レックス さん プロフィール

  •  
レックスさん: 明日できることは今日やるな
ハンドル名レックス さん
ブログタイトル明日できることは今日やるな
ブログURLhttp://asu-yaru.blogspot.jp/
サイト紹介文50代後半、母をシングル介護する♀。介護離職話や、母が施設に入所してからのボロボロ就活ライフ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 14日(平均5.5回/週) - 参加 2017/11/25 17:35

レックス さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 母の仁徳!?
  • ほとんど動けなくなってしまった母を前にして、途方に暮れてしまったレックス、しかし何か行動を起こさなければ、事態は何も変わらない。ともかく、地域包括センターに電話してみたのだが、やはり介護認定や援助等は、母の状態が確定していないとできないと言われてしまった。 「やっぱり最初は医者か。でも、どこに!?」 とりあえず母が以前かかりつけにしていた近所のクリニックの先生に電話してみた。この先生というのが [続きを読む]
  • そうだ、ハローワークに行こう!
  • 私が真っ先に向かった先は、あの「ぷー太郎の強い味方」ハローワークだった。まずは求人一覧から目を通したのだが、何しろ就活自体が20数年ぶりである。すっかりやり方を忘れているし、20数年前とは世の中もだいぶ変化している。履歴書の書き方すら、うろ覚えだ。 とりあえず求人一覧に目を通して見る。 「おお〜、けっこうたくさんあるじゃないの!」 というのが第一印象だった。 今のハロワでは、基本的に年齢制限は「表向 [続きを読む]
  • 高齢者だって、認知症だって、外でお食事したいのだ〜!
  • 昨日は施設に入所している母を、外食に連れ出した。ちなみに、前回の相談会での母の希望が、 「外で食事がしたい」 だったもので。もっとたびたびどこかへ連れて行ってあげたいけれど、やっぱり母を連れ出すのはけっこう大変で。 母は一応、補助カーを使えば、室内だったら少しは歩くことが出来る。しかし、「昔人間レックス」な私は、車の免許がない。そこでどんなに近い距離でも、一々タクシーを頼まなければならない。この頃 [続きを読む]
  • 突きつけられた現実
  • ある日突然、「足が変」になってしまったレックス母は、その3日後には全く歩けなくなってしまった。その時の私の反応は・・・・・ 「もう〜、何をどうしていいのか分かんな〜い!!」 今なら多少の知識はあるが、当時、私の介護認識・知識はほとんどゾウリ虫レベル。転んで、とか持病が悪化して、というのならまだしも、それまでほとんど何もなかったのだ。一体何科の医院に連れて行ったらいいものかも分からない。 それで [続きを読む]
  • レックス的就活計画
  • 就活第一歩の面接で撃沈したレックス、無い知恵を絞り今後の対策を(一応)練ってみることにした。 私がまず試みたのは、自分の応募条件をハッキリとさせることだった。 だって、書いてあったのだ、どこぞに。 「何のために働くのか、何がやりたいのか、どのような環境で働きたいのか、まずは自分の目的や希望を明確にしましょう。それが、就活を成功させる第一歩です!」 第一歩だよ、第一歩! 最初が肝心というではな [続きを読む]
  • 変化
  • 私は、「変化」には2種類あると思っている。1つは、見た目にはほとんどそれと分からず、気がつかぬうちに少しずつその姿を変えていくものと、あと1つはある日、ある時を境に、ガラリとその様相を違えてしまうものとである。 私の介護生活は、その両方だった。おそらく、私の知らないところで母の変化は刻々と進んでいたのだろう。確かに段々家事が出来なくなるとか、私が会社から帰ってもボンヤリとテレビを見ているだけとか、 [続きを読む]
  • 最初の一歩
  • さて、無事母を特養に入所させ、いよいよ社会復帰へと足を踏み出したレックスだったが。 最初に受けたのは、市の女性相談センターの嘱託だった。私は大学の通信制で心理学の勉強をしたことがあった。別に何か目的があって勉強したわけではない。単なる趣味の一環のつもりだったが、やはりその手の分野に興味はあった。 そんなわけで、大した資格じゃないが、一応心理学の資格を一つ持っていたし、産業カウンセラーの講座を [続きを読む]
  • 仕事を探して三千里・・・・・
  • 今年の4月からずっと就活をしている。 もうね、ボロボロですよ、ボロボロ。惨憺たるありさまで。 あの林真理子が「(大学新卒時に)40社ぐらい落とされた」とどこぞで話していたが、まだ上を行っているね。40社+αぐらい落とされまくっている。 そりゃね、分かるんですよ。50代後半ともなれば、もう定年という名の棺桶に片足どころか1.5足ぐらいドップリ突っ込んでいる。記憶力も衰えているし、反射神経? 適応力? 一体何の [続きを読む]
  • 崩壊の足音
  • 帰宅すれば、やれスカイプだ、インターネットだ、DVDだと、わが世の春を謳歌していたクソ娘も、もはや中年の域に達し。玄関を開ければ夕食の香りが鼻孔をくすぐる、という桃源郷が少しずつ崩れ出して行った・・・・・ 「ただいま!」 戸を開けると、母はこたつの中から半身を乗り出し、一言、 「お帰り・・・・・」 見ると、時計はゆうに8時を回っていると言うのに、キッチンに火は無く寒々としている。 え!? まだ夕飯の支度 [続きを読む]
  • タイトルの由来
  • このタイトルをご覧になればお分かりいただけると思うのだが、私は生粋の怠け者だ。今を去ることはるか昔の小学生時代、夏休みの宿題を仕上げるのは、常に8月31日の夜、と相場が決まっていた。学年が上がるほど、比例するように仕上がり時刻も延びて行ったは、言うまでもない。そんな私だったから、大学を卒業し曲がりなりにも晴れて社会人となった暁には、パラサイトシングル(死語)の道を順調に歩み出して行ったのである。帰宅 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 初めまして、レックスです。 50代後半、シングル、就活中です。 4年ほど前にそれまで20年ほど勤めていた会社を介護離職しました。 その後、「介護」と言う名の引きこもり生活を長らく続けておりましたが、被介護者も無事に(?)施設入所しまして。 それじゃ〜、てんで仕事を再開しようと「熟年就活生活」を始めましたところが。 これがもう、あなた、ボロボロのヘロヘロ。 決まらない、ことごとく落とされる、もう、採用され [続きを読む]
  • 過去の記事 …