kyou4827 さん プロフィール

  •  
kyou4827さん: 少し変わった目線からの競馬
ハンドル名kyou4827 さん
ブログタイトル少し変わった目線からの競馬
ブログURLhttp://kyou4827.blog.fc2.com/
サイト紹介文今までの競馬の経験した事や 競馬を題材に違う目線からの 競馬観をお伝えしたいかと 思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 299日(平均0.7回/週) - 参加 2017/11/27 17:11

kyou4827 さんのブログ記事

  • 神戸新聞杯
  • 神戸新聞杯あまり競走馬個々についての見解などの事は書かないのだけどたまには書いてみようかと思う。秋競馬に場所を移して秋競馬を盛り上げてくれそうな馬がぼちぼちでてきましたね。小頭数で少し寂しいレ-スにはなりそうですが注目はやはりこの2頭ではないかと思う③ワグネリアン ダ-ビ-1着⑧エポカドーロ 皐月賞1着まあこの2頭でしょうな 以上 終わり・・・wっての冗談でそれだけなら誰でも考えはつくだろうからね別目線 [続きを読む]
  • 智恵という名の武器
  • 智恵という名の武器http://qdn1993.web.fc2.com/newmc4/jnjn180601.htmめんどくさがらず隅々まで見て見てください。意外な発見があるかもしれません本サイトはこちらhttp://qdn1993.web.fc2.com/newmc4/nextqdn.htm [続きを読む]
  • 競馬に対する比率
  • スマホとパソコンの出現により活字離れが深刻になり便利なようで不便になってるような気もする。楽するには最強のツールだとは思うがその分いろんな分野で感がえなくなり人とも疎遠になるのだろうな〜と思う。駅で電車待ってる時大半の方はスマホにのぞき込みはたから見ると異常な世界だな〜と思う。スマホを覗き込んでる姿を見ると現代社会の孤独を痛烈に感じ儲け主義の企業の戦略に踊らされてるよな〜と思うが自分もそれに嵌って [続きを読む]
  • 青春
  • 青春青春とは、まさにその字のごとく、青い春なのだその時は、十分に大人のつもりで立ち振る舞ってはいたが今50を過ぎて振り返って見れば、やはり青い。幼稚で右も左も分からぬ子供だったと思う。仕事に関する考え方、女に関する考え方、友達や人付き合い、肉親や家庭そして社会や【人生観】そのものに対しての考え方など、すべてが幼かったように思う。50を過ぎてやっとそれが【少しだけ】見えて来たのに、もう後がない、というこ [続きを読む]
  • 世界に一つしかない、奇跡的な、特殊な競馬新聞
  • 競馬のお好きな方は、多分ネットで様々な競馬サイトを覗いている事でしょう。しかし ここは違います。100年に一度、出逢えるか出逢えないかのサイトです(笑)キャッチフレーズは世界に一つしかない、奇跡的な、特殊な競馬新聞、です。世界に一つしかない ?  経験則で作るので、ここにしか有りません。奇跡的 ? ある特殊な計算式の発見。計算が出来なければ作れません。特殊な競馬新聞 ? 誰も気付かなかった今まで見た事のない [続きを読む]
  • 思い込み
  • 思い込みほど怖いものはない。先週日曜日の競馬朝からワクワクしてる時ほど危ない負けるという事が全く頭にないからだ。まあこれはすべての人に言える事だとは思うがよ〜し今日は全開に負けるぜ!!という人はいないのですからね。ギャンブルはおそらく負けると言う事を頭の隅にでも置いておいた方がよいかと思う。日曜日朝から参戦してまあことごとく当たらない。人気から行けば穴 穴から行けば人気。軸にした馬が故障とまあ負の [続きを読む]
  • 選択
  • 選択人生は選択の連続である。右に行こうか左にいこうか?お昼、うどんにしようかラーメンにしようか?固いか荒れるかと?言い出したら切りがないが死ぬまで選択ってのはついて回ってくるのだな〜と思う。大人的人間感覚の人は流行りに関係なく自分が納得し欲しいと思えばいつでも買うが幼稚的感覚の人は自分の欲しくないものでも買ってしまうという心理。以前大井の予想屋で見た事はあるけど説明してるが一向に買わないが一人買う [続きを読む]
  • 普通の人と天邪鬼
  • 普通の人と天邪鬼普通に生きていくにはもめ事なく争いなく平凡な人生。あたりさわりなくよい事かとは思うが刺激はない。どの世界ジャンルでも成功者ってのは天邪鬼が多いと思う。凡人では理解できない事も多いと思う。先週の桜花賞も取れた人はだいたい普通の方だと思う。当たり触りなく順当な結果。むしろ天邪鬼には頭にない結果だったと思う。競馬ファン8割方は普通の方だと思う。残りの2割は天邪鬼言い方かえれば基地外。その2 [続きを読む]
  • タイミング
  • タイミングタイミングの良い方悪い方はあきらかに居る。ある職場の話AさんBさんと居たとしよう。AさんはBさんの先輩Bさんは当然Aさんの後輩になるわけですが。Aさんは普段からさぼり癖があり後輩のBさんにまかせっきりでいつも漫画ばかり見ていてろくに仕事をしない。そんなAさんでもいつもいつもやらせるのは悪いと思ったのかBさんに今日は自分がやるよとAさんが座って漫画見てたらたまにしか来ないオーナーが来て何さぼってるの [続きを読む]
  • センバツ
  • センバツ馬淵監督の言葉初戦でサヨナラで勝ち今度はサヨナラホームランで負けた。自分の人生のようだな〜とのコメント。深い言葉だな〜と。経験しないと言えない言葉だな〜と。馬淵監督 甲子園では常連な監督。実力だけでは勝ちあがれない勝負事を知ってる監督だな〜と思った。良いときもあれば悪い時もある。勝ち負けとはそういうものだなと。無印を買う為の新聞全国に数人しか使われてない競馬新聞人により目線は違うただ良いと [続きを読む]
  • 勝負事の基本
  • 勝負事の基本とは?【最初に・我・ありき】という事。本質を理解しないと後退はあっても前進はない。最初の一歩っていうのはまず我にあれきなのだと思う。競馬を通じて沢山の友達も出来た。共感できる部分も沢山ある。楽しみ方はそれぞれだ。ある方は競馬はロマンだと思うので馬を調べるそのプロセスを楽しみたいとお返事があったのを思い出した。言ってる事は正論だと思うが違和感もあった。それは表面上のプロセスであり少し突っ [続きを読む]
  • 先日2つの出来事
  • 先日2つの出来事偶然街で以前の職場で働いてた女性と会った。何年振りだろうか?その時彼女は19歳だったが今は28歳になってた。歳とるわな〜と思ってしまった。月日も経てば変わるが容姿も綺麗になってたがそういう事ではない。雰囲気が柔らかくなってたような気がした。今から仕事だと言ってたが生活感充実してるような感じで少しほっとした気持ちになった。経験が為になってるのかな〜と思ってしまった。もう一つ朝方4時ぐらいだ [続きを読む]
  • 物差し定規
  • 物差し定規とは大変便利なものである。直線を線で引いたり長さを測ったり実に正確に測れるアイテムである。確率されたものや物つくりには大事な武器だと思う。ただ生きていく上では定規のように図って物事解決したら苦労はないのだが中々思うようにはいかないよね。スポーツの世界でも学力の世界でも全大会が1.2.3位または1.2.3着であっても定規のようにはかればこうなるのだろうけど見えない定規で測ってるのだろうな〜と思う。こ [続きを読む]
  • 双方の意見
  • 久しぶりにブログを書く気になったので書いてみようかと思う。何事も意見と言うはぶつかり合うものだと思う。賛成側の立場から見れば賛成側が正しい。反対側の立場から見れば反対側も正しい。結果が出るものとして成功例を見ればそれは正論なんだろうなと思う。数学の公式のように結果が決まってるもなら正規の物が正しいという結果になるわけだけど。勝負事というのはそういう訳ににはいかないと思う。競馬で言えば◎派が絶対的に [続きを読む]
  • 360度?
  • 競馬というのは常に360度競馬は本来どのレースも360度の視野の中海を見渡せばどのポイントで魚を釣るか?それを専門誌や評論家を含むマスコミの一方的な報道によってそこは釣れた試しがないと言って洗脳されてしまう。10万を1点勝負で100万にしたので自分も儲けたいと。一年後その100万の儲け以上にやられてるかと思う。競馬に魅力を感じ馬券を買うようになる者の進む道はまず競馬新聞を見る事から始まる。それでも1年ほどは競馬新 [続きを読む]
  • 有馬記念枠順
  • 有馬記念枠確定したがもう違和感しかないわ。また1枠ってどうなんよ?あんまり買う気もおきないね〜。まあ有馬記念ぐらい好きな馬から買うのが一番だね。深く考えない方がいいのかもしれない。今年はここで終わりではないのでそこも違和感がw [続きを読む]
  • 見えない糸
  • 見えない糸いつも見えない糸と格闘中見えない糸とは常に糸が絡まっておりどのようにしてほどこうか?と考えてる訳だけど。競馬新聞眺めながら予想する訳だが成績、血統、騎手、天候、馬場など様々な糸が絡みついて迷ってるわけだがどの糸を引っ張れば一本につながるのかこの糸とこの糸ひっぱれば余計に絡まったう〜んますますドツボにはまる蟻地獄赤い糸ではないが天使の糸とでもいうのか?レースがある以上必ずあるわけでその糸を [続きを読む]
  • 欲 人と言うのは実に欲深い生き物である。欲の皮を被った化身とでも言うのか?むしろ欲深いくないと言う人は人ではないと思う。常に欲はあるわけで金欲、食欲、独占欲、性欲 物欲と常に何か欲を満たす為に生きてるのだなぁと思う。欲が無ければただの抜け殻だ。人は常に欲との戦いで欲と上手く付き合って行かなければ行けないのだ。最初は小さな欲でもある程度の目標を達成してしまえば更に欲深くなる。当然な事だと思う。争い事は [続きを読む]
  • 基本
  • 基本とは?判断・行動・方法などのよりどころとなる大もと。基礎。「基本の型」「基本を身につける」「基本に忠実な演技」言葉にしてみれば簡単なのだがこれが又難しいと思う。何事のジャンルにしても基本は切っても切り離せない物であり基本飛ばして応用ってのは無理な話である。基本がなければ練習という基本は要らないのである。仕事や遊び、人とのコミュニケーション、物つくりなどなど今は楽しくやってる人も多いが基本が一番 [続きを読む]
  • 頑固者
  • 競馬をやってる物は大方頑固物であると思う。予想前これが来る又はこれがいいよと言っても自分が気に入らなければそうだねとその場は返事するがおそらく買わないと思う。議論してもあ〜でもない、こ〜でもないと。けど結局、答えって最初から決まってるんだよね。結果は別として。自分も頑固物だから人から勧められた物なんて物は死んでも買いたくない主義だ。ただそれは否定をしてる訳ではない。参考にはするけどね。競馬なんて物 [続きを読む]
  • 敵は身内から
  • 敵はいつも身近な所にいる。身内ほど醜い物はない。宮司の事件は皆さんご存知だろうが兄弟で凄まじい戦い、発端になるのは大体権力、金。幼少期同じように過ごした兄弟が大人になり派閥争い。醜い、醜すぎる。時間経ってしまうと人は変わってしまうのだろうか?ここに限らず権力争いは何処でもあるわけで。学校、友人関係、職場、取引先様々にあるわけだよね。人類平等とか言うが最初は平等でもスケベ根性だす奴が必ず出てくる。こ [続きを読む]
  • 面接
  • 以前飲食関係の仕事をしていた時の話。かなりの数の面接をこなしたおかげである程度見る目はあったのかな〜と思う。履歴書なんてものはいいようにと少しでも気を向かせる為の資料でありわざわざ悪く書く人はいない。自己アピールするための資料でありここで働きたいというわずかな情報だ。情報であり正確かどうかは不明。一応目は通してたがあまり充てにはしてない資料であり他のテストで柔軟性を確かめてた。テーブルの上に生卵を [続きを読む]
  • きっかけ 続き
  • チャンピオンズCという得体のしれないG1も終わったわけだが終わって見たらまたしても外国人JKというまあ何とも面白くない結果で、無理にG1にする必要性もないような気がするが。まあ一つのレースとしてしか見てないからいいのですけどね。なら未勝利G1といっそのこと変えてしまえばいいのにとアホな事考えてます。先週の続きの話まあひょんな事からFAXを通じて変わった物を手に入れた訳ですが、その当時正直、う〜んさっぱりわ [続きを読む]