あゆ さん プロフィール

  •  
あゆさん: 〜御朱印取扱い注意書〜
ハンドル名あゆ さん
ブログタイトル〜御朱印取扱い注意書〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/maemgaunmei2017/
サイト紹介文長野県の寺社を中心に御朱印集めをしています。なるべくかゆいところに手が届くような記事にしたいです。
自由文私は2017年が本厄にあたり、厄払いを兼ねて、2017年のGWから御朱印集めをはじめました。以来、どっぷりと奥深い御朱印の魅力にとりつかれています。本ブログでは、私が気づいた注意点、他のブログでは記載の少ないことになるべくfocusをあてて、記事にしていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2017/11/29 11:36

あゆ さんのブログ記事

  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り⑨〜於菊稲荷神社〜
  • 群馬県高崎市に鎮座します於菊稲荷神社に参拝しました。三、四回目の参拝になります。有名な神社なので説明は省きます。 天井画も増えてきています。白狐社ができていました。 御朱印を待つ間、車で6分のところにある有名なお菓子屋さんで妻へのおみやげを買いました。 夏に頂いた御朱印秋に頂いた御朱印。秋に訪れた時には駐車場が増えていました。 こちらの もよろしくお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り⑧〜上野国総社神社〜
  • 群馬県前橋市に鎮座します上野国総社神社に参拝しました。 清和天皇の御代に国司の各社奉拝の手間を省くため、上野国内の神社の全てを勧請合祀し、総社と称え、社号を総社大明神としたとあります。実際は、平安時代後期に合祀したようです。上野国内の549社を合祀した神社ですから、御祭神も数多く。 拝殿。お詣りします。これで上野国内全ての神社にお詣りしたことになりますね。本殿です。鮮やかです。 こちらにもしっかり [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り⑦〜国定赤城神社〜
  • 群馬県伊勢崎市に鎮座します国定赤城神社に参拝しました。 後鳥羽天皇の御代、源頼朝の家臣安達藤九郎が上野国の守護になり、御祭神の功績を尊んで社殿を創建したのが始まり。明治6年に村社となり、明治42年に境内社18社を合祀。 とぼけた顔をしている狛犬ですね。 御祭神はおおなむち、豊城入彦命。 宮司さんは不在でしたが、奥様が対応してくださり、あとで郵送して御朱印をお送り下さいました。名前入りの御朱印でした。 [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り⑤〜桐生天満宮〜
  • 大藏院をあとにして、車で5分程のところに鎮座します桐生天満宮に参拝いたしました。 一の鳥居。景行天皇の御代に上毛野国造により天穂日命を奉斎した磯辺明神が起源。1187年に桐生氏が代々の守護神として崇敬し、1350年に北野天満宮から御分霊を合祀し、桐生天満宮と改称。 二の鳥居。1600年に関ヶ原の戦いでは、東軍が軍旗に用いる旗絹を御神前に供え戦勝祈願し、その勝利凱旋を吉例として、境内では織物市が開設され、後の桐生 [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り④〜天善山 大藏院〜
  • 秋の群馬御朱印巡りの朝一に桐生市にある大藏院に参拝しました。天台宗のお寺です。山門です。最澄上人が東国教化巡錫された際、桐生の里に庵をあんだのが開創。その後、天満宮の別当寺となりましたが、明治の神仏分離により、天満宮の境内から、現在地に移動。御朱印で大変有名なお寺です。鐘楼。鬼瓦地蔵菩薩 本堂。 金の龍が描かれた御朱印帳を購入。御朱印帳を預けて、後に郵送してくれるシステムです。賜りました御朱印は、 [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り③〜世良田八坂神社〜
  • 世良田東照宮をあとにして、世良田八坂神社に参拝しました。 876年に創建。御祭神はスサノオ、他。 本殿の彫刻。群馬の神社って色鮮やかな彫刻が見事な神社が多いと思います。 御嶽山と書いてあります。上野十二社、上毛三社弁天社他にも境内社がありましたが、少し涼しいところだったので、いるだけで蚊に刺されまくりました。お詣りどころじゃなかったです。季節の書き置き御朱印。この他にもいっぱいありました。夏の限定 [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り②〜世良田東照宮〜
  • 徳川東照宮からすぐのところにあります世良田東照宮。 徳川東照宮のところでも登場しましたが、徳川義季が開基した長楽寺を1639年に天海が徳川家康の命で天台宗に改宗して復興。その境内に徳川秀忠が日光東照宮に造営した奥社を徳川家光が移築して、勧請して世良田東照宮となりました。 稲荷社。 日枝社。おさるさんがいましたよ。 お隣の長楽寺の門。今回は、お寺には行かない予定だったのでよりませんでした。行けば良かっ [続きを読む]
  • 【群馬】夏と秋の群馬御朱印巡り① 〜徳川東照宮〜
  • 夏と秋に群馬で御朱印巡りしましたので、まとめて記事にしていきます。 太田市世良田徳川郷に鎮座します徳川東照宮を訪れました。徳川発祥の地ということなんですけど、行ったときにはよくわかってなくて、 社号標。徳川義季って誰?調べると、新田氏の祖、新田義重の子。この徳川郷を領したことから、徳川姓を名乗ることに。その後時代は下り、室町時代に幕府から新田氏残党追補の幕命により、徳川氏は徳川郷から追われることに [続きを読む]
  • 【長野】戸隠神社宝光社の御朱印〜戸隠神社五社巡り〜
  • 火之御子社から神道を辿って、宝光社に向かいました。このような道を歩いていきます。途中で伏拝所がありました。奥社は女人禁制だったんですねぇ。宝光社境内の神道入り口。宝光社の正面に移動します。御祭神は天表春命。先ほどの伏拝のところにも書いてありましたが奥社から1058年に遷祀奉斎されました。これにより、女人、子供も参拝が可能に。天表春命は開拓学問技能裁縫の神にして、女人、子供の守り神です。 階段は270段 [続きを読む]
  • 【長野】戸隠神社火之御子社の御朱印〜戸隠神社五社巡り〜
  • 中社の前の道をはさんで、戸隠観光情報センターと下の写真の石碑の間の道が神道で、火之御子社と宝光社に歩いて行くことができます。 最初は舗装された道ですが、墓地が見えてきたところで、舗装されていない道に変わります。歩いて15分くらいで火之御子社に着きます。 火之御子社は顕光寺とは無縁で昔から神社でありました。御祭神はあめのうずめ、たかまむすびのみこと、たくはたちぢひめのみこと、あめのおひほみみのみこと。 [続きを読む]
  • 【長野】戸隠神社中社の御朱印〜戸隠神社五社巡り〜
  • 奥社から参道を戻って来まして、奥社参道入り口の駐車場から、車に乗って戸隠神社中社の駐車場へ。 無料駐車場から最寄りの鳥居。手水舎。御神木。樹齢700年。中社拝殿。御祭神は、天八意思兼命。 境内にある滝。滝のあるほうから、拝殿内を見ると、御朱印帳にある龍の図が天井に描かれています。狩野派の河鍋暁斎が書いたものです。 三本杉。八百比丘の伝説が伝えられています。正面です。御朱印です。 戸隠神社中社の境内社( [続きを読む]
  • 【長野】戸隠神社九頭龍社の御朱印〜戸隠神社五社巡り〜
  • 戸隠神社奥社・九頭龍社続きです。 樹齢400年の杉並木の参道を歩いていきます。戸隠神社は、2000年ほどの歴史のある神社です。もともとは、九頭龍社に代表される地元の神や戸隠山を祀っていたと考えられますが、天岩戸伝説と結びつき、天岩戸に関係のある神々をお祀りするようになりました。時代が下るにつれ、神仏混淆により、真言密教、天台密教、修験道などの影響を強く受け、戸隠山顕光寺と称し、比叡山、高野山とならび三千 [続きを読む]
  • 【長野】戸隠神社奥社・九頭龍社への参道〜戸隠神社五社巡り〜
  • 念願だった戸隠神社五社詣りをしましたので、報告いたします。 朝8時ごろ、戸隠神社奥社参道付近の駐車場に到着。 奥社入り口から入ります。大鳥居。平成7年と比較的新しいんですね。先が見えない参道。随神門まで約1キロメートル。奥社拝殿まで、約2キロメートル。なだらかで整備された参道を歩きます。 随神門が見えました。この参道の杉並木は江戸時代に植樹されたものなんですねぇ。もともとは仁王門。廃仏毀釈で随神門へ。 [続きを読む]
  • 【長野】眞田神社の秋の限定御朱印
  • 上田城址公園に鎮座します眞田神社に参拝しました。今年何回お詣りしたことか。 鳩が並んでとまっていました。 拝殿。本殿です。 秋の限定御朱印3種です。通常の御朱印に紅葉の印が入るようになっていました。きっと季節により通常御朱印も変わるものと思われます。でも、そろそろ眞田神社から卒業かな。 こちらの もよろしくお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【群馬】浅間山観音堂の御朱印
  • 鬼押出し園内にある東叡山寛永寺別院浅間山観音堂に参拝しました。今年は創建60周年で、秘仏の開扉がされてました。 惣門です。表参道を歩いていきます。鬼押出しは、1783年に浅間山が噴火してできた溶岩が固まった自然の芸術です。季節ごとに見どころがあるようですけど。見に行ったときは、岩の間のひかりごけが見れました。 手水舎。 鐘楼。鐘ば誰でもつくことができます。観音堂。浅間山噴火の犠牲者を弔うために1958年に [続きを読む]
  • 【長野・群馬】四阿山登山と御朱印〜白山信仰を巡る⑲〜
  • 根子岳山頂で15分位休憩して、稜線を辿って四阿山山頂に向かいます。 はじめはなだらかな笹が生えた道を歩きます。直ぐに、右側が崖になり、道幅が狭くなりました。高所恐怖症の私にはちょっぴり怖いスポット息子は平気でどんどんいきます。しばらくは下りなので、楽でした。 ここが下り終わるところ。ここを過ぎると、登りがあるんですが、根子岳登るより、傾斜がきつく、運動不足の私にはとても辛かったです。5分ごとに息があ [続きを読む]
  • 【長野】根子岳登山と御朱印
  • 夏の御朱印巡りの記事が続いていますが、晩秋となったので、秋の御朱印巡りの記事を挟みます。 前々からやりたいと思っていたのが、四阿山登山。今年は開山1300年でした。四阿山山頂には山家神社の奥宮があります。 私は登山が初めてなので、今回、登山ができる後輩とともになぜか私の息子も一緒に行くことになりました。菅平牧場の登山口から、根子岳山頂に登頂してから、四阿山山頂を目指しました。 朝9時前に菅平牧場に到着。 [続きを読む]
  • 【石川】松任金剣宮の御朱印〜白山信仰を巡る⑱〜
  • 金剱宮から松任金剣宮へ車で向かいます。松任金剣宮は、きんけんぐうとは呼ばず、かなつるぎぐうと呼びます。松任駅の近くです。 北陸本線が参道を横切っています。 松任金剣宮は、717年に白山を開山した泰澄が白山を下山し、振り返ってみると素晴らしい白山の姿に感動して白山遥拝所を定めたのが始まり。935年に当時の国司が社殿を造営。その後、富樫氏、松任氏、鏑木氏が本殿、社殿を造営するなど、領主たちの崇敬をあつめ、 [続きを読む]
  • 【石川】金剱宮の御朱印〜白山信仰を巡る⑰〜
  • 金剱宮続きです。 大山咋命、猿田彦、やまとたける菅原道真を祀る。 すくなひこなを祀る。 招魂社。 1186年に京から奥州へおちのびる義経が金剱宮を参拝し、夜通し神楽を奉納したと「義経記」には記載されています。この時、義経が腰かけた石がこれ。 御朱印は社務所で頂きました。 こちらの もよろしくお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【石川】金剱宮〜白山信仰を巡る⑰〜
  • 石川県白山市鶴来に鎮座します金剱宮に参拝しました。白山七社の一つです。白山七社は、本宮である白山比め神社が三宮に移動したため、現存するのは6社なのですが、そのうち神職さんが常駐しているのが、白山比め神社と金剱宮のみで、他4社は御朱印はありません。 社伝では、創建は崇神天皇3年。近世に金剱宮(きんけんぐう)と呼ばれるまでは剱神社と呼ばれ、地名の鶴来の由来となりました。 御祭神は、ニニギノミコト、大国 [続きを読む]
  • 【石川】尾崎神社の御朱印
  • 石川県金沢市丸の内に鎮座します尾崎神社に参拝しました。 加賀藩第4代藩主前田光高により、金沢城北の丸に東照三所大権現社として建立。明治に入り、金沢城が陸軍省用地となり、現在地に移築。 御祭神は、天照大神、東照大権現、前田利常。北陸の日光などと呼ばれていたそうです。別名、金沢東照宮。 境内には、おいなりさんもいました。網のなかですが。 御朱印です。 こちらの もよろしくお願いいたします。にほん [続きを読む]
  • 【石川】宇多須神社の御朱印〜金沢五社巡り⑤〜
  • 小坂神社から徒歩15分ひがし茶屋街の奥に鎮座します宇多須神社に参拝しました。 1599年に加賀藩2代藩主前田利長により、金沢城の鬼門を守るために、卯辰八幡宮を建てたことに始まります。表向きは八幡宮といいながら、こっそり初代前田利家をお祀りしていました。明治に入り、廃藩置県が施行されると、前田利家は創建された尾山神社に遷座。卯辰山の古名が宇多須山であったことから、宇多須神社と改称されました。 ここにもいまし [続きを読む]