となりのヤギ さん プロフィール

  •  
となりのヤギさん: うちの子、中学やめるってよ
ハンドル名となりのヤギ さん
ブログタイトルうちの子、中学やめるってよ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaya-middle-island/
サイト紹介文中1の冬、息子が「明日から学校に行きたくない」と言った あの日からの記録。
自由文現在は第一志望だった高校に合格し、充実した高校生活を送っている息子が、不登校だった中学の時期をどう過ごしたか、親が学校とどう戦っているか(現在進行形)の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 147日(平均2.3回/週) - 参加 2017/11/24 22:19

となりのヤギ さんのブログ記事

  • 学校を利用する〜息子の視点
  • 息子本人といえば、また同じようなことがあれば、いつでも辞めてやるという気持ちだからか、再登校に関しても躊躇するようなことはなく、一応校長の再発防止策はクラス替えらしいと伝えると、「じゃあ、クラス替えから行くよー」とあっさりしたものだった。 この数ヶ月で息子の気持ちに変化があったように思う。 この3月の時点で、息子の日常はかなり忙しく、好きなことで充実していた。なので、勉強は効率重視。 楽器の腕が上が [続きを読む]
  • 振り上げた拳のもって行き場〜親の立場
  • ここまでの大まかな時系列 中112月:問題発覚し、対応と再発防止策を求める。1月:対応したと言ってる担任の、嘘と対応放置が発覚2月:ようやく校長と面談。こちらの提案した再発防止策を、治外法権と虚偽理由によりその場で却下し、クラス替えを再発防止策とする。その際、出席日数の操作を約束。3月:管理職不在の緊急保護者会開催、出席日数の操作を反故にされる。 で、以前書いたように、 ・学校側が言ってきた代替案はな [続きを読む]
  • 学校外での評価 〜 勉強と習い事のこと
  • 今改めて考えても、さっさと学校に見切りをつけて本人にやめる前提で行動させてよかったと思っている。 初期段階で学校を辞める覚悟で行動するのは思い切りがいるが、今振り返ってもメリットしかなかった気がする。 一番は本人のストレスからの解放だ。 騒音と 相手にできない理不尽な嫌がらせからの解放と、「やめて次どうするか」という次の行動に切り替えざるをえない状況はマイナスをプラスに変えるきっかけにはできたと思う [続きを読む]
  • 校長のプライド?
  • 12月から学校に行かないまま1学年が終わり、春休みに入って、他の保護者から連絡があった。 校長が、「授業妨害やいじめが違法行為であること」「学校教育法では、出席停止の措置もとることができるようなこと」「犯罪行為として取り扱われるべきいじめについては、県教育委員会及び所轄警察署等と連携して対処します。」さらに、「騒いでいる子にも授業を受ける権利はありますが、他の子にも、皆にあるんですよ。他の子の権利を [続きを読む]
  • 異動 と 校長は裸の王様
  • 春休みに入り、教員の異動が発表された。担任Nは鎌倉市の中学へ異動となっていた。 驚くことに、この中学の1年の担任をしていた4名中3人が異動。 これってかなり珍しいこと。中学の1年で担任を持つと、そのまま学年は一緒で3年まで上がることが多い。1学年4クラスのうち、3クラスの担任がこの学校からいなくなるとは。ただ一人残った先生は、先生、それ、違法ですよ。の時に、Nに濡れ衣をきせられていた先生。やはりこの先生 [続きを読む]
  • 不登校での通知表 〜 早速の反故。
  • 緊急保護者会(3/9)の1−2週間後に終業式。結局その後、一度も学校に行くことはなく終わった。 学年主任が通知表を持ってきた。結果 / 不登校での定期テストを踏まえた上での不登校での通知表結果です。 息子は、この時点では県立高校を志望していたので、1年の成績は入試への影響がないこと。また、学校に行かないにしても他の中学への転校等も選択肢には入れていなかったこと。さらに、一度も授業に出席せず、定期テスト [続きを読む]
  • 職員通報制度〜傍観者だった先生へ 
  • 管理職が指導、対応を放置していることに気づいていても、または対応に問題があると感じていても、その下の立場の教師も何もしない。 今回の一連の校長と担任Nの行動は、地方公務員法にも抵触しているのではないかと思う。 ・法令等上司の職務上の命令に従う義務(地方公務員法32条)職員は、その職務を遂行するに当たって、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規定に従い、かつ、上司の命令に忠実に [続きを読む]
  • 緊急保護者会という名の魔女裁判
  • 息子のクラスの20名以上の保護者が集まり、緊急保護者会が始まった。 保護者20名以上といっても、問題児の保護者はほぼいない、出席しているのは、ほとんどが迷惑を被っていると考えている保護者。 最初に学年主任が、校長は都合で欠席するとの説明。 こんな状況での緊急保護者会、校長がいなければ担任Nが一人吊るし上げになるのが目に見えている。担任Nは自業自得とも思うが、さすがに管理責任者である校長は卑怯すぎない [続きを読む]
  • 年度末で初めての緊急保護者会
  • それって緊急?校長の心の中で、突然緊急になったのだろう。 半年以上も前から学年崩壊状態で苦情も何件も入っているのに、初めての緊急保護者会が3月9日って。伝わりにくい高尚なギャグか何かだろうか。生徒を犠牲にしたギャグ。笑えない。 これも多分、今後、校長が責任追及された時に「息子母に担任Nのことを聞いて緊急保護者会を開かせた」とか言うためなんだろうなぁと。 12月初めから再発防止策を出して欲しいと言い続け、2 [続きを読む]
  • 校長の自己防衛と加害者母の「普通」
  • 校長への宣戦布告で、校長個人に対して責任追及することを宣言したのが功を奏した?のか、校長が急に動いた。 校長は、こちらの「加害者とその保護者に、加害者の行為は違法行為であること、学校教育法では、出席停止措置を取ることもできる事案であることを伝えて認識させて欲しい」という要求を、治外法権を認める理由で即却下したにもかかわらず、加害者主犯S保護者と暴行したKの両親を呼び出し、面談することにしたらしい。 [続きを読む]
  • 結果 / 不登校での定期テスト
  • 12月から一度も授業を受けずに挑んだ学年末テスト(2月18日〜)の結果。 国語 42/100社会 81/100数学 71/100理科 65/100英語 68/100音楽 27/50保体 26/50技術 26/50家庭 17/50 ちなみに、比較対象として、12月はじめにあった後期中間テスト結果国語 59/100社会 74/100数学 68/100理科 65/100英語 75/100 前期期末テストの副教科結果音楽 30/50保体 33/50技術 38/50家庭 18/50 あれ?そんなに変わらない?国語 [続きを読む]
  • 不登校での定期テスト
  • 息子、学年末テストを受けることに。 一度も授業に出席せず、提出物と試験だけの場合、通知表の評価がどのくらいになるか今後のためにも確認したいからと。 息子はこの時点では、神奈川県立高校を志望していたので、1年の成績は受験に影響はない。(神奈川県立の場合、受験時に含まれるのは、2年の後期、3年前期後期。ただし、私立の場合は1年の成績でも評定に1や2があると受験資格が得られなかったり、推薦に影響が出たりす [続きを読む]
  • 校長への宣戦布告
  • 校長の嘘。の続き。 翌日、学年主任から学年末テストをどうするかの打診の電話があった。受けるかどうかは息子の判断に任せるので後で連絡することを伝え、校長への伝言を頼んだ。(ちなみに、校長は面談の日程調整や伝言など、一度も直接アクションしてきたことはなく、いつも教頭、学年主任、担任と、必ず人を介してくる。) 内容は、 昨日、こちらの提案した再発防止策の却下理由が、校長の嘘であることを確認したと。実際にこ [続きを読む]
  • 校長の嘘。
  • 校長、ちょっと何言ってるか分からないの続きです。 まぁ、御察しの通りです。 校長は、「教室で学ランを脱いで授業を受けることを許可してほしい」という、我が家から提案した再発防止策のひとつを、「学校内で私服の状態になることはありえません。 これは、この茅ヶ崎市だけでなく、お隣の平塚も藤沢も、神奈川県全部です。 東京都立も全部そうです。」という理由で却下しました。 校長との面談から帰宅後、すぐに知人に連絡 [続きを読む]
  • 茅ヶ崎市教育委員会の闇がニュースに
  • 昨日のことです。2018年2月20日、息子(現在高1)の出身中学で、事件がありました。 昨日、この中学で騒ぎになったのは、いじめが原因で別室登校していた中1の女子が、10時ごろにトイレに行くといったまま学校からいなくなり、行方不明になっていたことです。別室登校、AM10時にトイレに行くといい、教室を出て、保護者に連絡されたのが12時過ぎだったそうです。その後、警察に連絡が行き、捜索。Twitterなどで情報拡散され [続きを読む]
  • 校長、加害者優先するってよ
  • 前回の校長、ちょっと何言ってるか分からないの続き。 そう、呆れて言葉もなかった。 校長がドヤ顔で掲げた再発防止策が「クラス替え」。 もちろん確認した。「クラス替えが年度途中で行われることはあるんですか?」と。 当然、あるわけがない。12月から、こちらの要望の回答すら放置し、2ヶ月待ってようやく伝えられた再発防止策がクラス替え。 クラス替えまで安全配慮義務を放棄されたということ。「4月のクラス替えまで学校 [続きを読む]
  • 校長、ちょっと何言ってるか分からない
  • 前回の校長面談(校長、治外法権あるってよ)の続き。 学校に環境の改善と再発防止策を要求するばかりで、こちらから具体案を何も出さないというのもなんなので、もう一つ、この場で こちらから出した案がある。 それは、「教室で学ランを脱いで授業を受けることを許可してほしい」この中学の男子制服は普通の学ラン。冬はワイシャツの上に色指定のセーターを着ることは許されている。 私も今回のことがあるまで知らなかったのだ [続きを読む]
  • 校長、治外法権あるってよ
  • そしてVS 担任N 糾弾から2週間後、校長面談。 ボイスレコーダーは2つ起動させ、スーツを着て夫婦で挑んだ。まず持参した「いじめ防止対策推進法」と「学校教育法」の中で、KやSが行ったことにあたる部分、息子への対応の指針となる該当部分を抜粋してコピーしたものを見せ、改めてこちらの要望を伝える。 特に、学校教育法 第三五条市町村の教育委員会は、次に掲げる行為の一又は二以上を繰り返し行う等性行不良であつて他の児 [続きを読む]
  • 校長、対応遅いってよ
  • 校長との面談日程。なんだかんだ日程調整がされ、VS 担任N 糾弾後の2週間後に決まった。息子が不登校を始めてからちょうど2ヶ月となる日に。 校長が出てくるという流れになったところで担任Nの嘘がバレたため、対応を急がれるかと思いきや、この状態からさらに2週間後に校長面談って、 あの、遅すぎない? 12月上旬、担任Nとの最初の面談で伝えたことは、 ・「学校の環境改善とそれに伴う再発防止策の提示」 これだけ。普通に [続きを読む]
  • VS 担任N  糾弾
  • 他の保護者に、担任Nが、息子と友達関係のある子に聞いて回っていると教えてもらった数日後、担任Nと学年主任が訪問してきた。各授業で配布されているプリントなどをごっそり持って。 こちらは相変わらず・「学校の環境改善とそれに伴う再発防止策の提示」・「却下理由を校長の印鑑付きの書面で提出」・「不登校中の授業の代替環境について学校の考え」・相手の保護者に「いじめ防止対策推進法に則った処分を要求していること」を [続きを読む]
  • 担任N の 迷走
  • 前々回の先生、それ、違法ですよ。の時から、学校からは2週間ほど連絡がなかったが、授業中の騒音について こちらが知っていることをほのめかしたのが効いたのか、担任Nがどうやら動き出したようだ。 ただし、明後日の方向へ。 まず、Nが毎日出している独りよがりの学級通信(参考:担任のこと)に「許すということ」というテーマで、ポエムのような文章を書いて生徒に配布。もちろん、この学級通信は、生徒向けに書いているよ [続きを読む]
  • 授業中の音声を入手 教室が公害
  • 脱走、脱獄の後に、他の保護者から連絡をもらっていた。 私からの電話で、騒音への対応が何もされていないことを確信した同じクラスの保護者が、授業中の騒音を録音したとデータをくれた。 録音されたものを聞くと、教室の後ろの方の席で1時間目から、電池が切れるまで録音されたもの。1時間目は担任Nの授業だ。最後の授業終了を知らせるチャイムが鳴って初めて休み時間ではなく、授業中だった事が判断できるほどの騒音状態。途 [続きを読む]
  • 担任の嘘がバレる時。VS主犯親
  • 先生、それ、違法ですよ。から2週間ほど、学校からは何の音沙汰もなし。 こちらは当初から・「学校の環境改善とそれに伴う再発防止策の提示」を要求。 そして前回、・こちらの要求を却下する場合は、「却下理由を校長の印鑑付きの書面で提出」・「不登校中の授業の代替環境について学校の考え」・相手の保護者に「いじめ防止対策推進法に則った処分を要求していること」を伝えること。これらをこちらの要求として追加した。 これ [続きを読む]
  • 反響と現状。教育委員会の暴言
  • なぜかここ数日で急激にアクセスが増え、反響があり、少しビビってます(笑)。励ましなど、あたたかいメッセージを多くいただき、大変ありがたく思っています。お返事に少々お時間いただきますこと、ご了承いただけたらと存じます。よろしくお願いします。 このブログは息子が中1だった2014年、3年前から遡って書いています。この時の複数の被害生徒は高校の選択肢がかなり狭められたりとその後に大きく影響受けてしまったのに [続きを読む]