あゆ さん プロフィール

  •  
あゆさん: 〜御朱印取扱い注意書〜
ハンドル名あゆ さん
ブログタイトル〜御朱印取扱い注意書〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/maemgaunmei2017/
サイト紹介文長野県の寺社を中心に御朱印集めをしています。なるべくかゆいところに手が届くような記事にしたいです。
自由文私は2017年が本厄にあたり、厄払いを兼ねて、2017年のGWから御朱印集めをはじめました。以来、どっぷりと奥深い御朱印の魅力にとりつかれています。本ブログでは、私が気づいた注意点、他のブログでは記載の少ないことになるべくfocusをあてて、記事にしていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 144日(平均7.5回/週) - 参加 2017/11/29 11:36

あゆ さんのブログ記事

  • 【群馬】国端寺の御朱印
  • 崇禅寺から車で10分くらいで、国端寺に到着。国道50号線沿いにあります。国端寺は、日本三禅宗の一つ、黄檗宗のお寺です。江戸時代から始まった禅宗です。 1687年の創建。寺周辺の幕府の天領の代官だった岡登景能が開基です。 通常の御朱印。春のお彼岸限定御朱印。秋のお彼岸の御朱印もあるようです。 こちらの もお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【群馬】貴船神社の御朱印
  • 大間々神明宮から車で5分くらい。おなじみどり市にあります貴船神社へ。 956年に関東が干魃に見舞われたとき、京都の貴船神社から勧請して、渡良瀬川流域の山地に祀ったのが始まり。1668年に現在地に遷座。 群馬県一の初詣参拝者が訪れるそうです。 拝殿です。御祭神は、おかみのかみ、おおやまつみ、おおなむちです。 御朱印は拝殿右側の授与所でいただきました。 貴船神社をでたところで、崇禅寺から連絡があり、御朱印 [続きを読む]
  • 【群馬】大間々神明宮の御朱印
  • 崇禅寺の御朱印が出来上がるのを待つ間に、その周辺の神社へ。崇禅寺から車で5分ほどの距離に、大間々神明宮はあります。桐生市のお隣のみどり市にあります。 由緒によれば、1347年に天照大神を祀り、黒川郷の一宮として崇敬された神社。1599年に今の位置に遷座。1715年に外宮のとようけひめの分霊を合祀したそうです。 神社の裏は渡良瀬川。森高千里が思い浮かびます。 拝殿。 旧本殿?御朱印は社務所でいただけます。 まだ [続きを読む]
  • 【群馬】崇禅寺の御朱印②
  • 崇禅寺の続きです。御朱印は本堂右側の玄関で、お願いできます。こちらもたくさん御朱印があり、迷いましたが、いくつか選びました。 新上州観音霊場三十三ヶ所第三番。 三月の限定御朱印。 こちらもメニューから選んで書いてもらえます。この日は他の方もいらっしゃったので、一時間かかると言われましたので、携帯番号を伝え、できあがったら、呼んでもらうことにしました。その間に近くの神社巡りしました。 こちらもクリッ [続きを読む]
  • 【群馬】崇禅寺の御朱印①
  • 宝徳寺と同じ桐生市にある崇禅寺。宝徳寺から車で10分くらいの距離。こちらも臨済宗建長寺派のお寺で、御朱印で有名です。 阿弥陀如来堂。本堂の真後ろにあります。11月の紅葉の季節に御開帳されるそうです。 明日に続きます。 こちらの もお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【群馬】宝徳寺の御朱印②
  • 宝徳寺続きです。 20分ほど境内を見回って、御朱印の受け付けに戻ると、てきあがっていました。選んだ御朱印は以下の5体。 釈迦牟尼佛がかぶってしまった。もう少しちゃんと考えるべきでした。 書き置きで地蔵尊をいただきました。 ペット供養もやってるみたいです。 お彼岸なので、お墓参りされているかたが多かったです。平日なので、御朱印をお願いしてたのは、私だけでした。 こちらも をお願いいたします。にほんブ [続きを読む]
  • 【群馬】宝徳寺の御朱印①
  • 3月22日に群馬に遠征しましたので、そのご報告です。 この日は、私の住んでいるところが大雪で、朝早くから出発する予定が、雪掻きやらしていて、9時に出発。12時頃に桐生市にある宝徳寺に到着。 御朱印の受付です。まず御朱印をお願いして、境内を拝観しますが、御朱印の種類がたくさーん。選ぶのに時間がかかりました。これを見ると、御朱印って全部集めるのは無理って思いますね。とりあえず、いくつか選んで御朱印帳を預け [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編最後〜妙心寺長興院〜
  • 妙心寺の境内を歩き回ってると、「書置 御朱印 長興院」と書かれた案内板がいくつかありました。矢印をたどっていくと、 妙心寺塔頭長興院に辿り着きます。門は閉ざされてますが、左側の戸に、御朱印のかたはインターフォンをおしてくたざいと張り紙が。御朱印の受け付け時間は16時まで。もう10分しかない。とりあえず、押します。「御朱印を頂きたいのですが」「どうぞ」とやりとりして、門の左の戸から入ります。 入ってすぐ [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編22〜妙心寺退蔵院〜
  • 続いては退蔵院。こちらも常時公開されている塔頭です。 退蔵院は1404年に波多野重通により、妙心寺の無因宗因を招き、創建されました。 瓢鮎図。 元信の庭。陽の庭。陰の庭。 花がないので、寂しい感じがします。でもあるがままが美しい。 最後に長興院へ。 こちらも をお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編21〜妙心寺東海庵〜
  • 続いては東海庵。京の冬の旅で公開されていました。 白露地の庭。無の境地が表現されています。奥に仏殿が見えています。 方丈坪庭。見る角度で石の見える数が違います。七石あります。この角度だと六石に見えます。東海一連の庭。三尊石。一文字手水鉢。 書き置きを受付で頂きます。 次は退蔵院です。 こちらも お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑱〜妙心寺〜
  • 宝鏡寺を後にして、堀川今出川のバス停から金閣寺行きのバスに乗り、北野白梅町でおります。そこから京福電車にのり、妙心寺駅でおります。そこから徒歩で5分以内で到着。 臨済宗妙心寺派大本山妙心寺。京の冬の旅で三門が特別公開されてました。法堂。天井の有名な八方睨みの龍の図。 仏殿。三門。南禅寺の三門を見たあとなので、とても小さく感じました。楼上には、観世音菩薩と十六羅漢が祀られています。 妙心寺は京都五山で [続きを読む]
  • 桜とお城 part2
  • 京都旅行の記事も終盤ですが、再び桜の記事をはさみます。4月7日 上田城址公園に花見に行きました。 門右側のしだれ桜は完全に花が散ってます 公園内のソメイヨシノは満開から、散り始めくらい。 しかし、さくらまつりはじまったばかりなのに満開ですでにちりはじめ。今年はさくらの展開が早すぎです。 7日から上田城址公園はさくらまつり。城址公園内の眞田神社では22日まで限定の色紙御朱印を頒布してます。 2018年春の見開き [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑰〜宝鏡寺〜
  • 京都旅行の記事に戻ります。妙覚寺を後にして、歩いて5分くらいで宝鏡寺に到着。臨済宗の尼寺です。人形寺とも呼ばれます。京の冬の旅で公開されてましたが、3月からは春の人形展で公開されてます。門跡寺院で、幕末には和宮と関連の深いお寺でもあります。あります。 写真が撮影できたのは、唯一ここだけ。十二単重そう。 いろんな時代の雛人形などが展示されてました。 御朱印は受付でいただけます。 次は妙心寺へ。 こちら [続きを読む]
  • 桜とお城
  • 京都旅行の記事に満開の桜の記事をはさみます。みなさんの桜の記事が羨ましくて 4月4日に夜桜を見に行きました。 天守閣と桜 松本城でした。 こちらの もお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑯〜妙覚寺〜
  • 相国寺の北の門から境内を出て、5〜10分くらい歩いて着いたのが、妙覚寺。京の冬の旅で公開されていた、日蓮宗のお寺です。 さまざまな理由で、開基から四回場所を移動し、現在の場所に。 織田信長の上洛の際の宿であったそうで、本能寺に泊まった回数より多いという。 中には、斎藤道三の遺書(織田信長に美濃を譲ると書かれている)や今作成中の仏様の絵、あと立体曼荼羅を見ました。最後に大涅槃図を見ました。お庭は、日蓮宗の [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑮〜相国寺大光明寺〜
  • 相国寺塔頭大光明寺。門は柵で閉ざされています。 御朱印は頂けるので、右の扉から入ります。塔頭巡りはこれがあるから、緊張します。中の玄関でインターフォンを鳴らし、御朱印をいただきたい旨伝えます。いいですよと言われましたので、御朱印帳を渡します。 京都十三仏第四番。 相国寺の境内からでて、妙覚寺を目指します。 こちらの もお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑬〜相国寺林光院〜
  • 次は相国寺塔頭林光院。京の冬の旅です。 中は写真が撮れませんでした。 鶯宿梅はまだ咲いてませんでした。 龍吟じれば雲起り、虎嘯けば風生ず 藤井湧泉の書いた虎は、やっぱり猫に見えます絵としては好きですけどね。 御朱印を入れてくれた袋です。 次は豊光寺です。 こちらも してください。お願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑫〜相国寺法堂・方丈〜
  • 出町妙音堂から御所の北面の通りを歩きます。同志社女子大学今出川キャンパスの前を通って、今出川御門の信号を右折します。その道をまっすぐいくと相国寺に着きます。京都五山第二位、臨済宗相国寺派大本山。開基は足利義満。 鐘楼。 白梅咲いてました。 写真がとれるところが限られてますね。 浴室。 御朱印は書き置きです。 次は林光院です。 こちらの もお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑪〜出町妙音堂・京都七福神巡り①〜
  • 熊野神社前からバスに乗って、百万遍で降りました。歩いて出町柳まで。二十年以上前このへんに住んでいたので、懐かしい感じですが、いろいろ変わってて、時の流れを感じました。 目指したのは、京の冬の旅で公開中の常林寺。到着すると、期間中なのに日曜日はやりませんと、開いてませんでした そこで次に行く予定だった出町妙音堂へ。 相国寺の塔頭、大光明寺の飛地境内です。 京都七福神の一つです。都七福神とは違いますね [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑩〜熊野神社〜
  • 積善院準提堂から歩いて5分以内。東大路通りの交差点にあります。熊野神社。洛中熊野三山の一つで、熊野速玉大社からの勧請かと思われます。京都十六社めぐりの一社でもあります。洛中熊野三山のなかで最も古い熊野神社です。聖護院門跡の鎮守神として、別当をおいて管理されてきたそうです。 洛中熊野三山で残るは新熊野神社ですが、今回は行きませんでした。 次にバスに乗って、百万遍へ。そして出町柳に。 こちらもクリ [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑨〜積善院準提堂〜
  • 聖護院門跡の次は、お隣にある塔頭の積善院準提堂。もともとは積善院と準提堂は別々だったのですが、明治に合併したようです。 準提観音。神変大菩薩。 御朱印は授与所でいただきました。この日は御朱印はやりません的な張り紙があったのですが、インターホンを押したら、出てきてくださって、ついでに書きますとおっしゃって、書いてくれました。ラッキー 次は熊野神社に向かいました。 こちらも をお願いします。にほ [続きを読む]
  • 【京都】京都一人旅編⑧〜聖護院門跡〜
  • 青蓮院門跡を後にして、向かったのは聖護院門跡。青蓮院門跡の真ん前の道を北へ。平安神宮の横をさらに北へ。歩いて20分くらいで聖護院門跡に到着。 江戸時代後期に二度仮皇居となるなど皇室との関係が深いそうです。 日本の修験道の本山派の中心寺院。後白河天皇の子が宮門跡として入寺してから、代々法親王が入寺する門跡寺院として高い格式を誇ったそうです。 拝観料はありません。自由に入ることができます。一階の寺務所で御 [続きを読む]