森のフクロウ54 さん プロフィール

  •  
森のフクロウ54さん: 森のフクロウ54
ハンドル名森のフクロウ54 さん
ブログタイトル森のフクロウ54
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/morifuku/
サイト紹介文古き良き時代、私の生きてきた昭和の思い出ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 4日(平均21.0回/週) - 参加 2017/11/26 10:12

森のフクロウ54 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 森のフクロウ
  • 信州のとある田舎町に存在するこの場所は標高800mほどの山の中にあります。私がこの場所に越して来たばかりの頃、一羽の大きなフクロウをよく見かけました。しかし、しばらくすると彼は全く姿を見せなくなりまし... [続きを読む]
  • 海の見える街
  • 私の出身は静岡県沼津市。幼少の頃は海が間近にあり、いつも潮風を感じていました。現在では遊泳禁止になっている沼津市の千本浜ですが、昔は、夏になると必ず泳ぎに行きました。海は急深でしたので、海水浴シー... [続きを読む]
  • 蛇松線(じゃまつせん)
  • 私の家の近くに蛇松線という資材運搬用の機関車が走っていました。現在では見ることが出来なくなった、蒸気機関車です。黒い煙を吐きながら走る巨大な鉄の塊は、幼い私には、まるで怪物のように見えました。毎日... [続きを読む]
  • 前の家
  • 私の家の真向かいに小さな駄菓子屋がありました。すぐ前にあるので、私は「前の家(うち)」と言っていました。私の小遣いは一日5円。すぐ近くに貸し本屋もありました。貸し本の漫画は一冊5円。駄菓子屋のくじも5... [続きを読む]
  • 貸本屋
  • 今の若い人は知らないでしょうが、私が幼少の頃に貸本屋というものがありました。本当に少ないお小遣いでは、新品の本などはとても買えません。一日5円のお小遣いで借りることの出来る貸本は、とても魅力的でし... [続きを読む]
  • 青い目の女の子
  • 私が小学校1年か2年の頃だったか・・・同じクラスに外人の女の子がいました。時代が時代だっただけに、彼女に近づく生徒は少なく、いつも一人ぽっちでした。私はそんな彼女が可哀そうに思えて、ある時、声をか... [続きを読む]
  • じゅりあん
  • 私が物心つく前に、両親は「じゅりあん」という名前のお店をやっていました。当時としてはとても珍しい、クラシックの聴けるスナックのようなお店です。お店は自宅の地下にあり、とても大きなスピーカーが一台と... [続きを読む]
  • テレビっ子
  • 私の父は、とても新しい物好きでしたので、私が物心ついた頃には、我が家に白黒のテレビがありました。テレビっ子の始まりです。しかしながら、当時は放送されている番組も少なく、もちろん子供が優先してテレビ... [続きを読む]
  • 紙芝居
  • ドンドコドンドコ・・・お寺の境内に、太鼓が鳴り響きます。すると、近所の子供達が群がってきました。その中に幼い頃の私が居ます。紙芝居がもうじき始まります。その前にクジを引きます。一回5円。私の全財産。... [続きを読む]
  • 灯篭流し
  •   先日の台風3号の九州での被害は酷かったですね。私の住んでいた沼津でも、台風のシーズンになると大荒れになりました。一番被害が出たのは、昭和33年の台風22号です。この台風第22号によって伊豆半島の狩野川... [続きを読む]
  • 過去の記事 …