神風にふかれて さん プロフィール

  •  
神風にふかれてさん: 神風にふかれて
ハンドル名神風にふかれて さん
ブログタイトル神風にふかれて
ブログURLhttps://ameblo.jp/sinfu2018/
サイト紹介文神風に吹かれて徒然なるままに
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 22日(平均2.9回/週) - 参加 2017/11/23 19:10

神風にふかれて さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ちょっと一休み
  • ふぅ〜〜、さぶっ、さぶぅ〜〜〜。缶コーヒーを一つ。 ガタン。うゎ〜、つめてぇ〜〜〜。やっちまったぁ〜〜〜。なんてこったぁ〜〜〜。 ここで、脳裏に走馬灯のようにかけ巡る今後の対処方。 もう一本、あったかいコーヒーを買う。いや、しかし、もったいない。やはり、この冷たいコーヒーを震えながら我慢して飲むか?めちゃクチャ寒い。凍え死ぬぞ。ここは、コーヒーを飲まず、時を待つか?じゃぁ、これ、どうするん? 結局、 [続きを読む]
  • CLOSE YOUR EYES 父よ、兄弟よ、そして、神山先生に
  • 知人の息子さんのお見送りです。 ゆっくり車が通り過ぎ、直立不動の敬礼の波が後を追う。こぼれる涙と共に。上司、同僚、後輩、若き女性自衛隊員も。 「お父さん、ごめんやけど、もし自分が事故にあうようなことがあっても、自衛隊のほうには何も言わんじゃってな。」といって、赴任地について行ったそうです。息子の想いを涙ながらで弔辞で語られる知人の姿に涙するだけでした。 そうはいっても、親として、こみ上げる想いはどう [続きを読む]
  • 神山先生の一周忌
  • 昨年の聖和式、追悼式で配られた写真とメモ書きです。メモは、神山先生の名古屋でのお宅を整理してたら出てきたものだそうです。 私は、追悼式にも参加してませんが、名古屋の姉妹の暖かい好意から譲り受けたものです。「あなたがこれはもっておくべきです。」と言われ、丁重にお断りしたのですが、わざわざ、送っていただきました。感謝しております。 いろいろな事が蘇ってきました。あの日の胸がかきむしられた想いと、無念な情 [続きを読む]
  • 夢枕で、櫻井正上さんとお会いして
  • 櫻井正上さんに一言、物申したいと思い続け、やっと、願いが叶いました。夢枕の中で。 話をお聞きしながら、思ったのは、神様の前に本当に正直な方で、真摯に向き合っておられる方だという事です。裏表もなく、とにかく、人が良い。良すぎますね。俗世間のどろどろの闇と欲には全く無縁で、また、そういう世界を理解し難い方だと思いました。教会の公職者達もそうですが、現実世界の闇には目を向けず、理想世界ばかり追い求めた弊 [続きを読む]
  • CLOSE YOUR EYES
  • また、北からミサイルが発射された。 トランプ大統領のメーセージにも語られていましたが、北は、かなりの状況に追い込まれているのしょう。メッセージに真摯に向き合っていきたいと思います。都合のいい個所だけ取り上げて、肝心のメッセージを見落とすことのないようにしたいものです。1950年、朝鮮戦争で、多くの命が犠牲になられました。今も尚、悲劇は続いています。あくまでも、休戦状態なのですから。対話とか、人道支援と [続きを読む]
  • トランプ大統領韓国国会演説
  • トランプ大統領の韓国国会演説の全文です。日本語、英語共に見れます。動画もあります。 トランプ大統領のメッセージをしっかりと受け止めなければいけません。 改めて、北の現状を思い知らされました。惑わされてはいけませんね。 https://www3.nhk.or.jp/news/special/45th_president/articles/2017-1108-00.html にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ち、が、う、だろう〜
  • 大好きな写真です。何とも言えない優しさを感じます。 ブラジルでの幹部を足蹴にされる鬼のように激しい顯進様も顯進様。どちらも顯進様だと私は思います。 何かあると、すぐ、批判の批判をしたりしますが、どうしてですかね。否は否と認めてもいいんじゃないですか?それで、神様の摂理の妨げになるとは思いません。時には、引くことも大切だと思います。変な意地を張るから、おかしな事になるのだと思います。 とにかく、白黒付 [続きを読む]
  • 三島由紀夫 決起 
  • 「神風連の遺風を慕って訪れた熊本の地は小生の心の故郷になりました。日本及び日本人が生きる土地とかんじました。」神風連資料館より 今日は三島由紀夫の決起、自害した一日だそうだ。正直、余り、関心は無かったし、良い印象はなかった。 先日、西郷どんを追って、西南戦争、田原坂、神風連と行く中で、三島由紀夫の心中の思いの一端に触れたような気がした。戦後、日本の心が失われて行く世を憂う中、明治維新の神風連の敬神に [続きを読む]
  • 神風に吹かれて
  • 「智に働けば角が立つ  情に掉させば流される 意地を通せば窮屈だ とかくに人の世は住みにくい」      夏目漱石「草枕」より 温泉から普賢岳の夕日を見ながらしみじみと思った。 もう、いいかなって。 しかし 青き空 神風なびく 田原坂英霊の 時を超えてく 菊水紋 もう少し、あがいてみるか。と いう事で、今一度、こちらのブログ村にお世話になります。 退村して、ほとんど覗く事もなかったブログ村。ただ、オリー [続きを読む]
  • 過去の記事 …