ムスコ さん プロフィール

  •  
ムスコさん: おかんの野菜
ハンドル名ムスコ さん
ブログタイトルおかんの野菜
ブログURLhttps://www.okannoyasai.com/blog
サイト紹介文千葉県の小さな畑からこんにちは。 あれ?畑仕事って「仕事」じゃなくて「人生」をやってる!
自由文夢にも思わなかった親元就農、給料5万えんっ!最後の親孝行。そんな40代おっさんの、野菜作りにまつわる喜怒哀楽の全てを記事にしたいと考えてます。

やや硬めの農業のイメージ。若者の更なる参入に多少なりとも寄与できればとの思いから、少々ぶっ飛んだ表現等、生暖かい目で見守って下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 14日(平均22.5回/週) - 参加 2017/11/26 13:55

ムスコ さんのブログ記事

  • ミッション、デストロ〜イ 続き
  • うう、眠い....では任務再開だ。任務②「さっさと寒空に16ビートを刻んで熱くなれ!」オーケー、ボス。思ったより楽じゃないぜ。その前に片手カメラでやるもんじゃないって?どうやら手振れ補正は備わってるが、必要なのは全身振れ補正じゃないか?5マス分の上部だけ叩き壊してみたところ、おっと危ねえ。高圧電流に違いねえ....恐れ入ったわ厳重セキュリティー。なに?ただの鉄筋だと?コツが解ってきたところだが、チマチマや [続きを読む]
  • ミッション、デストロ〜イ(破壊)
  • 「新たに生まれた圃場(ほじょう)に侵入し易くする為、圃場を取り囲むウォールの中間地点に風穴を開けろ!只今から対コンクリートウォール破壊工作を開始する」「武装①」ディスクグラインダー(マキタ)ターゲットのツラの皮をゆっくりと削ぎ落とす為、ダイヤモンドカッター装着。わざわざ武器屋(カインズホーム)で購入してきたのだ。その安さに痺れるがいい。「武装②」電動ハンマー(日立工機)一見アサルトライフルのようだ [続きを読む]
  • 暗渠敷設〜天地返し完了
  • 下記画像はユンボによる2週間ほどかかった天地返し作業の図です。この図は私が作ったものなのですが、その意味について、うーん.....自分でもよく解りませんね。軽く流して下さい。 ヒャッホ〜ウ。野菜の残渣もぶっこんちまえ〜!ヒ〜ハーッ。辿りついたぜ〜馬鹿でかい重箱の隅を〜今から優しくつついてやるよ〜ん。キ〜ッキッキ〜!さあ、作業しつつも思案していた工事完了のキメポーズを激写する時がやって参りました!ただ、心 [続きを読む]
  • ハッピーの憂鬱 その①
  • 拙いムスコブログを愛読、繰り返します、愛読!して下さっている、仙茶さんから何の前触れも無く「ワンコのドアップ画像ちょーだい!」とのメッセージが入る。「なんだろう...」と怪訝に思いつつも、カメラ目線してくれたところをパシャリ。 ちょっとピンボケしちゃったけど、要件は「ドアップ」だと思われるのでそのまま画像を送信。間もなく受信した動画が↓です。 [続きを読む]
  • 種すら撒いてないのに販路拡大?
  • このようなチラシをおかんが持ってきた。私自身は現状、インターネットで販売したいと思っている事もあり、あまり関心はなかったのですが、「様子を伺いに行って来よう。」ということで共に行く事に。しっかり通帳や印鑑持参のおかん。この時点でほぼ会員登録完了です。笑集荷場は車で20分ほどの場所。数人の生産者さんが品物を下ろしてましたが、私と同世代と思われる方や、若いご夫婦とみられる方も。アポなし対応してくれた責 [続きを読む]
  • 墓参りと雨の勤労感謝の日
  • うちの唯一のお取引先「マルヘイ小見川食品館」 私の暮らすアパートから、畑(実家)まで車で約10分。その短い区間に3件の大型スーパーが面しています。マルヘイは、畑(実家)から車で2分の場所にあります。家と畑は隣接していて卸し先まで2分という、生産者としてこれ以上望めない好環境です。いわば、値札付きの野菜が畑に植わってるような鮮度で提供できる事は、土地を与えてくれた祖先をはじめ、懇意にしていただいてい [続きを読む]
  • オレの土地、秒読みに突入
  • 「気をつけて行ってこいだワン。」※ 諸事情により時折画像で登場OK!行ってくるぜっ。念願の口径122mm、75mm装甲を誇る重戦車KV−1に乗った感想ですか?そうですねえ、まず、履帯に直接砲塔が乗っかってるのがどういう理由なのか解らないのと、弾薬装填したくても缶コーヒーしか装填できるスペースがない事。装甲どころか乗員むき出しですし、主砲レバー引いたらアームみたいなのが下がるだけ。一体これでどのよう [続きを読む]
  • 畑の王!
  • 抜きたて大根(品種名:関白)思い起こす事2週間前。名前負けしていた彼らの姿よ.....当時の2倍以上に成長です。ご覧下さい、電柱より太いんです。やはり畑の王、(私的格付)見せ場は終盤に持ってきましたかー。今年の大根は、関白、白肌美人、聖護院の3品種。 来年は赤い大根も作るそうなので、鮮やかな画像をお送りできそうです。大根に限らず私達が口にする野菜のその殆どは、品種改良によって生まれました。数百年前の匠 [続きを読む]
  • 里芋クエスト
  • このたびは 沢山のホイミスラ芋ベスと戦闘してきました。彼らに囲まれているとみるみる疲労回復するはずなんですが、なんでかな、不思議と疲労が溜まりに溜まってます。赤芽が印象的な里芋、「セレベス」という品種です。中身は白ですよ。インドネシアのセレベス島が原産で、普通の里芋よりお高いそうです。うちの洗い立てセレベスはピクピク動きそう。笑こちらは掘り起こした直後の里芋画像。(撮影:おかん)「唐芋」という品種 [続きを読む]
  • スナックえんどう
  • 玉ねぎと違って苗がビンビン。スナックの他にお店でスナップえんどうの種も見受けましたが、違いがサッパリでございます。この撮影の二日後に一斉に葉が広がり、当初何の苗なのか混乱しました。鉢のような苗床から培土ごと「スポッ」っと取り出して、ほうれん草の墓地だった場所に植え込みです。ホップ、スナック、ジャンプのリズムキープはちょっと慣れが必要でしたが、そら豆に次ぐ軽作業で助かりました。豆類は楽ですね〜。豆 [続きを読む]
  • 南都!ほうれん草のバラ撒き
  • 一体何がどういう理由でアトラーーーース。(もはや突っ込みも簡略形)ほうれん草は数週間前に撒いていたのですが、台風の悲劇で全て天に召されました。しかし、種苗店に赴き数百円支払うだけで輪廻転生する不思議な事もあるものです。目を凝らすと見えてきますよ〜?既に撒かれています。「この世に悲劇の種はバラ撒かれた!」北斗の拳、名ナレーションが蘇る。撒き方は簡単で、優しく岩山両斬波しながら進むだけです。地撒きな [続きを読む]
  • ムスコの工作日誌 安全用具編
  • 100均にて、探し回ること30分。連れが「これどう?」私「これだよこれ!これ探してたんだよ!」「半熟たまごボール」を探してたのなら、さっさと店員さんに尋ねていますが、これから工作するあるもののイメージと合致するアイテムを探していたので喜びひとしおでした。あとは緑色のビニールテープとゴムを購入し素材は出揃いました。はい完成です。製作過程も何もございません!試着してみる。(ゴムの長さ調節)イメージ通り [続きを読む]
  • チンゲン菜のゆくえ
  • おかん曰く「上物」に育ったようです。素人の私が見てもそれが伝わって来ます。重なる葉は光沢を帯び、八重桜のような美しさを感じさせるチンゲン菜です。が、ちょっと待った。これほどの美貌の持ち主がこんなど田舎の小さな畑のど真ん中に居らっしゃる筈がなかろう?さあ正体を現せ、そんな色仕掛けなど私には十分通用しちゃうわ。ほーらやっぱり、腹というか背中に一物抱えてやがった...アブラムシ連れてた。「そんなとこでアブ [続きを読む]
  • 3歳でもできる空豆の種蒔き
  • あら、今回は良ネームだと思いますよ。説明不要、なるほど納得。開封前から種の大きさは感触から伝わりましたが、開けて目が点、その色とその少なさ(8個)にエビ反りがてらバック転してしまいました(出来ない)オクラの跡地に空豆降臨。私の作る畝は文字通り溝がウネウネしてるところが芸術的でありポップでキャッチーではあったのですが、どうも自分以外の評価が低すぎるようで、仕方なくそこそこ真っ直ぐ作ってみました。 堆 [続きを読む]
  • ムスコの工作日誌 どんぐり編③
  • 初めてのトトロリース完成です。トトロも接着も雑だけど満足!最も苦労した点は、どんぐり拾い...を除けばグルーガンでの接着時でした。糊が数秒で乾いてしまうので....ただ、イメージ通りいかなくても素材を痛めることなく糊は指で綺麗に剥がせたので何度でもリトライできる点では良い道具だと思います。(元来は手芸用なので)筆も修正ペンも使ってみましたが、圧倒的にペイントマーカーに軍配あり。塗料も不要、マスキングテー [続きを読む]
  • ムスコの工作日誌 どんぐり編②
  • 3kg近く拾ってしまったどんぐり。乾き具合をチェックしていた時、脳裏をよぎる...もしかしてメルカリで売ってたり?やはり多くの方が出品していました。販売するとなると、どういった保存状態にすべきなのかと検索していると....察しのいい方はもうお気づきですね!メルカリ販売は却下です。各種100均で購入したもの。マスキングテープ木工用ニス(スプレータイプ)アクリル塗料筆修正ペングルーガン(接着用具)グルーステ [続きを読む]
  • ムスコの工作日誌 どんぐり編①
  • 裏庭の落ち葉掃除をしていた時の事。目が悪いものあって、それとは気づきませんでした。こ、これは、拾わざるは山の如し。意味「そこにあるんだから拾おうぜ」どうやら、カシの木のどんぐり。心はもう止めたい、でも手が心を勝り勝手に動くから困ります。無心で拾い続けること1時間。内部にゾウムシが蔓延っている可能性が大との事で5分程度煮沸した後、数日間日陰干しが良いそうです。直射日光だと割れちゃう?無論、どんぐり [続きを読む]
  • 玉ねぎで足負傷
  • と言いましても、玉ねぎに足をぶつけた訳じゃあございませんこと。ターボって....ツインターボもあったら店内で声だして笑いますよ。そのうちディーゼルターボだとか、エコカー減税だのEV車限定とか意味不明になってくるととても選びにくいので宜しく申し上げます。中身はこんな感じ1ヵ月後...軒下にて。中々成長せずくすぶってやがって...玉ねぎとして人間様にお使えする気概が微塵も感じられん。クビだ!このクビねぎがっ!ご覧 [続きを読む]
  • 文化の日
  • 今日という日は、野菜が主役を張る行事も各地で催されている事でしょう!愛娘でも連れて野菜のウンチクをあれこれ説きつつ、(全部知ったかぶり)「いつか一緒に玉ねぎ植えようね〜」なんて話ながらイベントに足を....って、来世を夢想してる暇など私にはなく、しょうがねえから一人で玉ねぎ植えてて終わった文化の日。そうそう、おでんの季節がやって参りましたね。おでんと言えば! [続きを読む]
  • 畑が育むアラカルト
  • と題しましたが、アラカルトの意味はよく解ってません!言ってみたかっただけ。今回は台風後の現況記事です。本題の前に、自慢話から入らせていただきますと、私、人生で4台目となる車を購入しました!以前からずっと欲しくて。それもピカピカの新車です。ただ、ひとつだけ問題がありまして...それは↓に画像を載せるしかないもんだからオチがバレバレな事なんです。おまけに記事の最初の画像は自動的にサムネイルに適用ときたも [続きを読む]
  • ゼロ知識からのサニーレタス編⑨
  • ハッピーハロウィンサニーレタス!レタスをくれなきゃいたずらしちゃうぞ?深い意味はございません。ついにここに完成。8/31の種蒔きからきっかり2ヶ月で収穫を始めました。この2ヶ月、畑に赴く度にサニーレタスの様子を気にかけていましたが、開放感....もとい、達成感で胸が一杯です!(連載記事が一段落した意味で)この頃が昨日の事のように蘇ります。台風被害にも負けず。この後、見違えるように復活したのです!超新鮮 [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • 10月初旬から冬に備えて段階的に夏野菜や花の撤去作業をしています。かぼちゃに始まりキュウリ、瓜、ピーマン、トマト、ししとう、唐辛子などなど。今回はオクラ、ナス、唐辛子、落花生の撤去。もはや慣れたものです。ちゃっちゃと一日で終わらせてしまいましょう!隣の人参の中まで伸びる「オクラの根」こいつを5〜60本掘り起こしたら完了です。台風の影響で幹が寝ちゃってとてもやりにくそうです。人参を踏み潰さないよう気 [続きを読む]
  • 科学する野菜
  • 初めてクロワッサンを焼いてみたんですが、ちょっと作りすぎ?ご覧の通りの焦げ焦げ大失敗に終わってるように見えた貴方、惜しくも残念。里芋でした。洗浄済の里芋。せっかく撮影したのだから記事にしようと思ったんです。で、今まさに執筆中な訳ですが、自ら手をかけた作物でもないことからどう頭ひねっても書けない....話が広がらない。なので、ちょっと調べてみたところ、「ロータス効果」と聞いて解る方はそれほど多くないので [続きを読む]
  • 爪痕(鉄風21号)
  • うひ〜ひっひぃ〜!鉄風21号、今向かうよ〜。植物ごときまとめてかかってこいよ〜、ぐるんぐるんのべろんべろんにしてやるからよお。ブォォフォ〜〜フォ〜〜ォォォゥ。ほほう....遂にきやがったようだな。だが恐れるに足らん。既に対策はバッチリ万全の無策。な〜に心配ねえさ、露地栽培で鍛え上げた強靭な根っこと極太の幹をハウス育ちのやつらと比べてもらっちゃ〜適わん。手始めに君だ、レモン。みんなの壁になってやんな!「 [続きを読む]
  • ゼロ知識からのサニーレタス編⑧
  • もうパンパンです。こうして見ると巨大な生春巻きサラダのようです。収穫はあと1.5倍くらい大きくなってから。ということで試食してみました!丹精込めて手塩にかけて写真も沢山撮ってあげたその味たるやなんとなんと、ごく普通のサニーレタスの味でした〜!いーやまてよここは、ほっぺたこぼれ落ちそうな上品な甘さと口溶けとほろ苦いなんたらと言うべきでしょうか!?収穫期来たる。窮屈そうなチンゲン菜台風が去った後、来週 [続きを読む]