金谷のジュビリスト さん プロフィール

  •  
金谷のジュビリストさん: ジュビロ磐田ブログ
ハンドル名金谷のジュビリスト さん
ブログタイトルジュビロ磐田ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ikth1987/
サイト紹介文根っからのジュビリストです。他にも日常で感じた事を書いていきたいと思います。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 16日(平均9.2回/週) - 参加 2017/11/27 16:11

金谷のジュビリスト さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • クラブW杯
  • 浦和、初戦敗退。残念。開催国枠に不覚?なのかもわかりませんが、最近思うのは、代表も含めUAEに分が悪いなという事です。この前身トヨタカップのクラブW杯に日本のクラブが出る意義ってやはり、欧州と南米王者〔特に欧州王者〕と、対戦出来るところに大きなウェイトがあると思います。そういう意味ではやはり残念です。野球のCSの広島カープじゃないですが、やはり試合間が空く事でのゲーム勘やコンディションの持っていき方 [続きを読む]
  • 東アジア選手権 北朝鮮戦
  • 辛勝でしたね。ポゼッションでは日本が勝りましたが、決定機では北朝鮮のほうが上回りましたよね。ああいう日本がポゼッションの時間が長い展開になると、ボランチのところで、ドリブルで突っかけて1人剥がしてパスとか、楔のパスをスピードを緩くして、わざと相手を食い付かせてリターンを受けて、裏の空いたスペースにパスをはたくとか、そういう工夫が欲しいのですが、井手口、今野とかはそういうタイプではないので難しい展開 [続きを読む]
  • なでしこジャパン
  • 東アジア選手権。韓国に競り勝ちましたね。佐々木監督時代の良い部分は踏襲しつつ、よりアグレッシブにDFラインを高く保つサッカーにトライしてるのかなと思いました。世代交代も少しずつではありますが進んでいるようですね。相変わらずの課題としてフィジカルの部分で同じアジアの中でも日本は、やはり弱いなと感じます。女子は身体の大きい、運動能力のある子はバレーボールやソフトボールに行きがちなので、そこをサッカーに [続きを読む]
  • みなおか、めちゃイケ終了。
  • 残念ですね。個人的には特に、みなおかが残念です。めちゃイケは土曜日の夜という事で、特に夏場なんかは、子供の頃からJリーグに噛り付いていた私にとって、そこまで馴染みはなかったです。なので、学校で話題についていけない事もありましたが、少数派のJリーグファンとJリーグの話題で盛り上がっていた記憶があります。まあそんな面も含めて長寿番組で思い出深くはあります。みなおかについて。私が生まれた翌年から前身番 [続きを読む]
  • 遅れましたがJ1昇格PO決勝を振り返る
  • 名古屋グランパスでしたね。スコアレスドローでの優勝は意外な印象を持ちました。これで来季は湘南、長崎、名古屋が上がる事になりました。正直言って、残留争いのラインは上がると思います。湘南は昇格初年度はそこそこやります。2年目に資金力のあるクラブから選手をごっそり抜かれ、徐々にチーム力を下げていくイメージがあります。長崎に関しては未知数な部分がありますが、2016シーズンの福岡ぐらいの勝ち点は獲得するかと思 [続きを読む]
  • 遅れましたがJリーグ1部最終節
  • 磐田×鹿島は引き分け。川崎の逆転優勝。磐田×鹿島はスコアレスドローだけに最強の盾と2番目の盾らしい試合でした。ただ決め手がなかった事も事実かな。両チームにシーズン20ゴール以上のスコアラーが居たら、どちらかに勝利の女神が微笑んでいたかもしれません。川崎は初優勝おめでとうございます。念願の初タイトルがリーグ制覇は格別でしょう。ホームで磐田に2-5で負けてからは負けなし。前節、浦和に勝ち、鹿島は柏に引き分け [続きを読む]
  • ポーランド、セネガル、コロンビア
  • 来年のロシアW杯でグループHの日本は、ポーランド、セネガル、コロンビアと対戦する事に決まりました。他のグループを見ると、比較的恵まれたとか良かったという印象を持ちがちかもわからないですが、ハッキリ言って今の日本代表はどのグループに入っても相当厳しいです。最近はアジアと世界の差が縮まっているというより、寧ろ開いている気さえします。初戦に、コロンビアと当たるのも組合せとして、後の2試合を戦いづらくするの [続きを読む]
  • 鈴木政一氏、新潟監督就任決定
  • 政一さんがJリーグに帰ってきますね。未だに年間最高勝率を誇る、言わずと知れた?知る人ぞ知る?名将です。N-BOXで有名ですよね。藤田、名波、服部、福西、奥。この5人の共存ありきで考えた上でのN-BOXシステムでした。つまり、基本的には政一さんのやり方は「選手ありき」なんです。理想のやり方、方向性、システムありきでチームを作るのではなく、この選手の長所を最大限活かすには、このシステム、このポジションで、といった [続きを読む]
  • ガヤさんありがとう。実〜、成岡〜
  • 各クラブ、契約満了選手や引退する選手の発表の時期になりましたね。藤ヶ谷陽介。私が今住んでる浜松市東区出身で勝手にシンパシー感じてました。磐田東でEXILE AKIRAの先輩。ガンバが降格する前年ぐらいからパフォーマンスは低下してましたが、ジュビロが降格した苦しい時期に来てくれた恩は忘れません。お疲れ様でした。札幌時代は佐藤洋平とやってて、何かとジュビロと縁があるのかもしれませんね。菅沼実。熊本を契約満了にな [続きを読む]
  • 年末の音楽番組
  • 今年も年末の音楽番組ラッシュの時期になりましたね。私はカラオケが趣味なので音楽番組は基本的には好きなんです。が、しかし、AKBとかジャニーズとかLDH系ばっかり過ぎやしませんか?90年代のCDが売れた時代や2000年代前半とは違い、今はCDも売れませんし、ヒット曲もあまり出なくなりました。上記以外では俳優がドラマの番宣を兼ねての音楽活動で出演したりもチラホラありますが。私が言うのもおこがましいですが、芸能事務所の [続きを読む]
  • J2のJ1昇格PO準決勝
  • 名古屋と福岡が順当?に勝ち上がりました。名古屋は田口泰士の神の手が話題になってますが、あれは完全にハンドですよね。先日の代表のブラジル戦はVARが話題になりましたが、サッカーでもチャレンジ制度とかどうでしょう?1試合につき3回まで有効とか。一発勝負のクラブの命運をかけた戦いで、あの判定は、千葉にとっては気の毒でしたね。ただ千葉にも大切な試合でやってはいけないGKの処理のミスもありました。そういう判定やミ [続きを読む]
  • J1残留争い
  • 完全に清水と甲府に絞られました。清水はチームに勢いや自信みたいな精神的な強さが全くなく、まさしく泥沼状態です。選手編成からしても、元々守れるチームではなく失点は多いですよね。ここまでの順位や状況になる事はシーズン序盤や中盤にはチームとして想定していなかったと思います。甲府に関しては残留争いは毎年の事で、ある意味想定内の事なのかもわかりませんが、一時期のアウェイで柏に勝った時のような勢いは、今は無い [続きを読む]
  • 鳥栖戦を振り返る
  • 全体を通して非常に出来が良かったと思います。ラッキーな形で先取点が入りましたが、その後の試合の運び方も受身になる事もなく、ジュビロの良さがよく出ていたと思います。追加点も良い時間帯に取れました。宮崎が小林祐三のトラップミスを完全に狙ってましたね。間合いの詰め方や読みはさすがの宮崎でした。それからのアダイウトンの突破もさすがでした。アダイウトンが左ワイドやる時はバランサー的な宮崎の左SBがしっくりくる [続きを読む]
  • 今日は鳥栖戦
  • スタメンの入れ替えも多少あるようですが、ベアスタの鳥栖はなかなかの曲者ですよね。4バックで行くのでしょうか?来季に向けてというのもあるでしょうが、この時期になると、このメンバーでやれるのもあと少しという気持ちが選手にもあるかと思います。部活の中体連やインターハイ、選手権の時の気持ちとでも言うのでしょうか。選手には悔いの残らないようプレーして欲しいと思います。今年もあと2試合。光陰矢の如し。 [続きを読む]
  • 浦和アジア王者
  • 10年ぶりの優勝、おめでとうございます。決勝戦のセカンドレグは終始アルヒラルがボールを保持する展開でしたが、浦和の守備陣は集中力を切らさなかったですね。長澤和輝は小柄ですが馬力があり、攻守に貢献出来る良い選手ですね。スコアレスドローでも優勝でしたが、最後のRシルバのゴールは流石でした。とにかくおめでとうですね。Jリーグのクラブがアジアの金満クラブを次々と破っての優勝は非常に価値があると思います。 [続きを読む]
  • 1000万を超える高額所得者の年金受給者の増税
  • 1000万というラインがどうなのか?は置いておいて、社会保障費の財源を確保する為には、そこら辺から削っていかないといけないのかなとは思います。こういう流れは「働いて働いて頑張っても、結局、税をむしり取られるだけじゃないか」という不満因子や勤労意欲の低下を生むかも分からないです。が、しかし私の拙い人生経験や職歴の中でも、どう考えても役員クラスや経営者の中で、「貰いすぎだな」という方は、全員とは言わない [続きを読む]
  • 連日の大相撲に関する報道
  • 情報が錯綜し、ビール瓶では殴ってなかったとか、貴ノ岩は重傷ではなかったとか、貴乃花親方と八角理事長の確執にまで話がおよび、何が真実で問題の本質は何なのか全く分からない状況になってしまいましたね。整理しましょう。私は、この騒動の問題の本質は相撲界に蔓延る暴力体質であると思います。「かわいがり」という仮面を被った単なる暴力を容認し続けて、死者まで出した世界です。基本的には格闘技である相撲において、力 [続きを読む]
  • ACL浦和アウェイで引き分けスタート アジクラの記憶
  • アウェイゴールを1点取っての引き分け。十分な結果だと思います。 ACLで日本勢の躍進が報道されるたび、1999年のアジアクラブ選手権のジュビロの優勝は偉業中の偉業だったと思います。当時はアジアクラブ選手権自体が今のACLのようにメディアで取り上げられる事は少なかったですし、スポーツ紙に取り上げられたとしても扱いは非常に小さなものでした。レギュレーションもエステグラルとの決勝は一発勝負のテヘランでの完全アウェ [続きを読む]
  • てんかん告白からの大爆発
  • ジェイがまた決めました。しかもまた2発。11月初旬に、練習中倒れたと知った時は、本当に心配しましたが、やはりジェイはジェイでした。日本でも一般的に持病やてんかんがある人は何の世界でも、不利益を被る事があるかもわからないですが、彼のこの活躍がメッセージとして励まされる人は決して少なくないと思います。苦しい時に、点を取ってチームを救ってくれる。それがジェイです。「点を取る」という能力は、指導者でも教える [続きを読む]
  • 清水桜が丘 選手権初優勝
  • 清水商業と庵原の合併で校名が清水桜が丘になってから初出場です。今年は静岡学園の三冠なるか?に注目が集まってましたが、清水桜が丘が阻止しました。雨のピッチでキーパーがファンブル気味にこぼしたのを抜け目なく詰めて、同点に追いついてから耐え忍んでPK戦の末の勝利。おめでとうございます。高校生の年代はこれからの1ヶ月弱でも、グンと伸びることもありますから、チームの熟成に期待します。また清商サンバが聴けるのは [続きを読む]
  • 過去の記事 …