ムスコ さん プロフィール

  •  
ムスコさん: おかんの野菜
ハンドル名ムスコ さん
ブログタイトルおかんの野菜
ブログURLhttps://www.okannoyasai.com/blog
サイト紹介文千葉県の小さな畑からこんにちは。 あれ?畑仕事って「仕事」じゃなくて「人生」をやってる!
自由文夢にも思わなかった親元就農、給料5万えんっ!最後の親孝行。そんな40代おっさんの、野菜作りにまつわる喜怒哀楽の全てを記事にしたいと考えてます。

やや硬めの農業のイメージ。若者の更なる参入に多少なりとも寄与できればとの思いから、少々ぶっ飛んだ表現等、生暖かい目で見守って下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 181日(平均3.5回/週) - 参加 2017/11/26 13:55

ムスコ さんのブログ記事

  • キャベツ出荷中
  • もう一息.....いけ、最終コーナー、いけ!いけ....!!!!い、いったー!!よ、よっしゃあ。先日、銚子市犬吠崎の海に遊びにいってきましたが、市街地からちょっと外れると右も左も上も下も、キャベツ!キャベツ!キャベツの産地です。上も下もって冗談のようですが、山間の畑が多く見受けられ、見下ろしてキャベツ!見上げてキャベツなんですよ。ちょっと車の窓を開けるだけで香りが伝わって来ます。いたる所で収穫作業を目にし [続きを読む]
  • 玉レタス
  • 1ヶ月前の苗の様子。素人の私が見ても粒ぞろいで良い苗ができたと思います。良くも悪くもこの頃の品質いかんで将来性が決まってしまうそうな。シンプル過ぎてコメントできん。例に依りまして、①種蒔き→②育苗→③畝立て→④定植→⑤生育管理→⑥収穫→⑦荷造り→⑧出荷という流れは基本的にどの野菜も一緒!作業が単調なだけに、記事も単調にならざるを得ない状態でありまして、この悶々としたパターンからどうやったら抜け出せ [続きを読む]
  • 玉ねぎのトリック
  • 半月程前の、暴風波浪警報が出ていそうな強風の翌日に撮った玉ねぎ。この様子を目にして「ぁ.....」どう見てもマズイ状況。ところが、おかん「葉が伸びてくると自ら倒れるものなのよ?」んなばかな!?あまりにショックな光景を受け入れられず、勝手な理由を作って気持ちの安定をはかろうと......?まさかと思い調べてみると、「収穫間近になると自然と倒れる」マジすか!何なんだよ玉ねぎよお.....どんなドッキリだよ。早稲品種か [続きを読む]
  • ネギは機械化希望
  • 育苗トンネルをチラ見。種を筋蒔き(すじまき・等間隔で線状に撒く)後、3週間くらい?の苗。そろそろ定植。他の多くの作物と違い、ネギ(根深ネギ・白ネギ)は溝の中に植える事になります。理由はネギの白い部分をより長くする為。溝掘りといっても人力だとかなりの労力を強いられる作業で、掘る前にスコップ等で土の表面に溝を切って行く。それを往復した後その間を掘る。以後繰り返し......溝内部の画像。一方の側面の壁に、や [続きを読む]
  • 底深き荷造り
  • 生まれて初めて海を体験したハッピー。波打ち際に向かってリードを引くと、腰に力を入れて踏ん張り、貞子に睨まれたような顔つきで視線が定まらず、マンガのように怖気づいている。散歩中のおじさんからクッキーの差し入れを戴くも、おじさんの目の前で吐き出すほど私の事が憎い一日だったのでしょう......また来ようなハッピー? 昨年のサニーレタス。今年の出来もグッジョブ?サニーレタスは、記事でも連載しましたし、そりゃあ [続きを読む]
  • コールラビの船出
  • ここまで数ヶ月、ハッピーよりも気にかけていたコールラビが私の元を去って行く....きゅうりもレタスも食べるくせにコールラビだけは見向きもしないのは、犬なりに嫉妬してるのかも知れません。手前、むき出しのコールラビのみ摘葉済。(果肉部の生長を促す為に、横方向に出てる葉を切除)防虫ネットが被っている奥半分との違いをなんちゃって検証してみる。3日後の奥側。5〜6cmの大きさがベスト。5mm〜1cm足りない感じ [続きを読む]
  • スナックエンドウの収穫
  • ワクチンの予防接種。今から注射を打たれるとは万が一にも思っていない表情。花が咲き始めた4月初旬の様子。オヤジ作、合掌造りの支柱にツルが見事に巻き付いていってます。支柱作りは中々手間がかかるので、次回は専用の支柱を購入したいなと考えてます。(考えてるだけ)現在の様子。約2倍に背丈が伸びて支柱の梁まで達したところ。よーく見てみると、 もう少し実が膨らんでからが食べ頃だと思いますが、少量だけ茹でてサラダ [続きを読む]
  • キスミー 二十日大根の収穫&荷造り
  • これ以下はなかろう低需要動画を記念撮影。心地よい音と共にスポスポ抜けるんで、出来る事なら夕暮れまでやっていたい。これはね、子供たちに経験させてあげたい!子持ちの奥様方は是非キスミーを作りましょう。収穫の喜びや感動が手軽に味わえますから。洗浄して、乾かした後、包装。160g前後にまとめて出荷しました。初出荷時は首元をテープで巻いたんですが、巻かない方が見栄えが良い感じがしてきて残りは巻かずに出荷。野 [続きを読む]
  • 春キャベツ
  • 昨年9月末に撒いたキャベツ。 定植後。春にかけて草取りや追肥しつつ見守る。無事に越冬し、春到来でグーーンと育ちました。思えばこのキャベツは半年もこの場に居座って...お、おいっ!やめ.....ハッピー!その姿勢を直ちにやめたまえっ。強硬手段に出たくてもカメラから目が離せない〜。(セーフでした)以上、現場からの報告でした。 [続きを読む]
  • マリーゴールドの移植
  • ばら撒きにて密集した苗をセルトレーに引越し。広い移住スペースに植え替えることで生長を促します。時間にすると結構な手間ですが、チマチマした作業は得意ですよ! 玉レタスの移植も含め、移植作業に3時間かかりましたが、ちょうどこの日は佐川国税庁長官の証人喚問の日でして、苗をひとつ移植するごとに「その点につきましては答弁を差し控えさせていただきたいというふうに思います。」と、ラジオから聞こえてきていたので、 [続きを読む]
  • 新玉あと一歩
  • 「3月14日の玉ねぎ」「4月4日の玉ねぎ」ふと株元に目をやると、玉ってきてる!あっちもこっちも、おーっ!玉ねぎなんだから当然なんですが、徐々に結球していってる様子は、体長が大きくなるだけの作物とはまた違った謎の喜びを感じます。まだ眼球の5倍ほどのサイズなのでもう一歩ですね。以上、現場からの報告でした。 [続きを読む]
  • 初めてのキスミー
  • ホームセンター等の種コーナーで、順番に種のパッケージに目を通していくときっと多くの人が目を止めるんではないでしょうか。仮にこれが白や赤の一色だとスルーしちゃうんじゃないかな〜......いわゆるラディッシュです。あの魅力的なパッケージ画像はどこへいったのか。播種後はどうも存在感が薄くて何度も踏み潰しそうになってた野菜です。果たして本当に二十日で出来るのか気になるところ。うおおぉぉお〜ぉ?突然ビックリさせ [続きを読む]
  • すみれカブの間引き
  • ひと穴3〜4粒撒きしたカブ。大きめサイズを2株残して他は廃棄。間引いた苗を廃棄処分というのは勿体無い気もしますが、他に植えるスペースが無いんだからしゃーない。間引き作業はまだ慣れてなくて痛めてしまった苗もチラホラ。下半分の白い部分も 薄い紫色に染まっているカブを見かけたのですが、たぶん同じすみれカブだと思うんですよね......だとすれば収穫時はドキドキです。綺麗なツートンカラーになるといいんですが。野 [続きを読む]
  • 2度目のチンゲン菜栽培
  • 昨年秋のチンゲン菜。思い起こされるアブラムシ被害......苦い経験を糧に、今回は昨年に増して「たぶん大丈夫だろう!」という、より強い意志を持つ事で乗り切ろうと思います。ムスコ畑に定植数日後に追肥。つまんで株元に置く感じです。2畝分植えたので大変......追肥の3日後。気温の上昇もあって2倍くらいの大きさに。成長早すぎ.....防虫ネットの網目が1mm角なんですが、ヤツ等の進入を阻止できるのか不安。0.6mmの [続きを読む]
  • 大根の間引き
  • 「3/13の大根」「3/23の大根」「現在の大根」当日中に2畝撒いたのですが、大きさは品種の差?「間引き」とは端的に言えばふるいにかける事。大根の場合は優等生を残し、劣等生は畑からサヨナラです。大根にとっては生死を分ける面接。具体的には、大きさを揃える、通気性の確保、肥料効率や害虫予防にも繋がる作業。マルチの各穴に2粒ずつ撒いたので、選別して1本ずつハッピーが抜いていきます。 記念すべきムスコ畑にお [続きを読む]
  • 2割のみ出荷で終了〜♪
  • 昨年10月頃、台風の影響により、ろくに発芽すらしないまま全滅したほうれん草。その後、11月半ばにまた撒きまして、今回はご覧のようにすくすく育ちました。私の無駄にでかい手により、あまりに高密度でバラ撒きしてしまったようです。大きめサイズだけ間引きしながら出荷する事になりましたが、こんな密植状態で選別しながら収穫してると不意に小さいのも採ってしまったりで、段々と「ほうれん草はもうええわ....」という気分 [続きを読む]
  • 芽吹き
  • 今年もやって参りました。 エイプリルフール恒例行事、キャベツ畑のダーツ大会!沢山の害鳥の皆様、心よりご参加をお待ちしておりません。ふと足元に生えてたんですよね。フキノトウ。子供の頃を思い起こすと顔を背けたくなります。見つけてはもぎ取って......目的はただ「集める為」でした。今であれば、「せめて値札付けて売れ!」と子供を叱ってそうな自分は果たして大人なのか子供以下なのか、少なくとも土中の腐敗物を食べ、 [続きを読む]
  • コールラビ植えたぜ!
  • タマネギのような形になるんだけど、果肉部分が球根ではなく、茎の部分が肥大化するという不思議な野菜。ニシキヘビが逃げ惑う鶏を丸飲みした時のお腹みたいなイメージ。そんな可愛らしさもあって他の野菜より注力しちゃってます。ムスコ畑の片隅に定植。あえて真一直線に植えないところに私の美的センスが光っています。茎がしっかりしていて、チンゲン菜に次いで植えやすかったですね。草取りが面倒なのでマルチを敷きたかったん [続きを読む]
  • 苗!
  • 「2月中旬」「1週間後」少し大きくなった?「3月初旬」気温上昇と共に急激に成長。手前からチンゲン菜、コールラビ、サニーレタス、玉レタス。 この後畑に定植するのですが、一人だったらきついでしょうね.....実は玉レタス以外は植え終えているんですが、どうもこの単純作業の繰り返しは未だ苦痛でございます。いかなる苗でも対応、カンタン植え付け君みたいな機器があればいいんだろうけど。おまけ。地撒きでこんなん撒きまし [続きを読む]
  • 春!
  • 忙しい春が来ちまった。帰宅直後の今、半目で一句歌います。植えて撒き 植えて撒き撒き 植えて撒きブログ更新 思ったとおり おろそかに今だと中古で3000円もしなそうなデジカメ(コンデジ)で撮りましたが、いい感じに撮れたと思いませんか? いや〜、お世辞でも嬉しいです、有難う!蕾(つぼみ)を食べるんですけど、ほんのり苦味があって美味しいですよ。お浸しやお吸い物が定番でしょうか。他の菜物に比べて菜花はやや [続きを読む]