珈琲焼酎 さん プロフィール

  •  
珈琲焼酎さん: 20代ぎりぎり会社員が、独学で地方公務員になるまで。
ハンドル名珈琲焼酎 さん
ブログタイトル20代ぎりぎり会社員が、独学で地方公務員になるまで。
ブログURLhttps://ameblo.jp/coffeeshochu/
サイト紹介文20代の会社員が独学で公務員試験に合格した軌跡や、モチベーションの保ち方など実体験をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 17日(平均5.4回/週) - 参加 2017/11/27 21:58

珈琲焼酎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 公務員試験を終えての反省点「勉強への甘え」
  • 本日は、公務員試験受験後に感じる「こうするべきだった!」という反省点を挙げていきたいと思います。 「まだ次がある」という気持ちからうまれる勉強への甘え 僕は計5つの自治体を受験し、内1か所から内定をもらいました。市役所の公務員試験が本格化する6月頃から7月上旬にかけて受験した自治体については全て1次試験の筆記で落ちておりましたが、その時は「まだ秋口にかけて受験できる自治体があるから大丈夫」、「落ちた [続きを読む]
  • 公務員試験の気分転換に役立ったこと
  • 今日は、公務員試験を受験する上での気分転換(ストレス解消)について振り返ってまいります。 僕自身ストレスをため込むタイプではないのですが、公務員試験の勉強は1年近くにおよび、また不合格も続いた時期もあったためイライラしたり、気持ちが塞いでしまうことがありました(受験結果については過去のブログに記しています)。 そんな時に気分転換でおこなったことを2点ご紹介します。 1.受験前後は温泉宿やゲストハウ [続きを読む]
  • 個人面接に自信を持って臨むには
  • 今日は、公務員試験の個人面接について振り返っていきます。 僕が個人面接を受験したのは1つの自治体で、最終試験でした。この個人面接を通過することで内定をもらうことができました。 面接試験の内容としては、面接官:3名時間:30分程度 ・志望動機・なぜ地元の自治体ではないのか・現職の仕事内容・長所、短所・ストレス解消法 など、特に答えにくい突飛な質問はなく、事前に想定し答える準備ができていた内容がほとん [続きを読む]
  • グループディスカッションで気をつけたこと
  • 今日は公務員試験の「グループディスカッション」を振り返ってみたいと思います。 グループディスカッションは、私が受験した5つの自治体のうち2回試験があり、いずれも2次試験で結果は1勝1敗でした。 2回の試験機会のうち1回目は10人以上の職員に見られつつ、新卒時の就活以来のグループディスカッションだったためか想像以上に緊張して、発言をためらい殆ど何もできませんでした。その不合格の悔しさを糧に、2回目の [続きを読む]
  • 独学で公務員試験に挑む上で役立った3つのこと
  • 今日は、「独学で公務員試験に挑む上で役立ったこと」について振り返っていきたいと思います。 僕は、公務員試験受験については周りの人に知られたくなかったため殆ど口外せずに、一人で試験に関する情報を拾ってやってきました。思うように勉強が進まず苦しい状況の時もありましたが、その中でモチベーションを保つために有益だった情報や環境について3点挙げていきます。 1.公務員試験情報サイトの活用 独学の場合、難しい [続きを読む]
  • 僕が実践した公務員試験の勉強法「一般知識」
  • 今日は、一般知識分野の勉強方法について記してまいります。 一般知識とは、社会科学(政治・経済・法律)、人文科学(日本史・世界史・地理・思想・文学・芸術)、自然科学(数学・物理・化学・生物・地学)といった分野で、僕が受験した市役所の試験ではこの科目からそれぞれ0〜5問、計20問程度出題されました。 範囲が広いため、苦手分野(数学・物理・化学)は勉強を全くしませんでした。 主に使用した対策本はこちらで [続きを読む]
  • 僕が実践した公務員試験の勉強法「判断推理・数的推理」
  • 今日は、判断推理と数的推理の勉強方法を振り返ってみたいと思います。 自己紹介の記事でも記しましたが、僕はいわゆる理数系苦手人間でして、この2科目は試験を受験する最後の最後まで鬼門として立ちはだかりました・・ まず、判断推理と数的推理は問題数が多く(僕が受験した市役所は11問でした)、1次試験合格のためには捨てられない科目になります。 この2科目を苦手とする文系受験生の例に漏れず、問題文の意味が分から [続きを読む]
  • 僕が実践した公務員試験の勉強法「文章理解・資料解釈」
  • 今日は、文章理解・資料解釈の勉強法と使用した対策本について振り返ってみたいと思います。 まず前段として、地方公務員試験の教養試験(行政職)の科目をおさらいしますと、 〇一般知能・文章理解・資料解釈・判断推理・数的推理 〇一般知識・社会科学・人文科学・自然科学 更に、地方上級(県庁等)や政令指定都市等になると専門科目が加わります。 僕は主に教養試験のみ受験してきましたので、教養試験の科目からピックアップ [続きを読む]
  • 電車に乗れたら勉強できる!
  • 今日は、公務員試験に独学で臨む上での勉強時間と、勉強を行う場所の確保について振り返っていきます。 まず、「働きながらでは、勉強時間の確保が難しいのでは・・」という不安や懸念があったのですが、これについては「仕事を早く切り上げる」事で何とかなりました。 それまでは、上司・同僚よりも早く帰るのは忍びなく、仕事が終わっても何となく少し残っていたり、時間内で終らせるのがそもそも厳しい業務量を抱えてしまう事 [続きを読む]
  • 公務員試験の過去問集・参考書は(ほぼ)全てメルカリで手に入れた
  • 今日は、過去問集や参考書を定価より安く手に入れる方法について記してまいります。 独学での公務員試験の受験を決意してから、まず購入したのがこちらの本でした。「公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法」 独学の場合の過去問集・参考書の選定方法、勉強の進め方、スケジュールの立て方など、「まず何から始めればよいか」分からない方にとって非常におススメの内容です。 実際、僕はこの本を頼りに勉強を進めていきました。 具 [続きを読む]
  • 公務員試験受験結果の振り返り
  • 今日は、今年受けた公務員試験の受験結果を振り返ってまいります。 前回のブログに綴りましたとおり、地方公務員を志し勉強を始めたのが昨年の11月ごろ。過去問集、参考書などをすぐに手に入れて、平日は早朝や通勤の電車の中で、休日は図書館の自習室にこもり勉強する日々を過ごしました。大学受験の時よりも真剣に勉強したと思います。 今年の受験した試験結果は以下の通りです。 ・市役所① 1次試験(筆記)不合格 ・市役 [続きを読む]
  • 僕が公務員を目指した経緯
  • 僕が公務員を目指した経緯は、「地方で暮したい」という思いからでした。 現職は転勤があり、僕も2〜3年スパンで職場を移ってきました。入社3年目に、それまで働いていた東京から地方(降雪の多い場所でした)に飛ばされ丸2年暮らしたのですが、自然が身近にあり、都会に比べ街並みや人の会話のリズムがゆったりとした環境で、そちらでの生活が想像以上に肌に合い、自分の求めていた暮らしというものが見えてきました。 首 [続きを読む]
  • 自己紹介
  • はじめまして。 今日からブログを綴っていきます。 このブログは、ぎりぎり20代の会社員が働きながら独学で地方公務員試験に合格するまでの軌跡と、ためになった勉強法、勉強時間の確保、試験対策などをご紹介していきたいと思います。 簡単に自己紹介しますと、 ・(ぎりぎり)20代、首都圏で働く会社員・地方の私大文系卒・学生時代から理数系科目が苦手 といった感じです。 高校時代から深夜ラジオ番組への投稿やバイトに [続きを読む]
  • 過去の記事 …