ムスコ さん プロフィール

  •  
ムスコさん: おかんの野菜
ハンドル名ムスコ さん
ブログタイトルおかんの野菜
ブログURLhttps://www.okannoyasai.com/blog
サイト紹介文千葉県の小さな畑からこんにちは。 あれ?畑仕事って「仕事」じゃなくて「人生」をやってる!
自由文夢にも思わなかった親元就農、給料5万えんっ!最後の親孝行。そんな40代おっさんの、野菜作りにまつわる喜怒哀楽の全てを記事にしたいと考えてます。

やや硬めの農業のイメージ。若者の更なる参入に多少なりとも寄与できればとの思いから、少々ぶっ飛んだ表現等、生暖かい目で見守って下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 143日(平均3.9回/週) - 参加 2017/11/26 13:55

ムスコ さんのブログ記事

  • マリーゴールドの移植
  • ばら撒きにて密集した苗をセルトレーに引越し。広い移住スペースに植え替えることで生長を促します。時間にすると結構な手間ですが、チマチマした作業は得意ですよ! 玉レタスの移植も含め、移植作業に3時間かかりましたが、ちょうどこの日は佐川国税庁長官の証人喚問の日でして、苗をひとつ移植するごとに「その点につきましては答弁を差し控えさせていただきたいというふうに思います。」と、ラジオから聞こえてきていたので、 [続きを読む]
  • 新玉あと一歩
  • 「3月14日の玉ねぎ」「4月4日の玉ねぎ」ふと株元に目をやると、玉ってきてる!あっちもこっちも、おーっ!玉ねぎなんだから当然なんですが、徐々に結球していってる様子は、体長が大きくなるだけの作物とはまた違った謎の喜びを感じます。まだ眼球の5倍ほどのサイズなのでもう一歩ですね。以上、現場からの報告でした。 [続きを読む]
  • 初めてのキスミー
  • ホームセンター等の種コーナーで、順番に種のパッケージに目を通していくときっと多くの人が目を止めるんではないでしょうか。仮にこれが白や赤の一色だとスルーしちゃうんじゃないかな〜......いわゆるラディッシュです。あの魅力的なパッケージ画像はどこへいったのか。播種後はどうも存在感が薄くて何度も踏み潰しそうになってた野菜です。果たして本当に二十日で出来るのか気になるところ。うおおぉぉお〜ぉ?突然ビックリさせ [続きを読む]
  • すみれカブの間引き
  • ひと穴3〜4粒撒きしたカブ。大きめサイズを2株残して他は廃棄。間引いた苗を廃棄処分というのは勿体無い気もしますが、他に植えるスペースが無いんだからしゃーない。間引き作業はまだ慣れてなくて痛めてしまった苗もチラホラ。下半分の白い部分も 薄い紫色に染まっているカブを見かけたのですが、たぶん同じすみれカブだと思うんですよね......だとすれば収穫時はドキドキです。綺麗なツートンカラーになるといいんですが。野 [続きを読む]
  • 2度目のチンゲン菜栽培
  • 昨年秋のチンゲン菜。思い起こされるアブラムシ被害......苦い経験を糧に、今回は昨年に増して「たぶん大丈夫だろう!」という、より強い意志を持つ事で乗り切ろうと思います。ムスコ畑に定植数日後に追肥。つまんで株元に置く感じです。2畝分植えたので大変......追肥の3日後。気温の上昇もあって2倍くらいの大きさに。成長早すぎ.....防虫ネットの網目が1mm角なんですが、ヤツ等の進入を阻止できるのか不安。0.6mmの [続きを読む]
  • 大根の間引き
  • 「3/13の大根」「3/23の大根」「現在の大根」当日中に2畝撒いたのですが、大きさは品種の差?「間引き」とは端的に言えばふるいにかける事。大根の場合は優等生を残し、劣等生は畑からサヨナラです。大根にとっては生死を分ける面接。具体的には、大きさを揃える、通気性の確保、肥料効率や害虫予防にも繋がる作業。マルチの各穴に2粒ずつ撒いたので、選別して1本ずつハッピーが抜いていきます。 記念すべきムスコ畑にお [続きを読む]
  • 2割のみ出荷で終了〜♪
  • 昨年10月頃、台風の影響により、ろくに発芽すらしないまま全滅したほうれん草。その後、11月半ばにまた撒きまして、今回はご覧のようにすくすく育ちました。私の無駄にでかい手により、あまりに高密度でバラ撒きしてしまったようです。大きめサイズだけ間引きしながら出荷する事になりましたが、こんな密植状態で選別しながら収穫してると不意に小さいのも採ってしまったりで、段々と「ほうれん草はもうええわ....」という気分 [続きを読む]
  • 芽吹き
  • 今年もやって参りました。 エイプリルフール恒例行事、キャベツ畑のダーツ大会!沢山の害鳥の皆様、心よりご参加をお待ちしておりません。ふと足元に生えてたんですよね。フキノトウ。子供の頃を思い起こすと顔を背けたくなります。見つけてはもぎ取って......目的はただ「集める為」でした。今であれば、「せめて値札付けて売れ!」と子供を叱ってそうな自分は果たして大人なのか子供以下なのか、少なくとも土中の腐敗物を食べ、 [続きを読む]
  • コールラビ植えたぜ!
  • タマネギのような形になるんだけど、果肉部分が球根ではなく、茎の部分が肥大化するという不思議な野菜。ニシキヘビが逃げ惑う鶏を丸飲みした時のお腹みたいなイメージ。そんな可愛らしさもあって他の野菜より注力しちゃってます。ムスコ畑の片隅に定植。あえて真一直線に植えないところに私の美的センスが光っています。茎がしっかりしていて、チンゲン菜に次いで植えやすかったですね。草取りが面倒なのでマルチを敷きたかったん [続きを読む]
  • 苗!
  • 「2月中旬」「1週間後」少し大きくなった?「3月初旬」気温上昇と共に急激に成長。手前からチンゲン菜、コールラビ、サニーレタス、玉レタス。 この後畑に定植するのですが、一人だったらきついでしょうね.....実は玉レタス以外は植え終えているんですが、どうもこの単純作業の繰り返しは未だ苦痛でございます。いかなる苗でも対応、カンタン植え付け君みたいな機器があればいいんだろうけど。おまけ。地撒きでこんなん撒きまし [続きを読む]
  • 春!
  • 忙しい春が来ちまった。帰宅直後の今、半目で一句歌います。植えて撒き 植えて撒き撒き 植えて撒きブログ更新 思ったとおり おろそかに今だと中古で3000円もしなそうなデジカメ(コンデジ)で撮りましたが、いい感じに撮れたと思いませんか? いや〜、お世辞でも嬉しいです、有難う!蕾(つぼみ)を食べるんですけど、ほんのり苦味があって美味しいですよ。お浸しやお吸い物が定番でしょうか。他の菜物に比べて菜花はやや [続きを読む]
  • 草取り
  • 私、駆け出しファーマーですが数千本はむしった気がします。草取りは一般論で申しますと、罰ゲーム的な印象が強い苦役に思います。少なくとも好んでやりたい人は少ないでしょう。(ビフォア) 「お、おう....や、やるか」(アフター)  終えた時のホット珈琲と煙草の美味さよ。農家のムスコに生まれたので、子供の頃は嫌々ながらも当然何度となくやらされました。草取りをしに舞い戻った浦島太郎のような今、「なぜ今の自分は草 [続きを読む]
  • じゃがいもの種蒔き
  • きたあかりととうや(黄爵)の種芋、2品種を蒔きます。画像は、きたあか.....え、どっち?確認したはずがもちろん忘れてます。私、知識も経験も浅いので、新たな野菜の作付け時には、おおよその流れを事前にネットで調べるようにしています。「おかん、芽出ししなくていいのか?」「あぁ、あたし、したことない。」「OK」既にちっこい芽が出てるからいいのだろう。きっといいのだ。種芋を3等分程度に切り分けるのですが、各断 [続きを読む]
  • ネギを求めてイオン新浦安
  • ずわー!っと植わってたネギ。向かって右側からコツコツ出荷し、残るは僅か!昨年の師走からお世話になっている新たな販路への出荷物、その8割がネギ!「今日もネギか〜」とボヤきながらの配達はいつの間にか私の担当に。春先まで他の作物は我慢のようです。過去2ヶ月のネギ配達地獄に、あろう事か未練を覚える最後の1本.....「うおお〜謎の感動の涙が.....」と思ったらネギ特有の催涙成分のせいでした。このネギを午前9:00 [続きを読む]
  • 野鳥とじゃがいもの種蒔き
  • じゃがいもの作付けの為、オヤジがトラクターで耕運してくれました。仕上がり具合を見に行くと、平らな地面によく映える白い何かから強い視線を感じ、条件反射でファインダーを覗くとまだ見てる.....時々何かついばみながらチラッチラッとこっちを見るその姿が可愛らしく見えてきて、暫くの間、人生初のバードウォッチング。ズームアップ。かなり太ってるように見える。それもそのはず、エサなら吐いて捨てるほどある.....落花生掘 [続きを読む]
  • コールラビ
  • 根なのか茎なのか解らん何かから茎が何本も伸びてるスタイル。こいつに似た作物は他に見受けられないので、スーパーの棚でどうしても奇異に見えてしまい、もちろんレシピも解らないので、特に地方では一度は手に取るも、そっと棚に戻す事でしょう。やっと見つけたコールラビ。茨城県(潮来)の道の駅で購入。直径5〜6cm、香りなし、感触は硬めです。男ならまずは生で!その後、マヨ、うま塩、ゴマの3種で試してみる。 [続きを読む]
  • 白菜収穫〜終了
  • 半月ほど前の収穫時の画像です。おかん曰く、「今まででもっとも質の良くない白菜が出来ちゃった。」素人の私が見ても、結球してない白菜が多い事や大きさが足らないのが解ります。状態の良いものをほぼ出荷し終えた現在の様子。バラの花のようなダメ白菜ばっかり残ってます。結球しない原因として、初期育成時の日照時間の影響が大きいようで、その時点で将来の明暗がある程度決まってしまうという.......人間も同様ですね。(ヘ [続きを読む]
  • アスパラガス
  • 先日訪れた花木センターの八百屋の入口にひとつだけ放り出されていた木箱を使用。林檎出荷用の木箱みたい。100円で購入。本来なら底に水捌けの為の砂利等を敷くのですが発泡スチロールで代用。畑から堆肥と複土用の土を運んでる図。ここに肥料、その上に土を敷いて苗が直接肥料に接しないように植えます。「ポーピポー?チュルチュルピーユーハゲチャビン?」うるせえ黙れ.......まぁ、そう言ってられるのも今のうちだけどな。 [続きを読む]
  • 林檎の苗木
  • ちょっと車を走らせるだけで蜜柑をはじめ、その他多くの柑橘類を目にする地域なのですが、林檎は見たことがない気がします。温暖地なので向いてない?しかし収量や品質を特に問わなければ温暖な気候でも育つ品種もあるようです。栽培方法は2品種混植して受粉させます。先日、花木センターで購入したジョナゴールドと王林の2品種を地植えします。ついでにスモモも。堆肥と油かすと化成肥料を用意。はい、おしまい!収穫時期はいつ [続きを読む]
  • 人参 種蒔き
  • 3種購入。黄色い人参が目を引きますが、その味はいかに?地蒔きです。畝作り(畝立て)も慣れてきまして、この程度ならクワでも20分かかりません。冬場はクワでの作業が気持ちいいんですが、夏場は........5分で汗だくです。夏到来までに畝立て機を入手しよう!そうしよう。 おっ、BB弾のような形状。これは蒔きやすいです。肥料控えめ、5cm間隔で蒔くとのこと。人参の幼虫みたいな種ですが、小さいととにかく蒔きにくい [続きを読む]
  • 芽でたし!
  • 2/1に直播きした大根。トンネル越しに覗いてみたところ、1週間後の本日、芽が出ていました!寒さのせいでもっと時間がかかるものだと思っていましたが、トンネルの温室効果なのだろうか、いや、私の撒き方が良かったに違いない。一粒一粒に念じ(寒すぎるわ...)、声をかけながら(ホット珈琲飲みてぇ...)撒きましたからね。祈り撒きです。我がムスコ畑に初めて芽が.........芽が、芽が!とても感慨深い..........このさら地を [続きを読む]
  • トキワ園芸農協 花木センターに行ってきた
  • おかんの1割引会員期限が今日で切れるとのことで、3人+1匹で行ってきました。場所は茨城県小美玉市。霞ヶ浦の北側に面した地域です。車で1時間弱。畑の奥に林檎を植えたいと思っていたので、私は苗木と野菜の種が目当て。とにかく広いと聞いていたので楽しみです。海のような霞ヶ浦を左手に見ながら到着。広そうではあるけど、外からは敷地の広さが実感しにくい印象でした。ブログの為に撮りまくる気満々です。突入〜!まず目 [続きを読む]