草薙真緒 さん プロフィール

  •  
草薙真緒さん: カプリシャスノーマルストイック
ハンドル名草薙真緒 さん
ブログタイトルカプリシャスノーマルストイック
ブログURLhttp://capnorst.hatenablog.com/
サイト紹介文うつから回復中のオタクが日々思う事や読んだ本や見たアニメやゲームなどについて語る雑記。
自由文うつからようやく回復し始めたアラサーオタクが自由気ままに書くブログです。
日々思った事、これまでの事、読んだ本、見たアニメ、プレイしたゲームなどについて書いていこうと思います。
また、英語と占いを勉強中なのでそれについても綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 22日(平均14.3回/週) - 参加 2017/11/27 21:59

草薙真緒 さんのブログ記事

  • 自己管理
  • ありがたくもツイッターで同じうつを治療している人達と交流させていただいている。その中に、きっちりと自分の体調やうつ寛解に向けた計画を練っている方がいらっしゃって感銘を受けた。私はかなりの適当人間である。病院でカウンセリングを受ける際も前日にこれまでのことを振り返って適当に喋っている。おかけで時折あの事話そうと思っていたのに忘れた!などということが起きる。今まではわりとぼーっと生きていたのだが、う [続きを読む]
  • やさしいうつの治しかた
  • うつ関係の書籍せっかくだから感想なりレビューなりをブログに上げていきたいなぁ。いい機会だし読み直すか。― 草薙真緒 (@ksng33) 2017年12月13日というわけでうつ関係等で読んだ本について書いていこうと思う。とにかくうつについて情報が欲しい、と思ってうつに関する本をアマゾンで探しレビューが良かったものやピンと来たものをごそっと買った。その中の1つがこの本だ。‐薬に頼らずラクになる‐やさしいうつの治しかた [続きを読む]
  • 今年中にやっておきたいこと
  • 今週のお題「今年中にやっておきたいこと」今年も残すところあと2週間程である。あっという間だったような、長かったような、不思議な感じだ。すっかり萎んでしまい宙に浮けなくなった風船に、再びヘリウムガスを入れて宙へ浮けるようにする、そんな年だった。とにかく情報が欲しいと思って本を読んだりネットを見漁ったりした。ネットのレビューを見て多少遠くても良いと言われる病院へ通うことにした。占いにはまりスピリチ [続きを読む]
  • 寂しさに耐えられない
  • あれは確か7月に入った頃。もう初夏だというのに、妙に寒かったのを覚えている。人は、寂しいと体が暖まらないのだ。永田カビ著の一人交換日記で描かれていたことなのだが、それは本当だった。一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)作者: 永田カビ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/12/10メディア: コミックこの商品を含むブログを見る7月だというのに長袖を着て、ぬいぐるみを抱きしめ寂しさを紛らわそうとした。こ [続きを読む]
  • 16Personalities性格診断
  • 先日の記事真面目不真面目問題のように、自分で思っている自分自身の性格と本来の性格にどうも齟齬があるようだ。その齟齬がうつの原因となっているのではないかと思い、最近いろいろ自己分析してみている。いろんなサイトの診断を受けてみて結果を見て、自分にはこういう面があるのかもしれない、と把握する。今回は先日受けた性格診断についてメモしていく。16Personalitiesとはユングの理論を元に編み出された性格診断。心理 [続きを読む]
  • 自分を褒めて褒め称えて褒めまくれ
  • コウペンちゃんをご存知だろうか。皇帝ペンギンならぬ"肯定"ペンギンの子どもコウペンちゃん。些細なことから褒めてくれる癒しキャラである。コウペンちゃん (KITORA)作者: るるてあ出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/10/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るラインスタンプも好評発売中で、「寝て起きたの?えらい!」「だらだらしたの?えら〜い!」「生きててえらい…!」ととにかくなんでも褒めて [続きを読む]
  • 真面目不真面目問題
  • 私はずっと自分は不真面目な人間だと思って生きてきた。学校の宿題は極限に手を抜き何なら提出しないことも多々あったし、学校だって隙あらばサボろうとした。飽き性で三日坊主、勉強するのはテスト直前だけ、先生に「もうちょっと勉強時間増やせないかな」と苦言を呈されるぐらい勉強していなかった。こんな人間のどこが真面目だというのか。そんな私が占いをして「真面目」という結果を与えられ続けたことによって、懐疑心が湧 [続きを読む]
  • 心理カウンセラーの資格比較
  • 自分のためになるだろうと思って心理カウンセラーの勉強をはじめたのだが、元々心理学に興味があったためもっと深く学びたいと思い、ゆくゆくは仕事にしてみようかと思い始めた。そんなわけでカウンセラーに関する資格をいろいろ調べてみた。臨床心理士日本臨床心理士資格認定協会認定の民間資格。指定の大学院を卒業しないと受験資格が得られない。なかなか狭き門のようだ。ただし、この資格を取得したからといってカウンセリ [続きを読む]
  • 高尾山登ってきた
  • 登山が趣味の友人がいる。登山は良いよ、始めるなら高尾山がオススメだよ、と教えてもらったのが夏の事。そうして登山の本を買ったものの、夏は熱中症の危険があるから秋に行こう、台風が来たから今度にしよう、体調が悪いからまた今度、となんだかんだで登れていなかった。そして今日ようやく登ってきたわけである。空は快晴。肌寒かったが防寒をしっかりしていれば気になるほどのものでもなく、快適に登ることができた。しかし、 [続きを読む]
  • ハンドメイドアクセサリー
  • 今日は資格の勉強のためのノートを買いに出掛けた。形から入るタイプなので、お気に入りの文房具から揃えたいのだ。それが長続きするとは限らないのが悲しいところだが、今回は今までとは違う私をご覧に入れたい。うつになったのは私がレベルアップするための試練なのだ。多分。ノートを手に入れた後いろんなお店をぶらぶらしてみた。妹がイヤリングに凝り始めて、ちょっといいなと思っていたのでアクセサリーショップなどを覗い [続きを読む]
  • 夫のちんぽが入らない
  • 一昨日「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」を買ったとき、同じ列に平積みにされていたのがこの本だ。夫のちんぽが入らない作者: こだま出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2017/01/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (25件) を見るいつだったか、ツイッターで話題になったのを覚えている。タイトルのインパクトがすごい、と思い、あれよあれよという間に同人誌から商業化されていった。さらりとあらすじだ [続きを読む]
  • 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
  • 今週のお題「今年買ってよかったもの」なんとタイムリーなお題か。昨日書店にふらっと立ち寄ると、「女性各世代から共感を集める!」とのポップが目に留まった。西原理恵子著の「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」という本だった。毎日かあさんなどでお馴染みの西原理恵子先生だったので、エッセイ漫画かな、と手に取ると漫画ではなく文章だった。ぱらぱらとめくってみて、改めて西原先生の人生に興味を持ち購入 [続きを読む]
  • 銀魂華祭り2017(仮)
  • 銀魂のイベントは銀魂晴祭り(仮)に続いて2作目の購入。晴祭りが良すぎたのでこれは見てガッカリするのでは…?と購入してそのままにしていた。そんなことはなかった。銀魂すげぇ。真選組朗読劇、泣きました。ダメです。反則です。桂の、石田彰さんの独白もダメです。もうダメダメです私は。もうね、銀魂に弱い。最終面突入した銀魂に弱々です。ギャグとシリアスの配分が最高のイベントです。晴祭りも華祭りも。ただ一つ、 [続きを読む]
  • 自分の変化に振り回されつつ喜びつつ
  • 実のところ先週辺りから調子が悪い。とにかく布団から出たくない。とにかく寝ていたい。11月始めの頃は正直「もうこのまま回復できるんじゃない?!資格採ったれブログ始めたれ占いやったれウェーイ!!」という感じだった。ブログも毎日更新する気だったし毎朝ツイッターで運勢を占って呟くつもりだったのだが全くもって無理な話だった。まだ私はそこまで回復していなかったようだ。とんだ調子ぶっこき野郎だった。心のどこかでは [続きを読む]
  • うつヌケ体験記
  • いや、まだヌケきってないんですけどね。一応改善してきたので、私の経験談を書いてみようと思います。うつや精神症状で悩んでる人の参考になれば。何もできないときは何もしない無理に何かしようとしてもしんどいだけです。何もしなくていい。ただぼーっと時間が過ぎるのを待つ。それすら苦痛だが、それしかない。しいていうなら、ネガティブ思考になるのを抑える。あの時ああしなければあの時ああ言わなければ何で私はこんな [続きを読む]
  • 精神的に不安定な人は鉄分とビタミンBを摂れ
  • 「うつヌケ」が流行語大賞にノミネートされたそうですがどちらかというとうつヌケの中で言われた「うつは心のガン」という言葉が広まって欲しいと思っている草薙です。そんな「うつヌケ」という言葉を使った本が新しく出ていたので購入してみた。マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ作者: 奥平智之,いしいまき出版社/メーカー: 主婦の友社発売日: 2017/11/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ [続きを読む]
  • 最近夢に同じ人物が出てくる
  • この前まで調子が良かった反動か、最近やたらと眠い。昼間に眠ると夢を見る。いろんな夢だ。ただ最近やたらと同じ人物が夢に出てくる。気になって夢占いをしてもらうと、その人物に憧れていた・何か後悔していることがある・問題解決のヒントとして出てくる、ということだった。憧れは、あったかもしれない。かわいくて明るくて頭が良くて話していて楽しい。そんな人物だった。後悔していることは、特に思い当たらない。何を伝えに [続きを読む]
  • 結婚って何なのだ
  • ツイッターでおっかけていた方の単行本が続々発売されたので早速買って読んでいた。婚活漫画と、夫婦の漫画である。結婚とは何なのか、考えさせられた。まず横嶋じゃのめさんの婚活漫画。合理的な婚活?DINKsを本気で目指すおたくの実録婚活漫画? (マーガレットコミックスDIGITAL)作者: 横嶋じゃのめ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2017/11/22メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る別居子無し希望で婚活するというもの。 [続きを読む]
  • GODZILLA怪獣惑星
  • 見てきました。ネタバレにならない程度に感想をば。昨年ゴジラシリーズとしてシン・ゴジラが放映されたばかりだが、シン・ゴジラの時はさんざん話題になってから、ツイッターで「『庵野ゴジラ作ってないでエヴァ続編作れ』→『庵野エヴァ作ってないでゴジラの続編作れ』という流れになってる」的なツイートを見て、そこまで言われるのなら見ておこう、と前情報マシマシで行った。田舎のショボいスクリーンのせいもあってか、ほほ [続きを読む]
  • 歯を食いしばるな
  • 私はよくゲップが出る。どうも無意識に空気を飲み込んでいるらしく、お腹が張って苦しくなるときがある。この症状が出始めたのは大学の頃からだ。当時付き合っていた彼氏と一悶着あり、不眠気味になった。それと同時にこの症状が出始めた。彼氏との問題が解決すると収まったのだが、うつになると同時に再び空気を飲み込むようになってしまった。ただでさえ眠れないのに、さらにゲップは出るわ苦しいわで余計眠れなくてイライラして [続きを読む]
  • 姓名判断からみた私
  • 今まで占星術だとか数秘術だとかで占ってもらってきたわけだけど、そういや姓名判断ちゃんとしてもらったことがないな、と思いしてもらった。姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つ。日本では伝統的に、人の姓名で使用する文字の画数から5つの格数を算出し [続きを読む]
  • 霊視からみた私
  • 本日は霊視で見てもらった私について。霊視(れいし)とは、霊的に見ること、つまり肉体的な感覚器は用いずに見ること、あるいは霊的な存在を見ることである。こうしたことに特に秀でた人は霊能者または霊能力者と呼ばれている。引用元:霊視 - Wikipedia霊視は人によってやり方が様々で、写真で鑑定する人もいれば念じて鑑定する人もいた。占いは基本統計学だが、霊視に関しては本当不思議で仕方ない。一体どうなってるのだろう [続きを読む]
  • 生理痛PMS月経不順で悩む女性にピルの服用をオススメする
  • 今回はピルの話をしたい。ピルといえば避妊薬だが、断じて避妊目的でオススメするわけではないのでそこの男子誤解なきよう。ピル?避妊薬じゃん!やりたい放題じゃーん!とか思っているそこの男性諸君はタンスの角に足の小指をぶつけて骨折するなり股間を強打して腫れあがるなりしていただきたい。そもそも男性諸君は知らなさすぎるのである。生理がどれほど苦しみをもたらす物なのかを。ちょっと検索バーに「生理 仕組み」とか「 [続きを読む]
  • 紫微斗数からみた私
  • 今日は紫微斗数から見た私について。紫微斗数(しび−とすう)は占いの一種。唐末から宋の時代にかけての有名な仙人であった陳希夷が創始したと伝えられている。紫微斗数の名前は、北極星(太一、天皇大帝)である紫微星を主とする星々から運命(=数)を量る枡(=斗)を意味している。 (中略)太陰太陽暦をもとにした占術。主に生年月日時を基にして個人の特性や巡ってくる運勢を占う、いわゆる命占術の一つ [4]。 配置は異な [続きを読む]
  • 服用中の薬の話
  • 今日は病院に行ってきた。最近よく眠れるようになってきて、昼間にも眠気が残るようになってきたことを相談してちょっとだけ減量。カウンセリングは、占いを通じて自分自身を客観的に見られるようになってきた、という話をした。占いに依存し過ぎないように、と注意を受けたが、でも自分で思っている自分自身と本当の自分の性格が異なっているかも、という部分に気づけたのは大きい、ととても褒められた。やはり褒められるのは嬉し [続きを読む]