pines さん プロフィール

  •  
pinesさん: トロンボーンの練習日記
ハンドル名pines さん
ブログタイトルトロンボーンの練習日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/matsubayashi_hokkaido
サイト紹介文トロンボーンの練習日記、時々園芸、少林寺拳法について書いてます。
自由文最近トロンボーンのオリジナル曲でアルバムをリリースしました。
少林寺拳法は四段となりましたが、まだまだ研究することがたくさんあります。
園芸は庭に植えているベリー類の食べ方や育ちのレポートです。来年はブラックベリーの収穫ができそうです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 8日(平均9.6回/週) - 参加 2017/11/27 19:55

pines さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 少林寺拳法 新人大会
  • 新人大会が終了。結果は残念だったけれども、得るものは当然あった。大会までに一生懸命練習する、大会で他の学校の力を知る、自分の力を知るなどなど、こういうことで次に何をすべきかを感じられる。さて、この大会でもし、自分が審判となった場合、一番難しいのが4級以下のカテゴリーだと感じた。なぜかと言えば、3級以上は初段までの技が使えるので、演武を作っていく場合、問題なく技を繋げられる。しかし、4級以下のカテゴ [続きを読む]
  • ヤマハ スライドグリス ジェル トロンボーンの抜差管に
  •  ヤマハのスライドグリス ジェルがすごい。 いつ発売されたかはわからないのだけれども、ヤマハのスライドオイルが切れたので、それを買いに行ったら売っていたので購入。「完全化学物質」ということで、夏も冬も安定したグリス機能を発揮するのだそうだ。 さっそく楽器の古いグリスを洗い落とし塗ってみた。室温は23度で適度な抵抗感で抜き差しできた。 特筆は、7度の部屋で楽器が冷えたまま抜き差ししてみたが、23度とさし [続きを読む]
  • トロンボーン ではない
  •  曲を作るときは、トロンボーンでメロディを作っていくのだけれども、Garagebandでループを組み合わせていったら、トロンボーンをなかなか入れられない。トロンボーンを入れるとしっくりこないので、トロンボーンのない曲となった。トロンボーンを入れようとかなりトライしたけれども、こういう場合もある(´・ω・`)。https://soundcloud.com/pines-1/whats-wronghttp://www.imxprs.com/free/pines/tb-music/music "What's Wro [続きを読む]
  • 楽器の音
  •  楽器にはそれぞれ固有の音がある。テナートロンボーンとテナーバスは音が違う。太管と細管も違う。材質によっても音が変わる。メーカーによっても音が違う。 ただ、これは吹く人がどれだけ自然に吹けるかによる。もし、肩がガチガチで力んで吹いてるとしたら、音の違いはそれほどない。 だから、自然に吹くというのは、音色を考える上で重要な要素である。 自然に吹くためには、やはりロング・トーンは欠かせない。音を出して [続きを読む]
  • トロンボーン マウスピース
  •  長年、トロンボーンを吹いているけれども、今でもときどきスライドの向きが逆の時がある。つば抜きが上を向いていて、その日最初につばを抜くまで気が付かない。鈍感なんだろうか? マウスピースにしても鈍感で、音色で選んだわけでもなく、まず見た目。吹きにくくもないので、ずっと使っている。マウスピースに口を合わせている感じである。 確かにマウスピースを変えると、吹いた感じも気分も変わり練習の励みになる。でも、 [続きを読む]
  • 少林寺拳法 稽古
  •  指導者のいない少林寺拳法部に参加してきた。 みんな一生懸命やっているので、ちょっとしたことに気づかせると、あっという間に出来るようになる(ただし、それが明日もあさっても続いているかどうかはわからない)。 ここから言えるのは、はっきりとゴールを決めていないと、無駄が多い稽古になってしまうということである。 一昔前に比べると、映像資料が多くなっているので、いいものをよく見て真似してみると良いと思う。 [続きを読む]
  • 句会ライブ 夏井いつきさんを呼んで
  •  2日前は夏井いつき句会ライブということで、13:30〜15:30まで、タップリと俳句を楽しめた。やはりプロの語りは面白い。 今まで、和歌の創作を学校でしてきて短歌甲子園まで行ってしまったけれども、俳句はちょっとよくわからないということで、敬遠していた。 でも、学校で夏井いつきさんを呼ぶということで、せめて俳句の体をなす位のことはしておこうと、数時間を授業に当てた。 授業をしておいたおかげ(?)か [続きを読む]
  • 少林寺拳法ローカル大会 初審判
  •  先日、少林寺拳法のローカル大会で初めて審判を務めた。緊張したけれども、主審とは3点以内の誤差だったので、初回にしてはまずまずだったと思う。 その審査の中で、最近の傾向なのか、高体連大会でも見られる、加点に出来ない、あるいは出来る演武を自分なりに考えてみたい。1.金剛拳があまい。逃げられる。あるいは反撃される。一つの演武構成の最後で固め技をしても、逃げられる緩さがあれば、加点にならない。これに該当 [続きを読む]
  • アロニアの実に虫がいる
  •  今年のアロニアは全て収穫した。しかし、今年はとてつもなく実の中に虫が多かったため、かなりの量が廃棄処分となった。 去年もいたことにはいたのだけれども、今年ほど多くなかった。おかげで実を摘んだ指先の感覚で、虫がいるかいないかを判断できるようになった。若干柔らかく、強く押すと水分が出る、あるいは空気が抜けていく感じがあって、実をわるとだいたい虫がいる。 ↑これは、虫が食べた後の状態。粒状になっている [続きを読む]
  • アルバム リリース
  •  放課後を利用して、英語検定3級受検者の指導をしている。3日後が検定なのでなんとか受かってもらいたい。 ネット上で読んだ記事の中に「英語を理解できることで、得られるものが違う」というようなものがあった。今となっては出典は不明だけれども、これは自分にとっては真実である。 おそらく他の人にも当てはまるのだろうけれども、英語なんて使わないから必要ないという人にとっては、永遠にわからない真実である。 英語 [続きを読む]
  • アルバム リリース
  • ようやくというか、ついにというか、アルバムが完成した。とても長い時間を要したけれども、継続は力なりであった。最初の曲から実に12年経っている。それでも完成したので良し。https://store.cdbaby.com/Artist/TakeshiMatsubayashi [続きを読む]
  • 過去の記事 …