリサーチ(長野県南部・飯島町)
  • こちらは、そば粉のガレットを提供してくださる、おしゃれなカフェ、「蔵カフェ」です。箕輪町よりも南の方に位置する飯島町にあります。なんでも150年くらいの蔵をご夫婦でリフォームされて、おしゃれなカフェに仕上げられました。田舎暮らしのテレビ番組「人生の楽園」でも取材されたそうですよ。ベジタリアンのチェリンのために、ベーコン抜きにしてもらいました。チーズといろんなお野菜と、そばのクレープがマッチしていまし [続きを読む]
  • 日本人の洗脳を解く! スニーカーでも高山は登れます
  • それにしても、日本は山の中にまでルールがあるんだね。チェリンは窮屈そうに、そう言いました。ヒマラヤと日本は確かに環境の違いはあるでしょう。しかし、それを差し引いて考えても、日本人は不必要なものを抱えすぎているように思えます。本当にこれは必要なものなのか?必要だと思い込まされているだけではないのか?私が初めてのヒマラヤへチェリンを訪ねて行ったときに、登山靴を日本から用意していったことを思い出します。 [続きを読む]
  • 上高地キャンプ3日目 最高の景色
  • 前からいつか来てみたいと思っていた上高地の河童橋の風景、3日目で、ようやく巡り会えました。というのも、1日目は夕方に着き、大勢の人だかりで橋が埋め尽くされていたので、憧れていた風景にはお目にかかれていなかったのです。横尾キャンプ場から朝降りてきて、午前中に河童橋に着くと、人もまばらで、理想的なショットが撮れました。本当は、この日、もう上高地を去って、乗鞍に行こうと思っていました。でも、快晴に恵まれ、 [続きを読む]
  • 日本人の洗脳を解く! スニーカーでも高山は登れます
  • 前回の記事のつづきです。それにしても、日本は山の中にまでルールがあるんだね。チェリンは窮屈そうに、そう言いました。ヒマラヤと日本は確かに環境の違いはあるでしょう。しかし、それを差し引いて考えても、日本人は不必要なものを抱えすぎているように思えます。本当にこれは必要なものなのか?必要だと思い込まされているだけではないのか?私が初めてのヒマラヤへチェリンを訪ねて行ったときに、登山靴を日本から用意してい [続きを読む]
  • 日本人の洗脳を解く! スニーカーでも高山は登れます
  • 前回の記事のつづきです。それにしても、日本は山の中にまでルールがあるんだね。チェリンは窮屈そうに、そう言いました。ヒマラヤと日本は確かに環境の違いはあるでしょう。しかし、それを差し引いて考えても、日本人は不必要なものを抱えすぎているように思えます。ちょっと大げさすぎやしないか?日本の登山の装備。というのは、ここ数年思っていることです。 本当にこれは必要なものなのか?必要だと思い込まされているだけで [続きを読む]
  • 日本人の洗脳を解く! スニーカーでも高山は登れます(登山靴不要論)
  • 前回の記事のつづきです。それにしても、日本は山の中にまでルールがあるんだね。チェリンは窮屈そうに、そう言いました。ヒマラヤと日本は確かに環境の違いはあるでしょう。しかし、それを差し引いて考えても、日本人は不必要なものを抱えすぎているように思えます。ちょっと大げさすぎやしないか?日本の登山。というのは、ここ数年思っていることです。 本当にこれは必要なものなのか?必要だと思い込まされているだけではない [続きを読む]
  • 3000mの山も手ぶらでミニマリスト登山
  • 上高地キャンプ二日目。小梨平から朝8:30頃出発し、横尾キャンプ場に11:00頃到着しました。下に徳沢というキャンプ場もありましたが、横尾キャンプ場の方が眺めもよく、こちらを選んで正解!テントを張り、お昼ご飯を作って、食べたらもう12:30。チェリンが上の涸沢まで登りたいというので、行くなら急いでいかなくては。涸沢までは、横尾から登り3時間、下り2時間が標準時間だそうなので、今から行くと、5:30になり、この時期はも [続きを読む]