ほたる さん プロフィール

  •  
ほたるさん: ほたるのBOOK STORE
ハンドル名ほたる さん
ブログタイトルほたるのBOOK STORE
ブログURLhttp://hotarubook.hatenadiary.jp/
サイト紹介文国語力の低い「ほたる」の小説レビューブログ。私なりの解釈で読んだ記録と感想を記していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 14日(平均2.0回/週) - 参加 2017/11/29 23:15

ほたる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「終電の神様」阿川大樹【青春・ミステリー】
  • 終電の神様 阿川大樹 レビューを読む前にこちらをご覧ください(*^◯^*)はじめに - ほたるBOOK STOREあらすじ父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が伸びる美人ーーーそれぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントとなり、そして…温かな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマンミス [続きを読む]
  • 「僕はまた、君にさよならの数を見る」霧友正規【恋愛・青春】
  • 僕はまた、君にさよならの数を見る霧友正規レビューを読む前にこちらをご覧ください(*^◯^*)はじめに - ほたるBOOK STORE大学の医学部コースへ入学する僕は桜の花が美しい春の日に、その女の子と出会った。一目惚れだったのだと思う。僕たちは恋人になり、なにげない温かな日々を送る。「亡くなった父親が患っていた、難病の治療法を見つけたい」そう彼女は明るく夢を語った。けれど彼女に触れた時、300という数字が冷たく浮かん [続きを読む]
  • 「君の膵臓をたべたい」佐野よる【恋愛・青春】
  • 君の膵臓をたべたい 佐野よるレビューを読む前にこちらをご覧ください(*^◯^*)はじめに - ほたるBOOK STOREある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくないと書かれていてー。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベス [続きを読む]
  • はじめに
  • はじめまして、ほたると申します(*^◯^*)この度、小説レビューブログを開設!自己紹介実はこの私、とっても文章読解力が低く国語が大の苦手でした。(だからと言って英語が話せるわけじゃないけどねw)漢字も熟語もことわざもとっても苦手wでも本はずっと好きだったの。「自己啓発本」文字も大きいし、ふりがな付いてたりわかりやすい言葉が多かったり…wそんな私が小説デビューーーー(*^◯^*)ちょっとは国語力が上がるか [続きを読む]
  • 過去の記事 …