CJK さん プロフィール

  •  
CJKさん: Australian life -永住者のつぶやき
ハンドル名CJK さん
ブログタイトルAustralian life -永住者のつぶやき
ブログURLhttps://j2006k.blogspot.com.au/
サイト紹介文オーストラリアで暮らして見える、良いところ・悪いところ・変わったところ…
自由文オーストラリアに住んで10数年。
ワーホリ、学生、永住への道のり、仕事、結婚などいろいろ経てきました。
それでも「あぁここはオーストラリアなんだなぁ」と思う出来事があったり、慣れることがない事や、気に入ってしまった生活習慣などいろいろあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 294日(平均2.6回/週) - 参加 2017/11/27 16:12

CJK さんのブログ記事

  • XX人という認識の違い
  • シドニーに来て、一番最初にびっくりしたのが人種の多さ。オーストラリアに来たことがない人たちにとって、「海外=西洋人(いわゆる白人)」というイメージはとても強いと思いますが、私もこっちに来てびっくりしたほうです。そんな中、町中でバスキングや言語交換なんかをやっていると「日本から来ました!」と紹介している人が結構いるなぁと思います。でもこれをやっているのって、日本人の人がほとんどだな、と最近になって思 [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントは…新車!?
  • 職場でのびっくり話。羨ましいを通り越して「すごいな」っていう感想しか出なかった(笑)部署は違えど、オープンオフィスなのでよく顔を合わせるボス。子供は10歳前後かと思うのだけれど、バリバリ働て居ている女性で、いつもスマートなワンピーススカートを着ている。私のボスが彼女と一緒に、スマホで動画を見て盛り上がっていたので何かなぁと思ったら「誕生日にサプライズで車をもらったの!」旦那がすべてオーガナイズして、 [続きを読む]
  • サーブしていないのにTipsをねだるな!
  • Milson's PointにあるAqua。旦那がちょっと早い誕生日ディナーということで連れて行ってくれました。食事もよかったけれど、サービスがとてもよかったです。メインのウェイターさんの知識や引くところは引くという基本、それ以外にも、それぞれのコースの間の待ち時間もすぐではなく、かつ「待つ」ということもなく、全体的にとてもよかったです。時々ランナー(食べ物だけを運んでくるウェイター)や担当ではないウェイターさんが [続きを読む]
  • 手袋を使うレストランほど実は汚い??
  • 最近、レストラン・テイクアウェイのお店などで、ビニール手袋(使い捨て手袋)を使っているところをよく見かけるようになりました。どちらかと言えばリーズナブルな価格のお店が多いですね。私は、こういったお店では、手袋を使うほうが逆に「汚い」と思っています。なぜそう思うかというと、経験から。もちろんきちんとしているレストランもあるでしょうが、逆にきちんとしているレストランほど手袋を使いませんからね…。私が昔 [続きを読む]
  • 旦那ヒーター。冬でも毛布なし…
  • 白人は体温が高いなんて聞きますが、見た目からしてそうだと思います。たまに冬なのに夏のような恰好をして歩いている人達を見ると、我慢はしているんだろうけれど、それでも限界があるだろう、と思わずにはいられません。さて、今週末はNew Castleまで遊びに行ってきました。ドライブとこのところお泊りしていないねということで、海沿いのホテルを借りました。寒いのでバスタブがついているところ、というのもこだわりました。日 [続きを読む]
  • 英語の授業をタダで。NSWのSmart and Skilled
  • NSWのSmart and Skilledの制度を使って、英語コースを履修しました。https://smartandskilled.nsw.gov.au/仕事をしているので夜学、8週間という短いものですが昼間通える人は半年ぐらいのコースもこの制度でカバーすることができるかもしれません。一応レベルチェックがあり、その際にこの制度を使える資格があるかもテストされました。日本人の私たちにとって、訴えるに使える選択肢は+スキルが低い(希望するコースに関連した意 [続きを読む]
  • オージーになることは幸せになれる一つの道なのかも
  • 私の職場は職業柄、他国籍にわたります。移民の中にはこちらに来てまだ2年という人もいれば、10年、20年になるという人もいます。偶々そんな話になった時、自分の国とオーストラリア、どちらのほうがしっくりくる?と聞かれました。日本の良さもオーストラリアの良さも、そしてそれぞれの悪いところも経験している身ですが「私はオーストラリアのほうが生きやすい」と答えました。多くの人がそんなことどうでもいいよ、と思っ [続きを読む]
  • 知らなかった…プライベート保険、実は$1000もセーブできたのかも…
  • ちょっと前に、会社とプライベート保険のCooperate Coverの説明がありました。一般で買うよりも、カバーがいいものが同じ値段で購入出来たり、もしくは割引があったりするのです。全ての保険名は出しませんが、超大手のMから始まる、数年前にプライベート化したあれです。Medicareと名前が似通っている、あの会社です。偶々、私たち夫婦が使っている保険と会社が契約しているものが一緒だったこと、そしてカウンセリングセッショ [続きを読む]
  • Fluも注意ですが…家族間で感染率が高い!
  • 今年はインフルエンザの開始時期が少し遅めなんてニュースが出てきました。幸い私たちはまだかかっていません。先週、すこし咳が出てましたが、Fluではなかったかと。今年は会社での無料予防接種を受ける予定でしたが、その時にちょうど調子が悪かったので見送り。旦那もちょうど旅行中で受けられず。過去何年にもわたって受けてないのでいいのですが。受けるのなら毎年受け続けたほうがいいのだそうです。そんな我が家で(といっ [続きを読む]
  • Fish marketのHidden gem、Vic'sのバーガーその他諸々がすごくおいしい
  • Sydneyでのマーケットと言えばFish Market。観光客が行く観光地の一つ、と言えばそうだけれど、近場の人たちも買いに行きます。フィッシュマーケットだけれど、メインの大きな建物の奥にはデリや八百屋があったりします。そして市場の反対側(メインの建物の反対側)には、Vic'sという肉屋があります。ここの肉屋、いい肉をそろえています。ソーセージもおいしい。ソーセージはキロ16ドル。いくつか種類を買って冷凍庫で保存してい [続きを読む]
  • 男女の区別がなくなる日 ‐ 言われてみるとトイレに変化が。
  • 公共の場所へ行けば、女子トイレ・男子トイレ、日本では時々「子供用トイレ」なんてのも見かけますが、トイレは性別で分けられていることが多いです。それが、ここ最近、男性はこちら、女性はこちらというのではなく、トイレはこちら、というように男女共用(Unisex)と表記されているところが出てきたように思います。お店が小さく、トイレが一つや二つならわかります。でも10個ほどトイレがあってもすべてが男女共用のところが [続きを読む]
  • オーストラリアで胃・大腸検査 (内視鏡) 2 当日編
  • https://j2006k.blogspot.com/2018/06/blog-post_18.html前回のは前夜の準備まで。前日の夜12時までは飲み物はOKだったため、ぎりぎりまで飲みました。6時間以上にわたる水様便で体の水が失われているのを補うためです。少し調べたのですが、Moviprepはほかの腸洗浄剤に比べると濃い目の作りになっていて、そのために体から水分を取っていくという特性を持っているようです。その為、Moviprep以外の水分を取ることが前提とされてい [続きを読む]
  • オーストラリアで胃・大腸検査 (内視鏡) 1
  • 今回大腸検査をするにあたって、日本と大して違いはないのだろうけれど、やはり他国でのことになるのでいろいろ経験談を調べてみたのですが、あまり多くはありませんでした。同じように今後、検査をする人がどんなものだろう?と興味本位で調べたときに少しでも内容が知れるように…と思って書きます。去年の後半から下痢が増えたような感じがあり、GPにいったり、市販の大腸がんキットを使ったりしていました。http://j2006k.blog [続きを読む]
  • vivid最終日をSydneyのOne of the Bestのレストランから
  • 今年はVividに行くつもりもなかったのですが、ラッキーなことに旦那の仕事がらみのファンクションでContemporary museumの上から見ることができました。https://j2006k.blogspot.com/2018/06/vividfree-food.htmlその時は、ファンクションということもあり、食事も飲み物もタダでした。食事もカクテルメニューだったけれど、それぞれすごくおいしかったです。そして今回、たまたまVivid開催日と被ったのですが、これまた旦那が会社 [続きを読む]
  • 19年の呪い…諦めなのか呪いなのか…
  • 週末はAFLの日。オーストラリア系のブログを見ていると、何人かの方がファンを明言しているのと同じで、我が家もWCEaglesファンです。金曜の夜がSwanとの試合がシドニーで行われたので見に行くことに。仕事後直行する予定だったので、スカーフを巻いて出ると、街にはSwanスカーフのビジネスマンがゴロゴロ。更に職場にも「あれ?AFLファンだったの?!」と気づいた人は、Swanファン。「自分もこの後ゲームに行くんだよね」とのこと [続きを読む]
  • 民度の低さ?「我慢ができないんだよね」
  • http://www.abc.net.au/news/2018-06-12/obike-dockless-bicycle-scheme-to-leave-melbourne/9860314町中で見かける、レンタルバイク。半年ぐらい前からでしょうか、数社が競うようにオレンジ・黄色・赤などの自転車を町中に置き始め、なんだろうなぁと思ったら、モバイルQRコードを通じてすぐに自転車を借りれるというサービスだった。「環境にやさしく、駐車が厳しいシティーにはとても画期的」みたいなことを市長が言ったような [続きを読む]
  • ”Hello? I'm here!!" 自分が目の前に居るのにこっちに話してくれない?
  • なんとなくこれは、国際カップルのあるあるというか、相手の先入観から起こることなのですが、オーストラリア国内で旦那と二人でどこかに出かけると、大抵話しかけられるのは旦那。見るからに英語をしゃべりそうな、所謂西洋人の容姿は、問題なくコミュニケーションが取れるだろうというところなんだと思います。これはこれで楽なので、外出先でやれチェックインだのテーブルオーダーだのというときは、旦那に任せます。本人もいや [続きを読む]
  • ボスの態度を指摘するために、人前で起こることに目を逸らさずに対応すること
  • このボスのことは何度か書いていますが、もうそろそろ耐えられなくなってきました。色々なことをやっている人なので、忙しいことも十分承知、今まで改革してきたことは(成果が見えないにしろ)、今までの企業の怠慢を一気に直そうとしているからこそ。ボスがやっている仕事自体は全く問題ないのですが、そのやり方、また忙しいが故に他人に対する態度がひどすぎて周りが神経質になったり、いつ怒鳴られるかビクビクしながら仕事を [続きを読む]
  • vividとFree food&drink
  • 今回のVividは私たちにとって3回目。人の多さに圧倒され、去年は15分で帰りました。今年は「もう、いいよね」とそもそも行くつもりもありませんでした。そんな中、旦那の仕事関係を通してファンクションへの招待が。場所はContemporary Art Museumの上。某銀行主催のファンクション、通常は仕事の絡みがある会社の人だけのようですが、今回はパートナーOKという事、旦那の上司が出張なので代わりに行けることになりました。私自身 [続きを読む]