ユウスケ さん プロフィール

  •  
ユウスケさん: シロアリ
ハンドル名ユウスケ さん
ブログタイトルシロアリ
ブログURLhttp://shiroariox.hatenablog.com/
サイト紹介文シロアリ駆除の料金や方法について現役シロアリ業者営業が解説しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 159日(平均1.3回/週) - 参加 2017/11/27 17:10

ユウスケ さんのブログ記事

  • 外壁塗装でシロアリ予防?
  • [シロアリ調査] ブログ村キーワード外壁塗装でシロアリ予防ができます。一見関係のない二つなので、何がどういうことかを説明させてください。外壁塗装の目的は雨水から外壁を守る「防水」です。外壁の塗装が劣化してくるとこの防水機能が弱くなり、雨水を外壁が「吸う」ようになります。外壁が雨水をスポンジのように吸うと膨張し、また太陽がさす日は水分が乾燥して抜けていきます。この過程が外壁を膨張→収縮さ [続きを読む]
  • シロアリの寿命は?
  • シロアリはとてもしつこいイメージがありますが、寿命はどのぐらいかというとやはりそこそこ長いんです。例えば兵アリや働きアリは5年近くまで生きると言われていますが、生きている間ただただひたすら木材を加害し続けます。さらに寿命が長いのが女王アリや王アリで、彼らの寿命は10年以上ともいわれており、長いもので15年も生き続けるものもいます。ちなみにオーストラリアに生息しているあるシロアリの種類の女王アリ [続きを読む]
  • シロアリ業者の選び方
  • シロアリ業者の選び方としていくつか注意していただきたいことがあります。以下は悪徳業者にありがちな行動です。▽床下を見ないで見積もり床下を見ないで見積もりをする業者は赤信号です。通常は無料の床下点検を行い、かつシロアリがいれば写真や動画でそれを見せてくれますが、床下も見ないで見積もりを提示してくる業者は怪しいです。▽大幅値引きただいまキャンペーン中で大変お安く駆除ができます、などといって異常 [続きを読む]
  • シロアリ調査報告書
  • シロアリ調査をしてもらうと最終的には写真付きで報告書を作成して説明をしてくれる業者が多いです。家の床下の土の部分にシロアリがいたかなどを無料調査で分かった範囲で依頼主に報告し、シロアリ駆除を行うかの判断をすることになります。具体的には床下の部分ごとのシロアリ有無と被害の進行状況などを詳細に伝えてくれます。この調査報告書ですが基本的には無料でどこの会社も作成をしてくれますが、他社に開示をする [続きを読む]
  • シロアリ被害の見分け方
  • シロアリ被害の見分け方にはどのような方法があるのでしょか。とても簡単な方法としては、シロアリが加害した部分には必ず「土」があります。近くの土壌から蟻道で繋がっていることもありますし、この土がシロアリの被害かどうかを判断する材料になるんですね。シロアリは風や光を嫌がりますので基本的には木材の内部だけを食べていきます。ですが穴が開いてしまったりすることもあるのですが、その場合近くの土を持って [続きを読む]
  • シロアリが隣家で発生?
  • シロアリが隣家で発生した場合、我が家にもシロアリは移ってくるのでしょうか。結論から言いますと、いきなり移ってくることはありません。シロアリには目がないので、今加害している家の近くに別の家があるとは気が付いていないからです。それにもしもそのシロアリが発生した家とご自宅が3メートル以内であればもしかすると移る可能性もありますが、大抵の家は3メートル以上間があると思います。そうは言っても念のた [続きを読む]
  • シロアリはゴキブリ科?
  • シロアリはゴキブリ科なのでしょうか。結論から言いますと、ゴキブリ目というざっくりと大きな枠組みでは一緒になりますが、蛾と蝶が同じ仲間と言われているぐらいのレベルで「ざっくり」です。同じ種類の生き物ということから「シロアリ駆除をするとゴキブリも駆除できるのかな?」と連想されるお客様もいらっしゃいますね。でも残念ながら10年以上前に使われていた強力な薬剤であればそれも可能でしたが、最近の薬剤は床 [続きを読む]
  • シロアリを1匹見つけたら?
  • シロアリを1匹見つけた時はそうすればいいのでしょうか。まずどこで見つけたかにもよりますが、もしも庭先であった場合は慌てる必要はありません。シロアリは土があればどこにでもいると思ってください。常に土の中を耕して栄養分を増やしてくれているのがシロアリなので、一匹見つかっても家の基礎に蟻道が続いていなければ焦る必要はありません。ただ不要な木材などはできるだけ早めに廃棄をするようにしましょう。 [続きを読む]
  • シロアリとコンクリート
  • シロアリにとってコンクリートは大好物です。大好物といってもさすがに食べる訳ではないのですが、あの硬いコンクリートに守られてまるでシェルターのようなものなんです。よくシロアリの駆除を何度してもシロアリの食害が止まらないというケースは、大抵はコンクリートの隙間やひび割れから侵入してきているので経路がつかめていない場合が多いです。また最近はこのコンクリートを多用する家が増えていることもあり、ますま [続きを読む]
  • シロアリを庭で発見したら?
  • シロアリを庭で発見した時の対処法についてです。まず大前提としてシロアリは土の中であれば本当にどこでもいます。実はシロアリは地中を徘徊することで土壌を肥やして微生物が住みやすい環境を作ってくれています。人間が化学肥料などで生物を片っ端から殺してしまっていますが、シロアリはまさにその逆で再び土をよみがえらせる活動をしてくれているんですね。そのため土の中であれば本当にどこにでもいるので、庭で見 [続きを読む]
  • シロアリが風呂場で発生したら?
  • シロアリ(羽アリ)が風呂場で発生したらどうすればいいのでしょうか。まずは業者さんに依頼をしつつですが、業者さんが家に来るまでにまだまだ時間がかかりますよね。そういう場合、まずやってはいけないことが殺虫剤を巻くことです。殺虫剤を巻くと一気にシロアリが飛び立ってしまい、駆除ができなくなってしまいます。また水などで流してもシロアリは死にますが、排水溝などが詰まってしまいます。できれば掃除機 [続きを読む]
  • シロアリの発生原因は?
  • シロアリの発生原因には様々な要因があります。基本的にはシロアリは暗くてじめじめしたところが大好きで、また湿った木材や段ボールなどはまさに格好の餌となります。家の床下や庭などにいかにのような好ましい環境があればそれが発生原因となってシロアリを呼び寄せます。例えば庭に置いてある木材などはシロアリが大好きな環境です。できるだけ早めに廃棄をするか、もしくはビニールシートを敷いて土からシロアリがそ [続きを読む]
  • シロアリと外壁
  • シロアリと外壁、一見関係ないようですが関係があります。外壁が劣化してくるとやがて表面の塗膜が剥がれてむき出しになります。そのむきだしの部分が紫外線や雨水によって劣化が進み、やがてひび割れに繋がっていきます。ひび割れると雨水が入り込んで、あっという間にシロアリが大好きな環境のできあがり。すでにひび割れが発生しているお宅は雨漏りが発生していないかをチェックしたほうがいいかもしれません。新築 [続きを読む]
  • シロアリの薬剤は5年?
  • シロアリの薬剤は5年間もちます。そのため以前の駆除から5年を経過するころにはもう一度薬剤を散布する必要があります。そもそもどうして5年なのでしょうか。これは日本しろあり対策協会が検査をして環境が整えば7年程度効果が持続することが分かっているので、余裕をみて5年と定めています。どうせなら10年とか効果が持続する薬剤を作ってほしいと思われるかもしれませんが、実は1980年頃の薬剤は一度まけば二度とシロ [続きを読む]
  • シロアリとフローリング
  • シロアリ被害はフローリングも遭うのでしょうか。正解はフローリングもシロアリのターゲットになります。ひょっとすると最近フローリングを歩いていると凹んだり、プカプカしたりキシキシ音がすることはないでしょうか。それはもしかすると、フローリングの下側をシロアリにやられているのが原因かもしれません。ただフローリングのキシキシ音ぐらいですとシロアリが必ずしも原因とは限りません。その他の要因として [続きを読む]
  • シロアリは3階にも来る?
  • シロアリは3階にも来るのでしょうか。結論から言いますと来ます。そういう事例はたくさんあります。特にイエシロアリの被害に遭うケースが多く、3階建てのアパートやマンションさえ被害に遭ったことがありますが、これはイエシロアリが水分を持ち歩くことができるためです。そのため気温の条件さえそろっていさえすれば活動を止めずに進めますので、床下から開始して3階まで伝ってきたケースが考えられます。またイエ [続きを読む]
  • シロアリチェックの方法は?
  • シロアリを自分でチェックするにはどこを見ればいいのでしょうか?その方法についてこの記事では書いていきたいと思います。①ご近所でシロアリ駆除をしたご近所でシロアリの駆除をしたという噂を聞いていないでしょうか。近所にシロアリがいる場合、近くまでシロアリが近づいてきている可能性もあります。最近近くでシロアリ駆除を行ったなどの話があればご注意ください。②壁や柱壁や柱を叩いてみると、コーンと [続きを読む]
  • シロアリはどこからくる?
  • シロアリはどこからやってくるのでしょうか。大きくは二つの経路があると言われています。①羽アリとして飛来する②土の中から①の羽アリですが、シロアリは約100万匹で一つのコロニーを形成していると割れていますが、一定数以上個体が多くなると羽アリが生まれます。そして時期が来ると羽アリが一斉に飛び立ちます。この飛来した羽アリが住宅の隙間などから床下に入り込むことで別場所にコロニーを形成します。(参照 [続きを読む]
  • シロアリとウッドデッキ
  • シロアリ対策の観点から考えると、ウッドデッキはどうなのでしょうか。シロアリは太陽光と乾燥を嫌い、太陽光の下では数時間で死んでしまうほどとても弱い生き物です。そのため、できるだけ湿気があって太陽光が当たらないところがシロアリにとって住み心地の良い空間になります。そのため、雨の日が多く湿気が高い地域や、普段日光が当たらない庭などに設置してあるウッドデッキはシロアリの恰好の住処になるリスクが [続きを読む]
  • シロアリ 大きさ
  • シロアリの大きさはどのぐらいあるのでしょうか。シロアリと一言に行っても、大きくイエシロアリとヤマトシロアリに分かれそれぞれサイズが異なります。▼イエシロアリ女王アリ:大きいサイズになると35 - 40mm羽アリ:8 - 10mm兵アリ:8 - 10mm職アリ:5mm▼ヤマトシロアリ女王アリ:大きいサイズになると15mm羽アリ:5 - 8mm兵アリ:4 - 6mm職アリ:3 - 5mmちなみに、職アリとはいわゆる働きアリのことで、餌を運ぶ、 [続きを読む]
  • シロアリ 駆除
  • シロアリ駆除の必要性はどの程度あるのでしょうか。以下過去記事でも書きましたが、いざシロアリを駆除しようと思うとその料金はばかりになりませんよね。shiroariox.hatenablog.comでは、もしもシロアリ駆除をしなかった場合、どうなるのでしょうか。今までこういうお客さんがいたので事例を紹介します。約2年ほど前のお話。神戸市在住のNさんから「羽アリを見つけたので、シロアリがいないか調べてほしい」 [続きを読む]
  • シロアリ駆除剤
  • シロアリ駆除剤には種類があるのでしょうか。ここでは代表的な3つの駆除剤の種類について紹介したいと思います。①有機リン系化合物多くの市販の殺虫剤に含まれている成分で、もともとは化学兵器を開発中に発明された成分になります。市場に出回っている殺虫剤の成分は十分に薄められたものばかりですが、シロアリをダイレクトに駆除するよりは予防用に使われます。この有機リン系化合物を使用した後はそのあたり一 [続きを読む]
  • シロアリ対策
  • 自分でもできるシロアリ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつか業者に依頼をしないでもできることがあるので紹介させて下さい。①庭や家の周りに木材や薪、家具は置いていないか庭や家の周りの土の上に木材や薪、家具が置いてある場合はできるだけ早く撤去しましょう。それらも木材なのでシロアリにとっては格好の餌場になってしまいます。どうしてもすぐに撤去できない場合は木材にビニールシートを敷 [続きを読む]
  • シロアリ駆除方法
  • 今回はシロアリの駆除方法について書きます。シロアリを見つけてしまったけどシロアリ駆除は高額なので、ご自分でやろうとお考えの場合ですが、あまりお勧めしません。というのもシロアリのプロではない方がスプレー剤を撒いても表面のシロアリは死にますが、巣の奥深くにいるシロアリは間違いなく残ります。以下過去記事でも書きましたが、特にイエシロアリは加害の速度が激烈です。shiroariox.hatenablog.comもしも [続きを読む]
  • シロアリ 調査
  • シロアリ調査費用はどのぐらいかかるのでしょうか。結論からいいますと、基本的には無料です。シロアリ調査は専用の作業服を着てマスクを着用し、かつ家が汚れないようにしっかりと養生して行うのでそれなりにコストがかかるのですが、シロアリ駆除業者は調査は無料で行っています。というのも、調査を依頼したお客さんの内、50%はその後の本契約の依頼をしてくれますし、また契約をしてくれなかったお客さんもその数 [続きを読む]